映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】フィフス・ウェイヴ
2016年05月06日 (金) | 編集 |
6505_4820.jpg
フィフス・ウェイヴ(2015)
アメリカ
原題:The 5th Wave
監督:J・ブレイクソン
脚本:スザンナ・グラント /  アキヴァ・ゴールズマン  / ジェフ・ピンクナー
出演:クロエ・グレース・モレッツ/  ニック・ロビンソン/ ロン・リヴィングストン/ マギー・シフ/リーヴ・シュレイバー/ アレックス・ロー/  マリア・ベロ /  マイカ・モンロー

 【あらすじ
「アザーズ」と呼ばれる地球外知的生命体による4度の攻撃で、人類の99%が死滅した地球。生き残った女子高生キャシーは、離れ離れになった弟を救うため、さらわれた子どもたちが集められている基地へ向かう。アザーズはすでに人間に姿を変えて社会に紛れ込んでおり、誰が敵で誰が味方かもわからない。そんな状況のなか、旅の途中で出会ったある男性に助けられながら、キャシーは基地を目指すが……。


【感想
クロエ・グレース・モレッツ主演の地球乗っ取りものSFです。

地球上空に巨大な宇宙船で飛来した「アザーズ」は段階を踏んで地球人を攻撃してくる
まずは世界中の電源をシャットアウト、これがファースト・ウェイヴで次に地震と津波を起こさせたり
じわじわと人類を混乱に落としていくのですよ。
最終段階がタイトルのフィフス・ウェイヴ(第5波)で、いよいよ人類の乗っ取りが始まると
人々は誰が敵か味方かわからない中、命を守るため殺しあうことに。
さぁ人類はどうなる というお話。

これこちらではあまり評判よくなくて劇場をスルーしてしまったんですが
賛否が分かれるのもわからなくはない。

宇宙人による攻撃の殆どがクロエちゃん演じるキャシーの視点で描かれるためパニック映画としての規模はこじんまりだし、その後のサバイバルも比較的淡々としていて切羽詰まった終末観が感じられません。

でも構成からして、前半に描かれるその部分はあくまで序章
本作はむしろ地球人の奮闘を描く後半部分が本題でしょう。
hea3d3jwgvpnf8t1ozw5.jpg 

クロエちゃん演じるキャシーは「必ず守る」と約束した幼い弟とはぐれてしまい、子供たちが集団で疎開した軍の基地に一人歩いて行くことにするも、途中何者かに襲撃され目覚めれば民家の一室。
介抱してくれた青年に懐疑の目を向けながらも、次第に心を奪われていくキャシー。
これはクロエちゃんの青春ラブストーリーであり、キャシーが大人の階段を上るお話でもあるんですね。
恋に落ちていくクロエちゃんにドキドキ。
というか、エヴァン役のアレックス・ロー君の思いがけないマッチョぶりにびっくり。

軍の基地で繰り広げられるアクション活劇にはイスラム国などで行われている
子供たちへの「洗脳」の怖さを考えさせられたりもしたけれど
映画はやがてそれぞれが「人として誇れるもの」を見いだしていくのが心地よい。

正直アザーズが人間をやっつけるのにこんなに手間暇かけるかなってところや
そんな多量の爆弾をどこから調達したの?とか
脱出は飛行機なのか? ってか飛行機でどこまで行けるの?とか
突っ込みを入れればキリがないけれどそこは大目に。

クロエちゃんが元ヒットガールの片鱗を見せてくれたのはうれしかったし
観てるときは気づかなかったマリア・ベロのオバハンぶりも最高で
「口紅」シーンには笑ったw

大人や強い立場にある人が言うことが正しいとは限らないとか
子供の成長する力を描いているところはヤングアダルト小説らしいところ。
the-5th-wave-image09.jpg 

キャシーには守るべき弟がいて、弟のためにテディベアのぬいぐるみを届けようと頑張る。
世界の終わりを描くSFが多くなったけれど、愛する者に安心を与え、
より良い世界を見せたいという思いがあれば、人はまだ大丈夫かもしれない と希望を感じられたのがよかった。

監督のJ・ブレイクソンは『アリス・クリードの失踪』の監督だったのね。
序盤の「まとめ」技は流石。
ただ、すでに宇宙人だとわかった時点でいいので、少しでもその正体を拝ませて欲しかった。
鏡に映る姿だとか、光に透けて見えるとか。
あの方やあの人が演技で「それらしい」雰囲気を出してたのは上手いね。
ブログパーツ

関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
ふむふむ、いい感じに面白そう!
新作にはメッチャ疎いばーさんゆえ、お許しを。
クロエちゃん大活躍だね。子役から脱皮成功組だね。
だって失敗組も多々いるしね。誰とは言わんが(笑)

あの方やあの人…気になるってばさ~!
2016/05/06(金) 19:31:27 | URL | chaco #-[ 編集]
No title
この記事を拝見して安堵した。姐さんが私の言いたいことを上手く書いてくれた。
コレ、評判が悪いのは分かるんやけど、映画ブログやっていて映画を見るレベルの人なら、見事に健闘している語り口などを見て本質をちゃんと見ないとアカンよね。自分の予想通りではないとか他作と比較するとかして、どうも上から目線でこの作品なんかを小ばかにしてる幼稚な輩が多い。ちゃんとトータルで映画は評価せんとね。「約束を守る」という行為がいかに大切かというドラマは面白かった。
私も途中で気づいたマリア・ペロは最高やったね(笑)・・・。
ニック・ロビンソンとマイカ・モンローはこれから出てくるよ。
2016/05/06(金) 22:59:57 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
To chacoさん
どこを期待するかで評価は変わってきそうだけど私は面白く観ましたよん。
クロエちゃんはコンスタントに映画に出て凄いね。
勉強してるのか?とかいらん世話か(笑)
わはは、いるね失敗組・・・
ってか、そういう風に成長したかぁって方もw

あの方やあの人…気になるでしょ。
宇宙人か?と疑いながら見るのも一つの楽しみ方でした。

2016/05/07(土) 01:24:17 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To ゾンビマンさん
そうそう、作り手の意図するところは無視して、自分の思ったのと違うと言ってしまうのはダメですよね。
多分この映画ではSFパニック物を期待した人多いと思うけど、それだと逆にありきたりでつまらなかったかも。
大事にしてる弟を親に託されてるところもちゃんと描いていて
「約束を守る」ために頑張るクロエちゃんを中心に持ってきてるからぶれないですよね。
小さな力でも何かできるかもしれないという見せ方も好きでした。

わはは、マリア・ペロすぐにはわからんよね。
私は記事でキャスト書きながら「え?あれマリアさん?」ってやっと気づいたんですがw
いや~最高でした。あの怖さは下手な人には出せないと思うわ(笑)

ニック・ロビンソンって『ジュラシック・ワールド』のお兄ちゃんかぁ。
マイカ・モンローは『イット・フォローズ』だ。メイクが違うから全然気づかなかったぁ。
すでにガンガンオファー来てるようだし、二人確かに売れそうですね。名前覚えとこう。
2016/05/07(土) 01:49:17 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
ヤングアダルト小説だからと、手を抜いたんじゃないかと思いました…(苦笑)
粗を隠すわけじゃないし…。都合が良すぎで切実さが出ない映画でしたね。
お粗末な内容でも、あと2作ほどつくるらしい…(爆)
2016/05/08(日) 21:07:25 | URL | NZ_RR #-[ 編集]
To NZ_RR さん
普通の終末世界ものを期待すると、切実さに欠けるということになりますよね。
ヤングアダルト作品らしい視点で描いた作品という感じで、意図を組めば楽しめる作品だと思いましたが。
これ三部作になるんですか。
私は監督前作(『アリスクリードの失踪』)も面白かったので次はついにエイリアン出してくるかなぁなど期待して待とうと思います。
2016/05/08(日) 23:44:56 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
シネコンで扱い悪くて変な時間に1,2回の上映で、結局パスしてしまいました。SF映画としてよりも、クロエちゃん萌えで観た方が楽しめる映画のようですね。それなら、観ておけばよかったかな。彼女、そういう映画に出ること少ないですし。
2016/05/09(月) 04:59:05 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
そうなんです。SFを期待しすぎるともう一つと思うことになりそうで、まずはクロエちゃんの青春を楽しむ映画。
なかなか等身大の(日本の高校生に当てはめると大人すぎますが)クロエちゃんでした。
あ、でも3部作になるようだから、そうするとSFの部分もまた力を入れるのかも。
2016/05/09(月) 09:12:42 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
クロエちゃんのファンはこっちでも多いので、そう云う人は結構行っちゃったみたいですよw
ちょっと気になってましたw
アメリカで、ヤングアダルト小説って映画化多いですね。
こっちで漫画作品が映画になる感じですかね?
ただ、往々にして、日本ではYAの映画化って受けが悪いですよね。
温度差あると云うか。
見方しだいで面白いと思うんですけどね。
2016/05/16(月) 17:16:49 | URL | miskatonic #-[ 編集]
YA
ヤングアダルトと知らずに見はじめて、軌道修正しながら観賞…。
クロエたん、いろんな映画に出てスキルアップしていってほしいですね。
オトコの行水を覗いたり(違うか)。

これは、どんな話になっていくのでしょうね。原作はすでにあるのか? 多少、楽しみに待つとしましょうか。
2016/05/16(月) 18:21:59 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
To miskaさん
私も別にクロエちゃんのファンでもないんですが、出てると見ようかなって思うのは何でしょうねw
日本でもあまり評判よくないみたいなんですが、それはYA作品全般にいえるところありますよね。
アメリカはほんと好きですよねw
本屋のヤングアダルトコーナー(・・と書くとなんか違う感じだけどw)の占める面積も半端なし。
そういう文化なんでしょうかね。
男子のマーベルに相当するのが女子のYA・・になるのかな。
2016/05/16(月) 19:20:35 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: YA
ボーさんこんにちは
わはは、確かにヤングアダルト作品として観るという心構えが必要ですよね(笑)
普通のSFを期待するとなんじゃこれ?ってなるしw
クロエたんはどうもヤングアダルト路線をひた走っているような。
ニーズもあるんでしょうけど、文学的なものとか何か後に残りそうなものに出てほしい気がしますね。

> オトコの行水を覗いたり
そこ?ww

3部作になるらしいですね。
てっきりこれで完結と思っていたので驚きました。
クロエちゃん凄いスピードで大人になってるから制作急がないと・・(笑)
2016/05/16(月) 19:36:44 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
本格的な侵略SFものかと思ったら。
2016/05/17(火) 09:14:21 | 或る日の出来事
地球外生命体<アザーズ>による、第1の波≪暗黒≫、第2の波≪崩壊≫、第3の波≪感染≫、第4の波≪侵略≫という4度の攻撃を受け、人類の99%が死滅。 女子高生キャシーは弟サムを探すため、子供たちが避難している米軍基地を目指す。 途中、若い男エヴァンに命を助けられるが、キャシーは彼を信用することができない。 行動を共にするうちに、二人は惹かれ合ってゆく…。 SFアクション。
2016/05/19(木) 19:29:00 | 象のロケット