映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『彼は秘密の女ともだち』オゾン監督ならではのエンディングだけど解釈が分かれてるのが面白い
2016年04月29日 (金) | 編集 |
 newgirlfriendWebsite-Event-Image-Template01.jpg 

彼は秘密の女ともだち(2014)
フランス
原題:The New Girlfriend
監督/脚本:フランソワ・オゾン
出演:ロマン・デュリス /  アナイス・ドゥムースティエ/ ラファエル・ペルソナーズ / イジルド・ル・ベスコ/ オーロール・クレマン/ ジャン=クロード・ボル=レダ 

 【あらすじ
子どもの頃からの大親友ローラを亡くした主婦のクレール(
アナイス・ドゥムースティエ)。深い悲しみに暮れる彼女は、ローラの死からなかなか立ち直ることができない。しかし、残された夫ダヴィッドと生まれて間もない娘を守るとの約束を思い出し、2人のもとを訪ねる。彼女がそこで目にしたのは、ローラの服を着て娘をあやすダヴィッドの女装姿だった。

【感想
女装癖で記憶に新しいのは『リリーのすべて』ですが、本作ではロマン・デュリスが女装癖のあるダヴィッドを演じています。女装時の名前はヴィルジニア。

そもそもは女装癖があったようなんですが、妻の死装束のウェディングドレスを着せたことが、女装癖復活の引き金になったらしい。そのあたりもリリーに通じるものがありますね。
Une-nouvelle-amie-Clip-1-SD-GoldPoster.jpg 

心から愛した大親友のローラを亡くしたクレールでしたが、女装したダヴィッドとショッピングや食事を楽しむことはクレールにとってローラが自分のもとに帰ってきてくれたような錯覚を覚えるものだったんでしょうね。
一方ダヴィッドも自分の女装癖を受け止めてくれるクレールは、ローラ亡きあと、唯一心を開ける相手だったに違いありません。秘密のデートを重ねるうち二人の心は近づいていく。
でもクレールは自分の中のある秘密に気づくことになるんですね。
ダヴィッドとクレール、そしてクレールの夫ジルとの関係はどうなっていくの?という話
f0165567_517452.jpg 

監督の最近の作品の傾向を見ると、監督はご自分の子供を持つことを模索されてるのかなぁと想像します。

で、勝手に言わせていただけば『ぼくを葬る』『ムースの隠遁』と本作で「父への道」三部作ですね。

個人的にはこれっきゃないという究極のロマンスなんですが、面白いのは、観る者によってエンディングの捉え方が違っているということ。
そのあたり内容に触れずに語るのは難しいので以下ネタバレします。

the-new-girlfriend.jpg 

先にクレールの秘密と書きましたが
実はクレールは女性を愛する人であることが分かってきます。
はじめはローラの代わりのようにダヴィッドを求めるクレールだけど、女装していてもダヴィッドは男性。

この映画は、実はクレールがアイデンティティに目覚めるお話であり、同時に真実の愛を見つける話。
本当に人を愛するようになれば女性とか男性とか関係ない・・?w
というのはいかにもオゾン監督らしいと思うところだけど、相手のすべてを受け入れるという意味では真実かもしれません。

アナイス・ドゥムースティエは目の表情でクレールの心の変化をうまく演じてグッジョブ。
赤いドレスのアナイスのかわいらしいこと。彼女好きだわ。

さて、問題になるのが、7年後・・
女装のダビッドがお腹の大きいクレールと一緒に7歳になった娘のお迎えに学校に来るというシーン。
その間何があったのかの説明がないままだったためクレールの父親は誰かを巡って意見がわかれている様子。
勿論ダヴィッドとクレールの友達関係は変わらず、子供の父親はジルと考えることもできるんですが、
クレールの心の変遷をこれだけ描いていることを考えれば、おそらくお腹の子供はダヴィッドの子供で、クレールは夫と別れダヴィッドと一緒になったと考えるのが自然ではないかと。
夫には気の毒だけど、映画としては最高のハッピーエンドだと思いました。

内なる渇望を抑え込むよりも素直に従って、その上で互いを受け止め認め合えれば最高!
さぁ、みんなもストッキングを買いに行きましょう!(笑)

オゾン監督らしい映画でした。

ブログパーツ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
『リリーの秘密』もまだ観てないから何ともいえないけど、
コレ読んでると私的には理解不能ではない話だわ。
男も女も価値観や理想なんかが似てれば通じ合えると思う。
実際経験はないけどゲイの友達が欲しぃって思ったこともある。

別れたであろう旦那様はちょっと気の毒だけど、
結果的にハッピーエンドな気がするな。
2016/04/29(金) 06:48:49 | URL | chaco #-[ 編集]
No title
この映画は、設定だけ見せられた予告編だけを観てパスしてしまったのですが、オゾンらしいツイストが仕掛けられていたのですね。うーむ、映画館で観ておけばよかった。予告編ってのは大事だなあって再認識しちゃいます。
2016/04/29(金) 07:05:51 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To chacoさん
ごめんごめん、修正しましたが 『リリーのすべて』でした。
もまだ観てないから何ともいえないけど、

そうね、本作の場合、「価値観」の部分がオゾン監督らしい(監督はゲイなので)「自分の性に正直になる」ことだったので、普通の映画とちと違うものにはなってますけど、大きなくくりで捉えると、通じ合える者通しが一緒になるのが幸せということかもですね。

そそ、別れたであろう旦那に対しする仕打ちはちょっと残酷で、そこもオゾン監督ならでは(笑)
2016/04/29(金) 09:04:50 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To einhornさん
英語ベースのトレーラーと日本向けのトレーラーとでずいぶん雰囲気が違います。
語りすぎでも困るけど、まるで違っても当てが外れる。
興味を掻き立てられないものはなお困るわけで、トレイラーって難しいですね。
ロマンチックというには過激すぎるシーンもあるんですが、オゾンの力技なエンディングはよかったし
ヴァイオリンを多用した音楽、秋色に彩られた映像も美しくeinhornさんにもぜひ観ていただきたいです。
2016/04/29(金) 09:29:20 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
オゾン、、ですか う~~ん、スイミングプ-ル途中で寝てしまったし
アタマ あぽ-だからむつかしい話についていけない
学生時代のダチに  女装趣味ではないけど 女性下着愛好家がいました 決してもほ-ではない  女だけにかわゆい下着を身につけるなんて許せない と主張して  わけわからんなぁ  当時から酒豪だったからいまはアル中やろね
自分もその意見には賛成だけど 奴はカラダ小さくてなんぼでも入るけど自分にはムリ、、って入るんならそうするんかいと言われそうだけど  あたしゃスカスカが好きで はい  オヤジは越中やったなぁ  って何の話
2016/04/29(金) 16:26:12 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
『スイミングプール』は難しそうだと噂に聞いて観ないままになっちゃってますが
本作は女装癖のある男性と実は同性愛者だった女性が自分の内なる渇望に向き合う話で全然難しくなかったですよ。
ただ、最後は完全には説明してないので想像で埋めないといけない。
観る者それぞれの常識とかで受け止め方が変わるかも仕入れないので、それも面白いなと思うところでした。

へー、女性下着愛好家(笑)
自分で身に着けるとなると、単に女性の使用したものを集めたいとかいう類とは違う趣味でしょうね。
おみゃあさんも3Lくらいなら大丈夫かもよ(笑)
2016/04/29(金) 23:39:53 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
真面目に長めのコメント入れたら蹴られて投稿できなかった。
なぜだろう?
残念。
2016/04/29(金) 23:59:38 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
To ゾンビマンさん
ありゃーー、残念。
なんかね、前に自分で試してみたことあるんだけど、ちょっと卑猥なワード入れると蹴られるみたいなの。
禁止ワードはヤフーより厳しいと思う。FC2なのにね。
ごめんなさいね~。
2016/04/30(土) 00:09:05 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
夫のリリー化はマジかんべん!
こんにちは!
これ、劇場公開時に観逃したんです~。近くのレンタル店にもないし~(涙)。なので、オゾン監督の日本公開作品、コンプリートできずにいます。
女装癖か~。夫や恋人がもしそうだったら、怖いというか、めんどくさいかも…でも何で女の服とかメイクとかしたがるのかな~。男のほうがシンプルでいいじゃん!なんて、私は思ってしまいます…
ロマンも好きですが、ラファエル・ペルソナも好きなので、ほんと観たいんですよね~…
オゾン姐さんの新作は、もっと観たい!主演がこれまた大好きなボーギャルソンなので(^^♪
2016/05/01(日) 00:13:33 | URL | 松たけ子 #-[ 編集]
Re: 夫のリリー化はマジかんべん!
>松たけ子さん こんにちは
観逃しちゃいましたか。
これはまさにオゾン層・・・もとい、オゾンワールドでした(笑)

オゾン監督の世界では普通でも、実際に夫や恋人が女装を始めたらびっくりですよね。
リリーみたいに支えることは勿論寛容に受け入れられるかも自信がない。
今回は女性の内なる渇望も描かれてて複雑な恋模様が繰り広げられてました。
レンタル出てきたらぜひ。
あ、そうそう、ラファエル・ペルソナ美しいですね。
はじめは彼が女装する方の役に決まってたらしいですよ。
ロマンと変わることになってラファエル本人はホッとしたそうです。美しいのはラファエルだったかも。
オゾン姐w新作がもう出てるのですか。
ボーギャルソン知らない(汗)松さんはフランス映画詳しいなぁ。
2016/05/01(日) 07:42:09 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Beau Garçon
こんばんはagain!
ラファエルの女装男役も見たかったな~。
オゾン姐さんの新作は、ドイツが舞台の心理ドラマみたいです。主演は「イヴ・サンローラン」のボーギャルソン(フランス語でイケメンという意味)、ピエール・ニネくん。じゅてーむニネっち!
オゾン姐さんのライバル(?)グザヴィエ・ドラン監督の新作の主演は、ギャスパー・ウリエル。サンローラン対決も記憶に新しいボーギャルソン二人が、今度は天才ゲイ監督の作品で再び対決(^^♪
2016/05/01(日) 09:03:40 | URL | 松たけ子 #OGgHy/oY[ 編集]
To 松たけ子さん
追加情報ありがとうございます!
そうかぁ、ボーギャルソンってイケメンって意味なのね。
さっそく使わせていただきます(笑)
イヴ・サンローランはまだ観てなくてニネ君というのも知らないフランス作品にとんと疎い私。
ちょっと研究開拓していかなきゃだわ。ドラン作品も気をつけておかなければ。

あと、私もラファエル君で女装観たかったと思ったの。
現代のアラン・ドロンなんて言われてるそうで、彼の作品もチェックしたいと思ったところでした。
そのうちにフレンチ・ボーギャルソン特集組みたいなぁv-345

2016/05/01(日) 09:47:50 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
The New Girl Friend
そうなんだ??こりゃ目からウロコでした。そう言われれば確かに想像させる雰囲気ではありましたが、、上辺だけを追ってたかも??反省。オゾン監督のインタビューを追ってみます、、。
2016/05/01(日) 16:23:53 | URL | guch #-[ 編集]
Re: The New Girl Friend
>guchさん
はい。そういえば でしょ。
これはオゾン監督の傾向を知って観るかどうかでも受け止め方が違うのかもですね。
多分ソフトで観るとコメンタリーで解説してるかな。
いいインタビュー記事を発見したら教えてください。

2016/05/02(月) 11:28:27 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
ミニシアターでやってたけど、逃しちゃったな。
オゾンだったのかー観とけば良かった。
フランス映画独特の判断を委ねる系ちょっと苦手なわたしもオゾンは美味しく頂きますです。
あーあの出演者が歌っちゃうのは全くダメだったけどww
解釈を投げられる系もイラってしてどないやねーーん?!ってなりがちだけど、大丈夫なのもあるの。これはどーかなー。
ソフト待ちまーす。
2016/05/02(月) 17:49:40 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
オゾンだったのよ。
そうね、オゾン作品はフランスのアンニュイを配した独特の辛辣さもあって私も観やすい。

>出演者が歌っちゃうの
それたぶん見えないわぁ。

これラストシーンの受け取り方は人によって違ってるようだけど
オゾン的には普通にわかってくれよって感じだったと思うけどなぁ。
テレビでやったら観てみて~。
2016/05/02(月) 20:37:37 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
オゾンだけに、
その空気が独特で…好きっす!
「スイミング・プール」も、いいですよ。まじめに書いていた時代の記事は、
http://www.eurus.dti.ne.jp/~hi-ro-s/sub1-98.htm
2017/01/06(金) 06:36:09 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
Re: オゾンだけに、
>ボーさん
オゾン監督独特ですよね~。
『スイミング・プール』は観たい観たいと思いながら、「難しい」という声を聞いてはビビりで手を出さなままになってました。
今年はそういう見逃し作品にチャレンジしていきたいです。
シネマ停留所の記事拝見しました。
ネタバレ解説を読みたい衝動に駆られましたが今回はグッと我慢。
鑑賞後にお邪魔させてくださいね。
2017/01/10(火) 02:04:56 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
フランソワ・オゾンである。
2017/01/06(金) 21:27:08 | 或る日の出来事