映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』ジェイク・ギレンホールが壊しまくる
2016年04月18日 (月) | 編集 |
08_demolition-poster.jpg 

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2016)
アメリカ
原題:Demolition
監督:ジャン=マルク・ヴァレ
脚本:ブライアン・サイプ
出演:ジェイク・ギレンホールクリス・クーパー/ ナオミ・ワッツ/ ヘザー・リンド /ジューダ・ルイス
日本公開:2017/2/18

 【あらすじ
投資銀行で働くエリートのデイヴィスは突然の事故で妻を亡くす・・

【感想
ジェイク・ギレンホール主演の『デモリション』を観てきました。
妻を亡くした主人公の再生を描くドラマです。

スタローン主演の『デモリションマン』(93)でdemolitionってなんだと思った記憶があるのに、意味調べないままだったな。今回辞書を引くと「解体」とありました。なるほど、ジェイク壊しまくりでした。

突然の事故で妻を亡くしたデイヴィスは妻の死を知った直後、病院の自販機でm&mのチョコを買おうとしますが、自販機の中で引っかかって出てこない。

「カギで開けて取り出して」と病院の受付に申し出ても「自販機は自販機会社の管理だから」と。
たかがm&m 他の物を選ぶなりして買いなおせばいいじゃないかと思うのだけど
納得いかないデイヴィスは管理会社にクレームの手紙を書きます。
自分がどんな状況でそのチョコレートを食べなければならなかったか から始まって
妻との出会いや自分のことまで長々と。しかも葬式の直前に!(笑)

観る前は愛する妻を亡くした男が妻の死を受け入れられず壊れていく話と思ったのだけど
それだけじゃなかった。

さして努力もせずにサクセス街道を突き進んできたデイヴスは、いつの間にか感情を失くしている。
そして自分の人生の設計図になかった妻の死が彼をさらに困惑させているのです。
妻の死さえ悲しむことができないデイヴィスが悲しすぎる。
自販機管理会社へのクレームという形で、デイヴィスのおかれた状況やメンヘラな部分まで紹介してしまう手法が鮮やか。
Demolition-Jake-Gyllenhaal-2.jpg
そんなデイヴィスが向かうのがタイトルの「デモリション」すなわち「破壊」
壊して壊して壊しまくる。
人間壊れかけたら、いっそのこととことん壊して一から立て直すのが正解かもしれないね。
色のない空虚な空間である「家」はデイヴィス自身を表すメタファーでしょう。

そして自販機のクレーム処理係でデイヴィスの件を担当したシングルマザーのカレン(ナオミ・ワッツ)とその息子との出会いが癒しになり、徐々に感情を取り戻すのです。
ナオミ・ワッツがナチュラルでいいのだわ。家もデイヴィスの家と随分違って生活感があって色調も温かいんです。

9469-600x338.jpg 

会社の上司で義理の父でもあるフィルを演じるのはクリス・クーパー
クリスは『遠い空の向こうに』でもジェイクの父親を演じてましたが、今回も壊れた義理の息子に呆れ、娘を悲しませたデイヴィスに怒りながらも、デイヴィスを放っておけないツンデレ具合が素敵。
demolition.jpg
そしてなんと言ってもジェイクが完璧なのです。
糸が切れてイッてる演技はジェイクの得意とするところだけど、本作では壊すジェイクから踊るジェイクまで楽しめます。
だんだんに血が通ってくるとともに、妻への愛情をよみがえらせるジェイクがいとしくてたまらなかった。

監督は『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャン=マルク・ヴァレ
演技者の魅力を引き出すことに長けた監督なのかな。
音楽の使い方もよくて高揚感のある作りでじわじわ感動させてくれました。
笑えるところも多くこれ最高。
日本公開は来年?








ブログパーツ


関連記事

コメント
この記事へのコメント
Demolition
これオーストラリアじゃ何処も買い付けてないみたい、、上映未定になってました。最近結構こんなケースがあるんですよね、、以前はもう殆んど自動的に入って来てたのに、。ギレンホールは無論”Brokeback Mountain"でしたが”Nightcrowler"も良かったかな?ナオミ・ワッツはあの”King Kong"のダンス、、でも”The Impossible"で怪我した時の映像が、、”虎馬”になってます。
2016/04/18(月) 15:54:17 | URL | guch #-[ 編集]
No title
ぬおおーーー!ジェイク次は壊し屋ですか!!
作品ごとに色んな役を演じ分けて、ホントに面白い役者だよねー。
で、基本的には可愛くて、た、たまらんww
これはあれか昔マイケル・ダグラスがキレてドンバンしまくった『フォーリングダウン』みたいな感じ?
クリス・クーパーとか、ナオミ・ワッツとかこれまた良いところついた配役だし公開楽しみです。
ジェイクのこのダンス、TLで見たけどヘンテコでかわいー❤
2016/04/18(月) 17:09:06 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To guchさん
まだこちらでも上映中なのでこれからそちらに行くこともあるのかな。
ギレンホールは確実に実力をつけてきましたね。
そろそろオスカーもとって欲しいところ。
ナオミ・ワッツの『インポッシブル』はいろいろ衝撃的でしたよね~。
水がすごく怖くなったし。震災の後の上映で悪夢があ蘇った人もいたかも。
2016/04/18(月) 23:59:43 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
ジェイク壊しまくってます。
『ナイトクローラー』でも鏡割って負傷してたので、今回も心配したな。
こういうの手加減しないよね、彼。

> 作品ごとに色んな役を演じ分けて、ホントに面白い役者だよねー。
最近ますますいい役者になったと思う。
うんうん、可愛くてでもちょとセクシーで魅力的になった。
> これはあれか昔マイケル・ダグラスがキレてドンバンしまくった『フォーリングダウン』みたいな感じ?
あー、ダグラスさんのは怒りを他に向けて発散してたけど
ジェイクは自分自身の立て直しであって、暴力行為じゃないのでちと違うかな。
クリス・クーパーにナオミ・ワッツもいいよね。
2016/04/19(火) 00:06:01 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
ジェイク・ギレンホール、頑張ってますね。
彼が主演でタイトルがアレなら見るしかないし、姐さんの記事冒頭の数行だけでオモロイ匂いがした(爆)・・・。
姐さんが『デモリションマン』を見ていたのがなぜか意外だった(汗)・・・。
2016/04/19(火) 02:45:37 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
To ゾンビマンさん
ジェイクのってますよね。出演作の多さにも驚きますが、ほとんどが主演作なのも凄い。
冒頭の数行はまさに映画の冒頭。
観客を引き込むいい演出ですね。ぜひ観ていただきたい。
『デモリションマン』は好きで、劇場では観てないですがテレビでは何度も観てます(笑)
2016/04/19(火) 06:49:31 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
解体屋ですか
振動ドリルの刃先が鋭利なのと刃先赤いの気になります  血?  これで人間に穴あけたか  単なるペンキはげ か
アメリカの 道具は 釘打ち銃にしても じゅ-ぶん武器になるし  飛ぶもんね 日本のは押し当てる まだまだいろんなんあるんやろね  ノミ、カンナはつかわね-か
2016/04/19(火) 16:41:14 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
> 解体屋ですか

お金払って解体やらせてもらってました(笑)
あ、そういえばドリルの刃の赤いのはなんだろう。
そういうホラーなシーンはなかったんだけど。

そうそう、釘打ち銃も立派な飛び道具で殺傷能力もありそう。
ホームセンターは武器だらけですよね(笑)
2016/04/20(水) 00:24:14 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
おはよ!
って、そっちは夕方?夜かい?

ジェイク何気に好きなんさね~。
あ、知ってた?だって濃い顔だしモロ面長じゃん!
どんなジャンルもやってのけるし。ワッケー時から好き!
姉の何とかギレンホールもいい味出す女優さんだよね。

壊すギレン、キレるギレン、いいね~。観たいね~。
2016/04/20(水) 17:59:15 | URL | chaco #-[ 編集]
To chacoさん
おっはーー!!
あ、真夜中になっちゃってます。

ジェイクいいよね~。私昔はそんなに気にしてなかったんだけど、最近かなり好き。
はは、確かに濃いけど、ちょっと甘くもあってね。
ほんと、最近のジェイクは色んな役を楽しそうにやってるのがいい。
マギー姉ちゃんも頑張ってます。ちなみにパパは監督、ママは脚本家。
映画一家だわなぁ。

ギレンギレンのジェイク観てね。
2016/04/20(水) 23:29:43 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
主人公が行き着く先まで行っちゃうと「フォーリング・ダウン」になってしまうのでしょうけど、この映画はそうはならないようなので、その落としどころに期待しちゃいます。ナオミ・ワッツも色んな映画に出る人だなあと思いつつ、単なる脇役になっちゃうことも多いので、今回はいいところを見せてくれそうなところに期待大です。
2016/04/24(日) 02:34:11 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
はい、そもそも主人公は怒りを抱えているという設定ではないので「フォーリング・ダウン」みたいに外に発散はしてませんね。
あくまで自分の中の立て直しかな。
ナオミ・ワッツは確かに意外なわき役に徹することもある女優さんですね。
今回最初は老けたなぁと思ったんですが、自ら悩みを抱えてはいるけれどナチュラルで等身大のな女性を魅力的に演じてました。
2016/04/24(日) 10:29:23 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
出世街道をひた走る30代半ばの銀行員デイヴィスは、交通事故で妻ジュリアを亡くした。 ところが、一滴の涙も出ず、何の悲しみも感じない。 しかし、デイヴィスは妻が運ばれた病院の自動販売機に怒りを覚え、メーカーに苦情の手紙を出し続ける。 そして彼は、身の回りのありとあらゆる物を破壊したくなってしまった! そんな時、自販機メーカーの顧客担当者カレンから電話がかかってくる…。 ヒューマンドラマ。
2017/01/26(木) 14:49:40 | 象のロケット
2017年に入って観た映画が、2本続けてクソ!(どの映画とは言わないが…) おい、映画界大丈夫か? な状態に陥っていた(笑) そして3作め。 今作で救われた… 交通事故であっという間に妻を亡くした主人公(ジェイク・ギレンホール) エリート(金融業界)だったが、に人生の全てが「無感覚な生活」に陥っていた自分に気づく。 で...
2017/01/27(金) 06:50:03 | 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
JUGEMテーマ:洋画     「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 原題:Demolition 監督:ジャン=マルク・ヴァレ 2015年 アメリカ映画 101分 PG12 キャスト:ジェイク・ギレンホール      ナオミ・ワッツ      クリス・クーパー      ジューダ・...
2017/02/05(日) 07:24:46 | マープルのつぶやき
邦題は捻りに捻ったタイトル。「晴れた日は君を…」の「キミ」は、裏側から見て妻のことにもなるし、妻が自分を、のことにもなる。しかし内容は原題の「DEMOLITION」そのものである。突然に妻を亡くした男が、妻を亡くしたというのに涙さえこぼれず、喪失感さえそれとは判らず、周りのものを全て破壊することによって何かを得ようとする物語。この作品に対して高い評価をする人はきっと多いのだと思う。ジェイク・...
2017/02/22(水) 12:36:03 | ここなつ映画レビュー
 『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』を、渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編で見て良さそうに思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、ピアノの音(注2)が車内に流れる中、運転する妻・ジュリア(ヘザー・リンド)がその曲を口ずさみ、夫・デイヴィス(ジェイク・ギレンホール)は携帯電話で話しています。  ジュリアがデイヴィスに、「冷蔵庫を見てくれる?2週間前から水漏れな...
2017/03/03(金) 20:51:34 | 映画的・絵画的・音楽的
相変わらずジェイクの演技が素晴らしすぎる 「ダラス・バイヤーズクラブ」でマコ様とジャレッド・レトをそれぞれアカデミー賞主演男優賞、助演男優賞に、 次作「わたしに会うまでの1600キロ」でリース・ウィザースプーンとローラ・ダーンをアカデミー賞にノミネートに導いた 作品も演出力も高い評価を受けるジャン=マルク・ヴァレ監督の最新作 妻の事故死の後、病院の自販機の故障でM...
2017/03/31(金) 23:25:09 | 我想一個人映画美的女人blog
「ダラス・バイヤーズクラブ」「わたしに会うまでの1600キロ」のジャン=マルク・ヴァレ監督がジェイク・ギレンホールを主演に迎え、妻の突然の死で心が壊れ、ふとしたきっかけから破壊衝動を抑えられなくなった男の再生への道のりを見つめたヒューマン・ドラマ。共演はナ...
2017/04/14(金) 19:00:31 | パピとママ映画のblog