映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『JUKAI-樹海-』種明かしプリーズ
2016年04月15日 (金) | 編集 |
The_Forest_Poster.jpg 

JUKAI-樹海-(2016)アメリカ
原題:The Forest
監督:ジョイソン・ザダ
出演:ナタリー・ドーマー / テイラー・キニー  /小澤征悦/オーエン・マッケン
 
   
【あらすじ
アメリカ人のサラは、日本で暮らす双子の妹ジェスが青木ヶ原で消息を絶ったとの連絡を受け、ジェスを探すため来日した。


【感想
熊本で大きな地震が起きましたね。
どうぞ被害がこれ以上大きくなりませんように。

こんな時ではありますが、今週はホラーで通します。
今日は自殺の名所としても知られる日本の青木ヶ原の樹海を舞台にしたアメリカ映画。
姉の捜索のため青木ヶ原にやってきた双子の妹が遭遇する恐怖を描くミステリー・ホラーです。

冒頭から「とうりゃんせ」の歌が聴こえてくるわ、恐怖演出が日本のホラーっぽいわで
早々からビビりモードで鑑賞。

双子は特殊な能力で互いのエネルギーや思考を共有すると言いますよね。
本作のサラも双子だけが持ちうるそんな能力でジェスが生きていると確信しています。
4098_d026_00099_r1449276243.jpg 

かくしてサラは作家のエイデン、ガイドのミチの協力を得て樹海に入るも、
邪悪な魂に阻まれ捜索は難航する・・果たしてジェスと再会できるのかという流れ。

それだけでもジャパニーズホラーもどきのB級映画として一応成り立つんですが
観ているうちにサラはあるトラウマを抱えていることがわかってきます。
そうこうするうちに、不自然な部分が目立ってくるので
ははーん、そういうことかと、この映画のある仕掛けを意識するわけなんですが。

ところがですよ。残念なことに劇中で明確な種明かしをしてくれないので
自分の解釈が正しいのか判断できず、スッキリしないんですよね。
勿論あからさまな種明かしでなくてもいい。
でも確信を持てる演出を入れるのがうまい映画ってものでしょう。

あと、B級臭漂うびっくり描写でなく、「青木ヶ原」をもう少しリスペクトして欲しかった。
外国人監督には難しいかな。
 
サラ/ジェスに「ゲーム・オブ・スローンズ」にナタリー・ドーマー
サラに同行するオーストラリア人作家エイデンにレディ・ガガの婚約者 テイラー・キニー 
日本人のガイドに小澤征悦

日本公開の情報はまだありません。








ブログパーツ


関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
樹海ってんでスコ爺かと思ったら違うのね。
こんな樹海ホラーがあるんだ~。
自分の解釈合ってるかを知りたいーーー!っての分かる分かる!
ねえ、どう思う?って観賞後に意見の交換しておお!そんな受け取り方もあんのね!とかあ、同じね!とかやり取りするのが映画ファンの醍醐味だよねー。
「青木ヶ原」って聖域ぽいので、B級ホラーにするのは勿体ないけど、これは日本人にしか理解できない、感覚かもね。
しかしこのての作品はソフトスルーな予感。
2016/04/15(金) 06:44:49 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
> 樹海ってんでスコ爺かと思ったら違うのね。
スコ爺のも樹海もの(ってジャンルある?w)なんだ(';')

そう、これ表面なぞるとまぁそんな面白ホラーでもないんで評価も悪いと思うんだけど
ある解釈加えると、グレードアップするんだよね。
それが正解かわからないっつーのがなんとも・・なんだけど(笑)
でもそこを語り合うのは楽しいよねぇ。
ソフトスルーかなぁ。
そう、「青木ヶ原」は怖いというのは理解できてもその聖域たるものを理解するのは難しいのかもって思った。
それでも一応姥捨て山からの歴史を日本人に語らせてるのはよかったです。

2016/04/15(金) 07:18:06 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
4月12日にユニヴァーサルから
リリースされたので手配します。

『グリーン・インフェルノ』の
ブルーレイにこの作品のトレイラーが
入ってたんで興味を持ったけど
全然、日本公開の話も聞きません。
数年前に『樹海のふたり』という
映画を観ましたが、重い内容だね。
あの場所はそっとしとくべきだと思うけど。
2016/04/15(金) 07:40:11 | URL | GH字幕 #-[ 編集]
To 字幕さん
日本が舞台っていうだけでもほーっと思うのに樹海とはね。
『青木ヶ原』という石原さん原作の映画もあったようだけど、それはどうだったんだろう。
本作は青木ヶ原の「自殺の名所」で「魂が宿る」という点に着目してはいるけど
内容的にはヒロインのトラウマ克服が主で、別に青木ヶ原じゃなくてもよかったんじゃないかと思ったり。
監督も実際に青木ヶ原を訪れてはいるけど、森の中の諦めよそで撮ったようです。
暗くなってからの撮影に同行するようなガイドもいないですよね。
なんにしてもひとひねりある映画なので字幕さんの感想楽しみにしてます。
2016/04/15(金) 08:15:51 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
姐さん九州でしょ?
私関西でね。西の人って、解釈放置で逃げられるのが嫌よね(笑)
へたでもなんかハッキリさせと(汗)
樹海って不思議なところですよね。
2016/04/15(金) 09:44:41 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
To ゾンビマンさん
嫌ですね~(笑)
最後に「やっぱりー!!」ってのがないと、頭の中収まりませんよね。

> 樹海って不思議なところですよね。
悲しい心を持った人がいくとやばいらしい。
監督も中に入るときはガイドに塩をまかれたって言ってました。
聖域ですよね。

2016/04/15(金) 15:06:37 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
とうりゃんせ、はかごめ とともに日本が誇るホラ-歌ですね  監督はそれ聞いてるんかしらね  小澤くんの顔がこゆいしホラーだわ
さきほど 大分で地震ありました どんどんこっち近づいてる  ま、夜中のは揺れましたわ  昨日は気づかなかったけど
2016/04/15(金) 16:38:51 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
樹海に入りたい時もある
こんにちは!
熊本震災、胸が痛みますね…私のところも結構揺れたので怖かったです。早く不安な日々が終わりますように…
この映画観たいです!オザユキ(小澤征悦)が好きなんです!彼、英語が得意らしいけど、英語の台詞どうでしたか?
ナタリー・ドーマーってthe tudorsのアン・ブーリンの人ですね!
2016/04/16(土) 00:36:48 | URL | 松たけ子 #OGgHy/oY[ 編集]
To おみゃあさん
> とうりゃんせ、はかごめ とともに日本が誇るホラ-歌
あー、そういえば神隠しとかなにか聞いたことがある。
行きはよいよい、帰りは怖いっていう歌詞も怖いですよね。何が怖いの~?って。
小澤くんはちと太目で怖くはないけどねw

地震徐々に東に移動してるし、別府本当に危ないんじゃないかと心配してます。
四国も活断層あるし、怖いですよね。
どうにかこのまま収まってほしい。祈るしかないですが。
おみゃあさんもくれぐれも気を付けて。
防災グッズと運動靴そばに準備しておいたほうがいいかも。
2016/04/16(土) 00:59:40 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: 樹海に入りたい時もある
>松たけ子さん、 こんにちは。

地震のニュースが入るたびにいたたまれない気持ちになります。
そちらでも地震起きてるんですね。怖いですよね~。ほんと気を付けて。
私も家が大分で親戚や友達たちもいっぱいいるのでほんと心配。
はやく収まってほしいですね。

小澤征悦さんお好きでしたか。私全然知りませんでした。
英語はばっちり。ネイティブに近い喋りですよ。
本作でハリウッドデビューらしいですね。頑張ってほしいです。

> ナタリー・ドーマーってthe tudorsのアン・ブーリンの人ですね!
そうなんだ。ドラマで活躍されてる方なんですね。
私が知らないだけで、キャストはメジャーな皆さんだったのね。
日本上陸の際にはぜひチェックしてみてください。
2016/04/16(土) 01:21:37 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
鑑賞しましたが、解釈に苦しむ作品。
現実なのか、幻想なのか
毅然としない描写で混乱しました。
数か所分かりませんが
pu-ko説でもおかしくないでしょう。
監督さんがもしツイッターでも
やってるなら一度聞いてくださいw
2016/04/23(土) 07:02:43 | URL | GH字幕 #-[ 編集]
To字幕さん
> 鑑賞しましたが、解釈に苦しむ作品。
> 現実なのか、幻想なのか
でしょー。どこかに確かな解釈に繋がる決定的な証拠が欲しいですよね。
字幕さんが返信で指摘されてる部分は私も困ったところで
学校に行ったのはジェス自身、ロブはそもそもジェスの恋人で日本に住んでると考えられなくもないんですけどね。

ブルーレイに監督のコメンタリーはなかったですか?
レンタルビデオはそういうの削ってるので確認できなくて。
2016/04/23(土) 08:01:58 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック