映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】夢かうつつか『怪奇な恋の物語』
2016年04月11日 (月) | 編集 |
A-Quiet-Place-in-the-Country2.jpg 
怪奇な恋の物語(1969)
イタリア
原題:A Quiet Place in the Country
監督/脚本:エリオ・ペトリ
出演:ヴァネッサ・レッドグレーヴ  / フランコ・ネロ/ ジョルジュ・ジェレ  / ガブリエッラ・グリマルディ/ リタ・カルデローニ 

 【あらすじ
ミラノの高名な画家レオナルド・フェッリ(F・ネロ)は、最近妄想に悩まされていた。彼のエージェントである愛人のフラビア(V・レッドグレーブ)とのエロチックな殺人劇が夢に現れるのである。

【感想
久々にレトロ作品の感想を。

今日はヴェネチア映画祭銀熊賞を受賞したエリオ・ペトリ監督によるイタリア産ミステリー・ホラーです。
00228e1b_medium.jpg
冒頭、半裸でロープに縛られ椅子に座る画家のレオナルド(フランコ・ネロ)。
その周りを家電製品で取り囲み、喜々として電源を入れるのはヴァネッサ・レッドグレーヴ演じるフラビア。
その後二人はお風呂でイチャイチャ。と、思いきやフラビアにナイフで滅多刺しされ・・

いきなり主人公ご退場 なわけはなく、
レオナルドの夢だったことがわかるんですが、画家のレオナルドはどうやらスランプに陥っていて
マネージャー兼愛人のフラビアに制作をせかされ精神的にいっぱいいっぱい。
tumblr_mxuz3vzJvG1rkhykvo1_1280.jpg 
あかん、いっとき休養するわ 
レオナルドは静養のため田舎の古い館に住み始めるも、そこでも新たな事件に遭遇するという話です。

 
銃弾によるものと思われる無数の穴の空いた外壁、壁に花を供えに来る男
女性の顔の浮かび上がる壁、夜間の物音、壊されたキャンバス
フラビアを襲うように崩壊する家
その館に住んでいたという美しいワンダの亡霊と死の真相

それらをミステリー風に見せていくわけですが
面白いのは館にまつわる幽霊譚と、画家の狂気との境界があいまいになっていくところ。
ワンダの霊の仕業と思われた部分も、潜在的な殺意の表れだったのか
レオナルドの観ていた世界を客観的に見せるラストは衝撃的であると同時に哀愁を感じるものでした。
168892488.jpg
当時プライベートでもラブラブだったはずのヴァネッサとフランコ、
この映画で二人の仲に亀裂が入らなかっただろうかと余計な心配してしまった。

監督は当時出回り始めた家電製品に感じる違和感や、ヴァネッサ役のフラビアに重ねた金の亡者的な世情への違和感を映画に重ねたのだそうで、社会派として知られる監督らしい発想の転換が面白い。

エンニオ・モリコーネによる、音楽というより効果音に近い奇怪な音の演出も印象的でした。










ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
『世にも怪奇な物語』は知っていますけど、これは知らなかった(汗)
映画ファンとして勉強になりました。
2016/04/11(月) 03:35:17 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
To ゾンビマンさん
タイトルは『世にも怪奇な物語』からもらったんだろうなぁw
これ日本で公開されたみたいだけど、ソフト化されてないのもあってあまり知られてないですよね。
こちらでテレビで放送されたので、そのうちに日本でも放送されるかも。
若いヴァネッサが拝めます。
いらんって?(笑)
2016/04/11(月) 07:28:21 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
トリッキーなミステリーホラーでしょうか?夢オチとか、主人公錯乱系かしら。
トレーラー観てたらイタリア語なのと画面が紅いのとでどーしてもアルジェントか?ってなっちゃう。
フランコ・ネロはウェスタンの(オリジナルのジャンゴとタラの)しか観たことなくて新鮮ー。
うちの母は一時ファンだったらしいって関係無いかww
これ系たぶん好きなんで観てみたいな、面白そう。
2016/04/11(月) 07:53:02 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
> トリッキーなミステリーホラーでしょうか?夢オチとか、主人公錯乱系かしら。
夢オチを最初にぶち込んで、あとは家憑きのホラーっぽくは見せるんだけど、
思えば最初からその兆候はあった・・な結末ですね。

そそ、血の赤が強調されるのと奇妙な効果音もあって、アルジェント風ジャッロな雰囲気ですよね。
私は若いフランコさんをドヌーヴ作品で見てたのに意識してなくて、今回見て同じく新鮮だったな。
お母さんもファンだったのね。
マカロニウエスタンの俳優でこの青い瞳はちょっと目を引いたんじゃなかろうか。
wowowとかでそのうちにやらないかなぁ。
2016/04/11(月) 08:20:55 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
これはTBSの『月曜ロードショー』で
かなり昔に放送してたっけ。
まあ基地外的な要素も多いので
今ではテレビで流せんでしょうね。
こちらは劇場公開とテレビ放送だけで
ソフト化されてません。
フランコ・ネロも変態なら
ヴァネッサ・レッドグレーヴも変態
な役柄なんで売れないだろうね。
「田舎の静かな場所」でありもしない
妄想でおかしくなるDS映画です。
2016/04/11(月) 08:36:34 | URL | GH字幕 #-[ 編集]
To 字幕さん
月曜ロードショーでかかったんだ。
昔は寛容だったんですね。
いまは精神病関連とか放送が難しいところがあるのかな。

変態&基地外とはいえ、憑依と妄想がごちゃごちゃになっていく迷宮的な描き方も面白かったけどなぁ。
ま、怖いというより奇妙な味わいの映画でした。
2016/04/11(月) 09:34:56 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
おおむかし、テレビで見たような気がします 世にも怪奇な物語の柳の下狙ったんだろうな  フランコネロというとジャンゴしか思い浮かびませんが ウエスタンの衰退 ほかの路線狙ったんだろうな B級ばかりでしたけど 某ダイハ-ドで久々観たときは笑った
レッドグレ-ブはやはり裸足のイサドラのイメ-ジですが 数年後の オリエント殺人やったか  あれッ、おばさんにはがっかり
2016/04/11(月) 16:31:44 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
昔はこういう変わったものも放送してくれて、映画ファンにとってはいい時代だったね。
そそ、タイトルは絶対『世にも怪奇な物語』意識したんだろうな。
マカロニウェスタンに疎い私はネロさんはタラちゃんの『ジャンゴ』で初めて意識した人でした。
『ダイハード』にも出てたんだ。ヴァネッサは押しも押されもしない大女優になったので
低迷中は劣等感感じるところもあったかも
ヴァネッサはやっぱり60年代が一番綺麗だったけど、歳とっても精力的に仕事こなしてて凄い。
2016/04/12(火) 08:29:36 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック