映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】グランドフィナーレ
2016年04月07日 (木) | 編集 |
irpypdlh.jpg

グランドフィナーレ(2015)
イタリア/フランス/スイス/イギリス
原題:Youth
監督/脚本:パオロ・ソレンティーノ
出演:マイケル・ケインハーヴェイ・カイテル/レイチェル・ワイズ/ポール・ダノ
日本公開:2016/4/16  

 【あらすじ
スイスの高級リゾートホテルでバカンスを過ごす有名な指揮者/作曲家のフレッド・バリンジャーは、英国女王からの「不朽の名曲『シンプル・ソング』を彼の指揮で演奏してほしい」という依頼を頑なに拒む・・

【感想

『グレート・ビューティー/追憶のローマ』でアカデミー賞外国語賞を獲得したイタリアのパオロ・ソレンティーノ
マイケル・ケインを主演に迎え、「老い」をテーマに描いたドラマです。

Youth1.jpg
舞台はアルプス山ろくの高級リゾートホテル。
宿泊客の大半は老人で、さながら温泉治療を兼ねたサナトリウムといった趣
開始後しばらくして画面に映し出されるタイトル「youth」が、なんとも皮肉に思えます。

youth-xlarge.jpg 

映画は引退した音楽家フレッド(マイケル・ケイン)と現役にこだわる映画監督のミック(ハーヴェイ・カイテル)の友情を軸に、様々な宿泊客の人生模様を絡めつつ、老いの憂鬱と若者の可能性を描いていきます。

特筆すべきは詩的なまでに美しい映像と音楽で、監督の芸術的な才能があますことなく発揮されてます。
引退して仕事に未練はないなんて言いながら、音楽の才能と愛を失わないフレッドの描き方もよかった。

印象的だったのはマラドーナを思わせる巨漢のセレブ。
情けない姿になったレジェンドが、ポール・ダノ君の一言に「ありがとう」と言う瞬間
彼はかつての自分に少しプライドを取り戻したと感じて泣けたんだなぁ。

誰かに自分を分かってもらえているとか、そういうのが支えになって自分を変えられるってことはあると思う。

だから「若い人は愛するものを大事にして、前向きに歩きなさい。
将来に可能性があるのは若者の特権だから。
でも人生わずかになったら、過去にし残したことを悔やむよりも
頑張ってきた自分に誇りをもって、与えるべきを与え心穏やかに生きなさい」と
そんな映画だったかなと思います。

だったかな と言うのは、解釈に悩む部分も多いからで(笑)
自分の力不足を棚に上げて言わせてもらえれば、もう少し分かりやすく
見た者が同じ感動を味わえるものにして欲しかった。
妻はなんであんなホラーだったのかな。謎・・

ま、でも、ケイン様はキュートで素敵だったし
映画的な魅力にあふれる作品ではありましたね。

youth-848x425.jpg 









ブログパーツ


関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
コレ、偶然ですが日曜日に前売り券買いました。
だから見てから来ますね。
2016/04/07(木) 02:39:20 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
No title
ハーヴェイ・カイテルは久しぶりではないですか。
俳優陣が皆魅力的で、全てに意味ありげな雰囲気を醸し出していそうですね。
音楽と映像も期待できそうですね。
2016/04/07(木) 04:04:38 | URL | yymoon #-[ 編集]
No title
こ・れ・も!!これも楽しみにしてる作品なりーー!
とりあえずケイン様出てるなら観とかないと!なカテゴリーの方はってジョン・グッドマン観とかなきゃカテの比ではないのでは?いや、わたしゃどちらにも属すので当然観ますん!ふんす!
で……「だったかな」 なの?!www
その時の自分の状態やメンタルで受け取りかたが変わる映画ってあるよね。
見直すと捉え方が変わったりそれもまた映画の楽しみ方だよね。
カイテルもダノダノも出るし、ワクドキなんで早く体調戻して公開を待ちます!
2016/04/07(木) 06:42:55 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To ゾンビマンさん
はーい、感想楽しみにしてます!!
2016/04/07(木) 07:20:59 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To yymoonさん
> ハーヴェイ・カイテルは久しぶりではないですか。
そうですね。私も『グランド・ブダペスト・ホテル』で久々に拝見しましたが
以後年に三本くらい映画に出ていて、精力的に活躍されてますね。

そう、全て意味深で、でも確かな答えに辿り着けなかったりしますが
映像と音楽は見るだけのものはあります。
スミ・ジョーさんも登場するのでオペラ好きさんにはたまらないかも。
2016/04/07(木) 07:32:57 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
はい。ケイン様ファンにはマストだよね。
シニカルでいてチャーミング。ちょっと色っぽいケイン様でしたよ。

何かね、色んな含みがあるのはわかるけど、
うーーんと考えないと答えを導き出せず、出しても間逆かもな不安に駆られたりね
一筋縄でいかないところがあるんだわ。
見直すとまた気づくことも多いかも。

これ本当に映像綺麗だし、ファンタジー仕込なところもあるので劇場鑑賞はうらやましいです。
元気になって楽しんできてね。

2016/04/07(木) 07:45:34 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
ストーリーらしいものがない不思議さ、でも、気が付いたら象徴的な音色でオーケストラをつくりあげていた。
喪失感からひとつの共感を奏でるような、イメージの美しさが、歳老いても羽ばたく可能性を謳いあげていたような…。そんな気がした映画でした。
2016/04/07(木) 22:25:38 | URL | NZ_RR #-[ 編集]
To NZ_RR さん
さすが!
簡潔かつ完璧にまとめていただきありがとうございます。

登場人物一人ひとりについて考えすぎて頭の中ごちゃごちゃになってしまったのですが
映画を彩る伴奏のように捉えていいのかもしれませんね。
フェリーニ的といわれる監督のようで、そこここに芸術を感じました。
2016/04/08(金) 07:11:35 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
ハーヴェィ・カイテルか。
場末の劇場で観た
『マッドフィンガーズ』あれは
何だったのだろう・・・w
やっぱ『バッド・ルーテナント』
に尽きるかなぁ。
最近はタランティーノ筋の映画に
出ていたけど渋くなったね。
2016/04/08(金) 08:35:08 | URL | GH字幕 #-[ 編集]
No title
人生の楽園、、、ですか   そういったテレビ番組ある
ハーヴェイ・カイテルそのまんまじじぃになりましたなぁ  う~~んヒゲ伸ばしたい  あす剃るかな 2日剃ってない紙やすり状態
2016/04/08(金) 09:12:05 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To 字幕さん
> 場末の劇場で観た
> 『マッドフィンガーズ』あれは
> 何だったのだろう・・・w
えー、それ知らない。面白いの?気になる。

いつの間にかいいおじいちゃんですね。
でもあまり変わらないんですよね。
それに比べるとジェーン・フォンダが怖い。
って役作りだと思うけど。

2016/04/08(金) 16:31:50 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To おみゃあさん
> 人生の楽園か見方によっては墓場か・・
あ、そうそう、カイテルさんそのままおじいちゃんになった感じよ。
雰囲気とか殆ど変わってないもんね。
昔が老けてたのかな。

おヒゲまだ我慢してるのね。夏はでも、ないほうが涼しかろう(笑)
2016/04/08(金) 16:34:31 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Youth
この混浴シーン、、誰ですか?映画では正面からのショットがあったんですかね??15年くらい昔ですがシドニーの空港モテルにハービー・カイテルのそっくりさんがいたんですよ、、本人は結構意識しててチェックインの時にじっと見ていると”I Know What You Thinking"って言われちゃいました。その後に、サインする??っとかワルノリで、、でも本当に似てた、。それ以降ホンモノと区別するのに”ハービー・ケツカイテル”と言ってます、、。
2016/04/09(土) 00:33:04 | URL | guch #-[ 編集]
Re: Youth
>guchさん
この後姿の方はミスユニバースという役でしたが、役名と実名が同じだったので本物のミスユニバースなのかな。
凄いスタイルの良さでしたよ。
正面からもたっぷり拝めます。

>ハービー・カイテルのそっくりさん
みんなに本物と間違われるんでしょうね。
サインしてもらえばよかったのに。”ハービー・ケツカイテル”で(笑)
2016/04/09(土) 08:34:04 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
予告編を観たとき、登場人物のセレブ臭がちょっと気になって、観に行くのはどうしようかなって迷っています。キャストが魅力的なのですが、金持ちの話はなかなか心に響かない貧乏人根性なもので。
2016/04/09(土) 08:42:55 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
おっしゃるように対象はセレブですね。
でも何かのインタビューで「あなたはセレブを描くことに興味があるんですか?」と聞かれて監督は「セレブというより芸術に興味がある」と答えてました。
確かに芸術家たちがキャリアや老いと向き合うというのがメインだったので、金持ち臭を感じることなくご覧になれるかも。
2016/04/10(日) 16:19:15 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
ストレートな感動を呼ぶ映画ではなかったですが、色々と考えさせると言うか、思わせぶりのところが多い映画ではありました。主人公のフレッドに意外なほどドラマチックな展開がなくって、これラストはどう受け取ればいいのかって迷っちゃいました。
2016/04/24(日) 02:42:24 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
そうなんですよね。妻のあの描写もあり、私もフレッドのドラマへの解釈が及ばなかったです。
色々と考えすぎて結局頭が飽和してしまったというか。
もう少し単純に描写してほしかった、というかもう少し単純に考えるべきだったのかな。
2016/04/24(日) 08:19:13 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今回は新作の「グランド・フィナーレ」を、川崎の109シネマズ川崎5で観てきました。ここは上位シートが鑑賞のグッドポイントをかなりでかく締めているので、振りの客は何だか差別されてる感があります。 スイスの山の中のリゾートホテルには、色々な人が集まっています。その客の一人フレッド(マイケル・ケイン)の元に英国女王の特使がやってきて、彼の作曲した名曲「シンプル・ソング」をフィリップ殿下の誕生...
2016/04/24(日) 17:42:08 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
18日のことですが、映画「グランドフィナーレ」を鑑賞しました。 80歳になり現役を退いたイギリス人作曲家フレッドは親友の映画監督ミックと共にアルプスの高級ホテルで休暇を満喫していた ある日 エリザベス女王の使者が彼を訪ね フレッドの代表作を女王のため演奏して...
2016/05/16(月) 22:30:05 | 笑う社会人の生活
「グレート・ビューティー/追憶のローマ」のパオロ・ソレンティーノ監督がマイケル・ケインを主演に迎え、セレブが集うアルプスの高級ホテルで友人の映画監督と優雅なバカンスを送る老作曲家の憂鬱と葛藤を美しくゴージャスな映像で描き出した人生ドラマ。共演はハーヴェイ...
2016/06/17(金) 10:49:36 | パピとママ映画のblog