映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『アイ・イン・ザ・スカイ(原題)』アラン・リックマン遺作のドローン戦争映画
2016年04月05日 (火) | 編集 |
eyeposter.jpg 

アイ・イン・ザ・スカイ(2015)
イギリス
原題:Eye in the Sky
監督:ギャヴィン・フッド
脚本:ガイ・ヒバート
出演:ヘレン・ミレンアラン・リックマン/アーロン・ポール/ バーカッド・アブディ
日本公開:2016 

 【あらすじ
英国軍大佐キャサリン・パウエルは、ナイロビの爆弾テロ事件の犯人を捕らえるべく、遠隔操作による偵察を指揮している。犯人の拠点と目星をつけた建物で決定的な瞬間を迎え、空爆の指示を仰ぐパウエルだったが・・
 
【感想
アラン・リックマンの姿を見れる最後の作品ということで劇場に駆けつけました。

Eye-in-the-Sky-Movie-Wallpaper-25.jpg 

ドローンを使った最先端の戦争を描く軍事スリラーというと、『ドローン・オブ・ウォー』が記憶に新しいですが
今回はさらに小さな昆虫型ドローンなんかも登場して、技術の進歩に単純にビックリ。

『ドローン・オブ~』では劇中何度も何度も空爆するシーンがあったけど、今回はなかなかスイッチを押さない。

予告にもあるので書きますが、
彼らが空爆にゴーサインを出さないのは一つには、幼い少女がターゲット内にいてどいてくれないから(汗)・・

監督上手い!と思うのは、フラフープをする少女の姿をドローンが早くから捉えていて、緊張した司令室の中でその子がオアシス的存在になっているというシチュエーションを最初から作り上げていること。
誰もその子を巻き添えにしたくないし、観客もその子の無事を祈らずにおれず、緊張感にも拍車がかかります。
しかし一人の少女を救うことで数百人の市民の命が奪われるとしたら・・
さて軍はどういう決断を下すのかという作品ですね。
eye.jpg 

ともすれば会議室の討論会になりそうなところを、ケニアの現場のアクションや、役者のリアクションなど
ときにブラックユーモアを交えた見せ方で飽きさせません。
『キャプテン・フィリップス』で海賊を演じた バーカッド・アブディがナチュラルな演技で現場の緊張を盛り上げて最高。
一発屋じゃなかったことを証明しましたね。またオスカーノミネートもあるかも。


EyeInTheSky_EITS_00534_R_rgb.jpg 

長年追ってきたテロリストのアジトを掴み、米国の協力を得てドローン偵察を指揮するパウエル大佐を演じたヘレン・ミレン
脚本の時点では男性が想定されていたというこの役にヘレン・ミレンを抜擢した人選の素晴らしさ。
強さと冷徹さの中に女性ならではの優しさもあってかっこいい。
ピアスに薄ピンクのマニキュアも仕事が出来れば男女平等というあえてもの演出でしょう。
「これまでで一番飾り気のない衣装だわ」と仰ったらしい迷彩ユニフォームだってお似合いですから!

アラン・リックマンも台詞の絶妙の間(ま)に上手さが光ります。
知性とユーモアがあって、シニカルだけど確固とした信念を持ち誠実な軍人を
威厳を前面に出したステレオタイプにせず、ナチュラルに演じきったリックマン先生に惜しみない拍手を送りたい。
その美声ももっともっとお聴きしたかった。
ミレンさまとリックマン先生のライン(じゃないってw)のやり取りにも萌えました~。

監督は『ツォツィ』『国家誘拐』のギャヴィン・フッド。後で知ったのだけど中佐役で出演もしています。

最後の判断をくだすまでの過程にモラルや政治的な建前等、現代の戦争の様々な側面を描いてみせるところが非常に知的でスリラーとしても面白い映画でした。







ブログパーツ

関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
タイトルがアラン・パーソンズ・プロジェクトの名曲と同じなんで見ます(汗)
私、なんであんなラジコンに毛が生えたようなドローンが映画ネタになるのか不思議でもあるので。
2016/04/05(火) 08:34:05 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
To ゾンビマンさん
なぜか自分のコメントが不正な投稿として蹴られちゃいましたが(汗)
ドローンが映画になるのはその期待と脅威が表裏一体なところにあるでしょうね。小型ドローンは今や室内にまで潜入します。
007も商売上がったりですよ。
何よりテロに使われたらと思うと恐ろしいです。
2016/04/05(火) 09:19:16 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
うん、あの曲と同じタイトルだわ
ドロ-ンは DILIFのエ-ジェントオブシ-ルズにやたら小さいのが出てきますが でかいの作って爆弾抱えたら 特攻やね  なにより兵士死なんし
ヘレンミレン 若い頃べっぴんさんやったろうね あの年でもねぇ
2016/04/05(火) 16:52:32 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
洋楽好きさんは曲名がすぐに思い浮かぶね。

ドローンは小さいのも開発されてるけど、爆弾投下用の大きいのは実際に使われてますもんね。
爆弾を投下するんだからドローンは無傷。
兵士は死なないし、しかも遠くからゲーム感覚で爆撃するとあって、戦争のスタイルもすっかり様変わりです。
ヘレンミレンはもう70歳過ぎてるのにスタイルもいいし、綺麗ですよね。 
若いときを知らないので見てみたいわぁ。
2016/04/05(火) 23:41:44 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
これは期待してんのねーん!
リックマン先生の遺作であり、しかもヘレン様出るしね。役者至上主義なわけですな、いや期待できそう♪
アブディくん一発屋じゃなかったんだー。リアル海賊にしか見えなかったのは演技力の賜物なのねー。こちらも楽しみです。
なんか調子悪かったの帯状疱疹でした💧しかも顔面。
もーねー泣きたい。酒と外食控えて映画だけ観て過ごします……💧
2016/04/06(水) 04:39:04 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
そう、このキャストだもん。見ないわけにはいかないよね。
このあとアリスなんちゃらで声の出演してるけど、リックマン先生のお姿を見ることのできる最後の作品・・寂しい~。

アブディくんw 一発屋じゃなかったんだなぁ。
海賊もリアルだったけど今回もとってもナチュラルで、しかも温かさやユーモアも感じさせてもらったから
今後も期待。もしかしたらコメディ畑でもやっていけるかも。
映画も面白いのでお楽しみに。

ありゃりゃ、ヘルペスだったのかぁ。顔は辛いな。
私も過去に3回か4回ひどく疲れたときに出たんだよねぇ。
お疲れのバロメーターみたいなもんだわ。
身体休めてあげてね。今週ももう一つ踏ん張り。がんば。
2016/04/06(水) 15:29:10 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
4月18日劇場公開なので、たのしみにしているところです(^^)
2016/04/07(木) 22:30:57 | URL | NZ_RR #-[ 編集]
To NZ_RR さん
これから公開なんですね。
現代の戦争の色んな側面を描いた正直な映画でした。
どうぞおたのしみに!
2016/04/08(金) 07:14:35 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
「ツォツィ」は好きな映画だけに、その監督さんのドローン戦争ものというと食指が動きます。演技陣もなかなかに豪華ですね。アメリカとは違う英国軍を描いているというところにシニカルな視点も期待させます。
2016/04/09(土) 08:46:23 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
eye in the sky
これは見たい見たい、、調べたら僅か5館ですが上映中とか、、何とかしますよ。
2016/04/09(土) 23:52:53 | URL | guch #-[ 編集]
To einhornさん
「ツォツィ」「国家誘拐」など、監督は社会の問題に切り込む映画が得意なのかな。
イギリス映画ですが、ドローンはアメリカから操作されていたり、アメリカとの係りのある中でのイギリスというところも面白かったです。
2016/04/10(日) 16:28:28 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To guchさん
おー、そちらも上映中ですね。
近くでやっていたらぜひ。渋いメンツによる面白い映画でした。
2016/04/10(日) 16:44:16 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
これおもしろそうですね。
しかし、データが探せないんですが。
既に公開ずみなんだろうか?
2017公開との情報が。。。
2016/05/16(月) 17:31:46 | URL | miskatonic #-[ 編集]
To miskaさん
いやいや、まだ日本では公開されてないはずです。
何かに今年の公開って書いてあったけど延びたんだろうか。
アラン・リックマンだし、もっと話題になってもいいと思うけど
イーサンの作品の二番煎じな感じもあるのかなぁ。
2016/05/16(月) 19:29:50 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
eye in the sky
何処かのブログで見てた、、と思ったらpu-koさんだったぁ~、、。やっと見ましたよ。結構こんな映画は好きですね、、”Sicario"風じゃなかったですか??ちょっと主役がおばちゃんでしたが、、(*´∀`*)。
2016/07/20(水) 20:32:49 | URL | guch #-[ 編集]
Re: eye in the sky
> guchさん
面白かったですよね。
私も楽しめました。国同士のいろんな事情も。
やばい。『Sicario』まだ最後まで観てないんですよね。
似たところあるんですね。楽しみ~。


2016/07/21(木) 06:55:54 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
この映画、コメディかも…。未熟な人間の倫理観や道理・道徳に対して、確率論で結論付けました。お見事…(^^)もともと国家間の戦争には正義も道徳もないのだから…。人間にとっての永遠のテーマなのでしょうね。
ところで、ヘレン。『2010』に宇宙飛行士で出ているんです。1984年の作品。懐かしい…(^^)

http://www.imdb.com/title/tt0086837/mediaviewer/rm63637504
2016/12/29(木) 19:55:51 | URL | NZ_RR #-[ 編集]
No title
劇場で観てきました。戦争の色々な顔をドラマの中にわかりやすく織り込んであるのに感心。クライマックスのドキドキハラハラは娯楽映画になっていて、ラストで痛い泣かされ方をしちゃいました。今年のベストに入る映画でした。
2016/12/30(金) 07:31:12 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To NZ_RR さん
そですね。
政治家たちとの会議はコメディタッチでシニカルに描かれてました。
現場で大切な命が奪われる一方で、実際に戦争を先導するものはますます机上論で動くわけで
戦争ってなんだかなぁって思わせるところが上手かったです。
ヘレン・ミレンも凄いキャリア。
お歳でも凛としたこういう役をきっちりこなすところが本当にカッコいい女優です。
2017/01/10(火) 01:35:13 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To einhornさん
実によく練られた脚本で、戦争の様々な側面を描いていて見事でしたね。
クライマックスの娯楽性、犠牲となる一般人の描き方のドラマ性など、飽きさせない演出も素晴らしかったです。
TBありがとうございました。
2017/01/10(火) 01:48:29 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
安全な場所でする戦争。今や世界的にドローンを利用した攻撃が「戦争」に欠かせないらしい。イーサン・ホーク主演の「ドローン・オブ・ウォー」を観た時にもこの「安全な場所でする戦争」がテーマであることを感じた。だが、「ドローン・オブ・ウォー」では、ドローンの操縦士の一兵卒が、上からの無体な命令に苦悩する話であったが、この「アイ・イン・ザ・スカイ」では、その命令を下す上部組織の逡巡をも描いたものである...
2016/12/27(火) 16:19:47 | ここなつ映画レビュー
今回は、新作の「アイ・イン・ザ・スカイ」を、日比谷のTOHOシネマズシャンテ1で観てきました。ここは、上映サイズに合わせて、きちんとスクリーンサイズを変える映画館。TOHOシネマズ全部が横着しているわけではないんですね。 ケニアのナイロビにアル・シャバブのテロリストが集まるという情報がもたらされ、イギリス軍のパウエル大佐(ヘレン・ミレン)の指揮のもとに、少数部隊を投入しての捕獲作戦が展...
2016/12/30(金) 22:30:03 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
ケニア・ナイロビ上空6,000メートルを飛ぶ無人偵察機が、今まさに自爆テロが行われようとしていることを突き止めた。 英米合同軍事作戦を指揮するのは、イギリス・ロンドンにいる英軍諜報機関のキャサリン・パウエル大佐で、アメリカ・ネバダ州の米軍基地では、新人ドローン・パイロットのスティーブ・ワッツが強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入った。 しかし、殺傷圏内に民間人の幼い少女がいることが判明す...
2016/12/31(土) 14:31:28 | 象のロケット
 テロリストに対するドローン攻撃を題材としており、どこまでが現実で起きているのか考えさせられます。まさに戦争は会議室で起きているわけで、実際問題、民間人が大量に戦死している状況をみると、なんとも複雑な気持ちになります。  作品情報 2015年イギリス映画 …
2017/01/13(金) 06:59:16 | 映画好きパパの鑑賞日記
【EYE IN THE SKY】 2016/12/23公開 イギリス 102分監督:ギャヴィン・フッド出演:ヘレン・ミレン、アーロン・ポール、アラン・リックマン、バーカッド・アブディ、ジェレミー・ノーサム、フィービー・フォックス、イアン・グレン 現代の戦争衝撃の実態 STORY:イギリス...
2017/01/14(土) 22:04:41 | ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
評価:★★★★☆【4.5点】(11) ミサイル発射まで持続させる緊張感がすごい!
2017/01/15(日) 09:03:36 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~
☆・・・傑作でした。 私は、このような切れ味良く、「世界」を包括している作品に惹かれる。 超ハイテク化された対テロ戦は、それ故に、一つの作戦行動において、それぞれの担当者が、それぞれ分散した他国に居ながらにしてネットワークで迅速に繋がっている。 だが、...
2017/01/27(金) 00:35:27 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
ドローンをはじめ最新テクノロジーでテロリストの偵察、捕縛を目指す英米共同軍事作戦会議を舞台に、遠隔操作で行われる現代の戦争の実態を赤裸々に描き出した緊迫の軍事サスペンス。主演は「クィーン」「黄金のアデーレ 名画の帰還」のヘレン・ミレン、共演にアーロン・...
2017/03/07(火) 21:56:39 | パピとママ映画のblog