映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】トムハ2役『レジェンド 狂気の美学』
2016年04月01日 (金) | 編集 |
legend2015.jpg 

レジェンド 狂気の美学 (2015)
イギリス/フランス
原題:Legend
監督/脚本:ブライアン・ヘルゲランド
出演:トム・ハーディエミリー・ブラウニング/ デヴィッド・シューリス/ ダフィー/ クリストファー・エクルストン/ チャズ・パルミンテリ/タロン・エガートン

日本公開:2016/6/18

 【あらすじ
レジーとロニーの双子のクレイ兄弟は裏社会をのしあがっていくが・・

【感想

トムハが一人二役を演じたことでも話題の『レジェンド 狂気の美学』。
1960年代ロンドンに暗躍した双子のギャング、クレイ兄弟の栄光と破滅を描く実録クライムサスペンスです。
いや~トムハって綺麗にしてたらホントいい男♪

90.jpg 


冒頭、お抱え運転手のフランクが寝坊したため、フランクの家まで歩くレジー(笑)
ゆっくりと後を追う警察車両。
途中出会うご婦人方に気さくに挨拶するレジー。
ギャングとはいえ、ここで生まれ育ったレジーは地元に普通に溶け込んでいるのが分かります。
フランクの家に着いたレジーはそこでフランクの妹フランシス(エミリー・ブラウニング)と出会い、
2人は恋に落ちるのです。
ここまでの無駄のない演出にまず感心。

その後はレジーとフランシスの恋の行方、アメリカのマフィアと結びつきながらのビジネスやギャング間の抗争
兄弟の絆と確執といったことが描かれていくわけですが・・

正直監督の思い入れの割りに映画は面白くなっていかない。
敵対するギャングなど登場人物の顔と名前を覚え切れなかったり(それは私の問題だけど)で、
映画自体に乗り切れなかったのと、キャラクターがもう一つ生きていないと感じるから。

ロニーの同性愛的な部分も、60年代にオープンなのは正直というか無謀なわけだけど、それ以前に物語に生かす方法はなかったものだろうか。タロン君の役にも変な期待しちゃったし。登場シーンは好きだけどね(笑)

あ、でもトムハの演技はいいんですよ。
トムハ史上最高にカッコいいレジーと最高にキモいロニーを演じるトムハの一人二役は、表情や喋り方だけでなく、合わせ鏡みたいな内面の違いを演じ分けていて見ごたえがある。
tom-hardy-legend.jpg 
↑このトムハ好きすぎる~


レジー役をオファーされた際、ロニーも演じることを条件に役を引き受けたというのはいかにもトムハらしい。
精神病質でホモセクシャル。キレたら怖いロニーは実際、初めはキモくてウザイけど、次第にロニーなりの魅力も感じられるようになります。
トムハは喧嘩シーンもそれぞれのキャラにあった闘い方で演じているので、その点も要チェック。
トムハVSトムハの兄弟げんかなんか嬉しくてニマニマしちゃいましたから。

ただ、ほんとトムハの演技で牽引してはいるのに映画がなかなか面白くなっていかなくて
やっと気持ちが乗ってくるのは、ロニーがレジーのビジネスの足かせとなり、兄弟の確執が顕著になるあたりからですかね。
すでに2/3ほど経過していて、これはちょっと遅い。
前半部分に実は後半に繋がる布石があるのだけど、それもう少し印象に残るものにすると興味が持続したかもなぁ。

クライマックス、レジーがロニーの耳元である言葉を囁くシーンではガツンとくるものがありましたね。
監督は自身が抱えてきたクレイ兄弟への謎をこのシーンで解き明かしたつもりだと思う。

でもね、一方でレジーの行動の理由としては普通過ぎる気もして物足りなくもある。
兄弟愛よりも、レジーは彼の中にあるロニーを否定できないとしてくれたほうがすっきりした気がするんだなぁ。
双子は遠くにいても痛みを共有することがあると聞いたことがあるけど、肉体は二つでも実体は一つとか、そういうことがあるのかなと思うので。


監督は『42 ~世界を変えた男~』のブライアン・ヘルゲランド。
窮屈な世界から抜け出そうとする映画を得意とする監督でしょうかね。。

競演は他に フィラデルフィア・マフィアに「いかにも」な チャズ・パルミンテリ。
フランシス役のエミリー・ブラウニングはナレーションも担当しています。



ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
レジェンド・・・トムちん?

『レジェンド/光と闇の伝説』
トム・クルーズと間違えちゃったw

トムハね・・・・
今月末にやっと『レヴェナント』が
日本に来ます。
2016/04/01(金) 08:41:41 | URL | GH字幕 #-[ 編集]
ツインズ☆トムハ
こんばんは!
じぇじぇじぇ(死語)!!この映画、前から超観たかったんですよ~。なので、レビュウ嬉しい+羨ましい!
一人だけでも美味しいトムハが、二人分味わえるなんて。美味すぎて胃もたれしそう♪素に近い美男ぶりも見られるだけでなく、BLなトムハも見られるとは!でも、BLシーンは大したことないのでしょうか?
ナニハトモアレ、カッコよくてキモいトムハに会える日が待ち遠しいです!
2016/04/01(金) 11:21:34 | URL | 松たけ子 #OGgHy/oY[ 編集]
No title
こういった犯罪者  頼むから恋愛話持ち込まないで と
二役、、、ギャラも倍とか
やはりそれはないんでしょうか
2016/04/02(土) 05:59:51 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
No title
トムハにヤラれてますな(汗)・・・。
ナレーションがリードする作品にハズレは少ないので、観たいと思います。
2016/04/02(土) 07:39:26 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
To 字幕さん
> レジェンド・・・トムちん?

ははは、あったね、トムちん、こんなファンタジーに出てたんだっていうのが。

はいトムハでございます。
レオオスカー効果で『レヴェナント』は人気を博すだろうね。
私なんかはトムハの台詞が聴き取りにくくて困ったんで、ソフト出たら見直したいな。
ま、台詞は殆ど不要な映画ですけども。

2016/04/02(土) 08:42:33 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: ツインズ☆トムハ
松たけ子さん こんばんは

そうなの、そうなの。大好きなトムハをダブルで楽しめるなんて
しかも、そう、普段は隠してる男前なトムハよ。
リハーサル中のワックスで髪固めてないトムハ映像も素敵だったわぁ。

>BLシーンは大したことないのでしょうか?
そう、途中快楽部屋風なシーンがあるのと、先ほどまでお頼みだったかしらというシーンがあるだけで、あとは殆ど台詞。
トムハも過去のこと取り上げられてナーバスになってることもあるのかも。

モブものとしては物足りないところあるけど、トムハは堪能できます。
お楽しみに~。
2016/04/02(土) 08:50:49 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To ゾンビマンさん
てへ、久々にいい男なトムハですからね。
このナレーション、スタンスがちょっと面白いんですよ。
途中でその理由が分かるんですけどね。

賛否あるかもだけど、トムハの表情にやられる私にはたまらない映画でした。
2016/04/02(土) 08:55:34 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To おみゃあさん
ギャラは私も気になったな。倍ですかね?(笑)
ロマンスはね、実話だから仕方ない・・というか
記事の中で敢えて書かなかったけど、ラブラブなお話じゃないんです。
そこ追求すると凄く深い話になります。
2016/04/02(土) 09:45:54 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
あ、これ公開決まったんだー。ありゃイマイチ?(笑)
まートムハの双子演技は楽しみなので、役者を観る為に行くだけでもいーのです。役者至上主義者なのだ。
映画行ってるんですけど、家族や自分やちょいと体調悪くってブログ書く元気が出なくってちょっとご無沙汰してますが、元気になったらまた戻るのでよろしこ。
ファスのお祝いも出来てないのー💧
2016/04/03(日) 19:08:59 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
公開決まりましたね。という私は劇場逃しちゃったのだけど(泣)
イマイチなのかなぁ、多分私が面白さを理解してないのかもなのでもう一回観てみる。

トムハの双子演技は間違いなく楽しめるはず。綺麗でニヒルなトムハはそうそう見れないしね。

あー、ファスのバースデイ記事もないから心配してたの。
そっかー。うん、無理せず元気に書けるときに書くのがいいよ。
待ってるね。

2016/04/03(日) 21:52:54 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
トムハx2
昨晩トムハの”The Drop"って映画を見たんですよ、、こりゃなかなかでした。トム君が寡黙で真面目で親切満点な好青年。NYでしがないバーテンダーをやっているんですが良かった、、共演はノオミ・ラパスでした。
2016/04/03(日) 23:34:15 | URL | guch #-[ 編集]
Re: トムハx2
>guchさん
”The Drop"ご覧になりましたか。
日本でもようやく公開みたいで、長くかかったなぁ。
そうそう、トムハは寡黙で真面目なバーテンダーですが・・
その裏の顔が最高でした。

2016/04/04(月) 08:24:10 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
にしてもアレですよね。
トムハってなんでこうも女性票を獲得してるんでしょうか?(笑)
もしや『マッドマックス』効果から『レヴェナント』で確信し
そのままナイスガイな本作でダメ押しとなったような感じですかね~^^
ラブストーリーを前面に出し過ぎた分、ギャングの闇の部分が出し切れてなかったと思いました。
2016/07/07(木) 06:37:23 | URL | ituka #-[ 編集]
To itukaさん
『マッドマックス』以降の快進撃ったらすごいものがありますね。
私は12年に『ウォーリアー』を観てトムハにハマったんですすが
みんなの人気者になってちょっと寂しい気持ちです(笑)

そうですね。
ラブストーリーよりも兄弟の思いを追及してほしかった気がします。
どこを中心に据えたかったのかがわかりにくいですよね。
TBありがとうございました。
2016/07/07(木) 06:58:26 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
トム・ハーディによるトム・ハーディのためのトム・ハーディを魅せる映画。誰もそれに異論は差し挟めないと思う。んでもってトム・ハーディはメチャクチャカッコ良かった!これ以上何を表現したらいいと言うのか?以上、感想終わり!と言いたいところだが、内容も少し触れると…時は1960年代、イギリスで実在した人物の話である。レジーとロニー。双子の兄弟。ギャングスター。兄は切れ者でタフガイ。弟もタフガイではあ...
2016/07/04(月) 13:16:26 | ここなつ映画レビュー
評価:★★★☆【3.5点】(11) 男から見てもトムハは魅力全開マックスだった!(笑)
2016/07/07(木) 21:10:08 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~