映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『オートマタ』価値観変えられます
2016年03月21日 (月) | 編集 |
automata-01_612x380.jpg

オートマタ
(2014)ブルガリア/アメリカ/スペイン/カナダ

原題:Automata
監督/脚本:ガベ・イバニェス
出演:アントニオ・バンデラス /  ディラン・マクダーモット/ メラニー・グリフィス/ ビアギッテ・ヨート・ソレンセン/ ロバート・フォスター 

 
  
 【あらすじ
2044年、太陽風の増加により荒廃した地球。人口は激減し労働力を補うため、大企業ROC社によりAI搭載の人型ロボット(オートマタ)が開発され、あらゆる分野で人間のサポート役として活躍していた。膨大な数のオートマタを管理し、安全を担保するための2つの制御機能(プロトコル)・・。1つは“生命体に危害を加えてはならない”、2つめは“オートマタ自ら修理・改造をしてはならない”。しかしある日、何者かによって改造禁止のプロトコルが無効化されたオートマタが発見され、ROC社の保険部で働く調査員ジャック・ヴォーカンは調査を開始するが…。(allcinemaより抜粋)


【感想

帰省中、将来はロボットがタクシーを運転するようになるかもとのニュースを耳にしました。
ここ最近のAIの進歩は著しく、本作の舞台となる30年後に、AIが人間に代わって家事や介護のみならず運転から建築業までをサポートしていても不思議じゃありません。

でも心配になるのはタクシーの運転手の仕事がなくなるというだけでなく、人工知能が人間の能力を超えてしまうのではないかということ。
強いものが世界を支配するのは当然の流れ。もしも高度に知能が発達したロボットが暴走したら・・
本作はそんな危惧を含む、荒廃した近未来を描くデストピア・SFです。


主人公は人型ロボットを開発、管理する企業の保険部で働くジャック・ヴォーガン(アントニオ・バンデラス)。
バンちゃんお久しぶり。
A_03854_rgb_0.jpg 


彼は放射能に汚染された都会の地で、妻がはじめての子供を出産することを心配している。
さらにジャックを悩ますのが、ロボット第二のプロトコルである「自らを修理・改造してはならない」というルールを冒す事件が起きたこと。
ロボットに何が起きてるの?人類の未来は?というお話ですね。

地球の老朽化や地球温暖化がもたら変化で人類は滅亡に向かうとする近未来SFは沢山作られるようになりましたが
人工知能を絡ませたものは珍しいかもしれません。
でもこの映画に描かれることは絵空事には思えないんですよね。

放射能にも自然災害にも弱い生身の人間は、もはやどんな対処を施しても地球の変化に追いつけない。
氷河期に恐竜たちが息絶えたように、環境に適応しないものは強いものに淘汰されていくのは自然の掟
ならば環境に強く、壊れても自分で修理までできるロボットが、人類に代わって地球を支配したとしても不思議ではないんじゃないか・・。

人類が一番賢いのだと信じていた自分の考えがこの映画で変えられた気がします。
でも、悔しいという感覚でなく、とても穏やかな気持ちで負けを認めるというかね
それがいいかどうかは別として
人間は所詮限られた命を生きる生き物で、だからこそあくせくせず
自然と共存しながら自分に与えられた命を穏やかに全うすればいいんじゃないかと 何か達観した気分。

あるいはゴキブリが醜いと思うのは人間の視点であって
未来を生き抜くロボットがゴキ型だとしてもおかしくない。
人間の言葉を喋らなくても、放射能にも強いゴキブリの言葉が話せて彼らと交流できればその方が有益だ

あー、既成概念から価値観まで変えられた気がします。

バンデラスも音楽も、この世界観にマッチしてよかった。
この映画に出てくるロボットたちはデジタルではなく全てリアルに作られたものらしい。
だからこそ、ジャックと心を通じ合わせる様子もあまり違和感がなかったのでしょう。

途中ちょっと思考が追いつかないところがあったけれど面白い映画でした。


automata.jpg 

関係ないけど・・
共演のメラニー・グリフィスの整形顔がキム・ノヴァクの二の舞になりそうな感じで気になってしまった(汗)







ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
バンデラスさん出家したとですか
元夫婦共演ですな
2016/03/21(月) 16:44:00 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
Toおみゃあさん
知らない間に出家してました(笑)
そうそう、これも離婚後だそうで。役者は大変だな。
2016/03/21(月) 22:11:05 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
アイデアは、いろいろな映画からとっている気がしました。創造性にかけているというか…。特に荒廃した未来設定は、SFによく使うものですよね。私的にはですが。
それよりも、Ex_Machinaのほうが、現実的には可能性が高いなと思ったほどです。
2016/03/21(月) 23:00:38 | URL | NZ_RR #-[ 編集]
No title
このジャンルはバンちゃんには何となく似合わない感じがしちゃいましたよ、おまけにメラちゃんも共演だったんですね??オートマタの役でしょ??
2016/03/22(火) 01:05:17 | URL | オートマタ #-[ 編集]
No title
これは体調崩してなかったら見てた。
新世界国際に流れてくるのを期待して待ってますわ。
それ以前に体調を健康にせんとね。
2016/03/22(火) 02:44:19 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
No title
わはは!バンちゃん出家してる。
へぇ~何だか価値観揺り動かされる系なの?
AIが進歩して人間の尊厳を脅かす系はいやっちゅー程映画化されてるけど、それを受け入れるような思いを抱かせる映画って俄然興味湧きますね。
でもやはり「G」はどーしてもどーしてもダメです~💧醜いとゆーか、top of 恐怖なので!!
2016/03/22(火) 06:52:57 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To NZ_RRさん
近未来SFの王道ともいえるテーマなのであちこちの映画に通じるところはありますね。
でもAIとの関係を戦争でなく自然淘汰的に捉えたものは珍しいような。
そこが本作の味わいとなっていて気に入ってます。
『Ex_Machina』よりも後味は悪くないかも。
2016/03/22(火) 08:01:48 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Toゾンビマンさん
新世界国際で観たらきっと最高。
インフルエンザのその後、体調はいかがですか?
あまり記事が上がってないのでまだまだかな、きっと。
元気に回復してね。
2016/03/22(火) 08:09:36 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To オートマタさん(?)
えっと
オートマタさんはguchさんなのかな?間違っていたらごめんなさい。
バンちゃんのこの手のジャンル珍しいですね。
イメチェンでいいんじゃないでしょうか。
くたびれた感じは合ってたけど、ただ初めての子供のパパになるにはちょっと老け過ぎでしたね。

>メラちゃんも共演だったんですね??オートマタの役でしょ??
わはは、メラちゃんは人間でしたよ。博士役でした。
意外にお早い退場でしたが(笑)
2016/03/22(火) 08:21:12 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Toみーすけさん
ね~バンちゃんいつのまに・・(笑)
でも出家しててもくたびれててもセクシーさを保ってるのはさすがよ。

そそ、AIが進化したり心を持ったりの映画は沢山ある中
凄く納得して受け入れる心情になるものって珍しいと思ったの。

えっと・・「G」って・・
メラさん??(笑) 怖いの?w
2016/03/22(火) 08:26:07 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
「Gキブリ」の「G」です……wwフルで書くのも恐ろしい……
2016/03/22(火) 09:11:44 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
あーー「Gキちゃん」か(笑)
自分出Gキの話し出したのも忘れてたわw
じゃ、ちょろっと出てくるので要注意。
集団じゃないからそんなに怖くはないけど(笑)
2016/03/22(火) 10:06:08 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
メラニー・グリフィスの整形顔(笑)
若いときから派手な顔でしたから。

まあナチュラル美人の
pu-ko姐さんは整形は無縁でしょ。
2016/03/22(火) 21:14:12 | URL | GH字幕 #-[ 編集]
To 字幕さん
> メラニー・グリフィスの整形顔(笑)
> 若いときから派手な顔でしたから。

そうでしたっけ、これまで整形を意識したことなかったんですけど
今回は妙に気になったなぁ。

で、字幕さん 老眼進んだ?(笑)
2016/03/23(水) 09:03:58 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
滅びゆく人間と、生き残るロボット、それが自然の流れなんだよっていう見せ方が私には新鮮でした。自然の流れならしょうがないよなあって。砂漠ロケ中心で、ちっちゃい予算ででっかい話というと、「フェーズⅣ」につながるものがあるなって後から気づきました。
2016/03/24(木) 04:09:57 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
> 滅びゆく人間と、生き残るロボット、それが自然の流れなんだよっていう見せ方が私には新鮮でした。
私もその部分すっごく納得して、不思議に穏やかな気分で観ちゃいました。
今までになかった視点ですよね。
「フェーズⅣ」はいまだ未見です。通じるものがあるんですね。観たいです。
2016/03/24(木) 15:44:35 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
こっちでは最近、AIが碁で韓国の名人に勝った、と云うのが話題でした。
将棋やチェスより碁と云うのは、勝つのが難しいのだそうで、かなりな快挙だそうです。
今後は、AIが変わってできる仕事は人間がはみ出すそうですね。
だから、端的に云うと、仕方なくやる仕事は減って、やりたい仕事しか出来なくなるそうです。
クリエーター系はいいかもしれませんが、大半の人は事務とかやってるから、人間は仕事できなくなるかもしれませんね。
それだけで社会形態は大幅に変わってしまいますよね。
キム・ノヴァクのwww
これ、もう東京では終わっているみたいです。
残念、DVD待ちますw
2016/03/28(月) 10:09:02 | URL | miskatonic #-[ 編集]
To miskaさん
そうそう、AIが碁で韓国の名人を負かしたというそのニュースはタイムリーでした。
そしてまた最近ではヒトラーの考えを擁護するものも出てきたとかで話題になってましたが
技術的なものだけでなく、思想面で暴走されると怖いなと思いました。

仕事の形態も変わってくるんだろうなぁ。
というか、本当に仕事がなくなって生きていけない人たちも増えるだろうし
貧富の差なんかもとんでもないことになりそう・・

キム・ノヴァク・・・w
デフォルメのアニメ顔ですよね(汗)
日本でデフォルメというと可愛いものを想像するけどw

これ、視点が変わってて面白かったです。
2016/03/28(月) 23:48:39 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今回は新作の「オートマタ」を川崎の川崎チネチッタ12で観てきました。ここはキャパもスクリーンも大きい大劇場の風格のある映画館です。シネコンのある意味理想形の映画館と言ったらほめ過ぎかな。 太陽風の異常は、世界を砂漠化し、世界中の人口も今や2100万人になっちゃっています。ROC社の人型ロボット、プルグリム型が開発され、彼らは砂漠化阻止のために働かされる一方、人間生活の中でも色々な作業を...
2016/03/24(木) 19:09:33 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
評価:★★★☆【3.5点】(11) ロボット造形に関し美しさとリアル、どちらを映画に求めるか。
2016/03/27(日) 22:56:45 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2044年、砂漠化が進み人口わずか2100万人となった地球。 人類存亡の危機の中、労働力として必要不可欠となっているのは、大企業ROC社が開発した人型ロボット“オートマタ”だった。 オートマタには、「1.生命体への危害の禁止」、「2.自他のロボットの修正(改造)の禁止」という制御機能が組み込まれている。 ROC社の保険調査員ジャックは、改造が加えられたオートマタと遭遇するが…。 SFスリラー。
2016/03/29(火) 21:22:42 | 象のロケット
『オートマタ』 を試写会で鑑賞しました。 予想を裏切らない映画だった 【ストーリー】  太陽風の増加が原因で砂漠化が進み、人類存亡が迫りつつある2044年。人間に代わる労働力としてオートマタと呼ばれる人工知能搭載ロボットが人々の生活に浸透していた。さらに、生命体に危害を加えない、自身で修理・改善しないというルールが製造時に組み込まれており、人間との共存に支障が出ないシステムが確立されてい...
2016/04/29(金) 09:45:19 | 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-
【概略】 近未来。人間が生き残るため作られた人工知能搭載のオートマタ。ある日、禁じられた改造を施されたオートマタが相次いで発見され、ジャックは調査を開始する。 SFスリラー 人間とロボット、それぞれの終わりと始まり…。間もなく現実となる、これが我々の未来だ。 アントニオ・バンデラス主演。人工知能(A.I.)搭載のオートマタが共存する社会。人間に代わる労働力として、必要不...
2016/08/31(水) 16:01:56 | いやいやえん
後半の展開が、ちょっとイマイチかなぁ。
2016/12/25(日) 23:27:39 | だらだら無気力ブログ!
AUTOMATA 2014年 ブルガリア/アメリカ/スペイン/カナダ 109分 SF/サスペンス/アクション 劇場公開(2016/03/05) 監督: ガベ・イバニェス 『シャッター ラビリンス』 製作: アントニオ・バンデラス 脚本: ガベ・イバニェス 出演: アントニオ・バンデ...
2017/02/05(日) 20:03:10 | 銀幕大帝α