映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】アイルランド移民の心を描く『ブルックリン』
2016年03月18日 (金) | 編集 |
soairse-ronan-brooklyn-680x400.jpg 

ブルックリン
(2015)アイルランド/イギリス/カナダ
監督:ジョン・クローリー
脚本:ニック・ホービィ
出演:シアーシャ・ローナン /  ドーナル・グリーソン/ エモリー・コーエン / ジム・ブロードベント/ ジュリー・ウォルターズ 
日本公開:2016/7
 【あらすじ
姉の勧めでアイルランドからニューヨークへ移住してきたエイリシュ。ホームシックに陥ったがイタリア系移民のトミーとの恋をきっかけに変わっていく。そんなある日、突然の悲報が届き・・。


【感想
アフター・オスカー特集
緑色のコスチュームを着ることで有名なアイルランドのお祭りであるセント・パトリック・デイの昨日
アイルランドからの移民のお話である『ブルックリン』を観ました。

作品賞とシアーシャ・ローナンが主演女優賞にノミネートされた本作
この時代の移民の話が大好きな私にはたまらない映画でしたね。
作品賞の8本では『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『レヴェナント』と並んで3トップ。
しっくり度からいくとベストかもしれない。


50年代、シアーシャ演じるエイリシュは姉の勧めでアイルランドからブルックリンにやってきます。
ブルックリンには80年代に多くのアイルランド人が飢餓を逃れるため移住しており、アイルランド系のコミュニティが出来上がっています。
90年代に入っても仕事の機会に恵まれないアイルランド人女性は、夢を求めてアメリカに移民したんですね。イタリアなど他のヨーロッパからの移民に比べて英語を話せたのは有利だったんでしょう。
デパートの売り子として仕事を始めたエイリシュも、最初は接客にも環境にも馴染めずホームシックにもかかります。

brooklyn-pic-3.jpg 

そんなエイリシュが変わるきっかけになるのがイタリアからの移民であるトミーとの出会い。
映画はエイリシュの変化とともに、エイリシュが共同生活を送るボーディングハウスや
精神面をサポートする教会など、移民を支えるコミュニティの実体を見せてくれるのが興味深い。

エイリシュが教会の勧めでボランティアに参加するアイルランドからの移民を招いてのクリスマス会の会場で
エイリシュより一世代前の移民たちが、アイルランド民謡と思われる美しい曲を聴き涙を浮かべるシーンが好き。
素朴な歌声も本当に美しくてね。多くの移民たちは二度と故郷の土を踏むことなく、異国の地で懸命に生きている。
彼らの郷愁が胸に迫る名シーンでした。

brooklyn.jpg 

共演にドーナル・グリーソン
私の知る限り彼は今年のオスカーにノミネートされた作品の4つに出てます。
いつの間にかカッコよくなって、父超えの名優になりそう。
それだけに最後のエイリシュの選択は意外でもあったんだけど、本作が移民の物語と思えば納得。

監督は『ダブリン上等!』『Boy A』のアイルランド出身ジョン・クローリー。
シアーシャ自身もアイルランド出身ということで、この役にかける思いは大きかったでしょうね。

故郷を離れたもの同士の繋がりや生きる覚悟など、移民者の心と歴史を知ることが出来る名作。
今年イチオシだな。

関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
三つの小さな願いごと もアイルランドからの移民ではなかったかな  いい映画だった  何度も観てる
このタイトルも覚えておきます  メモして  いづれ
2016/03/18(金) 16:17:04 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
> 三つの小さな願いごと
サマンサ・モートンのですね。そうそう、あれもアイルランド移民。
アイルランドからの移民のお話は切羽詰っていて、でも美しいですよね。
これはそれほど苦しいお話じゃないんだけど、また違った覚悟を感じさせてくれるいい映画でした。
ぜひ。
2016/03/19(土) 00:22:38 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
この映画はおっさんが惚れ込んで惚れ込んでDVDまで買い込んだ”Nyfes"ni通じるところがありますね、、。此方は時代は同じ頃、ギリシャから遥々NYへ渡って来るメールオーダーブライドのお話でダミアン・ルイスが主演でギリシャのヴィクトリア・ハララビドウと言う女優さんと共演です。
船上で”キミの出身地は?”と聞かれ”もう二度と目にする事のない場所、、”と答える場面では涙腺が爆発しました、、。
2016/03/19(土) 17:50:11 | URL | ブルックリン #-[ 編集]
No title
昔はアイルランドってIRAと貧困ってイメージしかなかったな。
そそ『イン・アメリカ』いい映画でしたねー。あと『アンジェラの灰』とか。
気がつけばすっかり大人になってるシアーシャ。そうかこんな風になったか……透明感は健在でおばさん安心したよー←大きなお世話ww
ドーナル君もすっかり立派になっちゃってさー。最近出演のその4本、一作も観てないけど💧これとアリシアちゃんとのアンドロイドのは観る。やはり宇宙のどこぞのスペースオペラは全くスイッチ入らずやはり未見で~💧へへ。ジョブズ観すぎました、てへ。
2016/03/19(土) 19:25:03 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To guchさん
”Nyfes"って知らないよ~。
レンタルもされてないなぁ。
覚悟を決めて移民する人たちのお話はguchさんや私たちは余計共感するものがあるのかもですね。
2016/03/19(土) 23:43:54 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
そうだよね。
ちょっと前までアイルランドを舞台にしたものはどうしたってIRAがくっついてくるし
貧しさも前面に出てきてね。
本作では貧困についてあまり描かれてないのは珍しいと思った。
『イン・アメリカ』『アンジェラの灰』いい作品も多いね。

シアーシャは大人になったなぁ。でもってちょっとぽっちゃりしてきたよ。
お化粧してないとソバカスがあるけど、お化粧したらベッピンさん。
ドーナル君はあれよあれよという間に売れっ子だよなぁ。
うんうん、アリシアちゃんがアンドロイドのはぜひ。
オスカー・アイザックの変なダンスだけでも観る価値あるからw
あ、あと『レヴェナント』も観てね~。
2016/03/19(土) 23:52:53 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
どういう映画か知らなかったのですが、ヒロインが正面を向いたポスター(サントラCDのジャケット)が気になっていました。移民の映画というと「アンジェラの灰」を観ましたけど、あそこまで貧乏三昧な映画ではなさそうなので、劇場で確認してみます。
2016/03/24(木) 04:04:04 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
そうそう。
アイルランド移民ものというと貧しさガ強調されますが、これは貧しさよりもアイデンティティと未来への希望を描く意図の方が強い感じでした。よかったですよ。チェックしてください。
2016/03/24(木) 15:41:38 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
やっと劇場で観てきました。アイルランドのアイデンティティ云々というより、都会に出てきた田舎の女の子のお話として感情移入できました。すごくわかりやすいお話だなあって感じたのは、理解が浅いのかも。東北出身の女の子が東京で九州出身の男の子と恋に落ちて結婚するようなお話だなあって勝手に納得しちゃいました。
2016/07/19(火) 05:36:48 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
あ、そうですね。
「東北出身の女の子が東京で九州出身の男の子と恋に落ちて結婚するようなお話」というのは分かりやすいです。
ただ、故郷がとっても遠い時代の話であり、クリスマスパーティに集まっていたお年寄りなどは、帰りたくても帰れないままに一生を終えるんだろうなとか、ヒロインのお話と並行して描かれる背景に移民の決意や望郷を感じずにいられない
そこがしみじみよかったです。

2016/07/19(火) 07:32:15 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
アメリカの移民
アメリカは移民が多い国なんだなあと、なんだか実感できる作品でした。
アイルランド系、イタリア系は多いんですよね?

移民とまでは行かなくても、親元を離れて暮らす人には、気持ちは大なり小なり、わかるものだと思うのです。
こういう端正なもの(も)好きです。
2016/07/30(土) 07:03:34 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
Re: アメリカの移民
>ボーさん
そう、アメリカはまさに移民の国です。
古くは新大陸を求めて
アイルランドからはジャガイモ飢饉などのときに貧しさから逃れるために
イタリアでも反乱による鎮圧の時期に流れてきたんでしょうね。
ホロコーストから逃れるためにヨーロッパ各地のユダヤ人も移民してます。

故郷を思いつつ、都会で生きていくことを決めた人には共感できる部分が多くあるでしょうね。
ボーさんはこういう端正もお好きなのね。私もこれ大好きです。
2016/07/30(土) 08:00:49 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Brooklyn
バカなジジイですよね、、、てっきりこの映画、今年のオスカーにノミネートされているんだとばかり、、。もう映画ファンの風上にも置けない、、じゃ風下にちょこっと置いてもらうか?
いや~、、前に書いた↑印象と同じ事を感じました。素晴らしい映画でした、、、”Nyfes"は大泣きしましたがこれはそこまでは行かなかったでもちゃんと家内を自室に押し込めて一人こっそり見たんですがね、、。
2017/02/14(火) 19:20:38 | URL | guch #-[ 編集]
Re: Brooklyn
ノミネート作品も多いし、まだ観てない映画が多いんだから無理もないですよ。
そもそも日本の公開が遅すぎるのがいけない。
作品賞にノミネートされた作品ぐらいせめて3月までには上映してくれたらいいのになぁ。

移民を描くものはいい作品が多いですね。
私はインドからの移民映画『その名にちなんで』も大好きです。
『Nyfes』はこちらでは入手できず残念。
2017/02/15(水) 09:33:02 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
1950年代。 アイルランドの小さな町に住む女性エイリシュは、姉の勧めで渡米し、ニューヨークの高級デパートで働くことに。 一時はホームシックに陥ったものの、トニーという恋人ができたり、大学で学んだりするうちに、洗練されたニューヨーカーになっていく。 ある時、アイルランドに帰郷した彼女は、トニーとは正反対のタイプの男性ジムと再会する…。 ラブ・ストーリー。
2016/07/04(月) 17:15:53 | 象のロケット
映画『ブルックリン』は、アカデミー作品賞にもノミネートされていたので気になってい
2016/07/12(火) 23:18:09 | 大江戸時夫の東京温度
 20世紀半ばのニューヨークを舞台に、アイルランド移民の若い女性の青春を描いた佳作。前半は丁寧に心情をすくっていたのだけど、後半は若干はしょりすぎの感じもありました。    作品情報 2015年アイルランド・イギリス・カナダ映画 監督:ジョン・クローリー 出演…
2016/07/13(水) 06:46:13 | 映画好きパパの鑑賞日記
今回は新作の「ブルックリン」を日比谷のTOHOシネマズシャンテ1で観てきました。 1950年代、アイルランドで姉と母の3人暮らしだったエイリッシュ(シアーシャ・ローナン)は、神父の紹介でアメリカで働くチャンスを得て、ニューヨーク行きの船に乗ります。寮に居を構え、デパートで働き始めるエイリッシュですが、あっという間にホームシックにかかってしまい、職場でも元気がありません。アイルランド出身...
2016/07/19(火) 20:38:10 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
 『ブルックリン』を新宿の角川シネマで見ました。 (1)アカデミー賞作品賞にノミネートされた作品(注1)ということで映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、1950年代前半のアイルランドのとある街。朝のまだ暗い内。  主人公のエイリシュ(シアーシャ・ロー...
2016/07/19(火) 21:10:17 | 映画的・絵画的・音楽的
アカデミー賞作品賞、主演女優賞、脚色賞ノミネート。 コルム・トビーンの同名小説をニック・ホーンビィの脚色、「ダブリン上等!」「BOY-A」のジョン・クローリーが監督。 脚本家は「ハイ・フィデリティ」「アバウト・ア・ボーイ」などのニック・ホーンビィ。 ’5...
2016/07/20(水) 11:56:36 | 我想一個人映画美的女人blog
どうしてこの作品を観ようと思ったんだっけな? あ、アカデミー賞の作品賞ノミネート作品だったからね☆ あれ?どうして☆4つと評価が高いのかしら? ん~~~~???
2016/07/20(水) 22:08:15 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
ブルックリン@神楽座
2016/07/21(木) 07:42:04 | あーうぃ だにぇっと
夢が叶う場所がある。愛が待つ場所がある。 何と可愛らしく、愛らしく、優しさに満ちた青春映画なのか。 希望と孤独と無力の狭間で一人で悩み苦しんだ時期を乗り越えた時に心に沁 ...
2016/07/24(日) 00:55:07 | こねたみっくす
原題 Brooklyn2015年 アイルランド、イギリス、カナダ 1950年代アイルランドの小さな町で母と姉と暮らすエイリシュ(シアーシャ・ローナン)勤めている雑貨店の店主、ミス・ケリーはケチで意地悪でエイリシュたち従業員に小言や嫌味ばかりそんな毎日に未来は無い...
2016/07/24(日) 09:59:58 | 読書と映画とガーデニング
アカデミー賞で話題になったシアーシャ・ローナン主演の青春ドラマです。 シアーシャ・ローナンは好きな女優さんなので、公開を楽しみにしていました。 アイルランドの小さな田舎町からブルックリンに出てきた主人公の姿はキラキラと輝いて見えました。
2016/07/27(水) 00:14:19 | とりあえず、コメントです
ほんのちょっとしたことで、人の行動は変わる。それを運命、いや、人生というのか。
2016/07/30(土) 21:55:39 | 或る日の出来事
評価:★★★★【4点】(11) 第88回アカデミー作品賞にノミネートされた本作の実力は?
2016/08/06(土) 21:32:58 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~
JUGEMテーマ:洋画     「ブルックリン」 原題:Brooklyn 監督:ジョン・クローリー 2015年 アイルランド=イギリス=カナダ映画 112分 キャスト:シアーシャ・ローナン      ジュリー・ウォルターズ      エモリー・コーエン      ドーナル・グリーソン ...
2016/08/12(金) 21:34:26 | マープルのつぶやき