映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『へイル、シーザー!』ザ・50年代!
2016年02月18日 (木) | 編集 |
hail-caesar-quad.jpg

ヘイル、シーザー!(2016)アメリカ

原題:Hail, Caesar!
監督/脚本:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン
出演:
ジョシュ・ブローリン/ ジョージ・クルーニー/ オールデン・エアエンライク/ レイフ・ファインズ / ジョナ・ヒル / スカーレット・ヨハンソン/ フランシス・マクドーマンド/ ティルダ・スウィントン/ チャニング・テイタム
日本公開:2016/5/13 

 【あらすじ
1951年、ハリウッドの映画会社で映画「ヘイル、シーザー!」撮影中、世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)が誘拐される。スタジオのフィクサー(ジョシュ・ブローリン)が解決に奔走するが・・


【感想
コーエン兄弟の新作、1951年のハリウッドのスタジオを舞台にしたコメディです。

タイトルの『ヘイル、シーザー!』はクルーニー扮する大スターウィットロックを主演とした劇中映画のタイトル。
この撮影中にウィットロックが誘拐され、さぁ大変という話ですね。

でもこれ、映画サイトにあるように「個性的なスターたちを巻き込んで難事件に挑む!」みたいなものを期待すると
裏切られるし、トレーラーのノリも違う。

映画はあくまで、ジョシュ・ブローリン演じるスタジオのフィクサーの一日を描くもの。
エディ・マニックスというのは40年代から50年代にかけて実際にハリウッドでフィクサーとして活躍した人物らしいんですが
50年代はハリウッド黄金時代の中でも後期にあたり、
テレビの普及に伴って映画業界自体が勢いをそがれる時代に入ってくるので
人々の夢を夢で有らしめるために、スターのゴシップをもみ消したり、フィクサーの仕事は大変だったんでしょう。
そんなマニックスの一日に注目した本作は、50年代のハリウッドにタイムスリップする作品になっています。


 Hail-Caesar-(2016)-poster.jpg


スタジアムでは5つの映画が制作されていて、ウエスタンからミュージカル、歴史モノに至るまで色んなジャンルを一気観できるのはMGMスタジオの見学ツアーに連れて行ってもらった気分になるし、ノワールな雰囲気に合わせた音楽や撮影など、コーエン兄弟の力量も感じられます。
この時代に詳しいと、水兵姿で踊るチャニング・テイタムや、西部劇の オールデン・エアエンライク、人魚コスチュームのスカヨハなどが誰をモデルにしてるとかも分かるでしょうからそういう楽しみ方も出来る。
でも、私もそうだけど50年代に疎いと楽しみ方も半減になるかな。
あと、この映画が問題なのはそれぞれが単発的で、誘拐事件とうまく絡んでこないこと。
あくまでも誘拐事件は時代を象徴する一つのモチーフと考えるべきでしょうね。

もう一つ言うと、主役であるブローリンも、冒頭から教会で懺悔してたりして、
彼なりに悩みを抱え込んではいるんだけどそれが観客に悩みとして伝わらない。
彼の心情を観客が共感できないから面白くなっていかないのが残念なところでした。




img5.jpg 


豪華キャストで目を引くのはタップダンスや歌まで披露して芸達者なところを見せてくれたチャニング・テイタム
50年代ハリウッド女優の喋りを見事に再現したスカーレット・ヨハンソン
そして一番美味しいところを持っていったのが、目を見張るカウボーイ・アクションを見せてくれたたオールデン・エアエンライク。アクションはいいけど実は大根という設定で、監督役の レイフ・ファインズとのやり取りは笑えた。


the-first-official-trailer-for-the-star-studded-film-hail-caesar-660505.jpg 


マイケル・ガンボンがナレーターというのもミソで、50年代を感じる映画でしたね。
私は少々退屈して寝てしまったところもあったけどwテクニカルな面など、玄人ほど楽しめる作品かもです。



ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
なぬーーー!!

私のチャニング!!みーすけ殿には渡さない(笑)
何気にジョシュ・ブローリンも嫌いじゃないんだよね~。
面白そうじゃ~~ん!!
コーエンさんの奥様、お約束の出演だね。

観たい、観たい!!
2016/02/18(木) 06:32:46 | URL | chaco #-[ 編集]
コーエン兄弟って「誘拐」ってモチーフが好きだね。
誘拐絡めるの何回目だろーか?
かつてフィクサーを演じた兄貴がフィクサーに探されるのね。
キャスト豪華だねー。
チャニングのこのセイラー姿可愛いくてTLに落ちる度にいいね❤しちゃったわww
ところでこれって兄貴が主演じゃないのか。
墜ちてくる情報にジョシュのジョの字も載ってなかったわ(笑)
ネームバリューのマジック。
コーエン兄弟の作品は好きなのとダメなのの落差が激しいんだけど、これはどーかねー。
取り合えず観ないとわかんないよね。
2016/02/18(木) 06:55:44 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To chacoさん
あなたのチャニングはチャーミングに頑張ってるよ~。
歌まで歌ってるからね。
ブローリンも地味に主役だし。
奥様フランシスさんもワンシーンだけど面白すぎ、見事にコーエンワールドを見せてくれます。

でもこのトレーラーのノリを期待すると裏切られるので
そこのところヨロシク(笑)
2016/02/18(木) 08:59:35 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
あ、そうだ、誘拐お好きかもね。
そそそ、フィクサー繋がり。
日本では「何でも屋」って訳されてるけど、ブローリンはまさにハリウッドのフィクサーです。
豪華キャスト、ワンシーンのみの人もいるし勿体無いお化けが出そうよ。
その中ではチャニングはミュージカルシーンも長く見せてるし、かなり出番多いほう。
この時代にしてはガタイが良すぎるけど、歌って踊るチャニングは必見。
にしても、誰もブローリンが主演と気づかないトレーラーだよねぇ(笑)

私はお一人様鑑賞で周りの反応みれなかったのだけど
ネットの評判見ると、年寄りと玄人にはそこそこウケて、一般ピーポーにはダメ出しされてる風。
途中退席した人も多そうだし、払い戻し求める人もいたとか
私も途中寝たけど、チャニングの歌で目が覚めました(笑)
2016/02/18(木) 09:17:43 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コーエン兄弟, ぜひとも観なきゃ  観たいぞぉ  前作 名もなき男の歌
もよかった  アルバム、CDももってるし
しかし、いまだ シリアスマン観れないでいる  なぜだか
2016/02/18(木) 17:24:28 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
この作品の存在、この記事で知りました。
ありがとうございます。
個人的にアタリハズレが多いコーエン兄弟の作品。
今回は絶対に見ます。
2016/02/19(金) 07:05:39 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
To おみゃあさん
コーエン兄弟作品はお好きですね。
『ルーウィン・デイヴィス~』良かったですよね。私も好きでした。
オリジナルのシンガーも知ってるおみゃあさんは特に興味持てたでしょう。
『シリアスマン』は日本リリースの気配がないですね。
宗教がらみで日本人にはわかりにくいからじゃないかなぁ。
2016/02/19(金) 08:09:40 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To ゾンビマンさん
まだ日本では宣伝されてないかな。
コーエン兄弟の作品は確かに私も全然ノレないものもあります。
今回は特殊な時代を前面に出したゆえ、興味ある人、ない人で評価も分かれてる気がしますが
まずはご覧くださいな。
2016/02/19(金) 08:14:58 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
大時代的なポスターなんで・・・と思ったら
時代背景がそーなんですか。
2016/02/19(金) 08:27:07 | URL | GH字幕 #-[ 編集]
To 字幕さん
そうなんです。
50年代にタイムスリップしてMGMスタジオを見学する感じなので
当時の映画に親しんだお年寄りなどは嬉しいかも。
あ、でも驚きの速さで公開終了しそう(笑)
2016/02/19(金) 09:25:44 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
今イチ苦手なコーエン兄弟なんですが、予告編の華々しい画面構成にちょっと観たいかなって思い始めてます。誘拐事件の展開を期待せずに、ハリウッド裏話として楽しめばいいのかしら。
2016/02/28(日) 21:25:16 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
そうです、そうです。
誘拐事件をメインに考えず、50年代ハリウッドあるあると思ってご覧になるのが正解かと。
あと当時のスターたちに詳しいと楽しめるのかもです。
2016/03/08(火) 08:39:18 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
こんにちは
このブログをご訪問させていただいたら、
皆様が私の(笑)チャニング・テイタムのことを書かれていらっしゃったのでとても嬉しゅうございました(笑)。
この作品、チャニングもそうですが、オールデンも良かったと思います。
2016/05/17(火) 01:44:25 | URL | ここなつ #/qX1gsKM[ 編集]
Re: こんにちは
>ここなつさんこんにちは
チャニングお好きでしたか。
あんなに大きな身体なのにタップダンスがキュートでしたね。
そうそう、今回はオールデンが面白くて光ってました。
雑記記事の方にTBいただいていたので、本記事でお返ししたんですが
こちらにまでTBいただきすみません。
ありがとうございました。
2016/05/17(火) 07:31:20 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
あ、いえいえ
TBの件、こちらこそ恐縮です。
予告編の字幕の記事が面白かったので、ついつい…。
今後とも宜しくお願いします。
2016/05/18(水) 22:20:10 | URL | ここなつ #/qX1gsKM[ 編集]
Re: あ、いえいえ
はい、こちらこそ。
どうぞよろしくお願いしたします。
2016/05/19(木) 17:21:10 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
もう今週はバタバタでぐちゃぐちゃで疲れ果ててて、だからと言って来週の事も見えなくて、もうどーでもいーから週末位はノー残業(死語)で何もかも忘れてさくっと映画でも観てやる!明日の事は明日考えるんだもんね!などという気持ちになった金曜日の夜などにはちょうどいい作品。つまり、可もなく不可もなく、という娯楽作品である。しかし、しかーし!本当は深〜いのかもしれない。当時のアメリカでは(って正確にいつの...
2016/05/17(火) 16:41:34 | ここなつ映画レビュー
1950年代のハリウッド。 超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中、世界的大スターで主演俳優のウィットロックが誘拐されてしまう。 事件解決を任されたのは、スタジオのあらゆるトラブルを解決する“何でも屋”エディ・マニックス。 彼は密かに身代金の準備をするが、スクープ屋の耳に入ったのか、既に事件は周囲に知られていた。 そんな中、ウィットロックは海辺のとある“家”で目を覚ます…。 ミステリー。
2016/05/18(水) 06:13:45 | 象のロケット
『ヘイル、シーザー!』を渋谷Humaxシネマで見ました。 (1)ジョージ・クルーニーの出演作というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、キリストの像が大きく映し出された後、主役のマニックス(ジェシュ・ブローリン)が、教会の告解室で神父に告白をして...
2016/06/15(水) 05:35:21 | 映画的・絵画的・音楽的
1日のことですが、映画「ヘイル、シーザー!」を鑑賞しました。 1950年代のハリウッド メジャースタジオの命運を賭けた大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中 主演俳優のスター ウィットロックが何者かに誘拐される 事態の収拾を任された何でも屋が解決に向けて動いて...
2016/06/30(木) 07:49:43 | 笑う社会人の生活
ジョエル & イーサン・コーエン兄弟 の新作。 いまいちの評判(...)に公開時を見逃し、機内映画でも ちらっと見ただけ。 やっと今日、Blu-ray で全体を通して鑑賞。 すると、次々に溢れ出る「映画愛」大爆発! に圧倒されまくる。 今はほぼ廃れてしまった、...
2016/11/03(木) 23:06:12 | 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~