映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『完全なるチェックメイト』冷戦に翻弄された捨て駒たち
2016年02月01日 (月) | 編集 |

PAWN.jpg

完全なるチェックメイト
(2015
)アメリカ
原題:Pawn Sacrifice
監督:エドワード・ズウィック
脚本:スティーヴン・ナイト 
出演: トビー・マグワイア /  ピーター・サースガード/ リーヴ・シュレイバー/  マイケル・スタールバーグ/  リリー・レーブ  / ロビン・ワイガート/ ソフィー・ネリッセ/ エヴリーヌ・ブロシュ/ シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック

【あらすじ
これぞ代理戦争! 


【感想

ボビー・フィッシャーという名前は映画『ボビー・フィッシャーを探して』(未見)で記憶してました。
有名なチェスプレイヤーだったんですね。

ボビーが活躍したのは米ソが冷戦下にあった時代。
そのためボビーとソ連のグランドチャンピオンが決勝を争うこととなる1972年の世界大会は
両国の威信をかけたいわば代理戦争の様相を呈してくるんですね。

本作は天才といわれながら、その世界から姿を消したボビー・フィッシャーの数奇な人生を描く伝記映画です。

ボビー・フィッシャーを演じるのはトビー・マグワイア
負けず嫌いで傲慢なボビーの性格は天才ゆえと取れるところもあるんですが
50年代、母親が共産主義者の容疑をかけられていたことから、ボビーは監視の目に怯える幼少時代を過ごしており
そのことが彼の性格形成に大きな影を落としています。

世界大会のプレッシャーにより、ボビーは徐々に精神を崩壊させていく様子が緊張感を生み
その状態でゲームに臨むボビーを演じるトビーの演技が凄い。

私などはチェスのルールも知らないし、ゲームも殆ど見たことないんですが
ボビーをサポートする牧師を演じたピーター・サースガードの解説が挟まれるため
ボビーがどうゲームを闘ってるのかわかるのは親切な作り。


PAWN2.jpg 


しかしまぁ、一戦を欠席したり、別室での対戦を要求するなどわがまま三昧なボビーにビックリ
実話ですよね。よくまぁこんなことが通ったもんだ。
ボビーのパラノイアが リーヴ・シュレイバー演じるソ連のチャンピオンボリス・スパスキーに伝染する感じも面白い。
原題のPawn Sacrifice というのは、ボビーが伝説の試合で使った一手を表現してるんですが
犠牲になったのは冷戦に翻弄された捨て駒のボビーであり、スパスキーだということでしょう。

特にボビーに関しては精神状態がヤバいことなどわかっていたのに
それよりもソ連に勝つことが優先されたわけで、アメリカ怖いって話。
ボビーのその後の人生を思うと、シンパシーを禁じえませんね。

監督は『ラストサムライ』などのエドワード・ズウィック。
ボビーのプレイヤーとしての成長を、社会の出来事と共に見せる手法が絶妙でね。
当時の流行歌がBGMで流れるのもノスタルジックでよかった。


緊張感や勝利の興奮、そして虚無感と
色んな感情を引き出すスティーヴン・ナイト(『オン・ザ・ハイウエイ その夜、86分』他)の脚本もいいんでしょうね。
もう少しユーモアがあっても良かったけど。


ロシア語を喋るリーヴ・シュレイバー、ピーター・サースガード、 マイケル・スタールバーグ等
脇も実力者を揃えていて見ごたえがありました。


ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
まったくもって、チェス、将棋 碁 等アタマ使うのダメで  パ-だから
全然覚えようともしません  そもそも長時間座っていられない
延々と ゲ-ムする姿捉えたら 静かな映画になるやろうね
某えぬあっちけ-でやってた碁番組  全然わからんけど
あのバカなような碁を置くアナウンサ-の声が面白くて見てたことありました バカだねぇ
2016/02/01(月) 16:22:14 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To おみゃあさん
私も全然ダメです。
大昔に五目並べやったことあるくらいで(笑)他はルールも知りません。

ゲームだけの映画だと淡々としたものになったでしょうね。
そこは壊れゆく精神状態を捉えるので緊迫したものになってましたが
実話というのが信じられないほど、異常な展開で飽きさせませんでした(笑)

そのアナウンサーは視聴者を退屈させないように工夫したのかなw
2016/02/02(火) 00:22:44 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
これはおもいっきりスルーしたんですが、姉さんの高評価に後悔。
最近、ピーター・サースガード頑張ってますね。
たしかに冷戦時代の両国はムキになっとったねぇ・・・。
脚本がスティーヴン・ナイトだという部分を見逃してました。
彼は良い本を書きますよね。
2016/02/02(火) 02:51:02 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
これはサスペンス感あったねー。
時代の波に翻弄されるフィッシャーが気の毒とゆーか、気持ち悪いとゆーか。
壊れていく仮定を丁寧に演じてるマグワイアの演技がひょひょひょーだったわ。
シュレイバーも面白かった。あのロシア訛りが怪しくて、釣られておかしくなってくのがなんとも……。
サースガードの神父もいーし、役者がみんなすばらしかったな。
でもチェスが全くわからんチンなので分かればもっと楽しかったのにと……。
チェスの映画っつーと、映画じゃないけど、刑事コロンボの『断たれた音』ってローレンス・ハーヴェイが亡くなる直前に出演してたのが大好きで、ハーヴェイの演技はテレビドラマの枠を大きく越えてて、凄いんです。観たことあります?

この映画も書きかけて埋もれてるレビューなんとかせにゃ……。
スイッチ入らずブログ更新がなかなか出来ない💧
2016/02/02(火) 04:28:28 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To ゾンビマンさん
スルーでしたか。
私もチェスのことわからんしなーと思ったんだけど、
トビーとかイライジャは(時々混同w)変わった映画に出ることが多いんで食指が動きました。
伝記モノなのに凄いことになっててなかなか面白かったんですよ。

そう、サースガードは役ごとに雰囲気変えてくる曲者ぶりが最高。
そのうちにさーすがサースガードと言われる役者になりますね(笑)
冷戦時代、今思うと滑稽な部分あるけど当時は必死だったんでしょうね。
私はトムハ作品で初めて知ったスティーヴン・ナイト。要チェックしたいと思います。
2016/02/02(火) 08:25:19 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
想像以上にサスペンスの中身が複雑で面白かったわぁ。
ボビーは本当にお騒がせな狂人になっていったね。
壊れるままに放置する国のエゴが恐ろしかった。
マグワイアもこういう狂気を帯びた役が嵌るんですよね。
シュレイバーが紳士に見えてきたと思ったら釣られちゃってね(笑)
ロシア語全然分からんけど、喋ってたのに感心した。
調べたらお母さんが半分ロシアの血が混じってるみたいね。
上手い役者がそれぞれグッジョブでした。

『断たれた音』って全然知らないや。
というか、ローレンス・ハーヴェイさんも存じ上げません。
チェックしたら出演作品1本も観てなかったし(汗)
家にあるのから観てみるね。

ダメージが大きいねぇ。
まずはファス作品でスイッチ入れてみる?
辛いけどボウイ作品観て思いっきり偲ぶのもいいかもだ。
2016/02/02(火) 08:50:30 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
この映画おもしろそうですね。そして、まだ上映中。でも、時間的に観にいくのはちょっと無理そう。
チェスは全く知りませんが、子供の頃は雨でなければ外で野球、雨の日は将棋でしたので、なんとなく雰囲気はわかりそうです。
2016/02/02(火) 09:00:19 | URL | yymoon #-[ 編集]
To yymoonさん
将棋と野球、文武両道の小学生だったんだろうな。
将棋とチェスってゲームとして似てるところあるのでしょうから
yymoonさんの方が私よりもうんと作品を楽しめそうです。
2016/02/02(火) 10:05:12 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
舌足らずの元祖スパイダーマン、今度はチェスね。

しかし、彼の感じからして「わがまま、自由奔放」な役は
ちょっと似合わないような気が・・・

ま、そこが役者だから上手くこなしてるんだろうけど。
やっぱ、トビーは気弱ないじめられ役が一番似合ってるよ。
ワタクシの偏見でございました!失礼!!
2016/02/02(火) 21:47:26 | URL | chaco #-[ 編集]
To chacoさん
> 舌足らずの元祖スパイダーマン
トビー君舌足らずだっけw 気づかなかったわ。

彼はひ弱で優しい雰囲気でありながら
切れたら怖い神経質な役やらせたらこれがまた上手いんだわ。
今回は怒鳴り散らす場面が多くて体力使っただろうと思うけど、頑張ってましたよん。

2016/02/03(水) 08:43:02 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
評価高いですねえ。チェスものかあってパスしちゃったのですが、監督が、どんな題材も太くまとめるエドワード・ズウィックってところが気掛かりでした。やっぱり劇場で確認する値打ちありの映画だったようですね。
2016/02/06(土) 04:54:40 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
私もチェスものに興味はなかったんですが、気になって観てみたら思いのほか楽しめました。
監督がズウィックなのはあとで知ったんですが、ジャンル問わずなんでも上手くまとめますね。
音楽の使い方、緊張感の演出など良かったです。
2016/02/06(土) 08:52:36 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: No title
> 鍵コメさま
了承いたしました。
2016/03/18(金) 06:20:32 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
評価:★★☆【2.5点】(P) ボリス・スパスキー(ソ連)VSボビー・フィッシャー(米国)
2016/02/03(水) 21:51:43 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
「ラスト サムライ」の名匠エドワード・ズウィックがトビー・マグワイアを主演に迎え、伝説の天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの半生を映画化した伝記ドラマ。アメリカとソ連が冷戦下にあった1972年。15歳の時にチェスの最年少グランドマスターになった経歴を...
2016/02/21(日) 14:50:56 | パピとママ映画のblog
  作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/164840/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   アメリカ人として初の チェス世界チャンピオンになった ボビー・フィッシャー 。(実話)   1 972 年、アイスランドのレイキャヴィクで行われた 世...
2016/03/18(金) 18:17:54 | **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**