映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】内なる乙女が覚醒!『リリーのすべて』
2016年01月27日 (水) | 編集 |
danishgirlposter.jpg

リリーのすべて(2015
)イギリス /ドイツ/アメリカ

原題:The Danish Girl
監督:トム・フーパー
原作:デヴィッド・バーショフ
脚本:ルシンダ・コクソン 
出演:エディ・レッドメイン /  アリシア・ヴィカンダー/ ベン・ウィショー/ アンバー・ハード  / マティアス・スーナールツ
日本公開:2016/3/18


【あらすじ

内なる乙女が覚醒した!


【感想
『英国王のスピーチ』のトム・フーパーがメガホンを取り、エディ・レッドメインが世界ではじめて性別適合手術を受けたリリー・エルベを演じた伝記ドラマです。

デンマークに暮らすアイナー・ベルナー(レッドメイン)は、ある日妻(アリシア・ヴィカンダー)に絵のモデルを頼まれます。
ストッキングを履き、柔らかいドレスに触れた瞬間、アイナーの中で何かがはじけ
頬を染め、ぎゅっとドレスを抱き寄せてしまう。

danish-girl_w529_h352.jpg 

部屋に入ってきた友人(アンバー・ハード )がそんなアイナーを
「あなたのことを今からリリーと呼ぶわ」と茶化すんですが
それからというもの、アイナーの中でリリーの存在が日増しに大きくなっていくのです。

アイナー/リリーを演じるのは昨年『博士と彼女のセオリー』でホーキング博士を演じ
見事オスカーをゲットしたエディ・レッドメイン
本作でも主演男優賞にノミネートされています。

danishgirl1-xlarge.jpg 

今回は性適合障害のある青年を演じ女装を披露してるわけで、彼のチャレンジがまずは見もの。
もとより色白で優しげ、線が細いエディ君なので女装もそれなりに似合う。
女性が目覚める瞬間の戸惑いや葛藤はよく演じているし、だんだん綺麗になっていく感じはいい。
ただ、乙女を演じてるというか・・、内から湧き上がる女らしさはないのね。

だから本人の願望とは裏腹に、正直少し気持ち悪いところもあって、
世間の認識もないことからモンスター的な悲哀を生んでもいます。
このタイミングで出すのはどうかと思うけど、こちら本物のリリーさん。

danish.jpg

この映画で驚くのは、むしろ妻の献身ですね。
乙女になっていく夫に困惑しながらも、彼の渇望を理解しサポートしていくなんて私には到底出来ない。
思うにこの夫婦はそもそも妻がリードしていくタイプの逆転夫婦でもあった気がしますね。
妻の性的な傾向などは分かりませんけど
妻の愛は次第に家族や同胞へのそれに変わっていたように思います。

それにしてもアリシアちゃんはほんと可愛いわ。
そりゃ、エディ君がアリシアちゃんのキャミを身に付けたい気持ちもわかるってくらい。
何を着ても似合うし、何も着てなくても可愛い(笑)

確かな演技で妻の愛と献身、そして葛藤を表現して、こちらもオスカーノミネート。

共演者は他に マティアス・スーナールツベン・ウィショー
ウィショー君が本領発揮の役で登場したのにはひとりニマニマしちゃいましたわ。

でね、初めて女装して公の場に現れたリリーがウィショー君に見初められときめくんですが
リリーは女性として好意を持たれてると思ったらそうじゃなく傷つく・・ってあたり
個人的に分類的なところよく分かってないよなぁなどと思う。深いっすなぁ。

映像は美しく、複雑な心理で織り成される悲しい物語は嫌いじゃなかったし、役者陣も頑張っていたと思う。
だけど会場では時々失笑が起きたりするのは、なんとなく仕方ない気もしました。
マイノリティを受け入れるのが難しいのは、ある意味人の真理だから。
あと、どうしても自分の思いを貫き通すリリーが身勝手に見えてしまうんですね。
正直で誠実だから・・と思える描写がもう少しあると、より理解されやすかったんじゃないかな。


ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
苦手そう  な映画  監督 トミ-フ-バ-のほうなら観るかも
2016/01/29(金) 16:49:35 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
これはもう前売り買ってますので見ます。
エディ君、もう普通の役には戻れん感じ?(汗)・・・。
2016/01/30(土) 00:30:49 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
エディ君はすっげーな!
役者っていう職業を思いっ切り楽しんでる感じだよね。
ベン君は本領発揮ってか~!?(笑)

こーゆー面長クンは「化粧映え」すると思いますが、でしょ?でしょ?
2016/01/30(土) 01:47:29 | URL | chaco #-[ 編集]
To おみゃあさん
ははは、そうでしょうね。
およそ似合わない気がする(笑)
2016/01/30(土) 08:54:15 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To ゾンビマンさん
お、早い! お楽しみに。
エディ君はチャレンジャーよねぇ。
こうなると次は何?って思ってしまうけど。実は普通の役観てみたい(笑)
あ、ハリポタのスピンオフのは似合ってそう。
2016/01/30(土) 08:56:41 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To chacoさん
そうだよね。
違う自分になるっていう役者ならではの特権を楽しんでるとも言えるかな。
しかし凄いわ。
「化粧映え」はそれなりなんだけど、仕草とかちょっとキモいんだなw

本領発揮のベン君にはニヤニヤしちゃいました(笑)
2016/01/30(土) 09:02:14 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
理性とか感性とかを乗り越えて芸術としてこういう映画が楽しめれば良いですね。トム・フーパーならば可・・・。
2016/01/30(土) 18:51:18 | URL | yymoon #-[ 編集]
予告編を観たのですが、あまり食指が動かなくてパスしそう。面白そうな視点ではあると思うのですが、現代の視点では「それがどうした」という気もしちゃいまして。色々なマイノリティへの視線が向けられるようになってくると、性同一性障害なんてメジャーじゃんって思えてしまって、あまりドラマ性を感じられなくて。これって、好奇心や想像力が鈍ってきているのかも。
2016/01/31(日) 03:40:04 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
妹の夫も…
こんばんは!
これ、ぜったい観ます!楽しみ!ベン・ウィショーやマティアス・スーナールツとか、脇も旬な男たちですね~。
エディ、ノリノリで乙女してますね~。私の周囲にいる女たちより女っぽい、けど、やっぱ女じゃない、ちょっとキモい感じにも好感。
美しい夫婦愛っぽい内容ですが、もし自分の夫が同じことにと想像したら、やっぱゾっとします。実は私の義理の弟に、女装疑惑があって…深夜の歓楽街で、彼そっくりなセーラームーンを見てしまったのです。怖くて妹には黙ってるのですが…ちなみに義弟はエディみたいなイケメンではなく、どきどきキャンプのジャック・バウワーそっくりです。
2016/01/31(日) 03:43:40 | URL | 松たけ子 #OGgHy/oY[ 編集]
To yymoonさん
そうですね。
映像も美しくトム・フーパーらしい形式美もありました。
登場人物のそれぞれの愛の形に思いを馳せてみるのも面白いと思いますね。
2016/01/31(日) 09:29:27 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To einhornさん
仰るように、性同一障害を語る視点としては目新しいものはないかもしれません。
ただ、世間で誰も認めるものがいない中、性転換手術を受けた第一号だったことや、夫婦の愛のドラマは新鮮でした。
レッドメイン君の女装を見てみたいという好奇心にかられてしまうのも確か。
女子的には衣装や美術も楽しめましたが、男性にはどうでしょうねぇ。
あ、アリシアちゃんが可愛いのでそこはチェックして欲しい(笑)
2016/01/31(日) 09:55:06 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: 妹の夫も…
> 松たけ子さん、こんばんは。
ウィショー君にマティアスだもの、松さんには絶対お薦めです。
今回マティアスはプーチンに見えてしまったけど
ウショー君は出番は少ないものの、期待を裏切りませんよ。

そそ、エディ君は頑張ってるし、それなりに綺麗なんですが、
やっぱ女じゃないところがキモくもあって悲しいんですね。
あ、そこ好感なのね(笑)

夫婦愛の部分はね、普通の愛情から段々と形が変化していくのでそこも見所です。

ありゃ、義理の弟くん。セーラームーンとは(汗)
疑惑で終わるといいね。家族はなんらかの試練を強いられることなので。
どきどきキャンプのジャック・バウワー画像検索してしまいました(笑)
2016/01/31(日) 10:06:22 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
おっとーーー。リアルベン・ウィショーが観れるんだな。
マイノリティに対する偏見とかは、自分で気がつかないうちに言葉や態度に出たりするので怖い。
でもそれを気にしすぎると、それがまた付き合う壁になったりするし……。
全ての人が全ての人をマルっと受け入れるのは不可能なんだな。
アリシアちゃん、SAGおめでとうだねーー。なんか彼女わてしにとってはここ半年ちょい位で一気にキターーーって印象です。
可愛いくて演技できてどーなんだもー。ファスの件でもジェラシーさえ湧かないほどだけどやはり湧く(笑)
これ楽しみに観ますん。
2016/02/01(月) 03:36:21 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
> リアルベン・ウィショー
そうなんです。本領発揮のウィショー君にエディ君ヤバいぞと心配した(笑)

そう、異端なものを警戒するのは遺伝子に組み込まれたリスク管理みたいなところもあって
偏見が生まれてしまうんですよね。
こういう映画はでも、性適合障害を持つ人への理解に繋がるよね。
内なる自己を守りたい気持ちを誰も否定できないから。

アリシアちゃん、ここに来て凄い一気にきたね~。
後半のブレイク振りにファスもたじたじなのでは?
オスカー二人で受賞したら凄いんだけど・・レオも強そうだ。
SAGはテレビで受賞式あったはずなのに見損ねちゃったよ。残念。

2016/02/01(月) 09:55:15 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
こんばんわ
トラコメありがとうございました。

リリーが多少自分勝手に見えるというのは分かります。だって彼は途中から妻の方を全く見てませんもんね。
自分がどう生きるかも大切ですが、人生を共に歩むと決めたパートナーのことも考えてあげないと。
そう思うと、本当にゲルダという女性は何と強いことか!
2016/03/23(水) 08:11:44 | URL | にゃむばなな #-[ 編集]
Re: こんばんわ
> にゃむばななさん
ご訪問ありがとうございます。

> リリーが多少自分勝手に見えるというのは分かります。だって彼は途中から妻の方を全く見てませんもんね。

ですよね。自分の内なるジェンダーへの渇望は理解できるし、勇気があったとも思うのだけど
奥さんは大変だったなぁと思います。
ゲルダあってのトランスジェンダー世界初でしたね。
ゲルダは強くそして美しかった!
2016/03/23(水) 09:11:02 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
1926年、デンマーク・コペンハーゲン。 結婚6年目を迎える風景画家の夫アイナー・ヴェイナーと肖像画家の妻ゲルダは、仲の良いカップルだった。 ところが、女装してゲルダの絵のモデルを務めたことをきっかけに、アイナーは「内なる女性」に目覚めてしまう。 単なる芸術家のお遊びだと考えていたゲルダは、アイナーに「アイナーの従妹のリリー」として舞踏会に出席することを提案するが…。 世界で初めて性別適合手...
2016/03/16(水) 21:41:26 | 象のロケット
最近ビックリしたニュースのひとつは、以下。 ウォッシャスキ−兄弟が、      ↓ ウォッシャスキ−兄妹に      ↓ ウォッシャスキ−姉妹となって、完成! 兄弟揃って、性別違和だったとは! そのウォッシャスキ&minu...
2016/03/18(金) 00:10:22 | 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
リリーのすべて@TOHOシネマズ日劇 ジャパンプレミア
2016/03/18(金) 07:04:33 | あーうぃ だにぇっと
 『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督作品。  原作はリリー・エルベという実在の人物をモデルにした小説。日本語訳では『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』となっているが、原題は「The Danish Girl」となっていて、「デンマーク人の女の子」という意味。  邦題に違和感はないし、『イヴの総て』など似たような題名の作品だって多いとは思うのだけれど、...
2016/03/21(月) 09:45:29 | 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
注目するべきは、自分の性に違和感を持ち女性になるか男性になるかで苦悩する主人公と、どんな姿の夫でも愛したい妻の葛藤が細かく描写されていることだ。人間の本質に迫る問題を提起している。
2016/03/21(月) 22:35:21 | とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
世界初の性別適合手術を受けたデンマーク人画家リリー・エルベと、その妻ゲルダとの愛を描いた伝記ドラマです。
2016/03/21(月) 23:29:18 | 水曜日のシネマ日記
【THE DANISH GIRL】 2016/03/18公開 アメリカ R15+ 120分監督:トム・フーパー出演:エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィショー、セバスチャン・コッホ、アンバー・ハード、マティアス・スーナールツ あなたの愛で、本当の自分になれた。 夫が...
2016/03/22(火) 12:41:14 | ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人、リリー・エルベの実話を基に、ふとしたきっかけから男性であることに違和感を抱き始めた主人公の苦悩と、そんな夫を献身的に支え続けた妻の葛藤と感動の愛の物語を描いたドラマ。主演は「レ・ミゼラブル」「博士と彼女のセ...
2016/03/22(火) 16:37:08 | パピとママ映画のblog
どんなに頑張っても男は女にはなれない。そして敵わない。 世界で初めて性別適合手術を受けたデンマークの画家アイナー・ヴェイナーことリリー・エルベと、彼から彼女へと変わり ...
2016/03/23(水) 21:05:39 | こねたみっくす
1920年代のヨーロッパを舞台に、ある芸術家夫婦の歩んだ運命を描いた深い愛のドラマです。 トム・フーパー監督&エディ・レッドメインのコンビなので、どんな映画だろうと気になっていました。 命を掛けても自分の心に素直に生きようとした主人公の強さと、夫の変化に戸惑いつつも 最後まで寄り添おうとした妻の姿に、切なさで胸がいっぱいになるような作品でした。
2016/03/27(日) 13:04:52 | とりあえず、コメントです
あなたの愛で、 本当の自分になれた。 夫が女性として生きたいと願った時、妻はすべてを受け入れた。 THE DANISH GIRL 上映時間 120分 映倫 R15+ 原作 デヴィッド・エバーショフ『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』(講談社刊) 脚本 ルシンダ・コク...
2016/03/28(月) 22:09:37 | to Heart
世界で初めて女性への性転換手術を受けたデンマークの画家リリーエルベの実話を 「英国王のスピーチ」ではアカデミー賞監督賞受賞「レ・ミゼラブル」などのトム・フーパーが映画化 名作を数本生み出してるけどまだ43歳。 原作は、デヴィッド・エバーショフの「...
2016/03/31(木) 10:19:50 | 我想一個人映画美的女人blog
 今から90年前、世界で初めて性同一性障害で性転換手術を受けた男性の物語。際物かなという懸念もあったのですが、「英国王のスピーチ」のトム・フーパー監督だけあって格調高かった。夫婦の愛の深さと孤独が痛切に感じられる傑作でした。  作品情報 2015年イギリス、…
2016/04/07(木) 06:53:51 | 映画好きパパの鑑賞日記
 「リリーのすべて」  20世紀初頭のデンマーク、コペンハーゲン。画家のアイナーは、同じく画家の妻ゲルダに絵のモデルを頼まれる。女性の衣装を身につけたアイナーは、今まで気づかなかった本当の自分に目覚めて…  世界で初めて性転換手術を受けた画家の実話の映画...
2016/04/16(土) 19:57:16 | まつたけ秘帖
28日のことですが、映画「リリーのすべて」を鑑賞しました。  1926年デンマーク 風景画家のアイナー・ヴェイナーはく画家の妻ゲルダに女性モデルの代役をきっかけに自身にある女性の存在を意識する それ以来リリーという女性として生活していく比率が増していくアイナ...
2016/05/07(土) 17:39:56 | 笑う社会人の生活
リリーのすべて '15:イギリス ドイツ アメリカ ◆原題:THE DANISH GIRL ◆監督:トム・フーパー「レ・ミゼラブル」「英国王のスピーチ」 ◆主演:エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィショー、アンバー・ハード、マティアス・スーナールツ ◆...
2016/05/22(日) 21:47:10 | C’est joli ここちいい毎日を♪