映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ザ・ウォーク
2016年01月18日 (月) | 編集 |
The-Walk-2015-01.jpg
ザ・ウォーク(
2015)アメリカ
原題:The Walk
監督:ロバート・ゼメキス
脚本:ロバート・ゼメキス/クリストファー・ブラウン
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット/ ベン・キングズレー / シャルロット・ルボン /ジェームズ・バッジ・デール / ベン・シュワルツ他
日本公開:2016/1/23~


【あらすじ
綱渡りに情熱を捧げる曲芸師フィリップ・プティは、ツインタワー建設の記事を目にする


【感想
1974年にフランスの曲芸家フィリップ・プティがアなしとげた
”ツインタワーの間を綱渡りする”という偉業を再現するアクション・ドラマ。
監督はロバート・ゼメキス、フィリップ・プティ役にジョセフ・ゴードン=レヴィット

2008年にアカデミー賞のドキュメンタリー賞を獲得した『マン・オン・ワイヤー』が面白かったので
ジョセフ君主演で映画化されると知って凄く楽しみにしてました。
でも気分が悪くなる人続出というニュースにひるんで劇場鑑賞を見送ってしまい・・大後悔です。
これは劇場で観るべきでした。

 The-Walk-2015-Movie.jpg

命綱もつけずに(当時)世界一高いツインタワーの屋上(地上400メートル!)から綱渡りで移動する
どう見ても無謀にしか思えないのだけど
プティさんは幼い頃からの夢を果たすべくことに臨みます。

しかしそれは違法であり、秘密裏に行われるもの。
ビルに侵入しワイヤを張る段階で見つかれば計画は全ておジャンなわけで、
警備員をかわしながらの準備はハラハラドキドキの緊張の連続。

そして凄いのはワイヤウォークのシーンですね。
勿論実際にビルの間を歩いているわけではなく、背景をCG処理したものですが
ジョセフ君は本物のプティさんに指導を受け、低いながら実際にワイヤーウォークしてるらしいという’からビックリ。
自転車でマンハッタンを駆け抜けた『プレミアム・ラッシュ』でもジョセフ君の身体能力の高さは折り紙つき。
今回もバランス感覚、所作の美しさには驚くばかりでした。

ドキュメンタリーでは、地上からプティさんのワイヤー・ウォークを捉えた映像が少しだけ挟み込まれていて
豆粒のように小さい姿ではあるものの、まるで仙人を見るような美しさが感動的でしたが
1974年の出来事であり、近いところからプティさんを映像でとらえることは出来ていないんですね。
そういう意味で、ジョセフ君の表情や動きを細かに映し出す本作は、まさに見たかったものが見れたという感覚。

でも誰よりも感慨にふけったのは、プティさん自身だったのではないかな。

夢をかなえ見下ろすマンハッタンの街並み、地上から拍手を送る市民
全て懐かしくご覧になったことでしょう。

何よりも感謝の対象であるツインタワーがそこにない今、
プティさんだけでなく、マンハッタンの人々も、美しくそびえるツインタワーの映像に感動したと思いますね。
ラストシーンの見せ方も上手い。

911について映画の中で一切触れてはいないけれど、これはプティさんの偉業をたたえるだけでなく
在りし日のツインタワーを懐かしむ映画でもあるのでしょう。

プティさんに技術を提供した曲芸師を演じたベン・キングズレーが教えた「salute」。
これ日本語でどう訳せばいい?
敬礼とか、感謝のあいさつ・・そんな対訳で表現しきれないめいっぱいのsaluteを
ジョセフ君がワイヤー上で表現するシーンが美しく、静かな感動がありました。

3Dでご覧になった皆さんが「体感できる映画」と絶賛してますね。
さすがゼメキス。
殺人もカーチェイスもない静かなアクション映画です。

仲間との連携も見所の一つ。これは面白かった。

thewalk.jpg



ブログパーツ

関連記事

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/01/19(火) 16:40:43 | | #[ 編集]
そーかー、やっぱり劇場で観た方がいーのね。
高いところ苦手で、特に吊り橋が渡れない人なので、これは貧血起こすかなって思って悩んでたの。
でもJGLくん大好きだしね、今週末に頑張って観るー。
だけど2Dにしとくー(笑)
これ、最近のテレビ用の宣伝が、お笑いの方を使ってて、今まで劇場でトレーラー観てた作品と別物?ぐらい物凄く頭悪い映画にみえるの💧
その人のせいではなくて、そんなタレントを起用する会社の責任だな。予告で映画の入りってかなり変わると思うのに……。

あ、古いリンク削除しましたー失礼しやしたーー。
2016/01/20(水) 00:07:53 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/01/20(水) 02:33:02 | | #[ 編集]
これは週末に見ます。
見て記事にしてから姐さんの記事を読むのが映画を見るより楽しみですよ(超爆)・・・。
2016/01/20(水) 03:10:32 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/01/20(水) 08:18:13 | | #[ 編集]
To みーすけさん
どのくらい高所恐怖症かによるかなぁ。
所詮映画と思えるから、私なんかはそんなに怖いと思わず観れたけど
劇場の臨場感とは比べ物にならないので。

ダメならその瞬間目をつぶるくらいの気持ちで行ってみて。
それまでの過程もサスペンスフルで面白いので楽しめるはず。
キングズレーもいい仕事するんだわ。

あー、お笑い系のCMになってるんだ。
まぁ、フランス訛りのプティさんのしゃべりがユーモラスなので、そうなったかな。
イメージ壊す宣伝はやめてほしいね。
リンクお世話になりました♪
2016/01/20(水) 09:16:23 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To ゾンビマンさん
お、ご覧になりますね。
また戻ってきてね。
何書いてんねん!とツッコんでくださいw

2016/01/20(水) 09:18:23 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
殺人もカーチェイスも出ないのか・・・当然、銃器も出て来ないよねw
2016/01/20(水) 09:27:29 | URL | GH字幕 #-[ 編集]
To 字幕さん
> 殺人もカーチェイスも出ないのか
出ませんね~w あ、でも「矢」が出た。
使用目的が違うけど(笑)
2016/01/20(水) 09:35:44 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To 秘密様
わは
初心者としましてはまずは一つ一つ確実にと思ってまして
次のステップにいくのはまだずっと先かも。
ありがとうございます!!

2016/01/20(水) 09:40:24 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
予告編を観たときは、CGの映画でしょって、どこが面白いんだろうと思っていたのですが、記事を拝見すると、ドラマとして面白いということで、興味出てきました。劇場でトライしてみます。
2016/01/20(水) 17:46:01 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
ニュース映像は記憶にありませんが、こういうことがあったという記憶はあります。1974年のことだったのですね。
この映画の方はかなりスリリングに撮ってあるのでしょうから、心臓に悪そう。でも、観てしまうかも。
「salute」で思いつくのは、何度か行ったことのある札幌すすきのの「CLUB SALUTE」だけでした(笑)。
2016/01/20(水) 18:07:37 | URL | yymoon #-[ 編集]
To einhornさん
わはは、確かにCG映画なんですが
準備段階のハラハラは結構面白かったです。
所詮CGと私も思ってるので、ワイヤーウォークのハラハラはあまりないんですが
「そこに山があるから」という登山家に似た冒険心で自分に挑戦する主人公に不思議な感動があるんだなぁ。
トライしてみてください。
2016/01/21(木) 09:46:51 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To yymoonさん
記憶にありましたか。
私はドキュメンタリーを観るまで全然知りませんでしたが、当時はちょとしたニュースになったでしょうね。

準備段階のシークエンスはハラハラするものでしたが、ワイヤーウォーク自体はどうだろ。
多分劇場3Dで観たら臨場感あって怖かったかもですが、本物じゃないの知ってるのもあって、私はそれほど緊張しませんでした。

> 「salute」で思いつくのは、何度か行ったことのある札幌すすきのの「CLUB SALUTE」だけ

ナチスのSSとかが集ってそうで、『愛の嵐』を想像してしまいました(笑)
2016/01/21(木) 09:54:56 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
観たい!!
デカいスクリーンで観たい!!

たっけーーーーとこ大好き💕何とかと煙は高いとこが好きって言うじゃん!
けど、コレは・・・・・高すぎダロ。

ゴードン君好きだな~。面長だし目がいつも笑ってるし可愛い!


2016/01/22(金) 18:40:43 | URL | chaco #-[ 編集]
これ面白かった。
そう、見ている人たちに感謝と敬意を示せと言ってました。
ワールド・トレード・センターに対する愛を感じた。
さすがはゼメキスという名篇でした。
姐さんと感想と気持ちは同じですぜ!
2016/01/23(土) 00:16:01 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
Re: 観たい!!
chacoさん>
おーー、高いところ好きなの?
ならばぜひでかいスクリーンで観て欲しいな。
高すぎだけど、いい感じに足がすくんでいいかも(笑)

ジョセフ君いいよね。
面長だっけ、気づかなかった。
そう、優しいお顔してるね。
でも怖い役するときはめっちゃ怖いんだよ。
ちなみにいつの間にか結婚してもう子供もいるんだって。
2016/01/23(土) 08:53:43 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To ゾンビマンさん
あー、よかったご覧になりましたか。
「見ている人たちに感謝と敬意を示せ」
ありがとうございます。まさにそれですね。

確かにそこに存在したワールド・トレード・センターが美しく愛おしい。
郷愁とともに監督の思いを感じましたねぇ。
ゾンビマンさんと同じ気持ちで観れてよかったです。

2016/01/23(土) 09:22:16 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
鳥とヘリに
この二つの物体に対し、バランス崩れて危ないでしょうが~!でした(笑)
しかし、フィリップは普通に対応しててさすがでした。
たぶん風の抵抗もかなりあったと思いますが、映画ではそこはスルーでしたね(笑)

今年はまだ始まったばかりなのに秀作の多いこと。
例年以上に映画の当たり年となりそうと思っているワタシです(笑)
2016/01/24(日) 04:35:39 | URL | ituka #r4tB/SwE[ 編集]
Re: 鳥とヘリに
>itukaさん
ほんとほんと、特にヘリは状況考えろと思いましたね~。
相当に風の影響受けてますよね。落ちなくてよかった。
鳥はアニメなら確実につついてますね(笑)

日本では4月にかけていい映画がまだ沢山上映されますし、楽しみですね。
嬉しい悲鳴かも(笑)
2016/01/24(日) 08:34:08 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
これは大きな画面で観るべきでした…。
夢を語るには、理由はいらない…。そんな映画でしたね。
とても楽しめました。
2016/01/24(日) 20:15:52 | URL | NZ_RR #-[ 編集]
To NZ_RR さん
同じですね。私も大きなスクリーンで観たかったです。
> 夢を語るには、理由はいらない…。
仰るとおり
真摯に夢を追求するフィリップさんも、彼に賛同し、拍手を送る人たちの描き方もよかったです。
2016/01/25(月) 07:38:46 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
身震いもの
pu-koさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

静かなアクション映画、確かにそういう受け取り方も出来る内容でしたよね♪別にドンパチ等が起きるわけでもないのに異様なスリルや緊張感が張り巡らされていましたし、そのおかげもあってかメインのツインタワーでの綱渡りに行き着くまでの過程の物語も見応えがあって良かったですね^^
ロベート・ゼメキス監督の映像手腕とジョセフ・ゴードン=レヴィットの熱演が融合し、本当に身震いするような感覚を与えてくれた作品としても大いに評価したいですね♪
2016/02/19(金) 09:41:13 | URL | メビウス #mQop/nM.[ 編集]
To メビウスさん
こんばんは。
そうそう、準備段階からスパイものスリラーみたいなドキドキがありましたね。
心臓弱ってるところにもってきてあの綱渡り。
しかも「もうやめて~」でしたしね(笑)
でも緊張の中に美しさもあって、崇高な気持ちにもさせられました。ほんとグッジョブです。
TBありがとうございます。
2016/02/19(金) 15:46:09 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
評価:★★★★☆【4.5点】(14) 3D効果で久しぶりに胃が浮いてしまった(爆)
2016/01/24(日) 16:47:00 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
フランスの綱渡り芸人フィリップ・プティの自伝を下にした作品。自伝がベースであるためか、主人公フィリップの視点で物語が進みます。なので、自分に都合がわるい所は省かれているかも。 ジョセフ・ゴードン=レビットは、フランス文学に傾倒していたことがあるためか、...
2016/01/24(日) 17:43:10 | 勝手に映画評
 1974年、当時世界で最も高い建物だったNYのワールドトレードセンターに、1本のワイヤーを張り、その上を歩いて渡った男がいた。男の名はフィリップ・プティ。「ザ・ウォーク」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。最初に言っておきますけど、高所恐怖症の人は絶対見たらアカ~ン!!  故郷のフランスの町にやって来たサーカス団。その綱渡りの演技に魅了された少年フィリップ・プティは...
2016/01/24(日) 20:46:16 | シネマ親父の“日々是妄言”
【THE WALK】 2016/01/23公開 アメリカ 123分監督:ロバート・ゼメキス出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デール 地上411メートル/ワイヤー幅2.2センチ STORY:1974年。フランス人の大道芸人フィリ...
2016/01/24(日) 20:47:31 | ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
フランスのある町に“世界一の綱渡り一座”と呼ばれるサーカス団がやって来た。 その妙技に心を奪われた8歳の少年フィリップは、独学で綱渡りを体得し、その後一座の門を叩く。 しかし若さゆえの傲慢から座長パパ・ルディと対立し辞めることに。 パリで大道芸人になったフィリップは、世界一高いツインタワー・ビルがニューヨークで建設中であることを知り、その2つのビルの間を綱渡りしようと思い立つ…。 実話から生...
2016/01/25(月) 14:37:57 | 象のロケット
ワールド・トレード・センターの間を綱渡りで歩いたフィリップ・プティの姿を描いたドラマです。 東京国際映画祭のオープニングにもなっていたので、公開を楽しみにしていました。 とにかくリアルな映像が高さを物語っていて、よく分からないけど凄い人だなあと しみじみ思ってしまうような作品でした。
2016/01/26(火) 22:58:03 | とりあえず、コメントです
この映画は、ストーリーより映像ありきで最初から見に行ってるんで 高所恐怖症のくせして3D鑑賞。しかもくずはのTCXだから結構大きめのスクリーン。 いや〜すんごい迫力でした。 矢が飛んでくるシーンは思わずよけた。(爆) 冒頭のシーンからして、モノクロだの、...
2016/01/27(水) 21:24:08 | ペパーミントの魔術師
映画 『ザ・ウォーク(3D・日本語字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 なお、原作小説である大道芸人フィリップ・プティのノンフィクション『マン・オン・ワイヤー』は未読。 また、本作で描かれる、プティの挑戦への決意から成功を関係者の証言や再現映像で見せるドキュメンタリー映画『マン・オン・ワイヤー』...
2016/01/29(金) 19:02:38 | ディレクターの目線blog@FC2
110階の超高層の綱渡りシーンは一部で、それまでの過程が丁寧に描かれており好感を持った。手のひらから汗が流れるほどだった。犯罪でもこちらは自分の命をかけて挑戦して成し遂げる芸術だと感じる。
2016/01/29(金) 22:10:20 | とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 1月23日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:05の回を鑑賞。2D・字幕版。
2016/01/31(日) 13:27:05 | みはいる・BのB
 『ザ・ウォーク』(3D)をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)予告編から面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭には、「これは実話である」(True Story)との字幕が出ます。  次いで、黒いタートルネックを着た本作の主人公フリップ・...
2016/02/06(土) 08:48:38 | 映画的・絵画的・音楽的
【監督】ロバート・ゼメキス 【出演】ジョセフ・ゴードン=レビット/ベン・キングスレー/シャルロット・ルボン/クレマン・シボニー/セザール・ドムボイ/ジェームズ・バッジ・デール 【公開日】2016年1月23日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 8歳の時、故郷フランスで世界一の綱渡り一座と呼ばれるサーカス団『白い悪魔たち』の妙技に魅せられたフィリップ・プティは、独学でトレー...
2016/02/20(土) 00:40:34 | シネマをぶった斬りっ!!
 大道芸人フィリップ・プティのノンフィクション「マン・オン・ワイヤー」原作。1974年8月7日のニューヨーク、ワールドトレードセンターの二つのビルの間にかけたワイヤーで綱渡りを披露した男の実話を、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのロバート・ゼメ
2016/02/21(日) 19:44:33 | 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
[ザ・ウォーク] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2016年4本目です。 【あらすじ】 パリの路上でジャグリングや綱渡りを披露し人気の大道芸人になっていたフィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、ニュー…
2016/02/22(月) 03:14:04 | 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
ザ・ウォーク '15:米 ◆原題:THE WALK ◆監督:ロバート・ゼメキス「フライト」「Disney's クリスマス・キャロル」 ◆主演:ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン 、ジェームズ・バッジ・デール、クレマン・シボニー、セザ...
2016/03/20(日) 23:19:30 | C’est joli ここちいい毎日を♪
25日のことですが、映画「ザ・ウォーク」IMAX 3Dを鑑賞しました。 1974年 フランス人の大道芸人フィリップ・プティは誰も考えついたことのない挑戦をすることに。それはニューヨークのマンハッタンにそびえ立つ ワールド・トレード・センターの屋上と屋上の間にワイヤー...
2016/03/30(水) 22:28:40 | 笑う社会人の生活
THE WALK 2015年 アメリカ 123分 ドラマ/サスペンス/伝記 劇場公開(2016/01/23) 監督: ロバート・ゼメキス 『フライト』 製作: ロバート・ゼメキス 原作: フィリップ・プティ『マン・オン・ワイヤー』 脚本: ロバート・ゼメキス 出演: ジョセフ・ゴードン...
2016/06/15(水) 13:02:14 | 銀幕大帝α