映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】レヴェナント:蘇えりし者
2016年01月10日 (日) | 編集 |
The_Revenant-poster-400.jpg 

レヴェナント:蘇えりし者(
2015)アメリカ
原題:The Revenant
監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
脚本:マーク・L・スミス/アレハンドロ・G・イニャリトゥ
出演:レオナルド・ディカプリオ / トム・ハーディ/ ドーナル・グリーソン/ ウィル・ポールター

【あらすじ
奇跡的に一命をとりとめたグラスは、裏切ったフィッツジェラルドに復讐すべく極寒の荒野を行く。


【感想
昨年のオスカー覇者『バードマン』のアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の新作を観てきました。

いわゆる「西部」が生まれるもっと前の1823年、
アメリカではフランスやイギリス、スペインなどの西洋諸国や周辺国から、多くの入植者が新大陸に基盤を作るべくやってきて
混沌とした世界を生き抜いてきたんですね。
本作はそんな時代の荒涼とした雪原を舞台に、仲間への復讐を果たすべくサバイバルする男の物語。
実話として語られてるヒュー・グラスのストーリーをベースにしています。

この映画に出てくるグループは寄せ集めの軍隊みたいなんだけど、熊の皮を剥いだりしてる。
レオナルド・ディカプリオ演じるヒュー・グラスもそのメンバーで
トム・ハーディ演じるジョン・フィッツジェラルドらとともに、ドーナル・グリーソン率いる狩猟チームに所属します。、
ドーナルは『SW フォースの覚醒』でもファースト・オーダーの若き指導者を演じてたけど、出世したなぁ。

任務中にグラスが瀕死の重症を負うところから、彼の復讐とサバイバルの旅が始まります。

しかしこれ、単純にグラスの復讐モノというだけでは語れない映画でね。
もっと深いところに作り手のメッセージが込められている。
死の淵から蘇る(原題の意味です)男がサバイバルの途中で直面するのはとてつもない自然の驚異です。
でも同時に、人間はいかに自然に助けられ生きているのかにも気づかされる。
飢えや渇きを凌ぎ、ぬくもりを求め最小限の欲求を満たすために生き続けるレオの行為が
ものすごく崇高に見え、自然に感謝する気持ちさえ湧き上がるのですよ。

辛いのは、インディアンに対する残虐行為など負の歴史も目撃することになること
これはイニャリトゥ監督ならではでしょう。

撮影は『バードマン』に続いてエマニュエル・ルベツキ。
マジックアワーに集中し、自然光だけで撮ったという映像は荒涼とした雪原の厳しさを映しだし
リアルで壮絶なアクションシーンでさえも美しい。
ルベツキはオスカー3連覇もありえるかも。

リアルであるために役者の負ったリスクも大きかったはずで
みんな大変だったでしょうけど、ほぼ出ずっぱりで自然と格闘したレオの役者魂には敬服します。
これ観たらもう、レオにオスカーあげてくれって思うもんね。
何度顔を背け、息を呑んだかわからんよ。

tom-hardy1.jpg
トムハは前半の怪力振りが好きだけど、今回は汚れ役だね。
でも彼も生きることに必死な一人のサバイバーに過ぎない。
この時代、誰もがサバイバー。移植者も原住民も、クマや自然でさえも。


the-revenant-trailer-screencaps-dicaprio-hardy35.png
グラスがのどを負傷し、言葉を殆ど喋れないという設定もきっと意味があるのでしょう。
熊の着ぐるみ状態のレオがモフモフで可愛い・・というのは置いといてw
人間も自然を生き抜く小さな生き物に過ぎないじゃないかというね。

いろんなメッセージが伝わりますが
とにかく、壮絶で美しく、神聖さに魂を揺さぶられた。大傑作だと思います。


日本公開は4月


ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
映画館でこれの予告編がガンガンかかってる。
絶対に見ます。
見たらね(汗)・・・。
2016/01/10(日) 23:23:29 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
レオ&トムハ
こんばんは!
レオ、ゴールデングローブ賞受賞おめでと!!これでオスカーも一気呵成でWIN!
レオの演技も映画の内容も、凄絶壮絶みたいで楽しみ!何かもうユルいヌルい映画やドラマ、演技ばかり見てるので、たまには圧倒とか驚嘆とか欲しいんです。そんな気分にピッタリンコな映画ですね♪日本公開の貼るが待ち遠しいです。
2016/01/11(月) 02:40:36 | URL | 松たけ子 #OGgHy/oY[ 編集]
To ゾンビマンさん
すっごく良かったのでお薦めです。
4月をお楽しみに!
2016/01/11(月) 07:41:03 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Re: レオ&トムハ
> 松たけ子さん
レオのゴールデングローブ賞受賞嬉しかったですね。
オスカーはGGと違った選出になることが多いので予測は出来ないけど、レオの演技も映画自体もオスカーに値すると思いました。
本当に壮絶だけど、でもそれ以上に美しく叙情的なロードム-ビーでもあります。
今年一番かもと、一月にして思ってしまうほど良かったですよ。お楽しみに!

2016/01/11(月) 07:48:41 | URL | pu-ko #-[ 編集]
トムハはこの前は豪州の砂漠で
今回は極寒の荒野で・・・そのうち死んじゃうやん。
2016/01/11(月) 10:22:19 | URL | GH字幕 #-[ 編集]
To 字幕さん
肉体派がいつのまにか売りになったのか、過酷な撮影を強いられるものが続いたよね。
でも今回トムハよりももっと大変だったのはレオだわ。
色々びっくりでした。
2016/01/11(月) 17:57:31 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
あげて~~~~~
何度レオは苦渋を飲んだことか。。。。。

彼がノミされる時って、絶対すんげ~対抗作品&対抗馬がいるんだよね。
今回は大丈夫か~?
是非レオにオスカーを!!(さほどファンでもないが、彼はすげ~よね)

そそ、昨日トムハの『オン・ザ・ハイウエイ~~』観たんだよ。
良かった。役者冥利につきる作品なんだろうね。あーゆーのって。
一人芝居だもんな。今頃やっと観たの?って言わないでね(笑)
2016/01/11(月) 20:37:58 | URL | chaco #-[ 編集]
Re: あげて~~~~~
chacoさん>
昨日ゴールデン・グローブ賞の授賞式があって、レオが主演男優賞とったんだけど、会場が一番盛り上がってた。
こんな大変な役演じたんだから、もう主演でもなんでも持ってけって感じだと思う(笑)
悲願のオスカー獲って欲しいと思うけど、一番の対抗馬がファスベンダーなのがなぁ。
どっちも応援したい気持ちよ。

おー、トムハ一人芝居観たのね。
わたし的にはずっとトムハを観てられるだけで幸せだったけど
あのシチュエーションだけで間を持たせられるってのは凄いよね。
ナイスチャレンジでした。
2016/01/12(火) 01:40:30 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
ファスにいきなり大きな壁!って感じですね。
スケールも内容も凄そうで、見逃すと大きな損失系作品な匂いがする。
そろそろディカプもオスカーあげようよ派閥と、何かアンチな派閥の投票次第?
色々感想あったのにボウイさんショックで頭パーンなってGGの感想とかすっ飛んでワケわかんないス💧
2016/01/12(火) 17:08:10 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
あんまり寒い時に観る映画じゃないね  寒そ
過酷な映像見ると 俳優は肉体労働者だと思う
 先日 山の頂白くなってるの見ただけで萎縮したもんね
2016/01/12(火) 17:13:01 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
イニャリトウの映画は、私には当たりはずれが激しくて、「バードマン」は正直しんどかったので、この映画、どうしようかと考えています。でも、傑作という記事を拝見すると、観に行かなきゃまずいかしらなんて気にもなりまして、うーむ、とりあえず観てからかなあ。
2016/01/13(水) 04:02:25 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To みーすけさん
公開が遅かったのもあって、前半ではあまり話題にならなかったけど、開けてびっくり。
ファスにしたらこんなの今頃出してくるなんて反則!って感じでしょうね。
これはアンチ派も納得するしかないんじゃないかな。
私とすればレオが早々に喉をやられるので、いつものあの声が気にならないことも大きい(笑)
監督分かってらっしゃるわ(笑)
ボウイショックが駆け抜けた一日だったねぇ。
2016/01/13(水) 07:31:34 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To おみゃあさん
そうそう、実際私が観た日はとっても寒くて、余計冷えあがりましたよ。
かといって真夏にやられてもピンとこないだろうしね(笑)
今回はまさに役者は大変だったと思います。特にレオは。
スタントもいたでしょうけど、誰でも出来ることじゃなかったわぁ。
2016/01/13(水) 07:37:25 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
To einhornさん
心に突き刺さるものを撮ることもあって、好みは別れる監督ですよね。
オスカー受賞の『バードマン』は私もあまり好きじゃなかったです。
今回はでも自然に立ち向かうドキュメンタリー風でもあり、アクション映画としても観るべきものがありました。
ゴールデン・グローブ監督賞、作品賞、主演男優賞受賞は納得です。
驚きが感動に変わる映像は劇場向きですが、公開になったら評判などをご確認ください。
2016/01/13(水) 07:50:59 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
イニャにしてはストレートな
過去作に比べて直球でわかりやすいというか。
でも好みではないので…。
助演賞、クマ!(女優かな…?)
2016/05/06(金) 08:49:58 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
Re: イニャにしてはストレートな
> ボーさん
去年のファンタジー交じりの『バードマン』撮った人が今年はこれほど自然に向き合うなど想像もしませんでした。
確かに過去作のようなわかりにくさもない。
引き出しの多さか心境の変化か。
わはは、でもお好きじゃないのですね。

熊はどうやって演技指導したんだろうと私も思いました(笑)
2016/05/07(土) 01:16:18 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
トラコメありがとうございました!
はじめまして(ですよね?)。
とにかくレオ君がオスカーを獲れて、本当によかったです。今回は文句なし。ってか、これでダメなら…って感じがするくらいに鬼気迫る演技でございました。本当にいい俳優になりましたね。
2016/05/10(火) 07:12:10 | URL | mori2 #xc04WLQ.[ 編集]
To mori2さん
こんにちは
コメントは多分「はじめまして」ですね。

はい、レオのオスカーにはまったくもって異論ございません。
あんなことやこんなことまで、本当によくやりましたよね。
トムハに鼻まで折られたらしいけど、オスカー獲れて何よりでした。
2016/05/10(火) 07:54:19 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
こんばんわ
自然に畏敬の念を表している作品は数あれど、こういう描き方は初めてではないでしょうか。
神秘的な部分もあれど、それをあえて神秘的に描かず、でも大自然の凄さを映像とレオくんの演技で見せる。
本当に凄い映画でしたね。
2016/05/11(水) 10:06:50 | URL | にゃむばなな #-[ 編集]
Re: こんばんわ
にゃむばななさん こんにちは
厳しく美しい映像や音もまた映画の主役でしたね。
バードマンで心の中を追求し、今回は自然と対象はまるで違うけれど
監督の求めるところは共通してるのかもしれませんね。
真髄を堪能しました。

2016/05/12(木) 09:22:02 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title
やっと観てきました。結局、復讐も思い出も生き残ってナンボなんだなあっていう映画だと思いました。復讐ドラマが全体の1割もなかったのが意外で、後、見世物的な仕掛けの贅沢さが印象的でした。シンプルなサバイバル劇として好きです。
2016/05/21(土) 08:01:23 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
そうそう、復讐劇がメインのような売り方だったけど、大自然の中でのサバイバルが主でしたね。
映像とレオの根性だけで見ごたえのある映画になってました。
TBありがとうございます。
2016/05/21(土) 10:12:12 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
凄いところは凄すぎて、あり得ず、かっこつけすぎ。眠くなった。
2016/05/06(金) 23:40:03 | 或る日の出来事
[レヴェナント:蘇えりし者] ブログ村キーワード  “アカデミー賞最多12部門ノミネート、監督賞・主演男優賞・撮影賞 受賞!”「レヴェナント:蘇えりし者」(20世紀フォックス)。実在した伝説のハンター、ヒュー・グラスの実話を基にした“サバイバル・ドラマ”。とにかく圧倒されます!  19世紀半ば、アメリカ西部未開の地。狩猟チームのガイドを務めるグラス(レオナルド・ディカプリオ)...
2016/05/10(火) 10:55:39 | シネマ親父の“日々是妄言”
復讐は神の手に委ねる。ゆえにそれまでは己の力で生き延びよ。 こんな映画を作られたら、世界中の才能が嫉妬を超えて失望するではないか。 バジェット、アイデア、センス。その全 ...
2016/05/12(木) 01:07:01 | こねたみっくす
 「レヴェナント 蘇えりし者」  西部開拓時代のアメリカの未開拓原野。狩猟中に熊に襲われ瀕死の重傷を負ったヒュー・グラスは、最愛の息子を殺し自分を置き去りにしたフィッツジェラルドへの復讐を果たすため、大自然の猛威の中で過酷なサバイバルの旅を続けるが…  ...
2016/05/12(木) 20:14:13 | まつたけ秘帖
レオナルド・ディカプリオは年を取ってから(失礼!)の方が好きなので、彼がオスカーを受賞した事は、心からおめでとうを言うよりほかの気持ちは無い。むしろ遅い、遅過ぎた、という気持ちがある程だ。というか、何もこの「レヴェナント〜」で獲る必要があったのか?という疑問が拭えない。何となく、長いこと一生懸命やった人に対する「ご苦労さん代」のような気がしてならない。と言うのも、大変熱演なのは判るんだけど、...
2016/05/13(金) 13:04:28 | ここなつ映画レビュー
久しぶりの映画館ということで、遅ればせながら「レヴェナント 蘇えりし者」を川崎のTOHOシネマズ川崎5で観てきました。このシネコンで最大500席を要する大劇場の作りですが、このキャパの映画館であるなら、スクリーンはもう少し大きい方がいいのかな。 19世紀のアメリカ、ヘンリー(ドーナル・グリーソン)率いる毛皮ハンターたちは、ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)親子を案内人に、獲物を...
2016/05/21(土) 23:01:03 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
THE REVENANT 2015年 アメリカ 156分 アクション/ドラマ/アドベンチャー R15+ 劇場公開(2016/04/22) 監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 製作: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本: アレハ...
2016/08/27(土) 20:50:45 | 銀幕大帝α
【概略】 狩猟の旅の途中、ヒュー・グラスは瀕死の重傷を負う。彼は仲間に置き去りにされた上、最愛の息子の命を奪われてしまう。 アクション 復讐の先に、何があるのか。 本作を賞賛されてる方には申し訳ないのですが…。私はあんまり好きじゃなかった。映像は凄いしカメラワークも素晴らしい。でも、じゃあ何度も見たい映画かといわれたら、それはNO。だって単純に面白くないんだもの。 ほ...
2017/01/14(土) 10:35:58 | いやいやえん