映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ヘイトフル・エイト
2016年01月03日 (日) | 編集 |
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

2016年劇場映画1本目はタランティーノの新作『ヘイトフル・エイト』に行ってきました。



hatefuleight-poster11.jpg
ヘイトフル・エイト(2015)アメリカ
原題:The Hateful Eight
監督:クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
出演:サミュエル・L・ジャクソン /  カート・ラッセル/ ジェニファー・ジェイソン・リー/ ウォルトン・ゴギンズ/ デミアン・ビチル / ティム・ロス /マイケル・マドセン/ ブルース・ダーン

日本公開:2/27

【あらすじ
ワケありの男女8人が雪嵐のため山小屋に閉じ込められる

タランティーノ長編監督8本目は、南北戦争後数年のワイオミングを舞台にした西部劇です。

バウンティ・ハンターのカート・ラッセルは女罪人ジェニファー・ジェイソン・リーを駅馬車で護送中。
そこに同乗してくるのが同じくバウンティ・ハンターのサミュエル・L・ジャクソン

気づけば、もう一人同乗者が増え・・
はい、すみません、ちょっと寝てました(汗)
外は大変な吹雪となり、4人は今で言う「道の駅」みたいなロッジに立ち寄ります。

あいにく主人が留守のそのロッジには数人の先客がいて、思い思いにシチューを食べ
言葉を交わすのですが、そのうちに不穏な空気が立ち込め・・・
吹雪に閉ざされたロッジで何が起きるのか という話。

正直前半は退屈で、うとうと(汗)
ロッジの空気が怪しくなる中盤からは俄然面白くなりますね。

ポイントは南北戦争終結から数年という時代設定

サミュエル・L・ジャクソン演じるバウンティ・ハンターが元北軍の少佐で、
先客の一人ブルース・ダーンが南軍の大将だったことや
ワイオミングという土地柄、黒人、リンカーンといったアイテムがキーワードとなって
登場人物たちの確執が浮き彫りになっていくわけ。


1人2人と死人が出はじめ、犯人は誰で目的は?というミステリーをあおりつつ
タランティーノらしいバイオレンスを炸裂させていく
ひーっと最初はのけぞってた私も終いにはブラックさに笑ってました。


日本公開前なので多くは語りませんが
登場人物の中では護送される犯罪人デイジー役のジェニファー・ジェイソン・リーがいい。
マイケル・マドセン、ティム・ロスなどのタランティーノ組を尻目に
オスカーノミネートに期待のかかる怪演ですな。
タランティーノのサディスティックな演出に良くぞ耐えた。


話題の70mmフィルムを使ったらしい映像は前半こそ生かされてるけど
中盤以降はすべてロッジ内という展開なので、その効果のほどはどうなんでしょ。

勿論室内でもカメラワークは秀逸で、細かいところのうまさは感じるものの
187分という上映時間がちょっとなぁ
3時間超えでっせ!
長すぎるよ~。

と思ったけど実際には3時間なかったな。
他のユーザーレビュー読むとインターミッションが入ったと書いてるけど
私が観たものはなかったよ。その分短かったのか、劇場によって違うのかな。

最近のタランティーノは人種差別問題に興味があるのでしょうね。
その辺り、ユーザーの受け入れ的に好みが分かれるかな。
冒頭、エンニオ・モリコーネの曲が流れる中 映し出される張り付けのキリスト像が
その後に描かれる人間の愚かさを象徴していたように思います。


ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
ぜひ観たいが、日本では2月末なんでね~
映画初めは『ブリッジ・オブ・スパイ』になる予定。

雪山賛歌の西部劇とくりゃ
あーた、アレですがな、『殺しが静かにやって来る』
のオマージュかなぁ?
あれも音楽がモリコーネだったしね。

日本では残念ながらシネスコの画面に上下黒味をつけて
上映するかもね。70mmはまず無理。
デジタル上映ならインターミッションは入れないだろうね。
2016/01/03(日) 08:38:39 | URL | GH字幕 #-[ 編集]
To 字幕さん
『ブリッジ・オブ・スパイ』は見逃したけど、助演の役者さんの演技が評価されてますね。
DVD待ちです。

タラちゃんのは雪山賛歌部分は短くてほぼロッジ
オマージュとすればむしろカーペンター『遊星からの物体X』やね。
音楽的にも。
日本のサイトは上映時間が168分になってました。
私が観たのも多分それくらいだったはず。
インターミッションっていうのも経験したかったな。
タラちゃんは昔スタイルにこだわりがあるのかな。
2016/01/03(日) 09:40:34 | URL | pu-ko #-[ 編集]
タランティーノとは相性が悪いんですが、これだけのメンバーだとスルーできない。
演技合戦に注目ですね。
2016/01/03(日) 10:19:36 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
ぜひとも、見たい映画ですね  映画館ないし
DVD待です
なんどか繰り返し観るのがよろしいかと
今晩とあす 、タランティーノ演出のテレドラマ CSIあるんで 録画しようと思ってます
ところで  ウォルトン・ゴギンズはブル-スダ-ンの息子かと思ってました
シ-ルド でよく観てたので
2016/01/03(日) 18:10:27 | URL | おみゃあ #-[ 編集]
To ゾンビマンさん
タランティーノとは相性が悪いんですね。
私も与太話が多い系のは退屈することがあります。
今回はジェニファーの活躍が嬉しかった。
ゾンビマンさんの評価やいかに。
2016/01/03(日) 21:25:54 | URL | pu-ko #-[ 編集]
To おみゃあさん
タランティーノお好きなら今回も楽しめるかと。
西部劇と密室ミステリー本で二本の映画を観た感じですよ。
タランティーノ演出のテレドラマがあるんだ。知りませんでした。
ウォルトン・ゴギンズって私は殆ど知らなかったんですが、そういえば若い頃のブルース・ダーンに似てますね。
隠し子?(笑)
2016/01/03(日) 21:33:52 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
あ、ちょと寝ましたかww
タラの映画ってどーでもいい会話とか間を楽しめるかそうでないかで好き嫌い分かれるよね。
空回りに感じて長すぎて退屈するシーンあるある。
あとタラが入れ込みたい物が多すぎるのかダラダラな演出に「ここ要る?」って感じて退屈なときがありますね。
これはキャストが魅力的なので楽しみにしてるんだけど、でわ残業明けでない時に観よう。『オンリー・ラバーズ・レフト・アライヴ』の修行のような二の舞三の舞いは勘弁だww
2016/01/03(日) 22:45:23 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
おはよー。熱下った?

そうなんだよね~。ツボに嵌ることもたまにあるけど、ダラダラ会話が続くだけで退屈することも多くて。
あとやっぱり時間も考えるべきだよね。
3時間超えってだけで敬遠する人もいると思うし。
ははは、。『オンリー・ラバーズ~』は修行になっちゃったのねw
はい、あまりお疲れでないときにぜひ。
今回はJJLにだいぶ助けられた(笑)
2016/01/04(月) 07:31:39 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
タランティーノの新作ですか。
是非観たいですね。
でも3時間超えでトイレ休憩なしでは観れませんので、そうなったらDVDまで待つしかないですが、その頃には忘れてしまう心配ありです(笑)。
2016/01/04(月) 08:27:30 | URL | yymoon #-[ 編集]
To yymoonさん
3時間近くなると途中トイレに立つ人が多くなりますよね。
インターミッションがつくかどうか、日本の情報も確認されるといいかもです。
勿論途中で席を外してもいいのだけど、いい場面を逃したくないので、私は朝のコーヒーを控えめにしました(笑)

2016/01/04(月) 17:24:27 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
あけおめ~
ごめんね、新年の挨拶遅れちゃって><
今年も宜しくね。

タラちゃん、私は結構好きカモ。かもだよ、かも。
けどなっげーのはカンベンしてくれ~~~!!

キャストがいいんだよねでも。
カート・ラッセルもティム・ロスも好きさ!
サミュエル・L・ジャクソンは ・・・ノーコメントで(笑)

そ、そ、マイケル・マドセンとティム・ロスっていや~
『レザボアドッグス』が脳裏をよぎったぜい!古っ!!
2016/01/05(火) 05:33:26 | URL | chaco #-[ 編集]
Re: あけおめ~
chacoさん>
おめでとーーーー!
今年もどうぞよろしくお願いします!!

私もタラちゃんは嫌いでないのだけど
ダラダラトークが退屈するときがあるんだわ。
そうそう、今回はレザボアやらデス・プルーフの面々が顔をそろえて懐かしいの。
でもみんな散々な目に遭うけどねw
面白いんだけど、ちょっと長いやね。
2016/01/05(火) 14:38:50 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
遅くなりましたが、明けましておめでとうございますっ。

タランティーノの新作ですか。
うーん、面白いのは間違いないと思うんですけど・・・。

最近タラ作品は「観たいっ!」って気にならないんですよ~。
何故なんかな?
2016/01/06(水) 09:13:52 | URL | Kaz. #-[ 編集]
To Kaz.さん
明けましておめでとうございます~。
今年もどうぞよろしくお願いします!


わはは、最近のタランティーノ映画昔ほどに新鮮味を感じられないかもですね。
大作のタラ作品にも慣れては来たけど、本来チープなインディーズ系作品で面白さを感じる監督だったもんね。

最近は黒人に対する警察官の扱いを批難して警官からボイコット運動なんかも起きてるし
そんなのタランティーノらしくないなと思ってしまうところです。
2016/01/06(水) 11:30:24 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
タランティーノの映画って、「ジャッキー・ブラウン」しか観てないので、これもスルーになりそうです。面白そうな題材で、面白そうなキャスティングなので、興味はあるのですが、長さに負けちゃいそう。バイオレンスのきついのが苦手ってのもあって。
2016/01/09(土) 20:02:17 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
はい、悪い映画じゃないんですがバイオレンスをユーモアと楽しめなければちょっとキツいかな。
長さもネックになりますよね。
機会があれば音楽をチェックしてみてください。
2016/01/09(土) 22:43:46 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
タラでは
「キル・ビル」は好きでした。「レザボア・ドッグス」も特徴的。あとは、それほど…または見ていない、ですね。
とくに面白いということもなかったなア。
2017/03/12(日) 03:17:56 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
Re: タラでは
>ぼーさん
タランティーノはインディーズ系の方が面白味があるかも。
大バジェットほどタラ色が薄くなる気がします。
特に最近は人種差別などもテーマになってきましたしね。
私はこれは楽しめたほうです。でもこんなに長くなくてもよかったなぁ。
2017/03/12(日) 17:18:45 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 THE HATEFUL EIGHT  This is the eighth film by Quentin Tarantino.  南北戦争後、雪のワイオミング。賞金稼ぎのジョン・ルース(カート・ラッセル) は、1万ドルの賞金がかかった女ギャング、デイジー・ドメルグ(ジェニファー・ジ ェイソン・リー)を手錠に繋ぎ、レッドロックを目指していた。そこへ、元騎...
2016/03/19(土) 01:10:43 | 真紅のthinkingdays
クエンティン・タランティーノは近々にもう一作繋がれる面々の作品を作って、「繋がれし」三部作展開をすればいいと思う。「ジャンゴー繋がれし者ー」でもそうだったのだが、上映時間の長さに観る前は鑑賞を躊躇したものの、観終わった後には上映時間の長さを全く感じなかった。168分だったのに。とはいえ、鑑賞中はちょっと見苦しかったりテイストに合わなかった部分も本作にはあった。最も「違う」と感じたのは、奪回譚...
2016/03/23(水) 13:21:14 | ここなつ映画レビュー
 クエンティン・タランティーノ監督・脚本、サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー他出演。南北戦争終結から数年後のワイオミング州、猛吹雪の中、偶然居合わせた8人による、壮絶な騙し合いを描くミステリー西部劇。 「カルト映
2016/03/28(月) 19:29:12 | 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
 『ヘイトフル・エイト』を渋谷シネクインで見てきました。 (1)タランティーノ監督の作品というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、雪をいただくワイオミングの山々が聳えていて、雪雲が横に大きくなり、鳥が群れをなして飛んでいます。  雪野原...
2016/04/04(月) 22:04:01 | 映画的・絵画的・音楽的
南北戦争(1861〜65年)後のアメリカ。 重罪犯の女を連行中の賞金稼ぎが乗る駅馬車に、雪で立ち往生した元北部の騎兵隊で同じく賞金稼ぎの男と、元南部の略奪団の一味だった新任保安官が乗り込んだ。 迫り来る猛吹雪から避難するため、一行は山の上のロッジへ立ち寄るが、そこでは見知らぬメキシコ人が店番をしており、絞首刑執行人、カーボーイ、南部の元将軍という、いわくありげな3人の先客がいた…。 クライム...
2016/04/05(火) 16:59:15 | 象のロケット
THE HATEFUL EIGHT 2015年 アメリカ 168分 ミステリー/アクション/西部劇 R18+ 劇場公開(2016/02/27) 監督: クエンティン・タランティーノ 『ジャンゴ 繋がれざる者』 脚本: クエンティン・タランティーノ 音楽: エンニオ・モリコーネ 出演: サミュエ...
2016/09/07(水) 15:04:04 | 銀幕大帝α
ヘイトフル・エイト 吹雪で足止めを食らった小屋に お尋ね者の仲間が潜入、囚人の奪還の機会を窺っていた... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:The Hateful Eight(憎っき8人)
2017/03/08(水) 00:14:49 | cinema-days 映画な日々
タランティーノ8本目作品が、憎ったらしい8人?
2017/03/12(日) 18:11:43 | 或る日の出来事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。