映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】死刑台への招待  
2015年12月20日 (日) | 編集 |
return-from-the-ashesposter.jpg 


死刑台への招待
(1965)イギリス
原題:Return from the Ashes
監督:J・リー・トンプソン
脚本:ジュリアス・J・エプスタイン
出演:マクシミリアン・シェル/ サマンサ・エッガー/ イングリッド・チューリン/ ハーバート・ロム/ ヴラデク・シェイバル

【あらすじ

ポーランドからの亡命者スタンは放射線医師の富豪女性ミシェルと出会い結婚する。
しかし間もなくドイツが侵攻し、ユダヤ人であるミシェルは強制収容所に送られてしまう。
スタンはミシェルの前夫の娘ファビと愛し合うようになっていた。

今日は『スターウォーズ』に行こうと思ったんですが予習(復習か?)が終わらず(笑)

『あの日のように抱きしめて』と原作(『帰らざる肉体』)を同じくする映画があると知って気になった
本作をyoutubeで観てみました。
J・リー・トンプソン監督によるイギリス製作のフィルム・ノワールです。

アウシュビッツから生還したミシェル( イングリッド・チューリン)は、
収容所での過酷な体験からすっかり顔が変わってしまい
同僚の医師チャールズの助けで整形手術を受けます。
ここで元の顔を取り戻すというのは『あの日のように抱きしめて』と違うところですね。

そのミシェルを偶然町で見かけた義理の娘であるファビ(サマンサ・エッガー)が
「ミシェルにそっくりの人がいるから、身代わりに利用しよう」とスタンに持ちかけるのです。
死亡が証明されない限りミシェルの財産は30年間は誰も相続できないことから
ミシェルが生還したと見せかけて遺産をせしめようという企み。

return.jpg 
本人なのに本人になりすまし、書字の練習をするところなどは『あの日の~』と同じですが
違うのはミシェルの正体は早々に明かされるのと愛欲がらみの危険な犯罪ドラマが展開する点。

returnbath.jpg 

多分こちらの方が原作に近いのでしょうね。
スタンを演じるのは名優マクシミリアン・シェル
ポーランドからの亡命者であるスタンは生き抜くために貪欲です。

return-from-the-ashes.jpg 

ファムファタールであるファビも深くスタンを愛していて、
サスペンスフルな愛憎劇に切実さが加わるのもまた一興でした。
美しいサマンサ・エッガー(『コレクター』)の入浴シーンは一見の価値あり。

それにしても同じ原作でも随分違うものになるものです。
「拳銃」「自殺」などのキーワードを絡めつつもほぼ別物。
戦後のユダヤ人と彼らを取り巻く関係を繊細に描くことで戦争の痛みを切り取った『あの日の~』の
現代的なアプローチにもあらためて面白さを感じた次第。



ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
J・リー・トンプソン、職人監督ですよね。
私も最近はレンタルして映画を見るようになったんですが、こういう古い映画って殆どないんですよね。
見たいんですが・・・。
2015/12/19(土) 23:51:29 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
J・リー・トンプソン監督というと、晩年の娯楽職人しか知らないので、脂の乗った時期の映画ってのがすごく気になっています。この映画も記事を拝見するとかなり面白そう。でも、日本版のDVDも出ていないようで、チェックできないのが残念です。サマンサ・エッガーはきれいな女優さんだなあって、70年代の映画でも思いましたから、この頃はもっときれいだったんだろうなあ。
2015/12/20(日) 01:51:13 | URL | einhorn2233 #VzwKY6.k[ 編集]
これは監督、俳優陣をみると、おもしろうそうですね。
でも、DVDがないみたいです。
2015/12/20(日) 06:35:31 | URL | yymoon #-[ 編集]
走る列車の中で遊んでいた子供が、いきなりドアを開けて
落ちてしまって、乗客はパニック!
ただひとり無表情な女(I・チューリン)が・・・
そこだけ見て保存した動画ファイルが行方不明(泣)
2015/12/20(日) 08:45:03 | URL | GH字幕 #-[ 編集]
To ゾンビマンさん
私は残念ながら監督作品他に観た事ないかなぁ。
職人技で知られる方なんですね。
古い映画もシンプルな面白さを味わえるものが多いですが
DVD化されてないものも多いですね。
DVDショップに置いてるものはさらに少ないですもんね。
2015/12/20(日) 09:02:32 | URL | alice #SFo5/nok[ 編集]
To einhorn2233さん
晩年は娯楽的な作品を撮ってるんですか。
本作を観るとちょっと想像できない感じです。

これは『あの日のように抱きしめて』の舞台裏を見る感覚もあってかなり面白く観ましたが、DVDになってないですよねぇ。
この機会にソフト化されないかなぁ。

サマンサ・エッガーはとっても綺麗でした。
脚線美もかなりのもので、監督があるシーンにそれを生かしたかった気持ちもわかる(笑)

2015/12/20(日) 09:11:01 | URL | alice #SFo5/nok[ 編集]
To yymoonさん
キャスト陣もいいしなかなかに堅い作りです。
でもソフト化されてないのはちょっと残念ですね。
『あの日のように抱きしめて』という映画が作られて評価されてるので
ついでにソフト化されないかなぁ。
2015/12/20(日) 09:25:19 | URL | alice #SFo5/nok[ 編集]
To GH字幕さん

ありゃあ、ファイルはどこへ~?

あの冒頭のシーンも衝撃的ですよね。
修羅場を潜り抜け、一人の子供の死にも感情を動かされなくなったヒロインをうまく描写していたと思います。

ドンドンとドアを蹴り続ける迷惑な子供だったので
後半の出来事を考え合わせると、
悪いことをした人間には天罰が下るってことか・・なんて、
それは考えすぎか。子供をだしにするのは残酷ですね。

ちなみにyoutubeに全編アップされてるのでお時間あればどうぞ。
12本に別れてますが順番どおり自動再生されるので視聴に問題ないです。


2015/12/20(日) 09:26:25 | URL | alice #SFo5/nok[ 編集]
J・リー・トンプソンってので観たいですね。
「あの日のように抱きしめて」の方が記事を拝見すると現代的ですよね。
同じ原作でも作られる時代で変わってくるのは当然とですけど、
その差はおもしろそう。
原作の基本骨子の面白さはありますよね。
どこに焦点を当てるかは、時代、作り手しだいですね。
未見なんですけど「顔のないヒトラーたち」とか、
最近、戦後ドイツを検証する映画多いですね。
2015/12/21(月) 02:04:05 | URL | miskatonic #bfksjZRg[ 編集]
能面女映画のオリジナルですかい?
原作が同じでも脚本家の腕で映画は全く違うものになるもんね。
ってソフト無いのかよ!ww
レンタルやネットや映画を観るツールはいっぱいあるのに、同じようなチョイスばかりで古い映画はなかなか陽の目を見ない扱いだわねー。
pu-koさんの紹介のお陰でフィールド拡がるので、これからもその線を一つヨロシクww
2015/12/21(月) 06:13:31 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To miskatonicさん
そうなんです。
本作が強制収容所から戻った女を状況設定的に描く犯罪映画になっているのに対し、『あの日の~』の方は、ホロコーストが人々に与えた心理変化にフォーカスしていて、歴史検証的な部分が現代的なんですよね。
「顔のないヒトラーたち」は私も気になってます。
時代時代の捉え方と検証があるので、興味が尽きませんね。
2015/12/21(月) 08:01:03 | URL | alice #SFo5/nok[ 編集]
To みーすけさん
そうそう、フォーカスの仕方が違うとこんなにも違う作品になるんだといういい例でしたね。
「あの日の~』がやや曖昧にしていて想像で補った部分が明かされるような面白さもありましたよ。

DVD化というと需要のバランスなどもあり大変かもだけど、ストリーミングという手段で古い映画も発掘されるといいですよね。
そこからテレビ放送に繋がればなおよし。
2015/12/21(月) 08:05:19 | URL | alice #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック