映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】クリード チャンプを継ぐ男
2015年12月13日 (日) | 編集 |

Creed-Movie-Poster.jpg
クリード チャンプを継ぐ男
(2015)アメリカ

原題:Creed
監督:ライアン・クーグラー
脚本:ライアン・クーグラー/アーロン・コヴィントン
出演: シルヴェスター・スタローン/ マイケル・B・ジョーダン/ テッサ・トンプソン  /フィリシア・ラシャド  / アンソニー・ベリュー

【あらすじ】
静かにレストランを営むロッキーの前に一人の青年が現れた。
かつての盟友アポロ・クリードの息子と名乗るその青年はロッキーにトレーニングを依頼する。。

ロッキーシリーズが新しくなって復活!!!!
なんとアポロの息子が現れて、ロッキーの指導の下チャンピオンを目指そうというのです。

タイトルのクリードはアポロの苗字だったのね
そんなことさえ知らない私ですが、いやぁ、これは面白かった。


アポロの息子アドニスを演じるのは『フルートベール駅で』のマイケル・B・ジョーダン
一年かけてトレーニングしたらしい身体も凄いことになってて、リアルな強さを感じさせてくれました。
対戦相手の方が見劣りして、ただの風呂上りの兄ちゃんに見えたもんね(笑)

監督は『フルートベール駅で』で注目を浴びたライアン・クーグラー
『ロッキー』シリーズの大ファンで台詞も覚えてると言うだけあって『ロッキー』愛に溢れる仕上がり。

オマージュたっぷりのトレーニングシーンが懐かしいやら、エイドリアンのいないロッキーの心情が胸に迫るやら
そこここで胸が熱くなってかなわんかった。
アポロに大きな恩があるロッキーと
伝説のアポロを父に持ちながら、父を知らずに育ったアドニスの親子のような師弟愛を描くなんて
監督は上手いところついてきたなぁ。
いまどきのアイテムもたくさん出てきて
2人の世代のギャップをユーモアで見せているのも楽しいですが
なんといっても抜け殻のようなロッキーと、自分が信じられる何かを求めてさ迷うアドニスと
2人の魂のふれあいが素晴らしいんですよ。
ジョーダンも映画賞のいくつかで主演男優賞にノミネートされてるし
スタローンもゴールデン・グローブ賞助演男優賞にノミネート!

これで二作目という新人監督がここまでの作品を撮りあげるとは
最後にロッキーのテーマが流れるとアドレナリンも一気に噴出でした!

ロッキー公開から来年で40年
新たな始まりですね。


日本公開は12/23日からです



 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
この映画のポスターを映画館で観て、いよいよ「ロッキー」の出し殻もここまで来たかと思って、パスするつもりだったのですが、記事を拝見すると、かなり面白くてよくできてるみたいですね。監督も聞いたことない名前だと思っていたのですが、「フルートベート駅で」の人なんですね。これは映画館へ足を運ばねば。ご紹介ありがとうございます。
2015/12/13(日) 05:22:28 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhorn2233さん
いやぁ、私も実はあまり期待してなくて。
なので今頃の鑑賞になったんですが、オマージュを捧げてる部分に懐かしさもあってぐっときたりニマニマしたり。
監督のロッキー愛が感じられたのも良かったので見逃さなくて良かったです。
続編を想定してか、完全燃焼系ではないものの新シリーズ第一章として
ファンも納得の仕上がりだろうと思いますね。
ぜひ劇場で。
2015/12/13(日) 09:21:13 | URL | alice #-[ 編集]
絶対に見ます。前売り券買った。
これ、企画されている事自体、最近まで知らなかったんですよ。
すんごく楽しみにしています。
2015/12/13(日) 09:46:34 | URL | ゾンビマン #-[ 編集]
これ観た後『ロッキー』を見直すとスタローンの運動能力の高さや映画の盛り上げ方の凄さに驚くし、そこ比べると落ちると感じるかもだけど、
私でもあちこち意味もなく泣いてしまうくらいオリジナルのリスペクがあるのがいい。
『ロッキー』好きのゾンビマンさんはたまらんものがあるかと。
感想楽しみにしています!
2015/12/13(日) 10:25:53 | URL | alice #-[ 編集]
邦題にロッキーを使わなかったところが良いですね。
監督も若い人ののようで、おもしろそうですね。


2015/12/13(日) 16:24:03 | URL | yymoon #-[ 編集]
To yymoonさん
そうですね。
ロッキーを入れたほうがオリジナルのファンの気を引きやすいでしょうが
堂々新シリーズの主人公をプッシュしてきましたね。
監督はまだ29歳!
デビュー作も評判良かったですが、本作もIMBd8.6と高得点。
凄いですね。
2015/12/14(月) 00:36:48 | URL | alice #-[ 編集]
あ、あかんこれ泣くやつや。
ロッキーシリーズって馬鹿にしてたら(失礼か)涙腺グイグイされますね、全部じゃないけど(笑)
今さら?って観る気なかったけど観ましょう!
ここ最近過去の名作シリーズの今さら続編公開が続いてるけど、これは当たりっぽいですねー楽しみです。
最近の一番の悩みは『スター・ウォーズ』なんだなー。全く思い入れが無くて、過去作も一回づつ位しか観てなくて人物相関もわかんねーし見返すのも面倒でねーどしよーかなーふぅー。
2015/12/14(月) 04:07:56 | URL | みーすけ #Tzg06d/s[ 編集]
To みーすけさん
ロッキーシリーズは涙腺にくるよね。
今回は派手に泣かされるわけではないんだけど、なんか一々懐かしかったりで
ジワジワさせられるんだよね。
これは思いのほかいいので観てみて。

『スター・ウォーズ』ね~。私も劇場で観たの一本だけだし
そもそもそれほど興味なくて、ほぼ音痴の域なんですが(笑)
旧3部作のブルーレイ買って絵本みたいな本まで買って準備万端にするつもりが、今だ観てない(汗)
まぁでも世間の評判を見つつ、なんとか祭りにはのっかりましょう。


2015/12/14(月) 07:33:30 | URL | alice #-[ 編集]
これは絶対観たい!!

ロッキーシリーズ、多分多分だよ、全部観てるわ。「エイドリア~~~~ン」てか。
新作さ、マジで「そうきたか」って思い「上手い構成ってか発想だべ」って
思ったサ。前シリーズから観てる私は号泣かいな!?
そ、そ、マイケルなんだけど、一見マライヤ・キャリーと歳の差婚した
ニック・キャノンと勘違いしちゃったさ。スマンスマン。

で、今気になるのは「ハリポタ」さ。
あの子、そ、「博士と~」のあの子、絶対適役と思われる。不思議ちゃんっぽくってさ。
ファンタジーは苦手だけど、大人になったハリポタは怖いもの見たさで覗いてみたいゎ💕
2015/12/16(水) 03:32:09 | URL | chaco #-[ 編集]
予告を観たら、ロッキー・バルボアがジジイになって
心筋梗塞かなんかで死にかけてるやん・・・また生卵いっぱい飲んでくれ。
2015/12/16(水) 10:06:50 | URL | GH字幕 #-[ 編集]
To chacoさん
おー全部観てるの?えらい。
うん、思い出指数高い人ほど泣けると思うわぁ。
そう、もう『ロッキー』は全てやりつくした感があったのに
そういう手があったかってね。これが横行するとエンドレスだねw

『ハリポタ』は私ほぼ興味ないんだけどwエディ君が出るとなるとちょっと気になるね。
でもその前に女装の彼を観たい♪
2015/12/16(水) 11:38:53 | URL | alice #-[ 編集]
To GH字幕さん
ロッキーは流石に老けたね。
ははは、心筋梗塞だと、若い頃に生卵でコレステロール摂り過ぎたって話になるよね(笑)

2015/12/16(水) 11:40:58 | URL | alice #-[ 編集]
劇場で観てきました。王道のつくりながら、スポーツものとして素直に感動できる作りになっていました。血筋のいいエリートが主役というところが、「ロッキー」とは違うのですが、そこにビッグネームの父親との葛藤を盛り込むというのが新機軸でした。とは言え、父親との葛藤の部分をもっと描いて欲しいという気もしちゃいました。それでも、最後まで盛り上げる勢いは見事でして、娯楽映画としての点数はかなり高いです。
ところで、このブログの記事へのトラックバックがうまくいかないようで、ちょっと残念。
2015/12/25(金) 22:45:51 | URL | einhorn2233 #mQop/nM.[ 編集]
To einhornさん
今そちらの記事にお邪魔してきました。
仰るようにスポーツものとして十分楽しめるうまい作品でしたね。
はじめはもう少し暗い感じだったらしいですが、スタローンの助言もあったんでしょうね。
チームをないがしろにしてないところなど、気づかなかったけれど確かに。
監督のオリジナル愛がいい感じで形になったかも。

Tbの件ですが、私も自分のヤフーからやってみて上手くいかなかったので設定を変えてみました。
それで成功したので、もしよければもう一度トライしていただけませんか。
お手数をおかけしてすみません。
2015/12/26(土) 00:25:13 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今回は新作の「クリード」を川崎の川崎チネチッタ5で観てきました。ここは毎月23日が感謝デーとかで、大人1100円で映画が観られます。でも、劇場は、スターウォーズと妖怪ウォッチに占拠されちゃってる状態で、こういう普通の人間ドラマの入る余地が少ないのが残念。 母親を亡くして施設に入れられ、暴力沙汰で独房に入れられていたアドニス少年の前に一人の女性が現れます。それは、ロッキーと闘った伝説の男...
2015/12/26(土) 15:31:42 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
評価:★★★★【4点】(P) 本物と何ら変わらない試合風景だけでも必見だ。
2016/01/02(土) 14:59:17 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜