映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
コレクター
2008年11月16日 (日) | 編集 |


1965年(米)
監督:ウィリアム・ワイラー
出演:テレンス・スタンプ/サマンサ・エッガー/モーリス・ダリモア/モナ・ウォッシュボーン
【ストーリー】
蝶の採集が趣味の孤独な銀行員、フレディー。ある日、彼はくじで手に入れた大金で、地下室のある大きな古い離れの一軒家を購入する。前から気に入っていた女性ミランダを誘拐し、地下室に監禁する。
フレディーは、監禁したミランダに何をするわけでもなく、ただ望みを叶えようと努力する。しかし、ミランダの必死の抵抗に、仕方なく監禁の期限を設けるという条件を聞き入れる。この日からおかしな同居生活が始まる。

プチプチ・サイコ祭り第一弾3/5 『コレクター』

■感想
ローマの休日』『ベンハー』などの巨匠ウィリアム・ワイラーが描くサイコ・スリラーです。
これまたゾクゾクするほど面白かった!

銀行員のフレディ(テレンス・スタンプ)は、仕事仲間にも笑い者にされる蝶のコレクションを趣味とする内気な青年。
そんなフレディがくじで大金を手に入れたことから、かねてからの念願を実行に移す事になるのです。
それは美しい女性を自分のものにすること。。

美しい蝶を、その美しい姿のまま標本に残すように、長い間遠くから見つめていた美しい画学生ミランダを誘拐し、地下セラーに監禁したフレディ。彼はミランダを尊敬し、大事にしようとしているのです。
彼女のために食事を作り、クローゼットに服を準備し、好きな絵も描かせる。一ヶ月の期間を設けての不思議な共同生活。

私の親戚にも蝶のコレクターいるんですけど、申し訳ないけどなんか自己満足という気がして仕方がない。
いくら美しい姿を留めたとしても、そこに生のないものに、私は美しさを感じる事ができないのですが
これがコレクターとの美意識の違いでしょうか。

若きテレンス・スタンプは時々クリスチャン・ベイルに見えましたが、複雑なコレクター心理を繊細に演じあげています。
内気な青年が、自分の求める美に対し、時としてあまりにもどん欲。
しかもその対象が思いどうりにならないとなると、その表情は氷のように冷たく凍り付くのですから恐ろしいです。



ミランダを演じるサマンサ・エッガーは、それほど美しいとも思わなかったものの、スタイルが良くて魅力的なものだから
、フェレディは彼女に指一本触れる訳ではないにも関わらず、その監禁生活にちょっと官能的な匂いもしました。


異常な心理がどんどん明らかになる後半はドキドキしながら観てしまいましたね。

ラストにも驚きましたが、反面、あっけらかんとコレクター魂を描き上げるワイラーに拍手したい気分でしたが、
こんな私はひんしゅくものかな(笑)

お気に入りになりそう。



★★★★*
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック