映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
おとし穴
2013年01月25日 (金) | 編集 |


『砂の女』で気に入った手勅使河原作品
今日は安部公房の『煉獄』をベースにした、長編劇映画デビュー作『おとし穴』を観ました。




おとし穴(1962)日本
監督:勅使河原宏
出演:井川比佐志、佐々木すみ江、宮原カズオ、大宮貫一、田中邦衛、矢野宣、佐藤慶


不況の風が吹き荒れる北九州の炭鉱地帯。そのボタ山で殺人事件が発生した。
事件の目撃者である駄菓子屋の女は犯人に脅され嘘の証言をする。


廃墟となった炭鉱を舞台にした殺人事件をめぐる不条理劇です。
主人公は炭鉱に働く工夫(井川比佐志)。役名はない。
罪人上がりや朝鮮人などもいて「工夫」は差別用語ともされた時代のこと。

幼い息子を連れ炭鉱を夜逃げした男(井川)は
職を斡旋する宿の紹介で訪れたボタ山で、いきなり殺されてしまいます。
どうやら対立する労働組合のゴタゴタに巻き込まれた様子。
男の夢が「労働組合のある職場で働きたい」だったことを思うと皮肉です。

息子が一部始終を見ていたという設定から
この子が事件の解明に一役買う刑事ドラマが展開するかと思いきや
映画は、事件の輪郭を匂わせはするものの、
犯人の正体を明かすでもなく、罪人を裁くわけでもない。

面白いのは男が死体からむっくりと起き上がり
幽霊となって「なんで殺されなきゃならんかったんか」と嘆くことW

廃鉱となったボタ山のふもとの村には死人がウジャウジャいて
まさしくゴーストタウン
白いスーツの殺し屋を演じる田中邦衛
最初の登場シーンがお墓というのも死神的だし
蛙の皮を剥いだり、親の死体にも動じない息子も
ずぶずぶと足をとられる沼地にも
黄泉の世界との境が曖昧な不思議さが漂う。





この映画、死んだものが報復に走ればホラーになるのだけど
男も、巻き込まれて殺された駄菓子屋の女(佐々木すみ江)も
恨みつらみを口にし、嘆く以外には何もできず諦めるのみ。

運の悪いものは運が悪い。そんな空気が漂うのも時代ならではかな。
息子ちゃんはどうやって生きていくのだろうと心配になるけれど
主のいない駄菓子屋の菓子をくすねる様子には逞しさもある。
父のそばにお菓子を置くシーンが好き。





「なんでやねん・・」と吹き出しをつけたくなるラストシーンもまたシュール。
「死んだら忘れるが勝ち。」
先輩幽霊の言葉にもなにげに含蓄があった。



関連記事

コメント
この記事へのコメント
Commented by Kaz. at 2013-01-24 23:41

やはり芸術志向の作品にはシュールさが必要ですよね。
この年代では、こういう作品はキワモノ扱いされがちやったろうと思いますが、やっぱ本物は残りますね。
ちとこれも観たい。


Commented by pupu55560 at 2013-01-25 00:54

Kaz.さん>
いや~、このシュールさはツボでした。
ほんと、この時代に怪談でない幽霊ものって珍しいのでは?
どっちかと言うとコメディな緩さなのに、安っぽくなくて独特の緊張感と美しさがあるんですよね。やっぱり芸術的なんでしょうね。お薦めです。


Commented by miskatonic at 2013-01-25 12:43

これ未見なんですけどおもしろそうですね。
阿部公房だから不条理系だと思うんですけど、
時代柄だと思うんですけど、別役実や唐十郎の演劇に近いですね。
(二人ともこの映画と同時代に不条理系の演劇の旗手でした。)
あ、もちろん私もリアルタイムでは知りませんよw
この頃の映画も演劇も、今に比べると政治色が強いんですよね。
学生運動の時代だし。
これもアングラっぽいと云う感じなのでしょうね。


Commented by HK at 2013-01-25 17:55

これはホント最高です。田中邦衛はスパイ映画の雰囲気だし、ユーモラスも漂っている。個人的にはカテゴリ=コメディ!


Commented by pupu55560 at 2013-01-26 07:23

miskaさん>
映画からはシュールさが際立って不条理は感じるものの、政治色に考えが飯場なかったんですが、長屋から餓死したような状態で運び出される遺体や栄養失調でお腹のふくれた子供、落盤事故の負傷者を映し出す映像もあり,貧しい時代を背景にした不条理劇である意図は強いのだと思いますね。
ごめんなさい。どんな映画がアングラと言われてるのかも知らなくて、これがどうかも判断出来ません(/∀\*)


Commented by pupu55560 at 2013-01-26 07:27

HKさん>
面白かったです〜。
あはは、田中邦衛はほんとひとりでスパイものしちゃってましたね。
白スーツで決めてるけど布の帽子にスクーター、鞄から出てくるのが地下足袋なのが笑えたw
ハガキを持ち上げる事もできないくだりなんか、『ゴースト』など後の幽霊ものに影響を与えたんでしょうね。
2015/12/22(火) 16:34:22 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック