映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ロンリエスト・プラネット 孤独な惑星
2013年02月14日 (木) | 編集 |


10 Best Movies We Missed This Yearとして
本家ブログで取り上げた記事の10作品のうちの一本ですが
ガエルくん繋がりなのもあって、今日はこちらで。思い切りインディーズだしね。






ロンリエスト・プラネット 孤独な惑星(2012)
監督:ジュリア・ロクテフ
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ハニー・フルステンベルク、ビジナ・グジャビゼ



婚前旅行中のカップルが互いの関係の危機に陥っていく様子を描くドラマです。

アレックス(ガエル・ガルシア・ベルナル)とニカ(ハニー・フルステンベルク)のカップルはグルジア共和国のコーカサス山脈にバックパックの旅に訪れる。
現地ガイドを雇いこの世のものとも思えに美しい景観の中、山間をハインキングする2人。
ところが楽しいはずの旅は、途中3人のグルジア人に遭遇することにより一転し・・。





結婚を控えているということ以外、二人の背景の説明はなく、台詞も殆どなし。
長回しで彼らの行動を追い、いきなりバックパックの旅が始まるという具合なもので、ちと忍耐を要しますが、中盤になってようやく映画が動きました。

グルジアという国は、2008年にロシアとの間に紛争を起こしていて、
美しい自然とは裏腹に、危険をはらんだ国なんですね。
戦争で破壊されたと思われる家屋が映し出されたり
2人が遭遇した3人組の一人も肩に拳銃を背負っている状態。
彼らと出会い、アレックスがとった一瞬の行動は、ニカは勿論、アレックス自身の心にも影を落とし、二人の関係は急速に危機に陥ることになるわけです。

と言っても後半もガエル君の台詞は殆どなし
カップルの距離がどんどん距離を広げ、孤独が浮かび上がる
後半も映画はあくまで客観的に、3人の様子をコーカサスの美しい景観の中
長回しで映し出すわけですが、音楽の効果もあってこれがアーティスティックと言えばそう。
女性監督ならではの繊細さも感じ、個人的には二人の心の動きを興味深く追いことができたけれど、多くのレビュワーが「退屈」と評すのも無理ないと思うところ。
早い話が成田離婚ってこんな風に起こるんだよといった作品かな(笑)
でも、インディペンデント・スピリット賞監督賞ノミネート
AFIフェスト観客賞受賞など、いろんなところで評価されています。

コーカサスの映像は驚くほどに美しく、映像は一見の価値あり。

動画貼っておきます



■トラックバックいただいてます

Tracked from いやいやえん at 2013-05-20 08:53 x

タイトル : ロンリエスト・プラネット 孤独な惑星
ガエル・ガルシア・ベルナルさん主演。これもツタヤ独占。 婚約中のカップルに起こったある出来事が二人の間に微妙な空気と距離感を与えるといった作品。 舞台はグルジアのコーカサス山脈。いや~~~綺麗!自分も一緒にトレッキングしてる気分。雄大な風景の中を歩くのって素晴らしいことだよね! しかし、中盤で、二人は偶然であった現地住民に、突然銃を突きつけられるのです。そのときとったアレックスの咄嗟の行動(一瞬彼女を盾にした)により、婚約し絶対の信頼をよせていたはずの彼に違和感を覚え始めるニカ…。これは......more


Tracked from CINEmaCITTA&.. at 2013-12-18 02:42 x

タイトル : ロンリエスト・プラネット 孤独な惑星
【ロンリエスト・プラネット 孤独な惑星】 THE LONELIEST PLANET アメリカ・ドイツ 2011 (未) 監督・脚本 :ジュリア・ロクテフ  出演 :ガエル・ガルシア・ベルナル / ハニー・フルステンベルグ / ビジナ・グジャビゼ       2012年インディペンデント・スピリット賞の監督賞にノミネートされていた一作ですね。   婚約中のアレックス (ガエル・ガル......more

 

 






関連記事

コメント
この記事へのコメント
Commented by じゅり at 2013-02-11 20:22

おー、あちらで紹介されてた記事の中で、気になってた作品だ!
これ女性監督なんですかぁ。
そっか、評価は賛否に分かれる感じなんですね。
ガエルくんだから、やっぱり観たいな~


Commented by kaz. at 2013-02-11 20:47

グルジアは旧ソ連からの独立後、いまだに政情不安定ですからねぃ。
インディらしいなぁ、こういうのは。
女性監督らしい描写もあるようですな、内容も。


Commented by pupu55560 at 2013-02-12 08:12

じゅりさん>
はい、あっちこっちになっちゃったけど、ここで(笑)
ガエル君作品って、結構インディーズなもの多いけど、何故か気になっちゃうよね。
そう、淡々と撮影してるだけに見えるし退屈に思う人も多いはず。
作り手が努力してない作品をどうして観客が観る努力をしなくちゃいけないんだって書いてる人も(汗)
でも繊細な心情を描いていて興味深かったです。


Commented by pupu55560 at 2013-02-12 08:19

Kaz.さん>
私は今回初めてグルジアについて調べたくらいで、殆ど認識がなかった(恥)
映画の観始めも、ジョージア州に行ったのか(綴りが同じw)と思ったら言葉が違ってて、ここどこ?みたいな。
しばらく状況を飲み込むのに時間がかかりました。
そんな危険なところに行ってると知ってたら見かたもちょっと違ってたなぁ。
こういう作品はインディだから出来るって感じですね。
監督は前作でも小さな国際映画賞で沢山賞を獲ってるようで、ちょっと注目の女性監督みたいです。


Commented by おみゃあ at 2013-02-12 09:06

別府のゲストハウス泊まると半数はゲ-ジンさんです
バックパッカ-宿に  彼ら朝からマヨネ-ズで覆い隠れたタコヤキ食ってる輩います


Commented by pupu55560 at 2013-02-13 00:07

おみゃあさん>
異文化交流ができてそういう宿泊も楽しいね。
外人・・といっても色々でしょうけどwマヨネーズ好きなのね。
たこ焼きの味なんて判らなくなりそうw


Commented by maki at 2013-05-19 21:28

先ほどみました
確かに序盤は少々退屈ながら、中盤以降特に後半にかけての
ヒリヒリ緊張度合いが半端ないですね!
ふたりの距離感が素晴らしかったです
これサスペンスの部類にはいってたんですが、それも納得でした
コーカサスの山脈はとても美しいかったですね


Commented by pupu55560 at 2013-05-22 22:51

makiさん>
こんにちは。
コメントやTBのお返しが遅くなっててごめんなさいね。
前半はどんな映画なのか読めないのもあって、退屈に感じますが、風景の美しさに惹かれますね〜。
おそらく危険な場所であることを深く考えずにやってきたであろう、能天気なカップルが迎えることになる緊張感と、次第に深くなる溝。
ヒリヒリするようなという表現がピッタリの緊張感とゆるさの対比も面白いですよね。
TBありがとうございました。


Commented by Kaz. at 2013-12-18 02:44

あ、そうか、女性監督やったですね。
2作目になるようですが、この映画作りはクセを持ってますよね。
言いたいコトを言ってる作風なのは分るんですがね。(笑)
TBさせていただきますね~。


Commented by pupu55560 at 2013-12-18 23:43

kaz.さん >
グルジアのお国事情を入れたりする点は硬派だけど、多くを語らずという手法は女性監督ならでしょうか。
映像の美しさもあって、ちょっと気になる存在ですよね。
ま、興味を継続するのが難しいところもありましたけどw
TBありがとうございました。
2016/01/14(木) 15:51:47 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック