映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマンサ・モートン監督『The Unloved』
2013年04月02日 (火) | 編集 |




 

The Unloved(2009)イギリス

原題:The Unloved
監督:サマンサ・モートン
出演:モリー・ウィンザー、ロバート・カーライル、ローレン・ソウチャ


11歳のルーシー(モリー・ウィンザー)は、父(ロバート・カーライル)の虐待を受け、自ら電話してソーシャルワーカーに助けを求める。
どうやらそうすることを義務付けられていた様子。
施設に入れられ、16歳のローレンと同じ部屋で過ごすことになるか・・

女優さん初監督作品2本目は、サマンサ・モートンの『The Unloved』。
モートン自身、幼少期から18歳までを里子に預けられたり、施設で過ごしたりしたそうで
本作は彼女の半自伝作品らしいです。

まぁ、切ない話ですよ。
映画は主にルーシー目線で描かれるため、大人の事情は断片的にしかわからないのだけど
11歳という年齢で、親に養育を放棄されたらどうすればいいんでしょう。





施設で過ごすことになっても、ルーシーは不平一つ言わず、泣くこともない。
しかし同室のローレンは16歳、話が合うはずもなく、おまけに
部屋でヤクをやったり、施設の職員といちゃついたり
そのたびにルーシーは一人外に出て街をさ迷うのです。





ルーシーの孤独が際立って、ポエティックで美しい映像にセンスを感じます。
ただ、個人的には『卒業』を思わせるラストシーンに不満が残りました。
ここ、ルーシーの表情をエンドロールまでとらえ続けるのだけど、とにかく長く居心地の悪さを感じてしまった。

自伝ということで、極力センチメンタルを排したいモートンの気持ちもわからないではないけど
一度も泣かないルーシーだからこそ、最後に一粒の涙を流させた方がタイトルの『The Unloved』が生きてくる気がしたなぁ。

「何か望みはない?」と聞かれるたびに
「ママと暮らせる方法はないの?」と訊くルーシー。
けれどソーシャルワーカーや大人の答えは
「裁判所の決定に従わないといけないから」。

子供の幸せと、社会システムは必ずしも合致しないのが切ないところ。
そんなルーシーが、神を幻想し、その存在を身近に感じることで
辛うじて、気力を保たせているのが印象的
ルーシーを演じたモリーの存在そのままに、静的でピュアな作品でした。






関連記事

コメント
この記事へのコメント
Commented by k at 2013-04-01 19:23
そうですかぁ~、サマンサ・モートンもそういう過去が。
うん、おっしゃるように「最後の涙」が効く場合もありますよね。
作風も含め、ちょっと観てみたい一作です。


Commented by pu-ko at 2013-04-02 01:45
kaz.さん >
そうなんですって。ちなみにこのモートンは11歳のルーシーだけでなく、16歳の同室者ローレンにも部分的に自身を投影させてるそうです。
こういう映画を作るのも勇気のあることだと思います。
うんうん、全体的に長回しの撮影が多いのだけど、ラストシーンはちょっとなぁで、涙見せてもいいんじゃないかなと思いました。
今のところ日本ではソフトになってないみたいなんですが・・
映像的にもちょっと観て欲しい一本なんですよねぇ。


Commented by おみゃあ at 2013-04-02 09:08
卒業 というとあの卒業ですか  他にもあるか
というとあのシ-ン? 教会のですか あるいは冷め切った予感さすバスの中?


Commented by pu-ko at 2013-04-02 10:02
おみゃあさん>
そう、ダスティン・ホフマンの『卒業』。バスのラストシーンです。
ここでもバスの後部席に座る少女の顔を映し続けるのだけど、素人の子供にその長い間を任せるのには無理があると思ってしまった。
『卒業』では、ダスティン・ホフマンの表情が不安から虚無へと変わっていくのがよかったですもんね。


Commented by HK at 2013-04-04 08:46
女性監督の映画はただでさえ繊細で切ないものが多いのに
女優が作りたい!と思った映画はそれに輪をかけて心に響くものが多そう。
サマンサ・モートンとか、ちょっと抱えたところのある女優なら なおさら。
観たい!(←そればっか)


Commented by pu-ko at 2013-04-05 02:36
HKさん>
ですよね。
これもモートンは撮るなら「自分の手で」と思ったようで、思い入れも格別の渾身の一本なのだと思います。


Commented by エッさん at 2013-09-16 14:09
モートンの出演した初期作品に、新興宗教の教祖に遊ばれ、虐待され、挙げ句に死んでしまう少女の話がありました。彼女の育ち方に投影させてしまいます。


Commented by pu-ko at 2013-09-19 04:22
エッさんさま>
はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます。
それは子役時代の作品でしょうか。
悲しい物語なのですね。信仰にはまるあたりは、実際のご本人の生活にも重なる部分がありそうですね。
2016/01/04(月) 21:21:40 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。