映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
チャイルドコール 呼声
2013年04月26日 (金) | 編集 |





『隣人 ネクストドア』のポール・シュレットアウネ監督作品をもうひとつ。
『ミレニアム』シリーズのノオミ・ラパスを主演に迎えたサイコスリラーです。

チャイルドコール 呼声(2011)ノルウェー/ドイツ/スウェーデン
原題:BABYCALL/THE MONITOR
監督: ポール・シュレットアウネ
出演: ノオミ・ラパス、 クリストッフェル・ヨーネル


夫の暴力が原因で、郊外に居住することになったアナ(ノオミ・ラパス)と8歳の息子のアンデシュ(ヴェトレ・オーヴェンニル・ヴァリング)。息子の安全のためアナは電器店で監視用音声モニターを買う。ある晩、モニターの混線により子どもの悲鳴を聞いたアナは、ほかの部屋で子どもが暴行を受けているのではないかと考え始める。(yahoo映画より)

これね、『隣人~』を観たあとなもので、映画が始まって6分ほどで
ははぁーーんそういう映画ね、って悟ってしまうんですが
途中で、あれ、そういうんじゃなかったわけ?となって、結構振り回されます(笑)





ノオミ・ラパス演じる母アナと息子の物語に、モニターから流れる子供の悲鳴の正体
はたまたアナに親切にしてくれる電気屋の店員(『隣人~』のクリストッフェル・ヨーネル)のエピソードも絡んでいて、ちょっと頑張りすぎ。

ま、3つの親子の物語と考えればそれもいいのだけど、
『隣人~』では上手さと感じた練りや作りこみが今回は裏目に出たというか
反則に感じたというのが正直なところ。

終始神経質なノオミにプラスして電気屋の彼もどこかオドオドで、観てて疲れましたわ。
終わってみれば、哀しいまでの母の思いが伝わって、嫌いじゃなかったんですけどね。


 

■トラックバックいただいてます

Tracked from いやいやえん at 2013-10-21 09:43 x

タイトル : チャイルドコール/呼声
ノオミ・ラパスさん主演。 片時も息子から目を離さないでいるアナの姿。一緒のベッドで寝て絶対に側を離れない様子はどこか違和感。それもそうなのです、元夫の暴力から逃げていると言う設定なのですから。資料には父親が息子の頭部を水中に押し付けて…との記述もありました。 しかし一緒に寝るのを止めるため、チャイルドコールを購入するに至るんですね。不安定な精神状態のアナをノオミさんは繊細に上手く表現されてたと思います。バスで出会い、チャイルドコールを買った店の販売員ヘルゲは繊細ないい人でした。 しか......more

 


Tracked from ★yukarinの映画鑑.. at 2013-12-10 13:13 x

タイトル : チャイルドコール/呼声
【BABYCALL/THE MONITOR】 2013/03/30公開 ノルウェー/ドイツ/スウェーデン 96分監督:ポール・シュレットアウネ出演:ノオミ・ラパス、クリストッフェル・ヨーネル [Story]ノルウェーのオスロ。夫の暴力から逃れるため、保護監視プログラムによって郊外のアパートに暮......more






関連記事

コメント
この記事へのコメント
Commented by kaz. at 2013-04-25 19:44

あ、ノオミ・パラスのコレね。
どこかで読みましたが、どこだったかな? まぁ、ええかw
練りこみや作りこみが裏目に出るって、たしかにそういうのありますよね。
同じ監督が陥りそうな作風やけど、総合的には嫌いにならずに済んだような?(笑)


Commented by おみゃあ at 2013-04-26 08:49

プロメテウス いまだ手元にあるけど 観てない   
ミレニアム以外のイメ-ジはどんなかいまだわからない ちびでブスなイメ-ジ結構好きなんだけど


Commented by pupu55560 at 2013-04-26 20:58

Kaz.さん>
ノオミ・ラパスね。
そうなんですよね〜。そこまでやったら反則だろうって思うところもあって。特に学校のシーン。
もっと複雑にトリッキーにって思うんでしょうけど、裏目に出る事もあるなと。
あ、そそ、嫌いじゃなかったからいいか(笑)


Commented by pupu55560 at 2013-04-26 21:00

おみゃあさん>
私も再見しようとDVD買ったのに開封もしてないや。
制作年が近い事もあってノオミはプロメテウスの彼女に近かったですよ。


Commented by 翔 at 2013-04-27 08:30

隣人~を見て忘れた頃に観ればいいかしら
なんか ちょっと面白そうw


Commented by pupu55560 at 2013-04-28 10:11

翔さん>
そうなんです(笑)
監督の作風知ってると完全にパターン読めちゃって、「えーー?」ってなるところを、「やっぱりね」ってなるからw
でも変則というか、反則気味なところツッコミながら観るも良し。
ありきたりのドラマじゃないから、この監督さん嫌いじゃないです。


Commented by じゅり at 2013-04-28 19:49

監督作まだ1本も観れてませんが(^-^;、それなら「おー!」って、なる?(笑)
観てみたいです~^^


Commented by pupu55560 at 2013-04-29 09:58

じゅりさん>
まだあまり作品数も多くない監督みたい。
監督の作風知ってあれこれ推理しながら観るも面白かったですが、
まずは先入観持たずに観て、「おーー!!」てビックリ仰天するのが正解(笑)
機会があればぜひ。


Commented by maki at 2013-10-21 09:50

ヘルゲの色素の薄い感じがどこかポール・ベタニーさんを思い出しちゃう感じでした
二人がキョドキョドと関係性を築いていくところもなんだかいいなあーと思っちゃいました
ヘルゲの育った生い立ちも伏線となってるとは思わず、悲しい作品でしたね


Commented by pupu55560 at 2013-10-23 01:21

makiさん>
こんにちは。
ほんと悲しい作品でした。
そうヘルゲのことまで絡ませてちょっと盛り込みすぎと思ったのだけど、
あとから思うと、ヘルゲを選んだのにも理由を感じるわけで、複雑に構成された作品ではありましたね。

2016/01/14(木) 18:53:42 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック