映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
チャイナタウン
2013年05月12日 (日) | 編集 |




 

チャイナタウン(1974)アメリカ

原題:Chinatown
出演:ジャック・ニコルソンフェイ・ダナウェイジョン・ヒューストン、 バート・ヤング、 ペリー・ロペス、 ジョン・ヒラーマン、 ダレル・ツワリング 、 ダイアン・ラッド


1930年代のロスアンゼルスを舞台に、私立探偵ジェイク・ギテスが、水の利権をめぐる陰謀に巻き込まれていく様を描く。
ロマン・ポランスキーの珠玉のフィルムノワールです。




 私立探偵ギテス(ジャック・ニコルソン)はダム建設技師の妻と名乗る女性から夫の浮気調査の依頼を引き受け、若い女と密会する写真を撮ることに成功。ところがこれが何故か新聞に掲載され、怒った本物のモーレイ夫人(フェイ・ダナウェイ)がギテスの前に現れる。最初の依頼者は偽者だったのだ。しかもモーレイはその後溺死体となって発見される。何かの陰謀を察知し、モーレイ夫人に接近するギテスだが、彼の周りで新たな殺人事件が起こり、ギテス自身も命を狙われることになる。

砂漠に作られたロスは、水の供給がなければ市民生活はなりたたないことから、貴重な水をめぐる汚職が生まれる。ジョニー・デップが声を担当した『ランゴ』もそうだったな。
かつてはロスのチャイナタウンで警察として働いていたギテスは、そこで事件にのめり込んだあげく傷ついた過去を持つ。チャイナタウンにはチャイナタウンのルールがあり、よそ者の介入を許さない。けれど、ギテスはまたしても女にのめり込む。同じ失敗を繰り返すことになるのに・・

真実を追究しようとしながらも巨大な陰謀を前に無力感を噛み締めるしかないギテス。
ニコルソン悲痛な表情が、ジェリー・ゴールドスミスの退廃的なメロディに被さるラストシーン
鳴り続けるクラクションが哀しく響き、なんとも言えない虚無感に襲われ忘れられないものがありますね。
30年代の時代を再現する美術も見事です。

ちなみに、モーレイ夫人の父親を演じているのは、ジョン・ヒューストン監督だったんですね。

ポランスキー自身も、ギテスを脅すギャング役で登場。
「こんなミジェット(小人)どこから連れて来たんだ」と言うニコルソンの鼻をナイフで切り裂くシーンはリアルでビビったわ。


劇中フェイ・ダナウェイがカクテルを注文するシーンで言う「トムコリンズをライムで」。
これいつか真似してみたい!!

 

■トラックバックいただいてます

Tracked from CINEmaCITTA&.. at 2013-05-11 00:51 x

タイトル : チャイナタウン
久しぶりに蔵出しビデオで観ました。 この時代の映画は個人的な思い入れが強い作品が揃っていまして、この映画もその一作なんです。 『ローズ・マリーの赤ちゃん』 のヒットで一躍人気監督となった ロマン・ポランスキー監督 のハードボイルド・ミステリーといったら言いのでしょうか。 ジャック・ニコルソン が私立探偵ジェイク・ギテスに扮した名作の一本。 相手役は、これも当たり役、ミセス・モーレイ演じる フェイ・ダナウェイ です。 【チャイナタウン】 CHINATOWN 1974 ......more


関連記事

コメント
この記事へのコメント
Commented by kaz. at 2013-05-11 00:54
もうこの映画、と言うか、この年代からの作品はリアルタイム劇場鑑賞なんですよ。
だから、懐かしいやら嬉しいやら。
ちょっと趣の変わったハードボイルドものとしては一級品ですよね。
ポランスキー監督のチンピラぶりも良かったし。(笑)
っていうか、フェイ・ダナウェイがめっちゃ綺麗な時期やったな~。
TBさせてもらいますね~。

Commented by pu-ko at 2013-05-11 14:51
Kaz.さん>
うわぁ、これも劇場鑑賞?羨ましい~(≧∀≦)
思い入れもひとしおになるねぇ。
退廃的なムードがたまらん映画でしたね。
ポランスキー出てきたのには笑ったし。でもあのナイフシーンは実際にやったのかとヒヤッとしました。
TBありがとうございました。


Commented by る~ at 2013-05-11 18:29
名作ていわれてるやつですね
実はみてないんですよね~
見てないけど、印象はお鼻の絆創膏なんですけどね


Commented by einhorn2233 at 2013-05-11 20:19
映画館で観たのが中学生の頃で、あまり深いところまでは感じ取れなかったのですが、それでもジェリー・ゴールドスミスの音楽が素晴らしいってことがわかって小遣いをはたいてサントラ盤を買った記憶があります。鼻を切られるシーンは突然ワンカットで見せられて、どうやって撮影したのかすごく気になりました。


Commented by じゅり at 2013-05-12 00:15
かな~り前に観たきりで、詳細飛んでるのですが(^-^;
渋い作品だなぁと思った記憶はあります~。再見したくなりました。
おー、私もその台詞いつか言ってみたい!o(≧∇≦o)



Commented by 翔 at 2013-05-12 09:08
あら~これ見る機会が何度かあったけど延ばし延ばしにしてた作品だ~(ってそんなのあるのか?)
今度は観ます~
監督も出てたんだ~っ


Commented by 松たけ子 at 2013-05-14 00:19
こんばんは!
ポランスキー監督の作品、大好きです!この映画も素晴らしいですよね。ムーディで退廃的で。こういう映画をリアルタイムで観られた方々が羨ましいです。
フェイ・ダナウェイって、今もご存命なのでしょうか?ニコルソン氏は元気そうだけど。ポランスキー監督の作品の中では、マイナーですが「テナント 恐怖を借りた男」が特に好きです♪


Commented by pu-ko at 2013-05-14 02:09
る~さん>
ですね~。とっても雰囲気が良くて名作と言われるのも納得でした。
ニコルソンは殆どを鼻に絆創膏の姿で演じてましたねw
あの傷を負うシーンはビビったよ。
また機会があればぜひ観てください。


Commented by pu-ko at 2013-05-14 02:15
einhornさん>
大人っぽい話でもあるし、中坊には難しいところもあったかな。
でもその頃からサントラを収集してらしたのですね。歴史が長い。
でも音楽ほんと素敵で、冒頭からどっぷりこの世界に嵌りました。
名作に名曲ありですね。
で、鼻切りのシーンはビックリでしたね。
ナイフに仕掛けがあるらしかったけど、本当に切ったかと思うほどにリアルでした。


Commented by pu-ko at 2013-05-14 02:32
じゅりさん>
ね、渋くて哀愁漂うめっちゃいいムードの作品でした。
私も再見でしたが、新たな発見があったりして、こういうのは観るときの気持ちによっても印象が違ってくるのが面白いですね。
おー、この台詞、じゅりさんにぜひ言って欲しい。
飲めない私が言ってもサマにならないけど、じゅりさんだと俄然カッコいいはず!!


Commented by pu-ko at 2013-05-14 02:35
翔さん>
あるある。私もそんな作品いっぱいあるんだよ~。
いつまでたっても「いつか観たい」作品消化しないから、たまに名作シリーズしようかと思うくらい。
ぜひ観て監督出演シーンチェックしてね。
翔さんより明らかに小さいポランスキーなので見落とさないように(笑)
あ、でもあのシーンは絶対観のがさにはず(≧∀≦)


Commented by pu-ko at 2013-05-14 02:51
松たけ子さん>
こんばんは~。
ポランスキーお好きですね。いいですよね~。
『テナント~』は私も好き。不遇の時代のポランスキーの心の闇がそのまま投影されたような作品でしたよね。
しかも70年代は一番脂の乗った頃だったのかもしれません。
フェイさんは今もご存命のようですね。
彼女がマリア・カラスを演じた主演&監督作品も撮影を終えた様子。女優としても現役みたいですね。


Commented by アンダンテ at 2013-06-13 23:01
お、これは日比谷で観たわ!フェイ・ダナウェイが好きだったので、当時は全部見ていたと思います。
ニコルソンが殆ど鼻に絆創膏で出演とプログラムにも書いてあった様な。当時のニコルソン、ボガードを目指していたのか?!

Commented by pu-ko at 2013-06-23 08:05
アンダンテさん>
映画はそれを観た時代を思い出しますよね。
そうそう、ニコルソンはほぼ絆創膏姿。
あの鼻を切るチンピラをポランスキー自身が演じていたのは今回初めて気付きました(汗)
ボガードをあまり観てない私は、お返事のしようがない。ごめんなさい。

Commented by HideQ
連続投稿失礼ます。
これ、つい先日DVDから引っ張り出して観ました。どこから見てもカッコいい雰囲気のないニコルソンが、不思議とかっこよく見えてくるから不思議ですね。リアルでダークな世界観がポランスキーらしくて面白かったですね。

CommentsAdd Sta pu-ko
HideQさん>
コメントありがとうございます。
確かに。真実を知りたい、イヴリンを守りたい、一途なニコルソンはカッコよかったですね。
退廃的なムードも大人っぽくて作品自体もカッコよかった!
2016/01/04(月) 13:16:53 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック