映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ハートレス
2013年05月13日 (月) | 編集 |



DVDスルーにもならないのかなと思ってたジム・スタージェスの2009年の主演作『ハートレス』
今月公開されるようなので観てみたら、なんと面白いじゃないの。
ハートレス(2009)イギリス
原題:Heartless
監督:フィリップ・リドリー
出演:ジム・スタージェス、 クレマンス・ポエジー、 ノエル・クラーク、 ジョゼフ・マウル、 ニキータ・ミストリー、 エディ・マーサン、 ティモシー・スポール、 ルーク・トレッダウェイ
日本公開:5/11

10年前に父を亡くし、母とロンドンに暮らすジェイミー(ジム・スタージェス)は顔にハート型の大きなアザを持つ青年。兄のスタジオで働き、父から譲り受けたカメラで廃墟の撮影を趣味とするジェイミーが現像したフィルムには悪魔のような姿をが写りこんでいた。
ある夜、不気味な叫び声の先を追ったジェイミーは振り向いたギャングが写真と同じ、怪獣のような顔であることに驚愕。
ニュースではギャングの暴挙が報道され、ギャングはお面を被っているとの目撃談が語られる。しかし、その隣で一人の少女が「あれはお面なんかじゃない」と話すのを聞き、それらが人間ないことを確信。
そんなある日、父の10回忌の夜に、ジェイミーはギャングに襲撃され愛する母を失った。
哀しみに暮れるジェイミーの前にpapa-Bと名乗る悪魔が現れ・・

 ストリートギャングが社会問題となるイーストロンドンを舞台に、ギャングに母を殺され、悪魔と契約してしまった青年の苦悩を、現実と幻想を交え描くホラーサスペンス。
契約によりアザが消えたジェイミーが美しいティア(クレマンス・ポエジー)と恋におちるさまを描くラブストーリーでもあります。

 この映画はジェイミーの妄想と現実が混在する話ですが、最大のポイントは「亡き父への思い」でしょう。
と言うのも、彼は父の遺した「Nikon」を愛し、父を尊敬している半面で、顔のアザは「父が自分を愛するあまり顔にキスしてできたもの」と語っていて、愛する父とアザを結びつけるネガティブな思考を持っている。
正直ジェイミーが悪魔と契約を交すくだりなど、「何じゃこりゃ??」で、途中まではB級ホラーな様相なのだけど、ラストの10分になって、色んなシーンが意味をなしてくる。ジェイミーが浄化される瞬間、それまで感じていた疑問や違和感が消え、その後は哀しみと感動、二つの異なった感情が噴出しました。

終わってみれば、とんでもなく面白い映画でした。ただ、スタージェス君の演技が陰鬱すぎるのが残念。
それと、ボーっと観てると面白さに気づかない映画かもしれない。

母や甥っ子との会話などにも、後の種明かしに繋がるものがあるので、注意深く聴いておきましょう。
悪魔の名前がPapa-Bであることや、Papa-Bと出会うのが父の生まれ育った跡地だということにも注目。
ニュースに登場した女の子の顔も覚えておいてくださいね。
ただ、女の子が何故インド人風なのかとか、いくつかの疑問が残り、追求すればきっと意味があるんだろうなと思わせる。何度も観て楽しめる作品かもしれません。

監督はフィリップ・リドリー。カルト的な人気を誇る監督らしいのだけど過去作は未見です。
劇中流れる音楽の作詞も共同で手がけ、歌自体もストーリーを理解するのに役立つ形。
ちなみに挿入曲の殆どをスタージェス君が歌ってます。




関連記事

コメント
この記事へのコメント
ジム・スタージェスっていかにもイギリスの好青年!ってイメージで今まで自分が観た作品もそういう範囲内やったんですが、この作品では少し違ったアプローチをしてきてる感じですね~
B級ホラーな様相の部分ってのも実はそんなに嫌いじゃないんです^^

2013/5/14(火) 午後 0:39[ SHIGE ]


んんんん~なんか、よくわかんな~い

でも、悪魔なんて…
ホラーっぽい?

2013/5/14(火) 午後 2:10[ る~ ]


そ、そんなぁ師匠!!
もうこちらでも公開始まってまっせ!!
面白いならもっと早く教えてね(爆)・・・。
完全にスルー予定やったんで参ったなぁ(汗)・・・。

2013/5/14(火) 午後 5:28[ ゾンビマン ]



ほぉ~とんでもなく面白いホラーサスペンスですかぁ。
伏線やら意味合いの構成が上手いんでしょうね、きっと。
この監督、読んだだけでもちょっと要注意かもしれませんな。
これはイッときたいですっ。

2013/5/14(火) 午後 6:38[ Kaz. ]



えーなに!とんでもなくおもしろいんだっ
ハートのあざだったのねぇ
ポスターは血ノリに見えるけど前半B級ってのもますます惹かれるので絶対観ます!(=゚ω゚)ノ

2013/5/14(火) 午後 10:08[ 翔 ]



SHIGEさん>
これまでの作品の中では確かにちょっと異色ですね。
ホラーの彼はわたし初めてかも。
B級ホラーでへこたれないならこれ大丈夫かな。
最後には面白さを感じるけど、それまでがちょっとうだうだするのでw

2013/5/15(水) 午前 0:37[ pu-ko ]



る~さん>
ジャンルとしてはホラーなんでしょうけど、そんなに怖くはないよ。
ただしちょっとだけスプラッタな描写もあります~♪

2013/5/15(水) 午前 0:39[ pu-ko ]



ゾンビマンさん>
あは~、申し訳ない。チェックもれてましたわw
でもね、これスルーでいいかも。
というのも、「面白い」と実感するのが本当に終わってからで、それまでは私も「なんだかなぁ」と思いながら観たので(笑)
全部終わってよくよく考えたら、凄く凝った映画だったんだなって楽しめたんですけどね。

2013/5/15(水) 午前 0:52[ pu-ko ]



Kaz.さん>
そうそう、通して面白いって作品でもないんだけど、丁寧に伏線を張り、意味を持たせているので、そういうのを好きなら楽しめる作品かと思います。
ちょっと観たい気になるでしょ♪

2013/5/15(水) 午前 0:56[ pu-ko ]


翔さん>
そそ、えーー、それにはそういう意味を持たせたんだ~とか、細かいところを納得して楽しめるタイプの作品ですね。
巻き戻して観れるという意味ではDVD向きかも。
あざはポスターほど赤くはないんだけど、これは炎が反射した感じかな。

2013/5/15(水) 午前 1:00[ pu-ko ]
2016/01/09(土) 23:34:18 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック