映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『イエローブリックロード/YellowBrickRoad』の邦題は?
2013年05月15日 (水) | 編集 |



GyaOの企画で「邦題付け放題」というのがあるのをご存知ですか?
DVDになる前の作品の邦題を公募し、最優秀に選ばれればあなたのつけた邦題がDVDになるというもの。
第一回目の作品に挙げられてるのが『Yellow Brick Road』。今ならGyaOでDVDになる前に視聴できるということなので、興味のある方はご覧ください。
残念ながらこちら(海外)からGyaOは視聴できませんが、VODにあったので観ました。
イエローブリックロード(原題)(2010)アメリカ
原題:YellowBrickRoad
監督/脚本:ジェシー・ホーランド、アンディ・ミットン
出演:キャシディ・フリーマン、アネッサ・ラムジー、ローラ・ハイスラー、リー・ウィルコフ
 【ストーリー】
1940年のある秋の日、ニューハンプシャー州・フライヤーにすむ全住民が北方の森へと姿を消した。捜索隊が森に入るといくつもの凍死体や惨殺死体が発見されたが、大半の者は発見される事無く、やがて事件は闇に葬られた。2010年、ある研究グループと冒険家達が手を組み、70年前に起きた忌まわしき事件の真相を調べるために再び森の中へと入って行く・・・

という作品ですが、
冒頭から当時のニュース映像と思われる映像を映し出し、なにやら不気味な雰囲気。
研究グループのリーダーは、バーンズ夫妻の夫、テディ・バーンズ。
夫妻は何かに傷心してるようだけど、その真相は分らない。

テディが役場のような場所に行くと、小さな窓から係の男性が対応し、写真の提示を求めた後、一まとめになった書類や地図を渡してくれる。

「遅すぎませんよね」
「後2分あります」「ピクチャーショーをお楽しみください」

そんな不思議な会話の後、メンバーは集結し、北へと向かう。
ってな具合でグループの旅が始まるのですが、、




途中、メンバーは不思議な物音を聞き、徐々に神経を侵されていく。
ゆっくりと狂気を孕んでいく姿を描くサイコサスペンスという様相を呈すのだけど
これね、70年前に起きたことの真相を追う物語と観ると
最後に「いったいなんだったの???」ってなると思います(笑)

私がそうでした。

結局、これがどういう映画だったのかも分らなかったので、
ズルして、IMDbのメッセージボードを見ちゃいました。
それでようやく、あー、そういうことかと納得したんですよねぇ。

ま、映画の全容が分れば、それなりに面白かったと言えるんですが
そこに行きつくまでに苦痛を伴う映画であり、評価は別れるでしょうね。
それでも役者のパフォーマンスは良かったと思います。

私ごとですが、明日から一週間ほど日本なので、
ブログの更新をお休みします。帰ってきたらまたよろしく~。


追記:
邦題は『リクイッド・ウッズ 樹海』に決定しました。







関連記事

コメント
この記事へのコメント
その企画おもしろそうだけど
本編は苦手そうな気がする…

2013/5/15(水) 午前 9:44[ る~ ]


黄色い煉瓦の道?
直訳すればそうなんだけど
DVDスルーだから
トンデモタイトルが
付くんでしょ。

おー、里帰りですか。
おかえりなさい。
(  ̄▽ ̄)

2013/5/15(水) 午後 0:48[ GH字幕 ]


「邦題付け放題」面白いな~~
いろんな企画があるものですね^^
はは^^
でもそれはズルではないでしょ
映画観終わって、どういう・・?って
思った時はけっこういろいろ観にいきますよ

あ、日本にお帰りですね
お気をつけて~
日本は暑くなってきてますよ~

2013/5/15(水) 午後 0:50[ SHIGE ]


邦題”黄色い石畳の街角”、、ツマンネェ~事書いちゃった、。
日本土産の記事もお願いしますよ、、お帰りにはちょっと回り道して成田ーブリスベンーロス、、ってのは如何ですか?市内にある”Brown Brick Road”をご案内しますよ。東北以外はもう真夏日らしいですよ、楽しんで来てください、、お気を付けて!!

2013/5/15(水) 午後 0:56[ guch ]



めっちゃ怖そう(U´Д`)!

2013/5/15(水) 午後 3:28[ kawakita ]


エリトン・ジョンのアルバムタイトルとほぼ同じタイトルの映画ですね。
ちなみにエルトン・ジョンのアルバムの邦題は『黄昏のレンガ路』でした。
おっ!! 師匠、来日ですか?
みなさんに接近ですね(笑)・・・。

2013/5/15(水) 午後 5:39[ ゾンビマン ]


へぇ~GyaOで視聴可能ですかっ。
そりゃ観てみなければ。
なんか面白い企画もやってるんですね。(笑)

っていうか、不思議な感じのサイコドラマ?みたいですが。
その意味合いも知ってみたいですな。

日本のバカンスも楽しんでくださいね~。
気をつけてお帰りを。

2013/5/15(水) 午後 8:38[ Kaz. ]


る~さん>
『オズの魔法使い』好きなる~さんにはツボポイントもありそうだけど、映画的には多分苦手だと思う(^~^;)

2013/5/22(水) 午後 2:33[ pu-ko ]


字幕さん>
どんなタイトルになるでしょうね~。
トンデモになるかもだけど、映画を鑑賞してタイトル付け応募できるというのはいいよね。

2013/5/22(水) 午後 2:36[ pu-ko ]


SHIGEさん>
面白い企画ですよね。
いつも「邦題なんだかなぁ」って文句言うけど、いざ自分でつけようと考えても、いいタイトルが思いつかないし、難しさも分ります。
あ、ズルじゃないかな。良かった。
滞在中はちょうどいい気候でした。これからどんどん暑くなるかもですね。

2013/5/22(水) 午後 2:41[ pu-ko ]


guchさん>
これは内容観ないと難しいんですが、そもそもは『オズの魔法使い』に出てくるエメラルドタウンに続く黄色いレンガの道がもとになってるようなんですね。
おーー、ブリスベン回り! 今回は採択しませんでしたがw いつか行ってみたいですよ。 削除

2013/5/22(水) 午後 2:52[ pu-ko ]返信する


Kawakitaさん>
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
めっちゃというほど怖くはないんですが、たまにスプラッターなシーンがあります♪

2013/5/22(水) 午後 3:14[ pu-ko ]


ゾンビマンさん>
おー、エルトン・ジョンのアルバムにも同タイトルのがあるんですね。
『黄昏のレンガ道』って渋くていいね。
そもそもは『オズの魔法使い』から始まってるようですが、夢のエメラルドタウンに続く道ということで、特別な意味合いを持つようになったんでしょうね。
わはは、来日ってw
ってか、誰が師匠ですか(^~^;)

2013/5/22(水) 午後 3:19[ pu-ko ]


Kaz.さん>
そうそう、GyaOで視聴可能だそうで、内容を知ってタイトルを考えることができるというのはいいですよね。
あ、期間に限りがあったと思うけど、ご覧になれたかな。
そうそう、不思議なサイコドラマというくくりでいいと思います。
私には難しかったですが、勘のいい方や映画を観慣れてる方は読み解くことが可能だろうと思います。
『オズの魔法使い』もヒント。ぜひご覧くださいませ。
帰ってきましたので、またよろしく~。

2013/5/22(水) 午後 3:37[ pu-ko ]
2016/01/09(土) 23:29:13 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。