映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
藁の楯 わらのたて
2013年05月27日 (月) | 編集 |
日本滞在最終日(帰国前日)、夫は東京で2件の仕事が入ったため私のみ成田に直行。
ホテルにチェックインしたあと、夕方までの時間をイオンモールで潰し、ついでに映画を観てきました。
映画館のチラシをチェックしたのが3時ちょっと前。映画の開始が3時25分。。。
でもホテルに着いて、お菓子を少し食べただけだったので、迷った挙句フードコートへ。
よせばいいのに、ばくだん丼セットなる、ねばねば系丼にお蕎麦のついたセットを6分ほどでかっ込み、行ったこともない映画館へと走ったのでした。どんだけ早食い大将やネン!
というか、もっと味わって食べたかった(笑)


藁の楯 わらのたて(2013)日本
監督:三池崇史
出演:大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子、山崎努
 政財界を牛耳る蜷川の孫娘が殺され、事件の3か月後に、蜷川によって容疑者・清丸のクビに金がかけられる。その額は10億円。日本中がその額に色めきだつ中、恐怖を感じた清丸は自首。銘苅、白岩ら警視庁警備部は、清丸の身を守り、彼を移送する任務を受ける。

ってなわけで、『藁の楯』観てきました。
観てて思ったのは、日本もこんな大掛かりな映画を作るんだなぁと言うこと。
カークラッシュなどのアクションも派手、機動隊などのエキストラも相当な数だったでしょう。
噂に違わずエンタメ性があって面白いですよね。
なんたって、10億円の懸賞目当てに、日本中が清丸の命を狙うと言う設定が面白い。
刺客がどこから現れるか分らないばかりか、内部の誰が裏切り者か分らないところが緊張感を生む。
そんな中、護送を担当するSPらの葛藤が描かれるわけですが、
「こんな虫けらみたいなヤツを命をかけて守る意味があるのか」と言った台詞は早いうちに出てくるので、後半は何か他のメッセージがあるのだろうと期待したんですが、
肝心の大沢たかおのキャラがブレてるというのか、彼を突き動かすものの正体が正義とはちょっと違ったものだったところに、個人的には少し冷めてしまい、ドラマとして物足りなかった。

全体的に男性コミック誌の原画を観てる感じでしたね。
勿論それを実写にしちゃったのは天晴れというべきでしょうが。
アクションスリラーとして退屈せずに観たけど、感動は残らず観終わってモヤモヤした。

清丸を演じた藤原竜也の、天使の顔をした悪魔っぷりが良かったですね。
性犯罪に走るものの本性は揺るがない。
こんな輩を精神鑑定にかけたりして保護しては、死んだものは浮かばれない。
その辺りが隠されたメッセージだったかしら。





      

トラックバック一覧

  1. 1. ■藁の楯■’13(邦2)

    • [ティアドロップス〜涙の数だけ〜]
    • May 27, 2013 16:30
    • ■藁の楯■     チェック:『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズで知られる漫画家の木内一裕の小説家としてのデビュー作品を、三池崇史監督が映画化したサスペンス・アクション。凶悪な殺人犯に10億円の懸賞金がかかり、犯人を移送することになった刑事たち
  2. 2. ◆藁の楯◆ 劇場にて

    • [■翔room CINEMA■]
    • May 28, 2013 08:35
    • 藁の楯  2013年/日本/125分       監督 : 三池崇史 出演 : 大沢たかお /松嶋菜々子 /岸谷五朗 / 伊武雅刀 /永山絢斗 / 余貴美子 /藤原竜也 /山崎努       観てきた────♪   たかおが待ってるから────♪
  3. 3. 駄作か?名作か?カンヌで酷評?『藁の盾』

    • [字幕映画のススメ]
    • May 29, 2013 00:14
    •       『 藁の盾 』(2013)   原作は 木内一裕 。40代以上の方は懐かしいと思う あのヤングマガジンで『 ビーバップ・ハイスクール 』を描いていた 漫画家、 きうちかずひろ 氏の小説を元に 三池崇史 が演出。 九州・鹿児島から東京
  4. 4. 映画「藁の楯〜わらのたて」 2013年 監督 三池崇史

    • [アンダンテ あっち行って ホイ♪]
    • May 29, 2013 12:09
    • 本日公開の「藁の楯」観ました 期待以上に面白かった!  エンタメ作品でありながら ちょっと考えさせられもして アクションというより日本という大きな密室での 息詰まる神経戦の様でもありました   作中のセリフにもあるように「誰にでも何か はある・
  5. 5. 『藁の楯』

    • [京の昼寝〜♪]
    • August 29, 2013 12:37
    • □作品オフィシャルサイト 「藁の楯」□監督 三池崇史□脚本 林 民夫□原作 木内一裕□キャスト 大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗■鑑賞日 4月29日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<
  6. 6. 映画『藁の楯』を観て

    • [kintyre's Diary 新館]
    • September 14, 2013 23:00
    • 13-35.藁の楯■配給:ワーナー・ブラザース■製作年、国:2013年、日本■上映時間:125分■観賞日:4月29日、TOHOシネマズ渋谷■料金:1,800円□監督:三池崇史◆大沢たかお(銘苅一基)◆松嶋菜々子(白岩篤子)◆岸谷五朗(奥村武)◆伊武雅刀(関谷賢示)
  7. 7. 藁の楯

    • [マープルのつぶやき]
    • September 19, 2013 09:17
    • JUGEMテーマ:サスペンス映画全般「藁の楯」監督:三池崇史2013年  日本映画  124分キャスト:大沢たかお     松嶋菜々子     岸谷五朗     伊武雅刀     永山絢斗     藤原竜也少女惨殺事件が起き、その犯人として清丸が指名手配される
  8. 8. 「藁の楯 わらのたて」 言い訳

    • [はらやんの映画徒然草]
    • September 23, 2013 15:14
    • しかし、三池崇史監督の作品というのは、いつもいつも大きな熱量を持っているな、と思
  9. 9. 藁の楯 わらのたて

    • [いやいやえん]
    • September 24, 2013 09:36
    • 懸賞金10億のクズ(-凶悪犯-)を、命懸けで移送せよ! たしかに10億もの賞金をかけられてたら、真剣に探しちゃうかも、殺意向けちゃうかも、という荒唐無稽さはありますが納得出来る部分もあり。 孫娘を殺された財界の大物が、その犯人と思われ指名手配をされている清丸
  10. 10. ◆藁の楯 わらのたて。

    • [「らりるれろ」通信 Remark On The MGS]
    • June 04, 2014 02:50
    •               「藁の楯 わらのたて」(2013)。 監督三池崇史 出演 大沢たかお      銘苅一基    松嶋菜々子       白岩篤子    岸谷五朗         奥村武    伊武雅刀         関谷

関連記事

コメント
この記事へのコメント
男性コミック雑誌の原画」ですかぁ~。
じゃ、カンヌで不評だったのも分る気がしますなぁ。
まだ観てないんですけど、・・・たぶんDVDですけどw
設定はかなり面白そうやな~っと感じます。
2013/5/27(月) 午前 0:41[ Kaz. ]


Kaz.さん>
なんか男性コミック誌の絵柄ごとイメージできる感じでした。
ま、それが悪いわけではないんだけど、ヒューマンドラマ的なもう一歩がほしかったかなぁ。
変に正義を振りかざすよりはリアルではあるんですけどね。
設定で8割がた魅せるよね。
2013/5/27(月) 午前 0:54[ pu-ko ]



ばくだん丼、6分でかっこんで“藁の楯”鑑賞とはカッコいい~(´0`σ)σ
そっか~日本でご覧になれたのね~(o^-^o)よかったよかった!
PU-KOちゃんの感想読んで、そうだ!とハッとしました。
面白かったのに釈然としなかったのは、仰る通り、たかおの(笑)内面だったのよね~(;・∀・)
あと、どうして山崎さんがあんなペラッペラの着物?だったのかなぁとか
そんな事が不満でした(笑)
TBさせてね~♪
2013/5/27(月) 午後 4:29[ フラン♪ ]



観たのね~、たっちゃんを???

天使の顔でしょ彼?ワタシの一押しクン(何人もいるが)
なんですけど、ヨロシク♪

カンヌでは(個人的に絶対好みでない)福山が出た
「そして父になる」が監督賞獲ったんだよね。
そっちはかなりイイらしいじゃん。

どっちも気になるけど、福山は切り捨てるとして、
やっぱたっちゃんのこっちが観たい!
10億円か…すんげ~バトルが繰り広げられるんだろうな。
DVD出たら観ますゎ(*´ー`)
2013/5/27(月) 午後 6:38[ chaco ]



この記事で注目は「ばくだん丼セット」やね(爆)
この作品がカンヌで酷評されたという事は素晴らしいこと。
邦画ならではエンタメ作品なんで、議論の対象になった事が喜ばしいです。
根底で親子の絆の重要性が描かれていて、その部分は外人には絶対に理解できない部分やと思います。
「かあちゃん・・・」という日本独特のワビサビが。
2013/5/27(月) 午後 6:53[ ゾンビマン ]



「そして父になる」が評価が高かったのに、こちらはごく普通だったようですね。
pu-koさんのあらすじと監督が三池さんというところでおもしろそうに思えたんですが、DVD待ちでいいかな。
「悪の教典」もそうでしたが、三池監督はあともうちょっとなんだけどなあ、といイメージが最近多いですね。藤原くんの可愛いお顔に悪役は真反対でかえってお似合いかもしれません。
2013/5/27(月) 午後 8:17[ ミス・マープル ]


「くそばばぁ!」
「おばさん臭い」
とくさされた松嶋菜々子が
不憫ですなぁ。

「わしには後がないんじゃ」
と新神戸のホームで射殺
されるイモ欽の長江健次も
不憫でなりませぬ。

「おまわりさんも高卒?」
「あの娘もムチムチだった」
と毒を吐きまくった清丸を
演じた乱杭歯の藤原竜也が
ナイスな変態ぶりでした♪
2013/5/27(月) 午後 11:08[ GH字幕 ]


すげー早食い記録ですっ(爆)

そうそうエンタメ性高かったですね
これが三池監督らしさなのかしらと思いつつ

たかおファンのアタクシは楽しめました( ̄m ̄*)
たかおたかおしか言ってない記事ですがTBさせてください(笑)
2013/5/28(火) 午前 8:41[ 翔 ]


フランちゃん♪>
我ながら、どうしてお蕎麦までついたセットにしたのかとあきれたよ(笑)
中途半端ながら自由時間ができたので、楽しみにいてたこの作品を観れてラッキーでした。
うんうん、面白かったのに、感動という風に心を動かされないのはなんだろうと思っちゃいますね。
たかお(笑)の心を支えてきたものは理解できるけど、命をかけて職務を全うしようとする理由としては弱すぎる。やっぱり彼の中の正義とかもあったんじゃないかと思うのだけど、そこがうまく描かれてないのがすっきりできない部分でした。
TBありがとうございました。
2013/5/29(水) 午前 2:49[ pu-ko ]

2016/01/09(土) 20:59:04 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
chacoさん>
あはは、chacoさんの「たっちゃん」は竜也くんのほうねw
そそ、天使の顔でこういう役を演じるそのギャップがいいねぇ。

あら福山さん好きじゃないの?素敵なのに~。
『そして父になる』が世界の映画祭で評価されて、日本人として本当に嬉しいですよ。
こちらのネットレンタルの★評価も賞を獲る前から5点満点という高得点でした。(勿論まだレンタルできないけど)

たっちゃんのこれはエンタメ性はかなりのもの。
たっちゃんのクズっぷりもたいしたものです。ご覧あれ~。
2013/5/29(水) 午前 2:57[ pu-ko ]


ゾンビマンさん>
この記事珍しく映画村の注目記事の1位になっててね、記事の頭が表示されるので、ばくだん丼セット早食いも表示されててめっちゃ恥ずかしかったんですわ(笑)

うんうん、藤原くんの「かあちゃん」のエピソードは良かったね。
あれにはホロっとしましたし、唯一彼が普通の人間であることを教えてくれる。
それでも犯罪はやめられないという、性犯罪の奥深さも思い知りました。

日本の映画もここまで大掛かりなアクションを見せてくれるようになったんだなぁとは感じましたね。三池監督作品の幅の広さも。
長江くんのエピソードみたいに、犯人を殺した報奨金で子供が幸せな人生を送れるとも思えないのだけど、それでも子供の将来を願って止まない切実な親心も印象的ですね。
2013/5/29(水) 午前 3:16[ pu-ko ]



ミス・マープルさん>
外国人が日本映画に求めるのは是枝作品のような家族の絆や心の機微なのでしょうね。
ドはでなエンタメはハリウッドなどには到底敵わないわけで、日本国内の評価とは違ってくるのも無理ないかなと思います。
決してつまんないわけではないのですが「アクションを観るためにスクリーンで」とお薦めするほどでもないかな。
三池監督は実験的かつ多発なだけにもうひとつなものも多いのかもですね。
でも色んなジャンルに挑戦してくれるから、次は何を見せてくれるんだろうという楽しみがあります。
そうそう、藤原君はあの可愛い顔を逆手に取ってるのが面白いですね。
2013/5/29(水) 午前 3:32[ pu-ko ]



字幕さん>
「おばさん臭い」発言には噴出したよ(笑)
天下の奈々子ちゃんに~。(ってお歳でもなくなったかw)
しかし、彼女も可愛らしさを完全に封印した役によく挑戦しましたね。

長江君もくたびれたおっさんになってて時の流れを感じますなぁ。しみじみw

うんうん、天使のような顔でめいっぱい変態の清丸はなまるでした(笑)
2013/5/29(水) 午前 3:39[ pu-ko ]



滞在中にご覧になったんですね。
10億かけなくても1億でも探し出して殺し屋(○○団関係)雇えるんじゃないかな?と思ってしまいました。作中でも広島辺りで乗り込んできてたし。でも、そうすると話が始まらない・・・。
藤原竜也が凄かったな~~。裁判受けて判決も出るということは精神鑑定はOKだったの?とか、いくらなんでも山崎努のあの格好はないよな~~とか。でも、結構楽しんでしまいました。
TBさせてくださいね。
2013/5/29(水) 午後 0:07[ アンダンテ ]



翔さん>
てへ、近くにいた人は驚いたかも。早食いしちゃいましたわw

エンタメ性抜群でしたね。日本も大掛かりな映画を作るんだと驚いたくらい。
三池監督は初期の地味なホラーが印象的だったけど、最近は投入できる資金も豊富なんでしょうね。
わはは、私もなんだかんだ言ってたかおは好きなので、今回はやくざなたかおも見れてニマニマしちゃいましたw
TBありがとうございました。
2013/5/29(水) 午後 1:55[ pu-ko ]



アンダンテさん>
あ、私も思った。殺し屋を雇えば事は簡単なのにって。
でも、それだと確かに普通の映画になるよね(笑)
藤原君の変態ぶりはよかったですね。
あそこで精神鑑定持ち出したら許せないところだった。
あれだけしっかり犯罪意識もある人間を精神疾患持ち出して保護しちゃいけないんじゃないかって思っちゃいましたもん。
ぎゃは、確かに山崎さんはなんであんな素浪人風だったんだろうw
TBありがとうございました。
2013/5/29(水) 午後 2:51[ pu-ko ]



pu-koちゃんは凄い早食いなんだ~??(笑)。これ内容を読んでてメルギブの”誘拐”(?)を思い出しましたよ。ホラTV局の重役だかでTVに出て身代金を要求した犯人に逆に懸賞をかけるって映画、。そうっか日本でもそんな大掛かりな映画が出来るようになったんだ、。こっちで見れるかな??
2013/5/29(水) 午後 3:09[ guch ]



guchさん>
ちゃは、大体早食いではあるんですが、このときはマッハ早食いしちゃいました(笑)
あー、メルギブさんのは劇場鑑賞したのだけど詳細忘れてる。
身代金の主はそんなだったのね~。
そうそう、かなり大掛かり。新幹線シーンは日本では難しいので台湾で撮影したと何かに書いてたなぁ。
そちらの邦画事情はどうなんでしょ?
こちらはホラー系はすぐにDVDになるけど、ほかはなかなか。
2013/5/31(金) 午後 2:53[ pu-ko ]



こんにちは
藤原さんの演技には問題ないし
幼児にむけての犯罪者の更正なんて
実際ないだろうというのが
確かに隠れたメッセージ性なのかもしれません
彼の最期の台詞は説得力があった
実際私がもし死刑になったとしたら、
どうせ死刑になるならもっとやっとけばよかったって外道ですが思うと思うので。
2013/9/24(火) 午前 9:38[ maki ]



makiさん>
そう。親のことなどあって心を動かされると言う展開かと思ったら違った。
ある意味リアルで、この手の犯罪の奥深さを描いていてよかったと思います。
演技もよかったですね。
2013/9/25(水) 午前 1:37[ pu-ko ]



ばくだん丼セットw
アメリカにはない感じの食べ物ですか?w
意外と?おいしいですよね。色々入った丼ものって。
演技的には藤原竜也につきるかな、って思います。
更正しない、って云うのは言いたかったんでしょうけど。
それでかえって、物語が矮小化された感じがしました。
ラストシーンが実はかなり問題で、そこをはっきりさせなかったのは
どうしてなのかな?と云う気がしました。
この映画で、もっとも映画的シーンで意図も解るんですけど、
でも、このラストシーンの奇異さに気がついた人はどれくらいいるのか?
って思っちゃいましたけどね。
TBさせてくださいね。
2014/6/4(水) 午前 2:49[ miskatonic ]



miskaさん>
オクラ入りネギトロ丼だったかな。少なくともテキサスにはないかも。
ネバネバ系で美味しかったんですが、時間のないときに食べる量ではなかったですw
記事読ませていただいて、、ラストシーンがかなり気になってます。
何かスピリチュアルなものを入れた映画って好みなんですが、きちんと計算され、演出が上手くいかないと効果は半減ってことになるのかな。ぼんやりの私が見破れないのは致し方ないとして、せめて2割くらいの人にアピールできるものでないと。
TBありがとうございました。
2014/6/5(木) 午前 0:26[ pu-ko ]
2016/01/09(土) 20:59:42 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック