映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペパーミント・フラッペ
2013年05月27日 (月) | 編集 |




 
ペパーミント・フラッペ(1967)スペイン
原題:Peppermint Frappé
監督:カルロス・サウラ
出演: ジェラルディン・チャップリン、 ホセ・ルイス・ロペス・バスケス、 アルフレード・メイヨ、 エミリアーノ・レドンド、 アナ・マリア・カストディオ


中年の独身の医者フリアンは、幼馴染のパブロと再会し、新妻エレナに目を奪われる。
エレナはかつて出会い、フリアンの心を占領する憧れの女性だった・・・。

スペインのカルロス・サウラ監督の初期の作品です。

主人公は幼馴染の妻に恋心を募らせていく中年男フリアン
彼は医院に働くナース、アナをエレナ風に改造し始める。
このアナとエレナの両方をジェラルディン・チャップリンが演じているところがミソで
地味でコンサバな黒髪のアナとファッショナブルで奔放なブロンドのエレナは別人のよう。



 




徐々にフリアンに心を惹かれていくアナ。
しかし、フリアンに思わせぶりな態度をとりつつも、エレナの思いは夫にあり
そのことはフリアンにとんでもない行動を起こさせるんですねぇ。
タイトルのペパーミント・フラッペはフリアンの好物で
クラッシュした氷にペパーミントを注いだ爽やかな色目が美しい飲み物ですが
これが誘惑の様々なシーンで使われ、最後には思わぬ凶器にも・・

中年男の歪んだ恋の結末は驚愕のもの
結局エレナがフリアンの憧れの女性だったかどうかも曖昧なまま、アナがエレナと一体化してしまった。さらにはエレナをも超え、フリアンの欲するものへと変貌したとも言えるラストシーンはファンタジックでもあり不思議な後味を残します。


おしゃれで陰湿、傲慢でミステリアス
カルロス・サウラ監督の才能の一端を感じる作品かと思いますね。
ちなみにこの映画がもとで監督とジェラルディン・チャップリンは結婚
まだ若くてかわいらしいジェラルディン嬢ですよ。
ブニュエルにオマージュを捧げた作品だそうです。








関連記事

コメント
この記事へのコメント
Commented by kaz. at 2013-05-26 02:06
スペインの巨匠監督ですなぁ。
と言っても、この監督作ほんの数本しか見たこと無いけど。(笑)
ジェラルディン・チャップリンの若いこと~!
おしゃれで陰湿っちゅ~ところが惹かれますな。


Commented by る~ at 2013-05-26 17:20
え?ペパーミントが凶器に?
なんか気になる


Commented by pu-ko at 2013-05-26 22:44
kazさん>
監督は巨匠と呼ばれる方ですか。全然知りませんでした(/∀\*)
でもやっぱり上手さというか、個性を感じますね。
他の作品も観てみたい。
ジェラルディン嬢も若いでしょ〜。まだゾンビメイクもほどこしてない・・
って、メイクちゃうか(笑)
そう、お洒落でキッチュだけど、全編に禿げオヤジのねっとり陰湿な視線が絡み付いてくる感じでした。


Commented by pu-ko at 2013-05-26 22:49
る〜さん>
はいな。ペパーミント・フラッペもこんな風に使われるか、と。
60年代の衣装などもお洒落で、る〜さんお好きかもです。


Commented by 翔 at 2013-05-28 08:46
カルロス・サウラ監督とは馴染みがないです(^^;)
でも内容が面白そうだしなんだかオサレな雰囲気ですね。
でも少しオチが怖そうだわ~~


Commented by pu-ko at 2013-05-29 11:49
翔さん><br> 私も知らなかったのだけど、この作品がベルリンで監督賞も獲ってるしで映画ツウの間では有名な監督さんみたいです。
そうそう、冒頭ファッション雑誌を切り取ってスクラップするシーンなんかもおしゃれでした。
終盤は不条理劇ともいえる展開になるけど、ラストはちとファンタジックだった~。色んな解釈できそうだし。


Commented by GH字幕 at 2013-05-29 16:57
ハッカ氷ですか。
当時のスペインはフランコ政権下で映画はぞくぞくと
イタリアから西部劇を作りにやって来ていた時代ですね
まっ
これ未見ですが。


Commented by pu-ko at 2013-05-29 17:06
字幕さん>
日本ではハッカ氷って呼ぶの?
ミント水だけで美味しいのかなぁなどと思いながら見ました。
そうそう、フランコ政権下。
でもって、この映画もフランコ政権による圧力とかがテーマみたいなんですよ。
ブロンド娘は西欧への憧れを投影してるのだとか。
でも映画作りには寛容な政権だったのかな♪

Commented by maki at 2013-05-29 18:47
これは私の好みそうだわ!面白そう
ディスカスで調べてみたけど、日本ではみられなそうですね;
うう残念~


Commented by pu-ko at 2013-05-29 23:08
makiさん>
ちょっと気になる感じでしょ。
多分お好きだと思います~。
でも、そう。日本ではDVDになってないらしく、申し訳ないです。
ビデオならあるらしいのだけど、これはぜひともDVD出して欲しいですね~。
2016/01/04(月) 12:39:28 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。