映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】グリース
2013年07月14日 (日) | 編集 |




みんな「懐かしい~!」と思うでしょうけど、ちゃんと観てなかった私はほぼ初見です(笑)
グリース(1978)アメリカ
原題:Grease
監督:ランザル・クレイザー
出演:ジョン・トラボルタ/オリヴィァ・ニュートンジョン/ジェフ・コナウェイ/ストッカード・チャニング
日本公開:
 サマー・バケーションで知り合ったダニー(ジョン・トラボルタ)とサンディ(オリヴィア・ニュートンジョン
バケーションの終わりとともにひと夏の恋を思い出にすべく別れるが
父親の仕事の都合で、サンディはなんとダニーと同じ高校に通うことに。
そうとも知らず偶然学校で再会した二人。
しかし不良グループを率いるダニーは、仲間の手前、ツッパった態度でサンディを失望させる・・・

元は舞台という作品を『サタディ・ナイト・フィーバー』でブレイクしたトラボルタと、ポップス界の人気者オリヴィア・ニュートンジョン主演で映画に、若者の恋の悩みや成長を描く学園モノミュージカルです。



タイトルのグリースは、勿論リーゼントを決める整髪料のこと。
舞台となる50年代というのは、音楽やダンスもロカビリー調から、ロックンロールへと変わっていく時期かな。
当時30歳のオリヴィアの高校生役というのはちょっときついものがあったけど
リーゼントで髪を固め、キレのいいダンスで腰を振り、甘い歌声を聴かせてくれるトラボルタはさすがに時代の寵児と思うところ。
青春モノに付き物のカーレースは迫力に欠けるし、今見ると色々に時代は感じるものの、
ミュージカルシーンははちゃめちゃに楽しいし、恋や夢や友人関係など、高校生なりの悩みを乗り越えてそれぞれがあるべきところに落ち着く様子が爽やかでした。

終盤のオリヴィアの変身には思わず「おーーっ!」ってなっちゃうよね。
歩み寄りも大事だけど、どうせなら自然体でありたいし、一緒に楽しめればそれが最高。

こんなミュージカルなら好きですよ。

ちなみに、お二人は昨年暮れにデュオクリスマスアルバムをリリースしてますね。








  


関連記事

コメント
この記事へのコメント
いただいたコメントを転記しています

懐かしい映画ですね、、、78年でした??これをちゃんと見てないって事はひょっとして”サタデー・ナイト・フィーバー”も未見??
オリビアはオージーですからこっちじゃ今でも大人気ですよ、。

[ guch ]
2013/7/14(日) 午後 3:23



これはお正月に劇場で
70ミリで観たんですよ。
でかい画面に三十路を
越えたオリビアの女子高生
はキツかった(笑)
レザージャケットに
真っ赤なルージュを
引いた彼女はよかったよぉ。(///∇///)

[ GH字幕 ]
2013/7/14(日) 午後 9:08



これは私の人生に大きな影響を与えたというか、人生を変えてくれた映画です。
映画と音楽の繋がりを教えてくれた。
巨大画面で観た『グリース』は最強の想い出。
日本で最初にテレビで放映されたときの野口五郎と桜田淳子の吹き替えも最高でした。

[ ゾンビマン ]
2013/7/14(日) 午後 9:27



当時、オリビアがいつもと違うイメージで結構驚いたかも。テイストの違う二人が新鮮だったかな~~。なんだか忘却の彼方で

[ アンダンテ ]
2013/7/14(日) 午後 9:32



guchさん>
『サタデー・ナイト・フィーバー』もタイムリーには観てないんですよね。
で、同じようにあいまいにしか観れてないので、一緒に見直そうと思ってるところです。
オリヴィアは今もご活躍だったのね。
この写真見ても60半ばには見えませんね。

[ pu-ko ]
2013/7/15(月) 午前 0:07



字幕さん>
普通のテレビ画面でもオリヴィアの高校生はキツかった(笑)
でもチャニング嬢なんてオリヴィアより5つほど上だから、無茶苦茶ですわな(笑)
ラストシーンのオリヴィアは飛び切りクールでカッコよかったですね。

[ pu-ko ]
2013/7/15(月) 午前 0:10



ゾンビマンさん>
大きな影響を受けた映画だったのね~。
そんな映画を大きなスクリーンで再見できたのは最高ですね。
これこちらでもシングアロングで上映が予定されてたような。
トラさんって思いのほか声が甘いから野口五郎は特に合いそう。

[ pu-ko ]
2013/7/15(月) 午前 0:14



アンダンテさん>
もう35年も昔だもの。
忘却のかなたも当然ですよね。古い映画になっちゃいました。
オリヴィアは清純可憐な姿から革ジャンでキメたクールな姿まで披露してくれて楽しめました。
やはり歌は上手いですしね。

[ pu-ko ]
2013/7/15(月) 午前 0:16



80年頃、オリヴィアに恋をしていましたから、内容は別にして、この映画も「ザナドゥ」も許しちゃいます。
トラボルタも好きなので、「サタデイ・ナイト・フィーバー」も好きで、「グリース」「ステイ・アライブ」とのDVD3枚セットを持っています(「ステイ・アライブ」の内容はひどいですが)。

[ yymoon ]
2013/7/15(月) 午前 0:26



yymoonさん>
わーい。オリヴィアお好きでしたか。
当時は絶大な人気でしたね。
そうそう、こういうミュージカル作品は映画の内容とか完成度とかでなく、音楽がウキウキさせてくれるし、青春を思い起こさせてくれる。キャストが好みだと一層楽しいですよね。
トラボルタもこの頃は本当に輝いていたし魅力的。
でもyymoonさんがその3枚組みのDVDを持ってらっしゃるのはちょっと意外。
クラシックのイメージだったので。
やっぱり音楽自体がお好きなのですね。

[ pu-ko ]
2013/7/15(月) 午後 9:28




最後の画像に年代を感じてしまいました~。

[ る~ ]
2013/7/16(火) 午後 3:05



あ、私も今観たら、ほぼ初見に近いぐらい忘れてるかも(笑)
ミュージカルシーンが楽しかったのは覚えてますw 削除

[ じゅり ]
2013/7/16(火) 午後 8:55



る~さん>
わはは、まぁ35年だからねぇ。仕方ないですわ。
でもオリヴィアさん、60半ば?には見えない若さだと思いませんか?

[ pu-ko ]
2013/7/17(水) 午前 4:51



じゅりさん>
うんうんミュージカルシーンが楽しかったね。
しかも今見てもかなりスタイリッシュだと思える絵作りになってて、あれはよかったなぁ。

[ pu-ko ]
2013/7/17(水) 午前 4:55



これは好きでした~~~
はじめてこの作品と出合ったのは小学生から中学生へ・・って頃でしたが、それまでこういう系の作品を観た事がなかったので自分的にすごく衝撃やったのを覚えてます
え?
昨年暮れにデュオクリスマスアルバム?
へ~聴いてみたい^^
オリヴィアいつまでも綺麗な~~

[ SHIGE ]
2013/7/19(金) 午後 0:56



SHIGEさん>
おー、SHIGEさんに衝撃を与えた一本だったんですね。
こういうロック系でスタイリッシュなものって新しかっただろうし、若者をワクワクさせるものがありますよね。
そうそう、35年ぶりのリユニオンをオリヴィアのほうから申し出たようで、トラさんも二つ返事で実現したようなんですよ。アマゾンでサンプル聴いてみたけど、なかなかよかったですよ。
オリヴィアこれで60半ば?凄く若い!

[ pu-ko ]
2013/7/20(土) 午前 0:13



いや~懐かしい~!!テンション上がるぅ~(^_^)当時、レコードを買って何回聴いたか!!シュパパ?シュパパ?ってね~。よく真似したな~GO~グリーンライティング?とかななんとか言って(>_<)オリビア綺麗でした(≧∇≦)

[ dance ]
2013/7/21(日) 午後 11:06



ダンスさん>
男子には特にインパクト強かっただろうなぁと想像できます♪
おー、音楽にもはまったんですね。
懐かしく思い出してもらえて嬉しいな。
映画とか音楽って、それらと親しんでた頃が鮮明に蘇りますね。
たまに昔の作品観てみるのもいいよね。

[ pu-ko ]
2013/7/22(月) 午後 11:31



基本、オリジナルの歌曲が楽しいし、途中で挟まれる
オールディーズもなかなかいいですよね。
冒頭「慕情」(1955)のテーマが流れ、
それがOPのロックにシフトすると云うのも
映画ファンだとにくい演出でしたw

[ miskatonic ]
2013/7/23(火) 午後 0:37



miskaさん>
これは楽しかったですね。
そうそう、時代設定がロックの過渡期みたいなところだし、オールディーズも満載なんですね。
おー、『慕情』も時代のものでもあったんですね~。さすが。

[ pu-ko ]
2013/7/24(水) 午前 0:06

2015/12/20(日) 22:31:17 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。