映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンディーヌ 海辺の恋人
2013年07月17日 (水) | 編集 |




オンディーヌ 海辺の恋人(2009)アイルランド/アメリカ
原題:Ondine
監督:ニール・ジョーダン
出演:コリン・ファレル/アリシア・バックレーダ/アリソン・バリー/スティーヴン・レイ
日本未公開
 ニール・ジョーダン監督、コリン・ファレル主演
アイルランドの海辺の町をを舞台に、漁師の男と自らを人魚と名乗るミステリアスな女性との恋を描く作品。

コリン演じるシラキュースは妻と別れ、腎臓病もちの娘と暮らす男。
アル中の既往を持ち、今もリハビリ中だが、子供のためにまじめに生きようとしている。
ある日、彼の網に女性がかかり、自らをオンディーヌと名乗った。
誰とも会いたくないというオンディーヌを亡き母の家に匿うシラキュースだったが・・。



オンディーヌ(アリシア・バックレーダ)が海からやってきたことは勿論のこと
世間の目を避けようとすることや、美しい歌を歌えば大漁になること
幼い娘がオンディーヌを人魚と信じて疑わないことなどから
私もいつしか、「人魚と漁師の恋」を応援してしまってました。

ジョーダン監督は『狼の血族』『インタヴュー・ウィズ・ヴァンパイア』など
かつてはおとぎ話や伝説をベースにサスペンスやロマンスを描いてましたね。
そう言えば新作『ビザンチウム』は久々にヴァンパイアものだとか。

アイルランドの漁師町の風景や、コリン・ファレルの朴訥とした雰囲気も嵌っていて
こんなファンタジーもありかもと思わせる。
ところが、そうして能天気に見れば見るほど、終盤明かされる現実にドン引きますw

いやいや、ミステリーのもっていき方としてはうまいんですけどね
謎の正体がもう少し気持ちのいいものであって欲しかったとは思います。



監督の男ミューズ、スティーヴン・レイが主人公の告解を聞く牧師役で登場
コリンとの会話がユルい笑いを提供してくれてこれが最高w
登場時間は少ないながら絶妙なサポートでした。さすが!

人魚伝説をだまし絵に、思いがけずリアルな現実を描く作品でしたが
再生の物語としては悪くなかったです。





 
 
関連記事

コメント
この記事へのコメント
iいただいたコメントを転記しています

えええ~
そんな書かれ方だと、正体が気になってくるよ~ 削除

[ る~ ]
2013/7/17(水) 午前 9:44



これってアイリッシュのコリンがホンモノのアイルランド人を演じているんですよね??確かダブリン生まれでしょ?普段そんなに”訛って”ないからどんなか聞いてみたいですね、、何せこのところジャック・テイラーの訛りっぱなしの映画に接しているので、、こっちまで訛りそうです。

[ guch ]
2013/7/17(水) 午後 3:45



そうかぁ・・・未公開ですか・・・。
最近のコリン・ファレルは凄く良くなってきた。
良い感じでワルの雰囲気が出ていますよね。
この作品、結末が気になりますね。

[ ゾンビマン ]
2013/7/17(水) 午後 5:30



こんばんは!
そうそう、オンディーヌの正体が何かトホホ、なんですよねえ。人魚姫ものなら、トム・ハンクスの「スプラッシュ」のほうが、ロマンチック&ファンタジックで好きかも。でも、コリンが可愛かったので無問題♪

[ 松たけ子 ]
2013/7/17(水) 午後 11:46



る~さん>
気になるでしょ。
でもそうやって期待しすぎると、ちょっと・・ってなる(笑)

[ pu-ko ]
2013/7/18(木) 午前 4:59



guchさん>
そうそう、コリンがアイリッシュ訛りで演じるのは久々という気がしますね。
でも比較的聴きやすい喋りになってます。
本格的なアイルランド訛りのは私にはかなり厳しいですわ。
ネットレンタルのストリーミングに字幕がつかないものがあるんですが、
先日は見かけた一本が、訛りが激しくどうしても聴き取れなくて、ストリーミングがあるのに、DVDをレンタルしちゃいましたよ。
まったく、もう~。

[ pu-ko ]
2013/7/18(木) 午前 5:08



ゾンビマンさん>
はい、コリンはワルの中に優しさと素朴さが見え隠れするところが魅力的 だと最近思うようになりました。
ちょっと前までは汚さが気になってたんですけど(笑)
結末は、あ、そうなん?って感じかもw

[ pu-ko ]
2013/7/18(木) 午前 5:11




松たけ子さん>
でしたね~(笑)
私なんて途中までファンタジーのつもりで観てましたからw
ちょっとショックでしたが、アイルランドにもはびこる社会問題を入れたかったのかな。
うんうん、『スプラッシュ』は可愛かったですね。

[ pu-ko ]
2013/7/18(木) 午前 5:13



ジョーダン監督のファンタジー寄りの映画は結構好きなのですが、これは発端はファンタジーだけど、落としどころはリアルみたいですね。オンディーヌの正体がミステリーになっているようで、気になります。

[ einhorn2233 ]
2013/7/27(土) 午後 11:02



einhornさん>
そうなんですよ。
ジョーダン監督だからファンタジーもありかと思ってみていたら、とんでもないリアルな世界に落ち着くという。
それでもコリン・ファレルの朴訥さがファンタジー、リアルどちらにも似合うところがよかったです。

[ pu-ko ]
2013/7/29(月) 午前 0:32

2015/12/20(日) 22:20:11 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。