映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ジェームズ・ワン新作ホラー『死霊館』
2013年07月24日 (水) | 編集 |


死霊館(2013)アメリカ
原題:The Conjuring
監督:ジェームズ・ワン
出演:ヴェラ・ファーミガ/パトリック・ウィルソン/ロン・リヴィングストン/リリ・テイラー
日本公開:秋
1971年、超常現象の研究者エド&ロレイン・ウォーレン夫妻(パトリック・ウィルソンヴェラ・ファーミガ)は、米ロードアイランド州のハリスビルに引っ越してきたばかりのペロン家から家に起きる不思議な現象を調査して欲しいと依頼される。現地に到着した2人は早速家に漂う異様な空気を察知する・・

『SAW』シリーズのジェームズ・ワン監督による新作です。
前作『インシディアス』同様に、家に棲みつく邪悪なものを描く作品ですが、
今回は実録モノというのが凄い。
超常現象を研究するリアル・ゴーストバスター夫妻も、悪魔にとり憑かれた一家のメンバーも実名です。




新しく越してきた家に何かの気配がする
一家は次第に恐怖を体験することになり、専門家に調査を依頼する・・と、
この手のホラーはこれまでに何本も撮られていて、目新しさはさほどないのだけど、
ワン監督はとにかく見せ方がうまい。

大きな音で脅かすシーンもあるので、苦手な方は要注意ですが
闇に潜む「何か」を想像させたり、サイキック能力のあるロレインを演じるヴェラ・ファーミガの視線の先や
瞬時に表情が硬くなることによって、観客も緊張するという
こういう見せすぎることない、シンプルな演出が怖いんですよね。
バチカンに対する皮肉を垣間見せつつ、神父ではなく、研究者が手探りで行うエクソシストは
危なっかしさも手伝ってハラハラドキドキ。
壮絶なまでの闘いぶりはフリードキン超えかも。
最後は愛の力で悪魔に対峙する家族の姿に感動して震えてしまいました。
簡潔に伏線を張ったドラマの見せ方もうまい。

クスッと笑えるシーンがあるのも、緊張が和むし
ところどころに、もしかしてこれってパロディ?と思うところがあるので
元ネタを探すのも面白いかも。

パトリック・ウィルソンは『インシディアス』に続いての出演。
ヴェラ・ファーミガは「特殊な能力を与えられたのは神の意思によるもの」と
強い使命感をもって一家を助けるロレインを好演。
一家のお母さんを演じたリリ・テイラーのガッツにも拍手です。

ちなみみ、こちらは本物のウォーレン夫妻




面白いですよ。



     

トラックバック一覧

  1. 1. 死霊館

    • [Akira's VOICE]
    • October 11, 2013 18:46
    • 悪魔さん怖すぎ。勘弁して下さい。  
  2. 2. 死霊館

    • [だらだら無気力ブログ!]
    • October 13, 2013 17:25
    • なかなかに怖くてイイ!
  3. 3. タイトルデザイン_36(Becker Design) ジェームズ・ワン監督【The Conjuring (死霊館)】

    • [映画雑記・COLOR of CINEMA]
    • October 13, 2013 18:23
    • 「ソウ」「インシディアス」のジェームズ・ワン監督がアメリカで実際に起こった実話を基に描くホラースリラー『The Conjuring (死霊館)』物語・1971年アメリカ・ロードアイランド州、両親と5人
  4. 4. 死霊館/THE CONJURING

    • [我想一個人映画美的女人blog]
    • October 14, 2013 22:22
    • ランキングクリックしてね ←please click 40年もの間、関係者全員が口を閉ざし続けたある一家に起きた実話を 「ソウ」「インシディアス」のジェームズ・ワン監督が発掘し映画化 タランティーノが、早くも選んだ今年の10本のうちの1本 元々、...
  5. 5. 「死霊館」

    • [或る日の出来事]
    • October 29, 2013 07:21
    • かなり怖かったぞー。
  6. 6. 死霊館

    • [いやいやえん]
    • February 05, 2014 19:38
    • 戦慄の実話。ジェームズ・ワン監督なのできっと不気味な人形がまた出てくるよと思ってたら、出てきた!(笑) 特別特殊な演出はされずに、「インシディアス」同様、シンプルなオカルトホラーとして楽しめる出来になっている。 「デッド・サイレンス」もそうですが、
  7. 7. 死霊館

    • [CINEmaCITTA']
    • May 28, 2014 00:04
    • 【死霊館】 THE CONJURING アメリカ 2013 監督 :ジェームズ・ワン 出演 :ヴェラ・ファーミガ / パトリック・ウィルソン / リリ・テイラー / ロン・リヴィングストン 他               実在する超常現象研究家 エド&ロレー

関連記事

コメント
この記事へのコメント
いただいたコメントを転記しています

また~そうやって~
みれなさそうなのに~

おもしろうなんだから~

[ る~ ]
2013/7/24(水) 午前 9:53


「インシディアス」も未見なので、この記事で見てみたくなりましたw
レンタルで探してみよう♪夏だしw
これ秋にこっちで公開予定ありますね。でも、今見たいですよねw
キャストもいいところですよね。派手すぎず、地味すぎず。
実話って云うのがまたすごいw

[ miskatonic ]
2013/7/24(水) 午後 0:25


ワン監督の演出手腕も本物になってきたと言うコトですね~。
これはマジで面白そうです。
実名で、と言うところも気に入りましたよ。
キャストも好きだし、ぜひ観たい一作ですなっ。

[ Kaz. ]
2013/7/24(水) 午後 6:52



実録ものですか~。 怖さも倍増しそうですね。。
怖いのは苦手なんですが、巧いであろうその演出が気になっちゃいますね。
あと、ヴェラ・ファーミガ姐さんも気になるっす・・。

[ サムソン ]
2013/7/24(水) 午後 10:04



る~さん>
あはは、この際、怖いもの見たさで挑戦してみては(笑)

[ pu-ko ]
2013/7/24(水) 午後 10:49



miskaさん>
『インシディアス』も怖がらせの手法はいいのだけど、登場する邪悪なものの造詣などに難あり、評価は分かれてるんですよね。
その点、今回は見せすぎない演出と実話というのが功をなしたか評価も上々。(IMDbで8.1)
そう、キャストもでしゃばり過ぎないのがいいですよね。
こんな怖いことが実際にあるなんて・・ですよ。

[ pu-ko ]
2013/7/24(水) 午後 10:54



kaz.さん >
そうですね。やっぱりセンスのある方なんでしょう。
題材を選んでいけば、ホラーの旗手として十分に映画界を引っ張っていけそう。
エンドロールには被害者も含め皆さん写真で登場。当時の新聞記事なんかもあって
あー、本当に実話なんだと。怖いけど面白いです。ぜひ。

[ pu-ko ]
2013/7/24(水) 午後 10:57



サムソンさん>
そう、本当にあったと思うと一層ぞっとしますよねぇ。
ヴェラさんはいつもいいお仕事します。
怖さ演出のうまさもぜひ確認してください。

[ pu-ko ]
2013/7/24(水) 午後 10:58



キャストが私好みなんで絶対に観ます。
端役ヴェラさんが観たい。
最近のパトリックさんはホラーが多いですね。

[ ゾンビマン ]
2013/7/24(水) 午後 11:24



映画も怖そうですが、本物のウォーレン夫人もとても怖そうですね。
日本公開はミニシアターになるのでしょうね。

[ yymoon ]
2013/7/24(水) 午後 11:47


ゾンビマンさん>
題材、キャストともに観たくなるでしょ。
ヴェラさんは主役でしたよ。。 ん?「早く」かな?(笑)
パトリックさんは『インシディアス』で印象的だったけど、最近はホラー系になってるんだ。
男前だけど主役張るほどの存在感はなくなって、作品選びが難しい時期かもですね。

[ pu-ko ]
2013/7/25(木) 午前 11:40


yymoonさん>
あ、確かにウォーレン夫人ちょっと怖いですね(汗)
霊能力の強いのは夫人の方だったようで、何か特異な雰囲気を写真からも感じますね。
公開の規模はどうでしょうね。
このジャンルには珍しくこちらでも評判がいいので、シネコンでもかかるかも。

[ pu-ko ]
2013/7/25(木) 午前 11:44



『ウーマン・イン・ブラック』でもシンボルツリーが
出てきましたが、縛り首の
ロープ?不気味。
B級ホラーっぽい
『死霊館』でいいと思います。原題って
『降霊』とかって意味
でしたっけ?


[ GH字幕 ]
2013/7/25(木) 午後 0:15



字幕さん>
ポスターの木とロープが怖いよね。
これだけでただ事じゃない雰囲気が漂うし。
イーサン・ホークの『フッテージ』にも出てきたし、最近はやりでしょうか?(笑)
そうそう、原題は悪魔や霊を呼ぶというような意味みたいですね。

[ pu-ko ]
2013/7/25(木) 午後 0:31



記事を拝見して、お話の構成が「ポルターガイスト」みたいだなあって思っちゃいました。ストーリー的には興味あるのですが、やっぱりでっかい音が苦手なんですよ。昔ながらの映画館だと音量そこそこでまだ耐えられるのですが、最近のシネコンはとにかく音がでかくて、チキンなオオヤジには敷居が高いです。


[ einhorn2233 ]
2013/7/27(土) 午後 11:06



einhornさん>
うーん、音も怖がらせに使われてはいるんですが、それが主体ではないので
ホラー好きのeinhornさんにはぜご覧になって欲しいんですけどねぇ。
『ポルター・ガイスト』は構成の記憶があいまいなんですが、(汗)
家に住み着いた邪悪なものをプロの力を借りて退けるという展開は似てますね。
『エクソシスト』とのコラボみたいなものかな。
実話というのが恐ろしいですね。

[ pu-ko ]
2013/7/29(月) 午前 0:39



観ました。
コレは想像以上・期待以上に良かった。
誠実なアプローチの作品やと思いましたね。
理屈抜きに面白い。

[ ゾンビマン ]

2013/10/12(土) 午後 1:54



ゾンビマンさん>
楽しめてよかった!
実話とは思えないほどの壮絶なストーリーでしたが、家族の絆を大事に描いてるところもよかったですよね。

[ pu-ko ]
2013/10/13(日) 午前 0:39



こんばんは
ワン監督はファンだったというヴェラ・ファーミガさんと共演できて
狂喜乱舞だったんじゃないでしょうか(笑)
地味に監督も出演してましたしね あ、全然地味じゃないか堂々とでてました

実際にはそれほど怖い!キャー!!ってほどでもなかったのですが
とても面白い作品だと思いました
古典的手法でジワジワ真綿で首を絞められているかのような恐怖感を味わえましたね!

[ maki ]
2014/2/7(金) 午後 6:51



makiさん>
監督はヴェラさんファンだったんだ。ヴェラさん大活躍でしたね。
監督が出演してるのは全然知りませんでした。
というか、監督のお顔も知らなかったので、画像確認しちゃった。
そうそうじわじわくる怖さの演出がうまかった。
面白かったですね。

[ pu-ko ]
2014/2/10(月) 午前 4:51



でも見た感じではワン監督って若いですよね。
いま幾つなんやろ? なら調べろっ!ってかっ?(笑)
こういう映画でステップアップしていくんですね~。
面白いホラーでした~。
TBさせてもらいますね。

[ Kaz. ]
2014/5/28(水) 午前 0:08



Kaz.さん>
『ソウ』がシリーズ化してなんとなく遠ざかってたけど、監督のホラー魂はやっぱり本物だと思わせてくれる作品でした。面白かったですね。
ワン監督1977年生まれだから37歳かな。
まだまだ大きくなりそうですよね。
TBありがとうございました。

[ pu-ko ]
2014/5/28(水) 午前 0:41

2015/12/20(日) 21:55:53 | URL | 名なしさん #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック