映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ムービー43
2013年08月10日 (土) | 編集 |



ムービー43(2013)アメリカ
原題:Movie 43
監督:スティーヴン・ブリル、 ピーター・ファレリー、 ウィル・グレアム、 スティーヴ・カー、 グリフィン・ダン、 ジェームズ・ダフィ、 ジョナサン・ヴァン・タルケン、 エリザベス・バンクス他
出演:デニス・クエイド、グレッグ・キニア、エリザベス・バンクス、 ナオミ・ワッツ、ハル・ベリー 、 
 ジェラルド・バトラー、アンナ・ファリス、 リチャード・ギア、 テレンス・ハワード、 ヒュー・ジャックマン、ジョニー・ノックスヴィル、クロエ・グレース・モレッツ、 リーヴ・シュレイバー
日本公開: 8/10~
 
デニス・クエイドが映画会社に映画の案を持ち込み、グレッグ・キニア演じるプロデューサーに売り込む。
そのショート・フィルムの内容を豪華キャストが演じてみせるというオムニバスです。


もうね、ロジャー・エバートさんじゃないけど、映画が始まって5分で観たことを後悔しました(笑)
最初のエピソードは、ケイト・ウィンスレットがヒュー・ジャックマンとブラインド・デートをするというもの。
といっても顔写真だけは事前に見てウキウキで出かけるんだけど、やってきたヒュー・ジャックマンが・・・・



いや、もう画像これ以上は載せられませんよ。もしかしてこれに修正入ったりしない?
ケイト・ウィンスレットの反応が、演技うますぎで爆笑モノ。
周囲の人たちが全く気にしてないのも笑えます。
強烈過ぎて唖然としたけど、思えばこのエピソードが一番可笑しくて、
あとはハル・ベリーのドッキリカメラ的なノリはよかった。

とにかくお下劣炸裂な映画だけど、小ネタは楽しめる。
なんといってもこれを豪華俳優陣が演じてるのがミソですね。
あとで出演者リストみて気づいた人もいたけど。

可愛そうだったのはクロエちゃん。思春期の女の子になにやらせるの。
『キック・アス』で共演のレッド・ミストが一緒に出てるのも可笑しかった。

ピーター・ファレリーの思いつきから、多数のネタが持ち寄られ
エリザベス・バンクス含む12人が監督したという本作、
これだけの有名人が出演したのもファレリー兄弟の名前があってこそかな。

コント集のノリなので目くじら立てることもないし
部分部分はそれなりに楽しめたけど
どうでもよすぎるものもあったので、いいお点あげないよw






トラックバック一覧

  1. 1. 「ムービー43」は有名スターによる下品ネタてんこもりの映画でバカに付き合える人にオススメ。

    • [今昔映画館(静岡・神奈川・東京)]
    • August 18, 2013 15:37
    • 今回は新作の「ムービー43」をヒューマントラストシネマ渋谷3で観てきました。初めての映画館だと思ってたら、何やらデジャヴ感ありまして、ここって、7年前に 「2番目のキス」 を観た渋谷アミューズCQNでないかいって気付きました。座席数60で、座席の配置とスクリ
            •  


          関連記事

          コメント
          この記事へのコメント
          始まって5分で公開するほどかぁ。(笑)
          まぁこれだけのスターを揃えてバカやってるのが狙いなんでしょうね。
          たまには良いものです。(良いのか?w)

          2013/8/11(日) 午前 0:24[ Kaz. ]


          おーこれは”43”ですかぁ?今夜”42”を見ますよーん(笑)。これは見たかったんです、、何せ野球ファン必見ですが劇場公開があっと言う間に終わってしまいました。やはりオージーには野球はダメでした、、。

          2013/8/11(日) 午後 0:24[ guch ]


          またタイムリーやなぁ・・・。
          実は今のこの時間に鑑賞する予定でした。
          席を事前に確保していたのに寝坊してしまい、鑑賞券をパーにしてしまった(涙)・・・。
          あらためて鑑賞するかどうかは未定です。
          トホホ・・・。

          2013/8/11(日) 午後 0:28[ ゾンビマン ]


          kaz.さん >
          早々にヒュー・ジャックマン出ますからね(笑)
          もう、なにしてんの~ってなもんですw
          そうそう、これがヒュー様でなかったら、そんなに面白くないんだけど、やっぱり有名スターたちがこんなことをというのを見るのが楽しいですよね。

          2013/8/11(日) 午後 2:33[ pu-ko ]


          guchさん>
          おー『42』ごらんになりますか。そちらは間違いなくお勧め。
          残念3連敗から抜け出してくださいね(笑)
          オーストラリアではなんのスポーツが好まれてるんでしょう。

          2013/8/11(日) 午後 2:38[ pu-ko ]


          ゾンビマンさん>
          あちゃーー、それは残念。
          ヒュー・ジャックマンの姿にお口あんぐりになった衝撃を共有したかったのになぁ(笑)
          前売り買ってると、余計悔やまれますねぇ。
          でももしかしたら「無理してみる映画じゃないぞ」っていう神のお告げだったかもw

          2013/8/11(日) 午後 2:42[ pu-ko ]


          くだらなそ~とおもいつつ
          気になっております。

          1000円でみようじゃないか~

          2013/8/11(日) 午後 10:24[ る~ ]


          思春期の女の子になにやらせたのか、気になっちゃいますw
          この豪華キャストで、ってのが驚きですけど、ファレリー兄弟ってそんな崇拝されてるんですかね。
          たしかに、『メリーに首ったけ』は傑作だったと思うけど・・。

          2013/8/11(日) 午後 11:35[ サムソン ]


          いやぁ~んもうね、その、いろんな事を確認したくて仕方ないです(笑)

          2013/8/11(日) 午後 11:44[ じゅり ]


          る~さん>
          そう、思いっきりくだらないけど、観た誰かと感想を交わしたい(笑)
          1000円ならぎりぎり許せるかもw

          2013/8/12(月) 午後 10:33[ pu-ko ]


          サムソンさん>
          とっても恥ずかしいことですw
          ファレリー兄弟はどうなんでしょう。
          個人的にはちょっと苦手だけどw、確固たる地位を確保してるの気がします。

          2013/8/12(月) 午後 10:41[ pu-ko ]



          じゅりさん>
          ふふ、ぜひ確認してほしい。
          特にヒュー様。あ、ヒュー様だけでいいかな(笑)

          2013/8/12(月) 午後 10:43[ pu-ko ]


          面白かったんですが、何だか居心地が悪い感じがしちゃいました。コンセプトが曖昧というか、素直に下品なのを楽しめないスノッブ臭がするのですよ。頭空っぽにして観れば楽しいのに、作り手が、オレはこれほどバカでも下品でもないけどと、言い訳しながら作っている感じがしてしまって。志は高く、視点は低いサッシャ・バロン・コーエンのよさを再認識する映画でもありました。

          2013/8/18(日) 午後 3:37[ einhorn2233 ]
          2016/01/15(金) 19:15:00 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
          コメントを投稿する
          URL:
          Comment:
          Pass:
          秘密: 管理者にだけ表示を許可する
           
          トラックバック
          この記事のトラックバックURL
          この記事へのトラックバック