映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
アンチヴァイラル
2013年08月21日 (水) | 編集 |




デヴィッド・クローネンバーグの息子、ブランドン・クローネンバーグの長編監督デビュー作です
アンチヴァイラル(2012)アメリカ
原題:Antiviral
監督:ブランドン・クローネンバーグ
出演:ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、 サラ・ガドン、 マルコム・マクダウェル、 ダグラス・スミス 
 ジョー・ピングー、 ニコラス・キャンベル、 シーラ・マッカーシー、 ウェンディ・クルーソン 
近未来、
ちまたには、セレブの罹患した病原菌を熱狂的なファンに注射する医療サービスが出現。
主人公シドは、クリニックで顧客に病原菌を注射する技師をする傍ら、
自らに病原体を注射、培養して闇マーケットに流している。
あるとき、彼は一番人気のセレブ、ハンナ(サラ・ガドン)が最近かかった正体不明の病原菌を注射するが、ハンナはその後死亡が報じられ、シドにも幻覚症状が現れ始める・・




「セレブの係ったウィルスが自分の体内で増殖するって、なんて素敵!!!」
えーーー?ってなもんですが、これって人気スターがライブで投げたタオルを奪い合い、汗の匂いを嗅いで歓喜するファン心理の究極の形かもしれません。
セレブの食べかけのパンを売る商売もあるらしいし
ブランドン監督は、このヘンテコな世の中を笑ってもいるわけですね。

ips細胞の発見で、医療の将来が大きく変わろうとする現代にあって
セレブの細胞を使って、あんなことやこんなことまで出来るんだよというアイディアが楽しい。
もうけ話には犯罪が付きまとうということで、主人公は大きな陰謀に巻き込まれるのですが
絡みに絡む陰謀の内容も奇想天外ながら、なかなか知的です。

病気に冒される主人公の様子がちょっとグロかったり、セレブの細胞から培養した肉を売ってたりw
シドの妄想シーンにしても、父の影響を強く受けてるのは明らかで、なんだか微笑ましい。
もしや、父の血を注射してたりしないよね(笑)




シドを演じたケイレブ・ランドリー・ジョーンズのパフォーマンスは映画の世界にマッチしていて見事。
説明が少なく分かりづらいのと、スローペースのため眠くなるところもあったけど
白を基調とした映像はスタイリッシュで、知的でシュールなグロに独自のカラーを感じます。
あともう少し時間を削って、もう少しロマンティックな風味を醸し出してくれたらより楽しめたはず。
これからの活躍にも期待!!






      

トラックバック一覧

  1. 1. アンチヴァイラル

    • [いやいやえん]
    • October 29, 2013 23:18
    • ファン心理って理解しがたい…。病原菌に感染することに抵抗はないのか…。しかも、筋細胞すら肉のように売っている始末…カニバリズムみたいなものなんですかねーこれはまあ、理解出来ますが。 セレブが罹った病気のウイルスを買い、注射するというビジネスが成立して




関連記事

コメント
この記事へのコメント
劇場で予告編を観ましたが、イッちゃってますよね(汗)・・・。
最近つまらなくなったお父さんよりも全盛期のお父さんらしい感じ。

2013/8/21(水) 午後 6:29[ ゾンビマン ]


世の現状を皮肉った内容なんですね。
クローネンバーグの息子さんかぁ~。
デヴィッド・リンチの娘さんも、ちょっと泣かず飛ばずだから、どうにか頑張って欲しいですね。
マジに父親の血を注射したらイイじゃんw

2013/8/21(水) 午後 7:16[ Kaz. ]


確かにファン心理も行き過ぎると怖いし、逆に滑稽なところを揶揄してるのかもですねぇ。
私も気をつけなきゃ(えーw)
パパの才能をしっかり受け継いでる感じなんですね。
あ、血も?( ̄∀ ̄*)w

2013/8/21(水) 午後 11:36[ じゅり ]


ゾンビマンさん>
設定からもうイッてますもんね~w
あはは、パパも最近すっかり落ちついちゃったから
息子の手伝いして若い頃のグロ情熱を取り戻して欲しいですねw

2013/8/22(木) 午前 1:48[ pu-ko ]


kaz.さん >
採取した病原菌を横流しするだけでなく、パイレーツしたり、その対処にコピーガード付けたりねw
セレブヘの狂信というだけでなく、世のあれこれをありえん設定で描くところに面白さがありました。そういえばリンチの娘作品観てなかった。あまり名前聞かないですね。どうしてるんだろう。
リンチ嬢にもパパの血を。
クローネンバーグのとミックスしたら最強かもw

2013/8/22(木) 午前 1:51[ pu-ko ]


じゅりさん>
そそ、ファン心理をちょっと笑ってもいるのよね。
ブラピ肉でステーキ・・・どうですか (^Q^)アーン
やっぱパパの血感じましたよ~。
というか、パパも加わって一緒に遊んでるかもw

2013/8/22(木) 午前 2:07[ pu-ko ]


毒がなくなったお父ちゃん の分だけエグいのを
期待してます。

2013/8/23(金) 午前 8:43[ GH字幕 ]


これは限定シネコンでひっそり公開されていて気になっていたのですが、そういうお話だったのですね。うーん、お父上の「裸のランチ」や「イグジステンス」を思わせる変態な設定ですが、映画としては、まだまだな感じなのでしょうか。

2013/8/23(金) 午後 0:20[ einhorn2233 ]


字幕さん>
確かにパパは大人しくなっちゃってちょっと寂しいですよね。
でも毒は完全に伝染・・じゃなくて遺伝してます(笑)
ご安心あれ~。

2013/8/24(土) 午前 5:19[ pu-ko ]


einhornさん>
変態さんですよね~。
でも医学、科学が発展したらこういうのもありかも~という知的さに面白みもあり
ただのグロになってないのがいいですよ。
映画としての評価とかは私にはできないのだけど、やや経過がスローで同じことを繰り返すのが退屈に感じるところがあります。もう少しユーモアがあってもいいとも思いました。

2013/8/24(土) 午前 5:23[ pu-ko ]


父親の血、注射してるかもですね(笑)

シドが常に具合が悪く、白人さんにありがちの斑点?焼け?が浮き出ているようにみえているのが特にを病人を思い起こしてしまうものでした
彼はハンナのことをどう思っていたのだろう
「美しい、完璧だ」あの台詞は、まさに倒錯的でした
ある意味科学の美の極致なのかもしれませんが…
美しくはみえなかったですね
筋細胞を売って食べている描写がありましたが、私の脂肪なら売るほどあります!と思っちゃった次第です

2013/10/29(火) 午後 11:17[ maki ]


makiさん>
父の血注射してますよね(笑)
そうそう、シド役の役者さんの肌の色も病人らしいリアリティに繋がってましたねぇ。
彼がハンナに求めたものはなんだったのかとか、彼の心情とか、イマイチ把握できませんでした。もうちょっと説明が欲しかったなぁ。
ぎゃは 私もお肉買ってくれる人がいたらいっぱい提供します。
あ、脂肪だw

2013/10/30(水) 午前 1:09[ pu-ko ]
2016/01/15(金) 16:33:11 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック