映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョセフ・ゴードン=レヴィット初監督作品『ドン・ジョン』
2013年11月05日 (火) | 編集 |



今日はジョセフ・ゴードン=レヴィット君の初監督作品『ドン・ジョン(原題)』
スカーレット・ヨハンソンがゴッサム賞の女優賞にノミネートされています。
ドン・ファン(2013)アメリカ
原題:Don Jon
監督:ジョセフ・ゴードン=レヴィット
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット/スカーレット・ヨハンソン/ジュリアン・ムーア/
日本公開:2014/3・15

ナンパにかけては失敗知らずのジョン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット )を友人たちはドンファンにかけてドン・ジョンと呼んでいる。しかしながらポルノ以上に満足を得ることが出来ないジョンは、今日も一人パソコンの前でお気に入りのサイトを開くのだった。そんなジョンに新たな出会いが。彼に春がやってくるのか?・・

ジョセフ君が脚本と監督を努める本作で、彼はなんと、ポルノ好きのセックス中毒青年を演じています。
友人、家族、車、筋トレ、アパート、教会、ナンパ、エロサイト !!
ジョンの熱中するものをテンポよい繰り返しで紹介する冒頭から掴みはOK

毎日エロサイトを覗いて一人Hしてしまうジョン。
このシーンもテンポよく繰り返し見せることで、いやらしさを感じさせない演出
同じくセックス中毒を描く『シェイム』は鬱々としたドラマだったけれど、本作は全般にライトで
ブラックな笑いを投入しつつも、ジョンの成長を見守る温かい視線を感じるのです。




感心したのは役者の使い方ですね。
ジョン自身ちょっと変な喋り方なんだけど、これがパパ似w
いい女に目がなくてヤンチャな面影を残すパパ、ジョンシニアが
ジョンの将来の姿だろうなぁと思わせる、監督ジョセフ君の細かいこだわりがたまらない。
台詞なしかと思ってた妹に、実にジョンを理解した発言させたり
ジョンの友人二人との関係など、登場人物のキャラを凄く丁寧に描いているのが印象的です。




共演はほかにスカーレット・ヨハンソンジュリアン・ムーア
スカヨハを意外な使い方をしてるのも楽しい。
奇をてらったテーマを選んだかなと思いきや、現代的な交流関係にありがちな問題に迫り
最後には映画のメッセージに温かい気持ちになりました。

劇場を出る際に観客の女性と目が合って、思わず「面白かったね~」
「初監督作品とは思えない、びっくりだよねぇ」などと言葉を交わしましたよ。
とってもチャーミングな一本で満足度高しです。 ジョセフ君グッジョブ!


トラックバック一覧

  1. 1. DVD:ドン・ジョン 現代性あるテーマをあえて書き監督し、そして自分で主演したレヴィットの株、急上昇!

    • [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
    • October 12, 2014 09:34
    • 俳優と思っていたジョセフ・ゴードン=レヴィット(写真:左)が、初監督。 演出は中々のレベル。 オープニングのシンプルなタイトルの見せ方といい、物語の進め方といい、堂に入っている。 そして驚きは、本人が書いた脚本! どんなネタかと思ってみれば... リア...




関連記事

コメント
この記事へのコメント
大好きな俳優の監督作なので凄く楽しみです。
絶対に観ます。
爽やかそうでいて屈折してるジョセフの持ち味に期待。

2013/11/5(火) 午後 6:44[ ゾンビマン ]



なんか昔の自分を思い出してしまうようで嬉し恥ずかしw
そうですか、そんな上手い作りですか。
こういうのは好みやな~、女優さんもイイし。
観たいっす。

2013/11/5(火) 午後 7:04[ Kaz. ]



ま、まさかレヴィット君の半自伝だったりして?!

そういった意味で
ちょっとチャニング・テイタムの「マジック・マイク」的な感じがしないでもないかなーと。

どちらかというと女性向きな作品なのかもしれませんが、
「マジック・マイク」は面白く観れたので、
この作品も観てみたいと思いました。

レヴィット君、この作品が評価されてベン・アフレックみたいに監督として化けるといいですね。

2013/11/5(火) 午後 9:43[ yossy ]



ゾンビマンさん>
ジョセフ君凄いなぁと思わせてくれる映画でした。
男子は特に共感できるんじゃないかな。
家族や友人、自分自身にも正直な主人公を好きにならずにいられない
そんな作品でした。

2013/11/5(火) 午後 10:58[ pu-ko ]




kaz.さん >
わはは、これからはドン・kaz.とお呼びしなければ(笑)
技術的にうまいとかの評価は私には出来ないんだけど
このテーマでありながらエロに走りすぎず、爽やかで微笑ましいの。
終始ニマニマしながら観ちゃいましたよ。凄く満足度が高いです。

2013/11/5(火) 午後 11:02[ pu-ko ]




おっ!明るいポルノ?(^_^)う~ん、他人事ではないな^^;なんてね。『50対50』みたいなライト感かな?

2013/11/5(火) 午後 11:45[ dance ]



高校時代のダチで 早撃ちのジャンってあだ名される奴がいました
ジャンは ちょっと猫背でジジィみたいなんでジジィがジ-ヤンがなまってジャン
早撃ちはわかるでしょう  ゴ-カンも未遂で終わるというていたらくで女の子に笑われる始末
高校ん時ってこんなもん アメリカも同じか

2013/11/6(水) 午前 9:17[ おみゃあ ]




スカーレット・ヨハンソン痩せた?しばらく見てなかった
これは楽しそう!

2013/11/6(水) 午前 10:41[ 翔 ]



あ、よさげ

軽い感じなら、なおきになる~

2013/11/6(水) 午後 3:08[ る~ ]




映画番組で紹介されていて、内容はなんとなくわかってたけど、そですか~、こういう題材で見せ方が巧いんですね。
うー、観たいぞー!

2013/11/6(水) 午後 11:24[ じゅり ]




ダンスさん>
ポルノと映画の明るいトーンとは別ですがw
あはは、男性はみんな他人事じゃないんじゃないかな。
『50/50』よりも『(500)日のサマー』の感覚に近いかもです。
主人公はポルノ狂に成長しちゃいましたが。

2013/11/7(木) 午前 5:32[ pu-ko ]




おみゃあさん>
ジ-ヤンがジャンってw かっこよく変わりすぎやん(笑)
しかも早撃ちのジャンってかっこよすぎる。
説明聞いたらギャップに受けましたw
ゴーカンも未遂は寂しいね。って、どんな会話だ(笑)

2013/11/7(木) 午前 5:44[ pu-ko ]




翔さん>
スカヨハは『アベンジゃーズ』か「アイアンマン2』かあたりからシェイプしてるよね。
これはすっごい楽しかった。
Hシーンは劇場では少しきまずいかもだけど、お勧め♪

2013/11/7(木) 午前 5:46[ pu-ko ]



る~さん>
これは楽しかったよ~。
メッセージもしっかりしてました。

2013/11/7(木) 午前 5:47[ pu-ko ]




じゅりさん>
そうなんですよ~。こんな題材なのに(笑)、だんだんに優しい気持ちになります。
正直でキュートな一本でしたよ。

2013/11/7(木) 午前 5:53[ pu-ko ]



yossyさん>
あは、半自伝かもですよね~(笑)
『マジック・マイク』も面白かったですね。
こちらの方は主に男性に共感を呼びそうです。
若者の青春バイブルになりそう。
監督としての活躍にも期待したいですね。
若いけれどキャリアは長いし、おじいちゃんも映画監督だったから素地も経験も十分かもです。

2013/11/7(木) 午前 6:05[ pu-ko ]



昨日、見て来ましたw。なかなかの作品でした。面白かったです。
しかもちゃんとメッセージみたなものもあって。ジョセフはいつのまにあんなマッチョに?
監督だからと言ってスカヨハを起用するスケベ心が見え見えのようにも思えましたが(笑)
スカヨハとのあのシーンは私もやってみたい!!w。ジュリアンもいい味出してましたね。

2014/3/18(火) 午前 8:23[ dance ]



danceさん>おー、日本でも公開になったんですね。
そそ、おばかな映画かと思えばちゃんとメッセージ性もあってよかったですね。
ジョセフ君は『(500)日のサマー』のナイーブなオタク青年から細マッチョなタフガイまで役によって随分イメージ変えてくるカメレオンです。
わはは、美女たちとの絡み、まさに役得(笑)監督の権限でしたねw
ジュリアンもどんな役にもすっとなじんでうまいよね。

2014/3/18(火) 午後 11:40[ pu-ko ]
2016/01/08(金) 15:36:51 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。