映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビフォア・ミッドナイト
2013年11月07日 (木) | 編集 |





賞関連、今日はゴッサム賞作品賞にノミネートの『ビフォア・ミッドナイト』
イーサン・ホークジュディ・デルピー主演、リチャード・リンクレイター監督による
『恋人までの距離(ディスタンス)』『ビフォア・サンセット』に続く第三弾ですね。
ビフォア・ミッドナイト(2013)アメリカ
原題:Before Midnight
監督:リチャード・リンクレイター
出演:イーサン・ホーク/ジュリー・デルピー/シーマス・デイビー=フィッツパトリック
日本公開:2014/1・18
 
 旅の途中の列車での出会いから始まった、アメリカ人男性ジェシー(イーサン・ホーク)と、フランス人女性セリーヌ(ジュリー・デルピー)の恋物語。実はこれ、公開をものすごく楽しみにしてたのに、劇場逃しちゃってDVDでようやく観ました。観にいこうとするまさにそのとき、友人に誘われ、エンタメ大好きな彼女に合わせてほかの映画を観たところ、二日後には公開が終わっちゃったんですよねぇ。まさか一週間で終了するとは・・(泣)インディーズ作品の寂しいところです。

 さて、前作『ビフォア・サンセット』は、セリーヌとの出会いをしたためた本を出版したジェシーが、パリの書店でサイン会でセリーヌと9年ぶりに再会するという物語でした。このとき既に妻子のある身のジェシーでしたが、フライトまでの時間をセリーヌのアパートで過ごすうち、彼女への思いが再燃し心を揺らす。最後は「飛行機に遅れちゃうと思うなぁ」というセリーヌの悪戯な台詞で暗転。「そ、それからどうなったのーー??!!」だったわけですが


それから9年・・




 冒頭、大きくなった息子ハンクを空港で見送るジェシーの絵
どうやら、ハンクはジェシーらとギリシャで休暇を過ごした後、アメリカの母の元に帰国するようです。ドライな息子に対し、息子との別れを惜しむジェシーの表情は痛切。画面は変わり、ジェシーの運転する車の横にはセリーヌ。後部座席にはブロンドの可愛い双子の女の子!そう、ジェシーはセリーヌと結ばれていたのです。





 デルピーは少しぽっちゃりさんになったけれど、イーサンと息もぴったりで、共に過ごした歴史を感じさせてくれるふたりに頬が緩みます。けれど、ジェシーはどうしても息子ハンクのことが気がかりで、そのことは、セリーヌをじわじわと苦しめているようなのです。

 シリーズを通し、リンクレイター、イーサン・ホーク、ジュリー・デルピーが共同で脚本を書いています。この映画が面白いのは、1995年に第一弾となる『恋人たちの距離(ディスタンス)』が公開されてから、9年ごとに続編が作られ、主人公たちがリアルタイムで歳を重ね、映画が時を刻み続けている点。それゆえ9年後の二人の今に期待と不安が入り混じります。序盤、幸せそうな二人にホッとするのもつかの間、二人に流れる微妙な空気に気を揉むことになりました。

 ギリシャのゲストハウスに世代の違うカップル(お一方は既に妻が他界)を集わせ、「共に生きるとは」をさりげなく語らせ、徐々にジェシーとセリーヌの問題を浮き彫りにさせるつくりもうまい。彼らの問題がある意味普遍的なものであることから、二人がこの危機をどう乗り切るのかと興味が尽きず、二人の行く末を固唾を呑んで見守ることに。
 
 この映画、会話が主体で、3作通じて派手なところは一切なし。それでもシニカルさを交えながらも、湧き上がる恋する思いに興奮させてくれる展開は本作でも健在。今回は特にジェシーが作家であるという設定が生かされた言葉選びも絶妙で、ソルーションへと向かう最後の10分に静かな感動があります。「ここから来る!」と思った瞬間涙が溢れ、DVDを止めて心の準備をしちゃいましたもの。

 長い人生、思いどおりにならないことも不満に思うこともあるでしょう。でも心配事や問題点は、力を合わせて解決することも出来る。愛さえあれば。そんな作品です。ギリシャの風景も綺麗でした。
9年後のジェシーとセリーヌにまた会いたいな。

余談ですが・・
一本目の『恋人までの距離(ディスタンス)』は原題の『ビフォア・サンライズ』に改名しましょうよ。


トラックバック一覧

  1. 1. 「ビフォア・ミッドナイト」は主人公の元奥に幸多かれと祈る

    • [今昔映画館(静岡・神奈川・東京)]
    • January 20, 2014 07:12
    • 今回は新作の「ビフォア・ミッドナイト」をヒューマントラストシネマ有楽町1で観てきました。この映画のパンフレット、700円するのに、24ページ中6ページが広告なんです。広告出すなら値段下げろと思いますよ、マジで。広告を放り込む会社もイメージダウン、オムロン、鹿島






関連記事

コメント
この記事へのコメント
フッテージを先日借りてきてそのうち観ようかと思います
関係ないけど、ディスタンスつながりで フロム・ディスタンスという曲思い出しました
ベッドミドラ-じゃなくて P F スロ-ンのほう

2013/11/7(木) 午前 9:41[ おみゃあ ]




日本でもミニシアター直行という感じの作品ですね。
観るつもりなので記事はチラ見したんですが、これって繋がりのある3部作か何かですか?

2013/11/7(木) 午後 5:31[ ゾンビマン ]




>まさか一週間で終了するとは・・
映画「あるある」です!
日本の田舎でもそうだけど、
映画大国の米国でもそうなんだー。
こういう佳作の小品はまっさきに観ないとですね。

>9年ぶり
へぇ~っ。
こういう小品もシリーズ化されるのですね。
面白そうなので、さっき
前作、前前作をネットレンタル申し込みしちゃいました。

>『ビフォア・サンライズ』に改名
4作以降はぜひ「ナイト」「ドーン」「デイ」で 。
( ロメロか ! )

2013/11/7(木) 午後 11:11[ yossy ]




おみゃあさん>
イーサンは昔は好青年風だったのに今はあまり・・w
なので、ホラーが似合う役者になりました。
『フッテージ』の役も合ってました。お楽しみに。
その曲は知らないなぁ。またそちらのブログで紹介してください。

2013/11/8(金) 午前 0:42[ pu-ko ]




ゾンビマンさん>
3部作というか、まだ先があるかなという気もしますが、
最初は18年前にさかのぼり、以後9年ごとに続編が出ていて今回が3本目なんですね。
リアルタイムのときの流れとともに、列車で偶然であった二人の男女のその後をほぼ一日以内の描写で描くというコンセプトが面白い作品です。
タラちゃんも2013年のベスト10に入れてましたが、脚本賞あたりでオスカーに絡むかもです。

2013/11/8(金) 午前 0:51[ pu-ko ]




yossyさん>
ミニシアター系の映画館では結構長く上映してたんですが、ちょっと遠いので近くに来るのを待ってたんですね。せめて2週間くらいやってくれるだろうとたかをくくったのが間違いでした(泣)
そう、来た!と思ったら真先にいかなきゃと反省しましたよ。
おーー、前の2本、ぜひお楽しみください。
会話が主なので好みは分かれるかもだけど、私はかなり好きです。

>4作以降はぜひ「ナイト」「ドーン」「デイ」で 。
( ロメロか ! )
笑 笑 yossyさん、わかってらっしゃるww
でも9年後を続けていけばまじで次の次あたりからゾンビ映画になりそう(笑)

2013/11/8(金) 午前 0:58[ pu-ko ]




これは楽しみだなか
来年の1月までに予習しておこw

2013/11/8(金) 午後 1:03[ 翔 ]



翔さん>
うんうん、これは前作覚えてるほうが絶対楽しめると思うので
ぜひ再見して臨んで下さい。

2013/11/9(土) 午前 2:25[ pu-ko ]



二人の会話の妙を楽しみました。ラストは和解というよりは、迂回という感じでしたね。こういうのを繰り返しているうちに50年がたつんだろうなっていう後味でした。後、ジェシーの元嫁が悪者にされてるのはかわいそうでした。ダンナが昔の恋人と浮気して、その不倫相手を小説にして有名になっちゃうんだもん。女性から見て、ジェシーは女の敵にはならないのかしら。

2014/1/20(月) 午前 7:13[ einhorn2233 ]



einhornさん>
おー、早速ご覧になったのですね。
そうですね。元妻は確かに気の毒。
ジェシーはそもそもセリーヌを心に思いながら結婚してるんですものね(汗)
冷静に考えれば女の敵なんだけど、、何故かイーサンにはそれを許せてしまうところがあるんですよね。だめだめ具合かしら。いや、やっぱり出会いのときからの運命を感じるからですよ。

2014/1/20(月) 午後 2:06[ pu-ko ]
2016/01/08(金) 15:24:28 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。