映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~
2013年11月16日 (土) | 編集 |



賞関係、今日はゴッサム賞でロバート・レッドフォードが男優賞にノミネートの『オール・イズ・ロスト~最後の手紙』を観てきました。

オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~(2013)アメリカ
原題:All is lost
監督:J・C・チャンダー
出演:ロバート・レッドフォード
日本公開:2014/3
ロバート・レッドフォードがインド洋を単独航海中遭難した、名もなき男を演じる海洋ヒューマン・アドベンチャーです。 

「あらゆる努力をしたけどだめだったよ。全てをなくしてしまった」
そんなことを綴った最後の手紙を書いたあと、画面は8日前に戻ります。

家具をしつられた自家用ヨットで、水漏れに気づき目覚めた男(レッドフォード)は
ヨットが漂流コンテナにぶつかり船体に穴が開いてしまったことを知る。
そこから始まる、男の壮絶なサバイバルを描く作品です。
監督は初監督作品『マージン・コール』がアカデミー賞脚本賞にノミネートされるなど高い評価を得たJ・C・チャンドラー。レッドフォードとはプレミア上映されたサンダンス映画祭でつながりがあったんですね。

出演者はレッドフォード一人。天下のレッドフォードは独り言も言わないw
台詞により物語を補足することなしに、106分にスリルと希望と絶望感を織り交ぜたチャンドラーは只者じゃない。




 レッドフォード役に名前はありません。
分かるのはしたためた手紙から、彼には家族があるのだろうということ。
海を知り尽くしたプロには、気づけば船に穴が開いていたとか、気づけば嵐だったなんて部分に不満を感じるようだけど、それも主人公のバックグラウンドとして想像できる部分。決してスーパープロのヨット乗りでないかもしれないけれど、少なくとも次に何をすべきかを判断し、冷静に行動する知力を備えた男だということもわかる。だからこそ、彼の行動に一喜一憂し、画面から目が離せないのです。

 台詞がないことで、船を打つ波の音や、窓を叩く雨の音、帆のはためきなど、自然の音が否が応でもクローズアップされますね。見ている私たちも恐怖を共有し、同時に、対峙すべき自然の偉大さを思い知ることにもなります。

70代中盤という歳でこの役を演じきったレッドフォードもまた驚異的です。
ランナウェイ』では風貌の劣化を感じたけれど、本作ではいつしか精悍で美しいレッドフォードが蘇っていた。役者としても凄い人なんだと改めて感じたし、体力的にも厳しかったであろうこの役に挑む役者魂にも感服。

 最後の最後のシーンで、後ろの席のご婦人が喉から搾り出すような声を上げ
同時に私も涙ポロポロ・・

 CG満載のエンタメアクション映画がたくさん作られる中、低予算で作られるインディーズ映画はその対極にあるもの。でも低予算でもこんなに大きな人間力に感動する秀作が作れるんですよね。
レッドフォード主催のサンダンスから新鋭が生まれ、映画界に新たな風を吹き込むことを期待してやまないし、インディーズ映画を支援するレッドフォードの志をリスペクトしたいと思いました。

      

トラックバック一覧

  1. 1. たった1人で、

    • [笑う社会人の生活]
    • September 30, 2014 08:05
    • 17日のことですが、映画「オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜」を鑑賞しました。 自家製ヨットでインド洋を航海中の男。 突然、海上の浮遊物がヨットに衝突したことから浸水や無線のトラブル、さらには天候悪化に見舞われ・・・ 海でたった1人の遭難劇、ただ それだ...
関連記事

コメント
この記事へのコメント
おおおおォォォ! 役者レッドフォード復活ですか!?
わたしも「ランナウェイ」でのビジュアルがかなり残念で、フィルムメイカーとしては素晴らしいけど、もう主演は止めたほうがいいのでは?なんて勝手に思ってたんですが。
まだまだ楽しませてくれるんですね♪
公開を楽しみに待ちます。しかし来年の3月か~、長いなぁ。
ほんっと pu-koさんの映画環境 羨ましすぎです!!

2013/11/16(土) 午前 2:51[ みーすけ ]



みーすけさん>
そうでしょ。
私も『ランナウェイ』では、もう監督に専念したほうがいいんじゃ?と書いてしまったんですが、申し訳なかったです(笑)
いや、ほんと、あのお歳でこの役を演じてることだけでも凄い。
寿命縮んでないといいな・・・(汗)
これはオスカーに絡む可能性もあるのに、3月の公開はちょっと遅いですねぇ。

2013/11/16(土) 午前 7:52[ pu-ko ]




こういった撮影はプ-ルでおこなわれるんでしょうね
いかにカメラ内の世界か
ガキのころイカダ 手作りの で流されて怖い思いが

2013/11/16(土) 午前 9:06[ おみゃあ ]




これは”Gravity”の海洋版として以前から期待してましたよ、。奇しくも両方とも一人のサバイバルですね~、、。海洋サバイバル、、今度はトラちゃんは出て来ないようですが映画館鑑賞ですね、、こりゃ。

2013/11/16(土) 午前 10:37[ guch ]



おみゃあさん>
撮影がどう行われたとか確認してないですが、プールが相場かもですね。
うわぁ、イカダで流されたんですか。それは怖い。
漂流生活に突入せずなにより。

2013/11/16(土) 午前 10:40[ pu-ko ]



guchさん>
そうそう、『グラビティ』の海洋版ですよね。
こちらもなかなか見ごたえがありました。
ぜひ映画館で。
それにしても、こういう一人舞台映画がはやるのは俳優陣は困るでしょうね。

2013/11/16(土) 午前 10:49[ pu-ko ]



この前の『ランナウェイ』といい、レッドフォードさん元気ですね。
初めて知ったこの作品も、過酷しうなのに・・・。
観ます。

2013/11/16(土) 午後 2:02[ ゾンビマン ]



レッドフォードも、もう70半ばですかぁ~、そうかぁ。
でもセリフ無しで演技のみで勝負するところが凄いな。
他の音が効果音としてだけでなく際立ちますよね。
これは観たいっ。

2013/11/16(土) 午後 3:10[ Kaz. ]
2016/01/08(金) 13:07:23 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
これは評判も高くて、早々に日本の公開も決まってたんですよね。

>出演者はレッドフォード一人
出演一人でサバイバルというと「127時間」「リミット」とかありましたねー。
「127時間」は観てないですけど、こっちは観たいなぁ。
「リミット」はラストがあれだったんだけど、ハッピーエンドだったらいいなぁ。

この週末は「マラヴィータ」「悪の法則」「タイピスト!」と
立て続けに封切られまして今日は迷って「タイピスト!」にしました。
あれもこれも観たい映画ばかりでうれしい悲鳴です。

2013/11/16(土) 午後 3:38[ yossy ]




ゾンビマンさん>
とても70代半ばとは思えない身体能力です。
ちゃんと鍛えてるんでしょうね。
『ランナウェイ』より数倍かっこよくて嬉しかったですよ。
ぜひ。

2013/11/16(土) 午後 10:55[ pu-ko ].



kaz.さん >
もうそんなご高齢なんですよ。びっくりですね。
でもそのお歳でこれが出来るというのがまたまたビックリだし
そう、演技のみの役に挑むハングリー精神も素晴らしいです。
同時にインディーズ映画をサポートしようとする気持ちがあるんですよね。
インタビュー聞くとランチも自前だったって言ってました。
音の使い方もうまかったです。ぜひ。

2013/11/16(土) 午後 10:59[ pu-ko ]



台詞なしで魅せるって凄い。
迫力だけのCGに頼ることのない作品なんですね。これは観たいなぁ。
役者レッドフォードにも期待!!

2013/11/16(土) 午後 10:59[ じゅり ]



yossyさん>
日本にも早くから評判伝わってたんですね。
『[リミット]』は最後の最後に・・ねぇ(汗)
本作はラスト明かせないですが、うん、見ごたえがありました。
そうそう、単独でのサバイバルものはインディーズ映画では作りやすいのかも。
おー、『タイピスト』ごらんになりましたか。私も観ようと思ってました。
ところでyossyさんはブログやツイッターはやってないのですか?

2013/11/16(土) 午後 11:05[ pu-ko ]


おぉ~~、なんか凄そうな映画ですね。
監督は『マージン・コール』の人なんですね。
んんー、なんか期待してしまいます。 ぜひ観たいっす!

2013/11/16(土) 午後 11:15[ サムソン ]



じゅりさん>
ほんと、最初に手紙の文章にボイスオーバーが入って、その後殆ど台詞らしいものはないんです。それで106分スクリーンに観客を引き付けるって凄いことですよね。
レッドフォードの頑張りもちろんのこと徐々に悪化する状態を描くシナリオもうまい。
ぜひぜひ。

2013/11/16(土) 午後 11:18[ pu-ko ]



サムソンさん>
はい、これは遭難ものにしては地味だけど 見ごたえありました。
そそ、『マージン・コール』の監督さん。デビュー作でいきなりアカデミー脚本賞ノミネートもまぐれじゃなかったって思いますね。脚本も書ける監督は強い。若いしこれからも期待ですね。

2013/11/16(土) 午後 11:26[ pu-ko ]



pu-koさま
>ブログやツイッターはやってないのですか?
ブログはやってないんですよ~。
コメントが一通もつかないと寂しいな~と思って。
うさぎと一緒でさびしいと死んでしまうw

ツイッターはアカウント持ってます。
pu-koさまアカウントあるのでしたらフォローしたいです!

SNSはmixiやってます^^

2013/11/17(日) 午前 1:45[ yossy ]



yossyさん>
わは、寂しがりやさんなんですね♪
私はmixiはどんなものかも知らないし多分足を踏み入れることはないかもだけど、ツイッターされてるのでしたらフォローさせてくださいませ。
私のツイッターアカウントにはトップページの右端に表示される「Follow Me」 のアイコンからきていただけます。ブログの更新もリンクつきでツイートしてるので、よければぜひ。

2013/11/17(日) 午前 2:01[ pu-ko ].



pu-koさま
ありがとうござます!
フォローさせていただきました\(^o^)/
ぼくのアカウントは
@yossy2002jp
です。よろしくお願いしますm(_ _)m

2013/11/17(日) 午後 3:19[ yossy ]



yossyさん>
ありがとうございます。
こちらからもよろしくお願いします。

2013/11/18(月) 午前 0:03[ pu-ko ]



なんだかよさそうだわ~~~
最近こうググッとくる作品見てないし
これは見たい!

2013/11/18(月) 午前 8:44[ 翔 ]



海もの、いろんな意味で苦手です。
これも、ぐっときそう

でも、なんだかひかれてきましたよ~

2013/11/18(月) 午前 11:23[ る~ ]



翔さん>
途中までは観てて辛い作品ではあるんですが
映画としてはとってもよかったし、レッドフォードもよかったです。
ぜひぜひ。

2013/11/19(火) 午前 11:18[ pu-ko ]



る~さん>
色々と重ねて観ちゃうかな。
ほぼ台詞のない中で、なかなかの見ごたえでしたよ。
公開されたらチェックしてみてね。

2013/11/19(火) 午前 11:26[ pu-ko ]



セリフなしというところにすごく興味をひかれます。日本公開は来年の春のようですが、それまでに期待ふくらみそうです。慟哭しちゃうラストってのはどんなのかしら。

2013/12/6(金) 午後 11:16[ einhorn2233 ]



einhornさん>
ほぼ台詞なしにしかも独り舞台で見せきるのは、演技力だけでなく、構成力や演出もいいということですよね。
最後はネタばれしたくないので感情を説明できないんで感想になってないんですが
最後の最後まで見せ場がありますのでぜひお楽しみに。

2013/12/7(土) 午前 9:14[ pu-ko ].



映画館で観ました!
感想up忘れてたw

最初は色白。
つまり『海の男』ではない。
色白が意識的に演出であることは、
遭難後はだんだんと日焼けで真っ赤になっていくことでわかります。
生粋の海好きだったら梅宮辰夫や松方弘樹のように色黒でしかるべき。

主人公はにわかヨットマンであることが伺えます。

あおるのは安ウイスキーだし、
(そもそも遭難しているのにウイスキー飲んでんじゃねーよ)
なんかやさぐれている雰囲気が漂います。

そのあたりから、小金持ちの老人が世をすねて隠遁するために一人でヨットに乗り込んだ...
と想像しました。

主人公はなかなかのうっかりさん。
そのため、自業自得の災難が降りかかってきます。
飲水はフタするのをわすれて海水が混ざる。
テンパッて救命ボートの上で焚き木をしたらボート大炎上。
コントかと思いました。

引きこもるために素人が海を舐めて一人で外洋にでることでいろいろひどい目に会う話だったのですね。

本作はコメディにもシリアスにもなりそうな題材だと思うんですよ。
そこは監督のさじ加減で、「なるほど、そういう風に料理したのかー」と感じいった次第です。

2014/8/1(金) 午前 0:14[ yossy ]



yossyさん>
あーー、色々鋭いところ突いてきますね~。
確かに海の男にしては色白だったし、経験値もそう高くない「にわか」だったかもですね。
家族との関係等も読みの深さに感心。
コメディか!という見方をすることで、重苦しいだけにならないのもいいですね。
いや~勉強になりました。

2014/8/2(土) 午前 0:48[ pu-ko ]
2016/01/08(金) 13:18:32 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック