映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ラヴレース
2013年11月27日 (水) | 編集 |



アマンダ・セイフライドが伝説のポルノ女優ラヴレースを演じて話題の伝記映画。日本公開が決まったようなので観てみました。
ラヴレース(2013)アメリカ
原題:Lovelace
監督:ロブ・エプスタン
出演:アマンダ・セイフライドピーター・サースガード/ハンク・アザリア/アダム・ブロディ/ボビー・カナヴェイル/ ジェームズ・フランコ/ クリス・ノース/クロエ・セヴィニー/ シャロン・ストーン/ 
 ジュノー・テンプル
日本公開:2014/3・14
 伝説のポルノ女優リンダ・ラブレースご存知の方も多いかな。
私は何かの映画の記事を書いたときに『ディープ・スロート』という意味を知ったんですが、本作でアマンダちゃんが演じるリンダ・ラヴリースの特技wがディープ・スロートで、『ディープ・スロート』というポルノ映画がセンセーションを巻き起こしたらしい。映画はリンダの悲劇的な人生を描きます。

 厳格な家庭で育ったリンダは、チャック・トレイナー(ピーター・サースガード)と門限破りのデートをしたことから家を追い出され、チャックと暮らすことになります。そのチャックに手ほどきを受けたのがディープ・スロートの荒業・・(汗)
チャックはこの技を武器にリンダを業界に売り込み、自身はマネージャーに収まります。
しかし、最初は優しかったチャックは次第に暴力的になり、リンダを金儲けの道具のように扱うようになるんですねぇ。柔らかい物腰で無垢な女たちを巧みに口説き、不幸に陥れるヒモ男を演じさせたらサースガードの右に出るものはいない。チャックの中にある劣等感や自己嫌悪といった二面性を垣間見せる演技も秀逸です。





 リンダは一度両親の元に逃げ帰るんですが、夫に従うのが妻のあるべき姿と考える母親はこれを受け入れない。もしも母親がもっと娘の味方であったなら、リンダの不幸はここで終わっていたかもしれないのに・・。
厳格な母を演じていたのがシャロン・ストーンだったことに、観てるときは気づかなかった。

 いやぁ、それにしてもアマンダちゃん、よくやったなぁ。
本物のリンダさんに似てるのかなと、Netflixを検索したら『インサイド・ディープ・スロート』というドキュメンタリー映画がストリーミングにあったのでチラリと見てみたら、きつめの風貌が少し似てる。実際のディープ・スロートシーンもあって心底驚いた(笑)あり得ないほどディープですから・・(汗)
映画の中でも撮影中に監督やスタッフの目がテンになる様子が笑えるんですよ(笑)

 ま、そんなこんなだし、アマンダちゃんの少女のお尻と、熟れすぎた豊満な胸を拝めるのもあって、男性にはたまらない一本ではないでしょうか。
しかし、映画としては単なるエロ映画にはしていなくて、後に女性活動家として活躍したリンダの意思も伝えています。時代を思い起こさせるファッションや音楽など、カルチャー面も見所のひとつでした。



スター俳優風のジェームズ・フランコ君の色男ぶりには笑った。
出番は少ないけどきっちり仕事するフランコ君はさすがだわ。
 

トラックバック一覧

  1. 1. 「ラブレース」のアンチポルノの視点がオヤジには新鮮でした。

    • [今昔映画館(静岡・神奈川・東京)]
    • March 03, 2014 17:36
    • 今回は新作の「ラブレース」をヒューマントラストシネマ有楽町1で観てきました。この映画館は飲食OKなんですが、隣でビール臭いのは、正直ご勘弁なんだよなあ。指定席は移動できないんだから、基本飲食NGにして欲しい。まあ、コーヒー臭いのはダメ、ポップコーン臭いの

関連記事

コメント
この記事へのコメント
いやぁ~これはとんでもなく衝撃的な作品ですね。なんでアマンダちゃんがと記事を読ませてもらって悲しくなりました(^^;;いくら映画とはいえあのレミゼのアマンダが・・・。幅を広げるのはいいけど。そうなんだそこまでやるのか。勿論、絶対に見たい作品ですけど(^_^)

2013/11/27(水) 午前 7:17[ dace ]


ディープ・スロートはおおむかしに観ました 画面のほぼがぼかしでなんちゃわからんかった
その後キリの晴れたの観ましたが もうその頃には古典化して この程度かと
ウォタ-ゲ-トじゃのXファイルじゃのにこの名前出てきてわけわからんなってもうた

2013/11/27(水) 午前 9:02[ おみゃあ ]



ほぉ~あのリンダ・ラブレースをアマンダちゃんが。
「ディープ・スロート」は当時一大センセーション、と言うか社会現象まで起こしたんですよ。○学生だった自分でもネタにするぐらい。(笑)
ドキュメントの方も観てるので、こちらも必見ですな。

2013/11/27(水) 午後 1:22[ Kaz. ]



ダンスさん>
そうね。なんでアマンダちゃんがって私も思います(汗)
そばかすがあったりして、あまり綺麗に見えない役でもあって
性的な魅力を求めて見ると肩透かしくらいそうだし。。
でもチャレンジャーであることは頼もしいことですね。

2013/11/27(水) 午後 3:54[ pu-ko ]



おみゃあさん>
あはは、霧が晴れた頃には、もう目が肥えてしまってたかなw
ぼかしの隙間から見るのが一番ワクワクするのかもですね(笑)
あ、そうそう、何の映画に出てたのかなと思ったらウォターゲート事件関連ですよね。
わりかし最近観た『大統領に気をつけろ!』でも聞いたんだった。

2013/11/27(水) 午後 3:59[ pu-ko ]



kaz.さん >
やっぱり知ってるね~。
期間は短かったみたいだけど、そんな有名だったんですね。
で、どんなネタだったのかしら(笑)
ま、実際にはアマンダちゃんのディープスロートは見せませんが
チラリと見せたお尻がキュートでした。必見ってことで。

2013/11/27(水) 午後 4:04[ pu-ko ]



>アマンダ・セイフライド
『レ・ミゼラブル』の清純派のお嬢様ですね!
それがポルノ女優役をするなんて、勝負ですね。
えらい!

清純派の体当たり役と言うと、
『ドラゴン・タトゥーの女』でのルーニー・マーラさんを思い出しました。

キレイ・カワイイ系でも過激な役に挑むなんてやっぱりハリウッド凄いなあと。
日本のアイドルもどんどん見習って欲しいです^皿^

>厳格な母を演じていたのがシャロン・ストーンだった
ええっ!
氷の微笑でマイケル・ダグラスの前でノーパンで足を組み替えていたお方が
いったいぜんたいどこで道を誤ったのでしょうか?!

この映画も観たいなぁと思いました。
日本公開日はホワイトデーなんですね。
アメリカもホワイトデーとかあるんですか?

2013/11/27(水) 午後 7:35[ yossy ]



この方を初めて知ったぞ~

この作品を見る前に、事前にその作品をみておこうかな~

2013/11/28(木) 午前 9:32[ る~ ]




yossyさん>
アマンダちゃんは若いけど、役柄で自在に化けますよね。
この作品でも、操られてるだけの根は清純な女の子でしたが、それにしてもよくやったなと思います。
そうですね、ルーニーちゃんもチャレンジャーでした。
でも彼女も可愛らしさが見え隠れするところが、オリジナルと違ってよかったですよね。
シャロン・ストーンは黒髪にしてたのもあって、全然気づきませんでしたが(汗)
こんな役もするんだなぁとちょっと意外でした。
アメリカはホワイトデーってないですね。
でも最近はパイの日らしい。円周率のπからね。

2013/11/28(木) 午後 3:47[ pu-ko ]



る~さん>
私も始めてだった。
ご本人を事前に見ておくと余計興味沸くかもね。
観て感想聞かせてくださいなw

2013/11/28(木) 午後 4:06[ pu-ko ]



実際のリンダ・ラブレイスがそうだったからかもしれませんが、反暴力、反ポルノという明確な視点を持っていたのが意外な発見でした。昔、こういう伝説のポルノがあってね、というノスタルジーものかと思っていたら、見事に一本とられました。アマンダ・セイフライドは色々な役に挑戦して、どんな役もものにしちゃうすごい女優さんだと再認識させられました。脱いでもあんまり色っぽくならないんですが、そこがまたリアルで。

2014/3/3(月) 午後 5:36[ einhorn2233 ]



einhornさん>
ほんと、最後は意外な展開でしたね。
しかし、この映画を見て、『ディープスロート』が再び売れ始めたらやぶへびですよねw
安易にポルノ業界に参入する若者に「たいしたお金にはならないみたいよ」と警告するくらいの意味はあるかな。
アマンダちゃんは次々に色んな側面が顔を出すのが魅力。
彼女のヌードも子供っぽさと大人びたところが混在してて、アマンダちゃんらしいなぁって思っちゃいました。TBありがとうございました。

2014/3/4(火) 午前 10:19[ pu-ko ]
2016/01/08(金) 11:01:16 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック