映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】カサブランカ
2015年02月17日 (火) | 編集 |


カサブランカ(1942)アメリカ
原題:Casabranca
allcinemaデータ

第16回(1943年度)アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞に輝いた『カサブランカ』を久しぶりに観ました。
この映画が凄いのは、本作がナチスドイツによるパリの侵攻から逃れた人々の吹き溜まりであるフランス領モロッコのカサブランカを舞台に、ほぼタイムリーに描かれた作品であること。



古い作品でもあり、映画の内容に触れる表現になってるところもあるので
以下、未見の方はご注意ください。


ハンフリー・ボガート演じる主人公のリックの経営するカサブランカのカフェは、パリから逃れてきた人々で賑わっている。彼らはアメリカに渡って新しい人生を始めたいと思ってはいるけれど、余程のお金とコネと運がなければ、それさえ叶わない。

カフェに漂う多国籍感と、夢や諦念や切望の織り成す享楽の空気が面白いね。
カサブランカを統治しているのはフランスだけど、ナチス側も目を光らせていて
カフェにはフランス人警察署長やナチス将校も普通に出入りする。
双方の水面下の確執なんかは背景を考えると当然としても、ナチスが崩落することなど知る由もない段階で、あの結末を持ってくるのはある意味凄い。

まぁ、そんな時代背景を置いては語れない作品ですが、ハンフリー・ボガートイングリード・バーグマンというビッグスター競演のロマンス映画というイメージのほうが強いかしらね。
でもTCMの解説者ロバート・オズボーン氏によると、バーグマンはあまりこの映画が好きではなく、ロマンス映画として多くの人に愛されることが理解できないと言っていたとのこと。

それは、なんとなくわかる気がするな。
革命家である夫とリックの間で揺れるイルザは悪く言えば優柔不断。
自分が誰を愛しているのか、愛していくべきなのか分からない。
そのことは映画の先を見えなくさせて面白いんだけど、演じるのは難しかったことでしょうね。

その分、カッコよかったのは男気溢れるボガートですなぁ。
クールを装っていても、内に熱い想いとセンチメンタルを秘めた男。
パリで愛し合った、そのことに偽りがないことを知るだけで
彼の心は充足されたのでしょう。


最後は友情の始りを示唆し、新たな人生に足を踏み出すリックの姿を見せますが・・
ん?そっち方面にいくという映画じゃないよね(笑)



カフェのピアノ弾き、サムが奏でる「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」
「君の瞳に乾杯」など粋な台詞の数々。
ナチスの演奏に対抗しカフェで合唱する「ラ・マルセイエーズ」と、見所いっぱいですね。






関連記事

コメント
この記事へのコメント
おっとー??あたためすぎて未だ観てない(笑)
君の瞳に乾杯っ!は知ってる~
いいかげん、観ます( ̄Д ̄)ノ

2016/1/16(土) 午後 2:40[ 翔 ]


翔さん>
うん、お燗もちょうどいい感じよ。
台詞だけでも知らない人いないくらいですよねぇ。
機会があればいっちゃってくださいな。

2016/1/16(土) 午後 2:40[ pu-ko ]


これは昨年やっと見たんですが、グッとくる映画で良かったです。
凄く混沌とした状況で制作されたらしく、イングリッド・バーグマンなんて、「えっ!
あんな映画がオスカーとったの?」って、自分で驚いたそうです(笑)・・・。
ボギーも良いが、下の動画、ウサちゃんに変身するネコも渋いな(笑)・・・。

2016/1/16(土) 午後 2:40[ ゾンビマン ]


ゾンビマンさん>
年代を考えても凄いですよね。
そうそう、バーグマンが全然この映画を評価してないのはちょっと意外でした。

ね、何が面白くて自分でうさちゃん帽被るんだか。
笑ってしまいましたよ。
いつも動画チェックしてくれてありがとうです。

2016/1/16(土) 午後 2:40[ pu-ko ]
2016/01/16(土) 00:14:18 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
やっぱこの映画は、ボギーの「痩せ我慢の美学」が全てですよ。(笑)
これはいつの時代でも共感する、男のロマンが詰まった作品だからじゃないかな~。

2016/1/16(土) 午後 2:40[ Kaz. ]


Kaz.さん>
あーー、凄い。ほんとズバリ「痩せ我慢の美学」なんでしょうね~。
だから男性の方がぐっとくるところあるのかも と思いながら観ました。
そういう意味では普遍的な名作ですね。

2016/1/16(土) 午後 2:40[ pu-ko ]


個人的には最高点評価の映画ですが、ロマンチックというのかセンチメンタルというのか良くわかりませんが、ボガートのこだわりやこの時代の感覚は、今の若い人には違和感があるかもしれませんね。
バーグマンがこの映画をあまり気に入っていないというのは、男のセンチメンタリズムというものに価値を見いだせないからかと、ちょっと思ってしまいました。ボガートでなければという映画ですね。

2016/1/16(土) 午後 2:40[ yymoon ]


yymoonさん>
やっぱり男性が共感することの多い映画なんでしょうね~。
女性であるバーグマンが価値を見出せないのもちょっとわかります。
でもボギーの粋はカッコいい。
ジュリーじゃないですが「男が粋でいられた、いい時代」の郷愁も感じますね。

2016/1/16(土) 午後 2:40[ pu-ko ]


近年、見直す機会があったんですけど、
その時は脚本がすごいと思いました。
初見の時には脚本レベルまで追えなかったんですね。
子供過ぎてw
「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」はもうスタンダードの名曲ですね♪
歌合戦のところもすばらしいんだけど「ラ・マルセイエーズ」って
実はけっこう歌詞が怖いんですよねw
なので今見ると、ちょっと「ん?」て気もするんですが。
最後の風刺は効いてますね。
クロード・レインズが味がありました。

2016/1/16(土) 午後 2:40[ miskatonic ]


miskaさん>
脚本も考えたら凝ってますね。
「ラ・マルセイエーズ」の歌詞怖いんですか?興味深いですね。チェックしてみよう。
最後の展開とわざわざ2人の友情を強調するのは、やっぱり風刺なんでしょうね。
時代のさなかに凄いなぁと思っちゃいました。
前に観たときには世界情勢をあまり考えてなかったので、再見してみてほーーっと思うところが多かったです。

2016/1/16(土) 午後 2:40[ pu-ko ]


名作ですねぃ~
あぁ、確かに、女性からしたバーグマンの気持ちもわかるような気がしますね。
ボギーカッコ良く見えたもんなぁ。(見えたって、なんと失礼な…( ̄∀ ̄*))
名作には名曲あり!ですな~♪

2016/1/16(土) 午後 2:40[ じゅり ]


じゅりさん>
名作の代名詞みたいな映画ですね。
そそ、やっぱりこれは男の映画なんだろうなって気もします。
わはは、カッコよく見えたってw
ボーギ~、ボーギー♪ 男がピカピカの気障でいられた時代なんだよねぇ(笑)

名作に名曲!まさに。

2016/1/16(土) 午後 2:40[ pu-ko ]


この映画、その昔のフジテレビのゴールデン洋画劇場で何度となく放映されていて、すっかり観たような気分になっていたのですが、思い出すに最後の飛行場のシーンしか覚えてないから、全部通して観たことはないみたいで、もう一度、この記事を拝見して見直してみようかなって気分になりました。

2016/1/16(土) 午後 2:40[ einhorn2233 ]


einhornさん>
何度も観たはずなのに、ちゃんと観れてないものって私も一杯あって、これもそのひとつでした。
そういうの再見すると新たな発見があって面白いんですよね。
ぜひご覧になってください。混沌とした時代にあって、一見浮世離れした楽園のような賑わいをみせるこの土地に暮らす人々の倦怠や渇望が見て取れて凄く面白かったです。

2016/1/16(土) 午後 2:40[ pu-ko ]
2016/01/16(土) 00:15:42 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
Here's looking' at you, kid セリフ覚えようとしました
おねいちゃん口説くとき使おうと思って

2015/2/17(火) 午前 8:02[ おみゃあ ]


おみゃあさん>
お!粋ですね~。
奥様に効果アリだったかな?

2016/1/16(土) 午後 2:40[ pu-ko ]


TV放送であの名台詞を
違う表現で放送したら
放送局に抗議の山で、
新聞には投書が殺到で
日本で放送するときは
高瀬鎮夫氏が訳したと
される「君の瞳に乾杯」
以外は使わないことに。
BS放送では未だに
「ローマの休日」と同じく
延々と放送され続けている
名作です。

2015/2/17(火) 午前 8:02[ GH字幕 ]


字幕さん>
わはは、君の瞳に・・は気障すぎな気もするけど、もはやあの台詞を楽しみに観てる方も多いでしょうからねぇ。
それだけ支持される訳をつけられたら翻訳家としては本望でしょうね。

2016/1/16(土) 午後 2:40[ pu-ko ]


コレは観てますよ!!
ずーーーっと前だけどね。ダボズボンとWのスーツがめっちゃかっけーー!!
バーグマン美し過ぎます!人形かよ、ってツッコミしませんでした~?

昔の映画はいいわ~(この前と同じコメみたい)

2015/2/17(火) 午前 9:02[ chaco ]


chacoさん>
なんか全てが決まってたよね。
うんうん、思わず見とれるバーグマンの美しさも見所のひとつ。
昔の映画は映画で風情があるよね。

2016/1/16(土) 午後 2:40[ pu-ko ]



映画視聴慣れした頃「そろそろ昔の白黒映画を・・・」の足がかりになった作品です。
初見の10代後半ではよく分からなかった男女の心の機微、男のプライド、弱さ、女の狡さ、強さ、駆け引き等など。再見する度にわかるようになってて、あ 自分も大人になってるなぁなんて。現実問題ヤバい仕事も辞さない酒場の親父と幸せになれるか?愛だけでいーのか?やはり愛が大事なのでは?などなど、その時の自分の感情で観賞後の感想が変るのも面白いです。
でも何といってもボギーの男っぽい魅力ですよね。ちょっと女々しいのもいい♪
ラストの男の友情にバディムービーじゃん!と思わずニヤリ・・・って、
ええええーー?!まさかのBL振り?!
ないない!あ、言いきれない・・・(笑)

2015/2/17(火) 午前 9:02[ みーすけ ]


みーすけさん>
そうね、これは10代ではまだ微妙な関係や駆け引きのすべてを理解するのは難しいのかも。
ちゃんとわかるようになったときが大人になったときかな。
ボガートは全然男前じゃないのに、男気と内面の優しさを感じられるところがいいね。
わはは、最後BL扱いしちゃ叱られるかもですねw あえて台詞にされると裏をかぎつけたくなるもので(笑)

2016/1/16(土) 午後 2:40[ pu-ko ].



つまり、その背景は極めて政治的。
実は赤狩り案件であり、脚本を書いたハワード・コッチは
非米活動調査委員会から最初に召喚状を受け取ったひとり。
彼らはハリウッド・ナインティーンと呼ばれることになる。

2015/2/19(木) 午前 8:02[ HK ]


HKさん>
そうなんだね~。私も今回再見して政治的な部分凄く感じました。
ハリウッド・ナインティーンは聞いたことあった。この脚本家もその一人だったんだ。
再見して新しい発見があると映画の印象も意味合いも大きく変わってくるね。

2016/1/16(土) 午後 2:40[ pu-ko ]
2016/01/16(土) 00:16:17 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック