映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】天国の門
2015年03月25日 (水) | 編集 |



天国の門(1981)アメリカ
原題:Heaven's Gate
allcinemaデータ

(あらすじ)
ハーバード大学で青春時代をともに過ごしたエイブリルとアービン。20年後、保安官となったエイブリルは、ワイオミング州で牧場を営むアービンと再会を果たす。牧場主リーダーが牛泥棒根絶を名目に移民たちの殺害を計画していると知ったエイブリルは想いを寄せる娼婦館のエラにワイオミングを去るよう告げるが・・


『ディア・ハンター』でアカデミー賞監督となったマイケル・チミノ監督が次に撮った本作は、19世紀末のワイオミングで農場主と東欧からの移民らの間で実際に起きた争いを基にした一大叙事詩です。
その時代にタイムスリップした感覚に陥る重厚な映像と、壮絶なバトルシーンなどスケールの大きい作品に仕上がってはいるものの興行は振るわず、巨額な制作費が老舗映画会社を倒産に追い込んだのは有名な話。関わったものにとっては地獄の門となってしまったわけですねぇ。

80億も使う前に誰かお財布の紐を締める者はいなかったのかと思うところだけど
そもそも、なぜこれがそんなに受け入れられなかったんだろうか。

一つにはアメリカの暗部をほじくる作品のテーマ自体が受け入れられなかったというのはあるでしょうね。西部劇は廃れ、アメリカンニューシネマの時代も終わった80年代、観客はもっとポップなものを求めていた。あるいは、3時間越えで制作されたものを監督の監修なしに149分にカットして上映されたらしいので、チグハグな部分が出てもおかしくないでしょう。

今回私は2012年に監督自身が監修しデジタル修復された229分の完全版をテレビで観たんですが、すでに失ったフィルムは取り戻せなかったようで、時間が長く無駄が多い割りに、肝心なところが説明不足なんですよね。

以下、内容に触れているので未見の方はご注意願いたいんですが・・



個人的に気になるのが保安官のジム・エイブリル(クリス・クリストファーソン)と、娼婦エラ(イザベル・ユペール)と、ネイト・チャンピオン(クリストファー・ウォーケン)の関係性と人物像。
この三人は三角関係にあるのだけど、エラはチャンピオンよりもエイブリルを想っているのは、チャンピオンからはお金を取るという彼女なりのけじめをつけていることから判ります。
でもエイブリルとエラとのなり染めも描かれず、新任して来た保安官がエラとどの位長い付き合いなのかもわからない。エイブリルは殺害リストに挙がっているエラにワイオミングを去るよう説得するものの、一緒に行こうとは決して言わない。そもそも彼の部屋には女性と写った写真が飾られていて、しかもラストシーンから推察すれば、エイブリルは最初から結婚していた可能性さえあるんですよね(汗)




まぁ、そんなだから一途にエラを想うウォーケン演じるネイト・チャンピオンが一層切なく見えるのですけどね。あばら家を精いっぱいに整え、エラを迎える準備万端のウォーケンが可愛かったなぁ。
ネイトの愛に気づくユペールの表情もいい。でも彼女の背景が説明されてない故に、そこに留まろうとするエラの入植者としての意地とかを全て理解するのは難しかった。



ま、そんなこんなで気になるところはあるものの、映画的な魅力もたくさんあって
特にタイトルと同じ「ヘヴンズ・ゲート」という社交場で入植者たちがバンドの演奏をバックにローラースケートを楽しむシーンは躍動感あってお気に入り。
終盤のバトルシーンも生身の迫力があり、三角関係のほろ苦さも相まって作品としてはとても好き。儚き時代の愛と友情と悲しみを描く壮大な物語を楽しみました。

豪華客船から海を見つめるエイブリルのアンニュイな表情を映して終わるラストシーンは
冷酷に入植者を排除したアメリカへの揶揄を込めたのかな。
豊かな時代を迎えようと心は晴れるはずないよな。って



関連記事

コメント
この記事へのコメント
アメリカ映画史上に打ち立てられたニューシネマの巨大な墓。
ということは作家時代の終わりでもあり、長いのに説明不足(笑)な映画は以降作られないことになる。
修復版が公開された際は是非劇場に駆け付けたかったけど
ド田舎者にそれは叶わず
でも、観られる環境にある映画の友人たちがパンフレットを送ってくれたり
ツイートなどで熱気を伝えてくれました。
ありがたいことです。
リヴァイヴァルの際に出た『マイケル・チミノ読本』を読むと
ていうか、じゃあヴィルモス・ジグモンド監督ということでいんじゃね?
などという指摘にも頷けたりして興味は尽きませんが、
ミッキー・ロークとチミノの出会いの映画でもあり
個人的思い入れの強い作品です。

2015-03-26T 06:42:13.746[ HK ]



HKさん>
>アメリカ映画史上に打ち立てられたニューシネマの巨大な墓
あ、これもニューシネマの領域になるんだ。
いずれにしてもその後生まれる映画作品に制作費や規模の面でも影響を与えたんだろうなぁと想像できます。
日本では修復版の評価はどうだったんでしょう。私の見る限り真っ二つに分かれてる気がするんだけど。
私としては評価はどうあれ、映画的に惹かれるところはたくさんありました。
ヴィルモス・ジグモンド監督というのは、劇場公開版の監修をしたんですか?(すみません、調べてもいなくて)
マイケル・チミノ監督が映画についてどう語っているのか興味津々です。
ミッキー・ローク出てたね。

2015-03-26T 07:03:04.232[ pu-ko ]



実に的確なpu-ko姐節炸裂の記事でブラボーです。
私の友人が言ってました、「どんなに凄い映画監督であろうと、切れないヤツはアカン」と。
ウォルター・ヒル監督は言ってました、「人間の集中力は100分が限界。だから俺は100分以内にまとめるように撮ってる」って。
この作品は劇場で見ないと集中できなくてアカン。家で3回ほどギブアップした(爆汗)
そうそう、私はPC苦手なんで、どうしてもブログリンクの仕方がわからんのね。
弟に聞いて今度やってみるから、少し時間をください。

2015-03-26 06:42:13.741[ ゾンビマン ]



ゾンビマンさん>
そうですね。集中力にかける私は実はこれ観るのに3日かかかっちゃって(笑)
無駄がなくてどうしても長くなるのであればまだしも、冒頭の卒業式のシーンに30分以上とか、そこ10分でいいんじゃない?って思うところありました。
映画館だとトイレの心配が要りそうだけど、一気に観るには劇場で観たかった。
勿論映画的な迫力や映像美を堪能したいというのが一番ですが。
ありゃ、具合の悪いときにブログリングでお世話かけちゃいましたね。申し訳ないです。
ヤフー内のリンクとそれほど変わりはないんですよ。
やり方としては
ゾンビマンさんのブログから①「ブログ設定」をクリック
②ブログリンク設定から「ブログリンク管理」をクリック
下のほうに「ブログの追加」というのが表示され
RSS/XMLを記入するところがあるので
③そこに「http://pu-movie.blogspot.com/feeds/posts/default」という私のブログのURLを入力して④決定を押す だけです。
お時間のあるときにでもお試しください。お手数おかけします。

2015-03-26 午前7:20:21.024[pu-ko]


ほんと、マイケル・チミノ監督も天国から地獄へ・・・って一作だったですねぇ。そうかぁ、既に失ったフィルム部分もあるんですか。個人的にはそこまで大外しの映画じゃないと思いましたが、今思ったら映画配給側の不手際が大きかったのかな。
久しぶりにまた観てみたいです。

2015-03-26 06:42:13.737[ Kaz. ]


Kaz.さん>
そう、最初の監修の時点で捨ててしまったものもあるんでしょうね。
オスカー受賞からわずか3年でまさに天国から地獄。
こんなことになるなど誰も思わなかったでしょうね。
私は劇場公開版を観てないので想像ですが、監督の思うようなものにはなってなかったかもですね。
あと、会社を潰した恨みを込めて、酷評する人も多かったでしょうし。
機会があればぜひディレクターズカット版をチェックしてみてください。長いけどw

2015-03-26 7:30:35.379[pu-ko]
2015/12/30(水) 10:57:18 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
おお!この映画の残念な感じにはそーゆー裏事情がありましたか!
勝手に編集されちゃー監督の意図した事が伝わらなくなったりするものね。
乗り切れなくてイマイチ残念な映画であったとゆー感想しかござらん、んん・・・?
うん、わたしもウォーケンさんが気の毒で可愛かった♪
エラの内面が伝わって来なかったんですよ。どーしたいの?って。モダモダしてやたらと長いだけだなーと。
編集大事ですね!
しかし会社潰す勢いの制作費(笑)
『クレオパトラ』とかもそーだったって何かで見たなぁ。
チミノ監督は『ディア・ハンター』が好きすぎて、他は残念って印象です。
あ、でも『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』好き。色物っぽくなってどっか行っちゃったジョン・ローン懐かしい。ミッキー・ロークがまだ普通に素敵でしたねー。

2015-03-26 06:42:13.733[ みーすけ ]

みーすけさん>
みーすけさんは劇場公開版をご覧になってるのね。
そう、監督は監修にも加えてもらえなかったようだから、思うものにはなってないだろうなぁと想像します。
ま、しかし、多くを語らない部分はありそうですね。
エラの気持ちとかも想像で補うしかないもんね。個人的にはその作業は好きだけど、そのためにも少し背景を知りたいと思うところはありました。
制作費凄すぎるよね~。誰か途中で待った!かける人おらんかったんかいな。
オスカー監督とか、人気美人女優って言っても程度がありそうだが
まぁ映画の世界のお金のことなど所詮私にはわかりませんけどね(笑)
おっと『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』未見だ(汗)
まだ素敵なwミッキー・ロークにお目にかからねば。

2015-03-26 7:43:14.516 [pu-ko]



おやま、1980年と言えば…次男誕生の年ぢゃん(かんけーないか?)
あのね、昔クリス・クリストファーソン好きだったんだ!(これも要らぬ情報)
ワイルドだぜ~、って感じだろ?今は78歳だって。ウィキペディアで見て来た(笑)
新作も参考になるけど、こーゆー昔のヤツめっちゃ参考になるぜ。
旧作96円のTSUTAYAなんで、探してみっぺ!!

2015/3/25(水) 午前 11:03[ chaco ]


chacoさん>
関係あるある。映画や音楽って観たときの自分の状況とかが一緒に思い出になって記憶されるのがいいなって思うの。
へー、クリスさん好きだったんだ。渋いね。私はあまり意識したことない役者さんだった。
で、78歳??!どうりでジョン・ハートと一緒に老けた大学生だったわ。80億もかけたんならこの際特殊メークにもお金使ったらと思うくらい(笑)
うんうん、旧作はすぐにTSUTAYAにGo!できるのがいいね。
ぜひチェックしてみて。

2015-03-26T 06:50:37.345+09:00[ pu-ko ]


うん、 冗長だろうが散漫だろうが いくら無駄金つぎ込もうが
クリストファー・ウォーケンが出てるのでいいのだ

2015-03-27 06:36:46.751[おみゃあ]


おみゃあさん>
ウォーケンさまファンだったのね。<br />嵌ればいいお仕事されますよね。<br />最近はお笑いのほうに走ってる感じだけど、そろそろ本気の演技も見たいです。

2015-03-27 06:48:17.201[pu-ko]



あ、ディアハンターの!
こういう叙情的な⁉︎雰囲気のも撮ってたんですね〜。いや、あまりにディアハンターは衝撃的だったぁ

2015-03-27T 06:36:46.746


『ディアハンター』は衝撃的であると同時に芸術的でしたよね。
この作品ですっかり干されてしまったようだけど、もう時効ということで、また名作を残して欲しいものです。

2015-03-27 T06:51:26.146


これ長尺版あるんですね。見たいなぁ。
映像がきれいな印象がありますこの映画。かび過ぎない美しさ、と云うか。
でも、あんまり理解できてないかも(^_^;。
まだ、映画の見方がわかってなかった頃なので。
なんか大変な映画だったらしいというのは聞きましたw
今見ると、いろいろ違う印象持ちそうです。

2015-03-27T 14:37:14.216 [miskatonic]


miskaさん>
そうなんですよ。日本でも長尺版で公開もあったようなんですよ。
これはスクリーンで観たら凄かっただろうなと思います。
埃と煙の立ち込める黄色っぽい映像ですけど、雄大で美しい映画ですね。
ほんと、映画はその時々の理解力とか興味によっても見方が変わってくるので、またいつかぜひご覧になってください。

2015-03-27T 14:51:07.518+09:00[pu-ko]


有名なユナイト映画を潰した作品ですね。<br />昔はテレンス・マリックの『天国の日々』と混同してた時があったよ。<br /><br />19世紀末のワイオミングで農場主と東欧からの移民らの間で実際に起きた争い・・・<br />名作西部劇『シェーン』の舞台設定と同じなんですね、これって。

2015-03-28T 10:57:55.573 [GH字幕]


字幕さん>
一本の映画が映画会社を潰すなんてことがあったんですね。
その責任は監督自身にはどのようにのしかっかったんだろう。
そうそう、これ観たあとに、『シェーン』と同じ舞台設定だと知ったんですよ。
『シェーン』ちゃんと観れてないのでこの機に観なくちゃだ。

2015-03-28T 11:11:41.207 [pu-ko]
2015/12/30(水) 10:58:14 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。