映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】『ザ・ステイトメント(原題)』マイケル・ケインは哀しき逃亡者
2015年03月27日 (金) | 編集 |

南米の強豪チームが活躍するサッカーのワールドカップの中継を、モサドがナチ残党の捜索に利用していると言うのが話題になったことがあります。
『ブラジルから来た少年』などでも描かれているように、ナチスドイツ崩落後、ナチス幹部の一部は南米に逃亡。そのため、アルゼンチン側にいながらドイツの勝利に歓喜する90歳超えの老人は、ナチス残党の可能性があるとしてスクリーンをチェックしているというんですな。
そういう人がスタジアムに出向くかというのははなはだ疑問で、信憑性には乏しいところですけど・・・

前置きが長くなりましたが、今日紹介するのは、ちょいと変則なナチ残党もの。
フランスのヴィシー政権下でナチスドイツに協力し戦犯となった元フランス人オフィサーの逃亡生活を描く作品。ブライアン・ムーアの原作小説『逃走』をノーマン・ジュイソンが映画化した社会派スリラーです。




ザ・ステイトメント(原題)(2003)カナダ、フランス、イギリス
原題:The Statement
IMDbデータ


冒頭、モノクロ画面で描かれるのは1944年フランスで起きたユダヤ人迫害のシーン。
その後映画は現代にシフトし、カフェで封筒を受け取る一人の老人を映し出します。老人は冒頭のシーンで指揮をとったフランス人警察ピエール・ブロッサード(マイケル・ケイン)。
7人のユダヤ人を殺した罪で死刑判決を受けるも逃走し、40年以上に渡って逃亡生活を送るブロッサードですが、ここに来て彼の周囲に不穏な空気が立ち込めます。
カフェを出たブロッサードは見知らぬ男に追われ、殺されそうになるところを咄嗟に射殺。
男の車からは「ブロッサードをユダヤ人殺害の罪で処刑する」との声明文(statement)が見つかります。ブロッサードの命を狙う組織とは?彼は逃亡生活を続けることができるのか? 


この映画、面白いのが、ブロッサードの暗殺を目論む組織自体をすぐに明かさず、ミステリー仕立てでその実態に迫っていくところ。それにブロッサードの逃亡を密かに助ける組織が複雑に絡み合う点が不思議な緊張感を生みます。

実はこれ2003年の作品ながら、日本では未公開でソフトにもなってないので、半分明かしますが、ブロッサードを匿い、経済的に支える組織のひとつがカトリック教会なんですね。その表向きの理由はブロッサードが信仰に篤いクリスチャンであることを挙げているのだけど、ブロッサードの台詞として無宗教の共産主義を非難していたりと、ナチスとヴァチカンの関係を垣間見せていて、奥が深い。ブロッサードは罪の意識に苛まれてはいるものの、懺悔し、神に赦されればいいと思っていて、それもある意味キリスト教批判に取れます。



マイケル・ケインは 心臓に問題を抱えながら逃亡を余儀なくされる哀れな老人ながら、危険が迫れば簡単に人を殺し、時にはキレて妻を脅してみたりと、身勝手で冷徹な面を併せ持つモンスターを好演しています。自分は教会の集会にもいけないと嘆くブロッサードに「あなたは隣に黒人が膝まづくのが許せないだけでしょ」と、妻の言葉でさりげなく彼のレイシストな一面を明かす脚本もよし。


共演者はティルダ・スウィントンシャーロット・ランプリングキアラン・ハインズアラン・ベイツなど実力者ぞろい。





両方の鼻から煙草の煙をプハーーッと吐き出す男前の裁判官ティルダと大佐(ジェレミー・ノーサム)が協力してブロッサードを追いつめるところは探偵ものの趣。しかしなんで裁判官と大佐が?と、フランスの司法とかの仕組みがよく解らない私には戸惑う点も多かったんですよね。最後もイマイチすっきりしなかったし。

マイケル・ケインは熱演ながら、ご自身が「過去の出演作で一番嫌い」と言うくらい彼らしくない役どころだったのは残念でした。余裕と気品とユーモアのないケイン様なんてクリープの入ってない・・古いからやめとこw
そもそも、監督はフランス人のナチ公になんで彼を使ったんでしょ って、そこか(笑)

関連記事

コメント
この記事へのコメント
えええ~、ケインさん主演なーのーにー未公開未ソフト!
共演もティルダにランプリングにキアランにベイツって涎たらたらなーのーにー未公開未ソフト!
それはケインさん本人が大嫌いというほどの内容だーかーら?
てか、まあ上手いけど、化けるだろうけど、ケインさんがフランス人のナチ公は無い。無いわー。
余裕と気品とユーモアの無いケインさんはそう『クリープを入れないコーヒー』だね!←知ってる
まあ、名作駄作珍作出まくり仕事を選ばないケインさんらしいと言えばらしいか(笑)
レビュー読みながら何故かふわっと『マラソンマン』を思い出したけど、あんな名作ではないようで。
お茶目さの無いケインさんはケインさんに非ず!

2015/12/30(水) 午後 11:57[ みーすけ ]



みーすけさん>
未公開は勿体無い面子ですよね~。
ね、ケインにフランス人ナチ野郎やらせるかなぁと思ったわ。
そうそう、ケインさんはいつまでもお茶目でいて欲しい。
ふふ。クリープを入れない・・フルバージョンありがとう(笑)
ややスローで面白みには欠けるものの、センセーショナルな内容でもあり、こういうのに興味を持ってせめてソフト化してくれてもいいと思うんだけどなぁ

2015/12/30(水) 午後 11:57[ pu-ko ]



「クリープの入っていない・・・」のくだりはわかってあげます(汗)・・・カルピスのない夏休みみたいなもんですよね?〈爆汗)・・・。<br />この映画が日本で公開されないのがよくわかるナイス記事でした。<br />やはり違う国の価値観に宗教がからんだりすると難しくなりますもんね。<br />意外な役を演じて芸域を広げていそうなマイケル・ケインが、その役を嫌っているというのも意外で面白いですが。<br />そうそう、ブログリンクね、何度やってもエラーになるんですよ。簡単な操作なのにね。<br />またチャレンジするからしばらくお待ちを・・・。

2015/12/30(水) 午後 11:57[ ゾンビマン ]



そうですね、なんで英国人のマイケル・ケインを使ったんでしょうなぁ。
キャストもいいですね、これ。内容も好みです。
敗戦後、ナチの残党を南米に逃してたのがバチカンなんですよね。
逃亡ルートとしては、今じゃもう有名になりましたな、バチカン。

2015/12/30(水) 午後 11:57[ Kaz. ]



モサドやサイモン・ヴィーゼンタール・センターのナチ戦犯訴追はすごすぎるので、
あながちない事でもないようなw
面白そうで見たいですけど、確かにフランス人をキャスティングしなかったのは不思議ですよね。
ケインも不快な役ではあるけれど、役者としては面白味を感じたのかな?
バチカンはホロコーストを対岸の火事扱いで、反共ってところでナチスとも繋がってたので
そう云う批判もあるんでしょうね。
ティルダは最近男前の役多いですよねw
いいキャストなのにDVDスルーにもならないなんて!

2015/12/30(水) 午後 11:57[ miskatonic ]



ゾンビマンさん>
クリープわかってくれてありがとう(笑)
わはは、カルピスのない夏休み、子供時代を思い出して懐かしい~。
今の子供もカルピス家にあるかな?
そうですね。宗教がらみの他国の価値観という捉え方かも。
だけどヴィシー政権時代のことは近年になってフランスで物議を醸していることでもあり、理解を深める意味で多くの人に見てほしいと思っちゃうんですけどね。
ケインさんは痛々しく惨めでお気の毒でした。
あれだけ出演作が多い中一番嫌いって言うくらいだから本当に嫌だったんでしょうね(笑)
あーー、私も自分でやってみてダメだったし、(同じIPアドレス内でやるのがダメなのかなと思ったけど)相性とかタイミングの問題もあるのかなぁ。
いやいや、すでにしっかりチャレンジしていただいたし、どうぞもう無理しないでくださいね。
形式なんかどうでも、お互い心でリンクできてると思うので。なんちゃって♪

2015/12/30(水) 午後 11:57[ pu-ko ]



Kaz.さん>
これ殆ど英国俳優を使って、フランス語であるはずのところも全部英語で演じてるんですよね。
英語圏をターゲットにした場合、それでもいいとは思うけど、やっぱり気になったり・・。
マイケル・ケイン自身が一番違和感を感じたのかもですね。
バチカンとの繋がりを遠まわしながら示唆してるし、告発ものっぽい内容にも興味そそられました。

2015/12/30(水) 午後 11:57[ pu-ko ]


miskaさん>
もう流石にナチ残党の生存者を見つけるのは難しいかもだけど、執念で探し出したい組織があることを思うと、作り話でもないかもですね(笑)
冒頭のモノクロシーンのみフランス語なんですが、あとは英国俳優がフランス人を英語で演じてます。
ケイン様はどうなんだろ。演技を褒める人も多いんですけど、ユーモアのないキャラクターが嫌だったみたい。あと犬を蹴飛ばしたりするんでwそういうのも嫌だったんじゃないかな。
DVDにもなってないのは勿体無いですよね。
キリスト教会がこんな風に関与してたんだなぁと私なんかは新しく知る部分も多かったですが、告発的な意味合いを持つので、どこかから圧力もかかったのかも。。

2015/12/30(水) 午後 11:57[ pu-ko ]




わぁ~、なんて魅力的なキャストでしょ!!
あ、でもマイケル・ケインらしからぬ…(^^;
ソフト化もなしですか。うー、これはもう、ジャパンプレミア放送にかけるしかない!
観てみたいわ~

2015/12/30(水) 午後 11:57[ じゅり ]

じゅりさん>
渋め豪華な面子が揃ってるんですよね~。
ケイン様は熱演を称える声も多いんだけど、個人的にはケイン様の魅力半減に感じちゃって。
でも色んな意味で興味深い作品だと思います。
うんうん、これこちらのTVでも最近かかってるので、wowow担当者の目にも留まるといいな。

2015/12/30(水) 午後 11:57[ pu-ko ]



シャーロット・ランプリング というとナチものの 愛の嵐<br />思い出しますですよ

2015/12/30(水) 午後 11:57[ おみゃあ ]



おみゃあさん>
あ!それって裸にサスペンダーのですよね。
気になってたのに前はレンタルなくて忘れてました。
チェックしなくちゃ。

2015/3/28(土) 午前 2:03[ pu-ko ]



おはよ!・・・ってそっちは夜かね?
1枚目のマイケルの写真・・・「ボクにもおにぎりちょーーだい。グスン」
みたいな哀愁(?)溢れる顔つき。
う~ん、彼はバッドマンの執事みたいな役がピッタンコだと。
あれ?バッドマンじゃなかったっけ?
「クリープを入れない・・・」知らんわけないダロって。
そんなほへ~っとした役柄を「僕にもおにぎり・・・」みたいな目で演じてたわけか。
しかし、シャーロット・ランプリングって、「和」っぽい顔してミステリアスチックだわ。
まっ、それより謎なのがティルダ・スウィントンですけど(爆)

2015/3/28(土) 午前 9:03[ chaco ]



chacoさん>
おはよーー、朝になっちゃいました。
わはは、おにぎり哀愁なケインさん(笑)
そうね、絶対に何かを欲してるお顔だわ。
うんうん、若い頃はもっとやんちゃでお茶目なケインさんだったけど
登場時間は短くてもバットマン(『ダークナイト』)の執事役は嵌ってるね。
ランプリングは本当にミステリアスだよねぇ。一緒にいたら叱られそうで怖い(笑)
ティルダも七変化だよ。
ヨーロッパの女優さんは奥が深いっすなぁ。

2015/12/30(水) 午後 11:57[ pu-ko ]
2015/12/30(水) 09:15:48 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。