映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ギリシャに消えた嘘
2015年03月30日 (月) | 編集 |




ギリシャに消えた嘘(2014)イギリス・フランス・アメリカ
原題:The Two Faces of January
日本公開:4/11/2015
映画.comデータ


あらすじ

1962年、ギリシャのアテネでツアーガイドをしているアメリカ人青年ライダル(オスカー・アイザック)は、パルテノン神殿で優雅なアメリカ人紳士チェスター(ヴィゴ・モーテンセン)とその妻コレット(キルスティン・ダンスト)と出会う。夫妻のガイドを務め食事を共にした夜、忘れ物を届けにチェスターのホテルを訪ねたライダルは、思わぬ事件に巻き込まれていく・・


感想
『太陽がいっぱい』のパトリシア・ハイスミスの原作『殺意の迷宮』を『ドライヴ』の脚本家ホセイン・アミニが映画化したミステリーです。


ツアーガイドが偶然知り合った旅行客のトラブルに遭遇し翻弄される・・
と書くと、ありがちな巻き込まれ型スリラーのようですが、これそんな単純じゃない。
というのもライダルはその場から手を引くチャンスが幾度もあったのにそうせず、
あえて夫妻に関わっていくんですよね。

そもそも、ライダルがチェスターを気に留めるのは、夫妻が金持ちオーラを放っていたのと、チェスターが死んだ父親に似てると感じたからですが、チェスターは洗練されたセレブのように見えて、実は裏の顔も持っている。
ライダルは直感的にチェスターの二面性を含め、彼に父の面影を見たのかもしれず
その出会いには偶然を超えた因縁のようなものを感じます。
チェスターはやがて妻とライダルの仲を疑い、三人の関係が緊張する中
アテネからクレタ島などに移動しながらの逃避行を余儀なくされる彼らの運命は・・・





脚本も務めるホセ・アミニは本作が初監督。
『ドライヴ』で見初めたオスカー・アイザックに出演を依頼し
ヴィゴが加わることで20年来の夢が実現することになったそうです。

ヴィゴ、オスカー・アイザックキルスティン・ダンストによるノワールなスリラーは
ヒッチコック作品のようだとも言われ、クラシックで正統派の赴き。
60年代ファッションに身を包んだキルスティンも悪くないんですが・・
最初コレット役には別の女優をキャスティングしていたらく、キルスティンを使うにあたり、キャラクター設定を少し変えたんだそう。個人的にはこれは裏目に出たかなぁと思います。
というのも、キルスティン演じるコレットはイノセントでライダルが彼女を愛してしてもおかしくない存在となっていて、それでは映画の焦点がぼやけると思うんですよね。
ライダルが夫妻に近づいたのは、あくまで父親の面影を持つチェスターに興味を持ったからで、言い方は悪いけれど、コレットはあくまでチェスターを翻弄する道具という扱いの方が、スッキリする気がします。ま でも終盤に向け、テーマははっきりしてくるのでいいかな。

パトリシア・スミスの原作は犯罪者のたどり着く先には容赦ないけれど、犯罪を犯すに至る理由や心の弱さをきちんと描いているところに優しさがあって好き。


原題のJanuaryとは、ローマ神話のヤヌスのこと。
二つの顔を持つこの神の姿に、相反する方向を向いても互いに惹かれあうチェスターとライデルを重ね合わせたのだそうです。
ヤヌスは出入り口と扉の神。色んな意味で映画を表現しています。


日本公開は4/11




関連記事

コメント
この記事へのコメント

『ヤヌス』かぁ、鏡に写った相反する人格。扉の神を題名に持ってきた、
そのココロは!?ってねー。
ヒッチ・コックや古き良きクリスティ風味なミステリーとして宣伝されてて気になってたの。てゆーかアイザックが観たくてw
予告で既に裏のありそうな匂いプンプンのヴィゴが相変わらず何やらセクシーで面白そう。
しかし、クリステン・ダンストにクラシカルなミステリーの薫りはちょと無いなぁー。
おお!そう言えば彼女とゴズリングが出てた実際にあった資産家の妻殺人事件容疑か?の映画で、本当に旦那が犯人だったって最近ニュースでやってて、あれビックリしたわーー!
映画は病んゴズはいーけどちょと焦点甘くて残念でしたが。
事実は映画より奇なり。

2015/12/29(火) 午後 4:26[ みーすけ ]



これ、予告編を観ました。古風なミステリーという印象で、最近の映画らしくないところ魅力を感じました。キルステン・ダンストがこういう人妻を演じるようになったのかというところに、ちょっとしみじみの感もありますが、これは観たいですね。期待するところあります。

2015/12/29(火) 午後 4:26[ einhorn2233 ]



ヤヌスの鏡ってドラマ思い出した(笑)<br />ヒッチコック風ならいいかも。キャストもなかなか( ̄m ̄*)

2015/12/29(火) 午後 4:26[ 翔 ]



パトリシア・ハイスミス原作ですかぁ~、イイですな。
それだけで映画を観たいと思わせる作家さんです。
クリステンちゃんが、ちとミスキャスト気味でしたか。
でも男優2人がイイからOKっす。

2015/12/29(火) 午後 4:26[ Kaz. ]



みーすけさん>
そう、原題はかなり意味深!
観た後にヤヌスの神のこと調べて「扉」ってところに唸ったんだよねぇ。
ふふ、私もオスカー・アイザック目当てでした。
そうだねぇ、キルステンはどうしても現代風かなぁ。
(ごめん、私、記事の中でキルステンをクリステンと書いてて修正しました(笑))
おっとー、ゴズリングと共演の『幸せの行方・・・』、やっぱり旦那が犯人だったんだ!
映画でもほぼそういう見せ方だったけど、捜査途中の実在の事件に迫るって、警察に叱られないんだろうかと思っちゃいましたが。
ゴズリングってああいう怖い役と『ラースと、~』とかのホンワカイメージとのギャップが大きすぎて怖い(汗)

2015/12/29(火) 午後 4:26[ pu-ko ]


einhornさん>
新人監督とはいえ、長い間脚本家として映画に関わってきた人だから、映画作りをわかってらっしゃるという印象でした。
現場の意見を取り入れフレキシブルに手直しをしたことなど、出演者に好評の映画作りだったようで、よいアンサンブル演技も引き出してました。
キルステンは人妻役ですが所帯じみてなく、夫のやってることを知ってはいるけど、自分の口出すことではないという50年代風の女性のイメージで演じたようです。
時代設定にあった古風なノワール・ミステリーでよかったですよ。ぜひどうぞ。

2015/12/29(火) 午後 4:26[ pu-ko ]


翔さん>
あ、そういうのあったね。
観てなかったけど、映画サイトでちょっと調べたら「二重人格の少女の悲劇を描く」とあって、なるほど~です。
はい、個人的にはヒッチコック風というのはよくわからないんだけど、観終わった後ズンと響くものがあって面白かったですよ。

2015/12/29(火) 午後 4:26[ pu-ko ]



私の大好きなキルステンが出ているので、気になって見るか迷っていた作品。
あれよあれよとpu-ko姐の記事を最後まで拝見してしまい、余計に迷うな(笑)・・・。
時間が合えば見るかもしれません。
下の動画・・・猫にとって尻尾ってなんやねん?と思ってしまう(笑)・・・。

2015/12/29(火) 午後 4:26[ ゾンビマン ]



Kaz.さん>
パトリシア・ハイスミスいいですね~。私も好き。
キルステンはこの設定での彼女の存在は決して悪くないんですけど、原作ではもっと何も考えないタイプの女性として描かれていたようで、キルステン以外のそういうタイプの女性が演じたほうがよかったのかもと思ったんですよね。ちなみに勝手な想像ながら、3枚目の画像の左から2番目の女優さんが、チョイ役にしてはすごく綺麗で目立ったので、もしかしたら最初彼女がコレットやるはずだったのかなとか思ったんですよね。
60年代のビンテージファッションも彼女のほうが決まったはずだし、クールでセダクティブなコレットを演じたんじゃないかと想像しました。

2015/12/29(火) 午後 4:26[ pu-ko ]


ゾンビマンさん>
ありゃ、最後まで読んじゃいましたか。
こちらではあまり評判よくないみたいだけど、深く考えれば考えるほど面白みのある作品でさり気におススメです(笑)
尻尾猫面白いですよね。
犬でも猫でも尻尾を本気で追いかける子いるけど、自分のって気づいてないのか?(笑)
ときに運動不足解消のルームランナー、画像の猫だと自己催眠導入の道具w、子供をあやしたり、人をおちょくったり まぁ色んな使い道があるもんですよね(笑)

2015/12/29(火) 午後 4:26[ pu-ko ]



わぁ!これ日本公開ありますか!やたー!
てか、邦題はこれになってたのね(^^;
以前、予告を観た事があって、予告で全てが出し切っていない事を祈りつつ(笑)日本公開を期待してたですよ~
そか、キルスティンは当初のキャスティングではなかったのねぃ。
でも、観たい観たい。

2015/12/29(火) 午後 4:26[ じゅり ]



ライデルの動機は、チェスターなのかコレットなのかは最後まではっきりさせないことで、ミステリーのまま残したと思いました。どうとでも取れるところにヤヌスの2面性を感じ取ることもできそう。ただ、3人が親子みたいな年関係に見えなくて、最後の方で、ああそうだったんだと気付いたのですが、見た目のキャスティングとしてはどーなのって思っちゃいました。ヴィゴ若く見えるし、アイザックおっさんだし。

2015/12/29(火) 午後 4:26[ einhorn2233 ]


einhornさん>
そうですね。個人的にはコレッタへの思いはチェスターへのあてつけなのかなと思ったんですが、einhornさんが書かれていたように遺品にこだわるところを見るとコレッタのことも愛してはいたのかな。
そうそう、ヴィゴに父への情愛を被せるのは難しいと私も思いました。
せめて若い頃の父親に特別の思い出があったと強調してもらえれば・・と思うところで、、
もっと父親の風格のあるキャスティングが理想だったかもですよね。

2015/12/29(火) 午後 4:26[ pu-ko ]



ロケ的にも雰囲気は満点ですね。
キルスティンはヨーロッパ系と云う事で
こう云う映画や、少しクラシカルな映画にキャスティングされるのは
解るんですけど、クラシカル感はいまいちですかね。
しかし、この映画、
説明だけ見ていると、なんかホモっぽいとw思ってしまうんですがw
音楽のつけ方とかでも雰囲気変わって来そうな作品ですね。

2015/3/31(火) 午前 3:03[ miskatonic ]


miskaさん>
そうそう、音楽とロケ地の映像なんかもいいです。
あ、キルスティンってヨーロッパ系なんだ。
彼女ももう30歳を超えたし、それなりに落ち着いてはいるのだけど、あまりクラシカルなものが似合う感じじゃないですよね。顔立ちなのかな。
で、ホモっぽい(笑)
鋭いかも!!
これ基本的に父親への愛と憎しみの両方を持った息子が、父を許し乗り越えるというお話だと思うんですが、ヴィゴに父のイメージを被せるのはちと無理な感はあるんですよ。
実際劇中、2人が親子を装うシーンがあるんだけど、父子というより恋人(笑)
なので、父への愛転じてそっち系にいったとしても納得。
うん、それありかも(笑)

2015/3/31(火) 午前 4:03[ pu-ko ]



そうそう、意味深な原題だったんだけど、無視されてますねw
予告チラリとチェックしたけど、結構見せてますよね。
でもそれからさらに思わぬ展開を楽しめるので大丈夫かと。
なかなか面白かったです。お楽しみに!

2015/4/2(木) 午前 1:04[ pu-ko ]
2015/12/29(火) 01:43:48 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。