映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】マジック・イン・ムーンライト
2015年04月01日 (水) | 編集 |


マジック・イン・ムーンライト(2003)イギリス、アメリカ
原題:Magic in The Moonlight
日本公開:2015/4/11
映画.comデータ  

あらすじ
英国人マジシャンのスタンリーはニヒリストで毒舌家だが、天才的なマジックの腕前で人気を博していた。ある時、幼なじみのハワードから、ある大富豪が入れあげている米国人占い師の真偽を見抜いてほしいと依頼される。魔法や超能力など存在しないと信じるスタンリーは、ペテンを見抜いてやろうと自信満々で噂の占い師ソフィのもとへ乗り込むが・・

感想
不思議な霊能力を発揮する謎の女とその嘘を暴こうとする天才マジシャンの駆け引きをコミカルに描くウディ・アレンの新作ラブコメです。


コリン・ファース演じるスタンリーは、中国人に扮しマジックを展開する人気マジシャンですが、スタッフの些細なミスも許せずイライラ怒鳴り散らすいけすかない男。
まぁ、それも彼が努力家で完璧を求めるゆえのこと。だからスタンリーはソフィー(エマ・ストーン)の「超能力」の種や仕掛けを暴かないと気がすまないわけね。

ところが、はじめて会ったソフィーが、なんでそんなこと知ってるんだという事柄をペラペラと話すからさぁ大変。ソフィーの能力は本物なのか?どうする、スタンリーという話。

ウディ・アレンは『ミッドナイト・イン・パリ』にも登場する20年代がお気に入りなんだろうなぁ。
独特の言い回しで語られる早口の台詞や音楽がコミカルな無声映画のようなリズムを生み、南仏のロケーション、クラシックカーや衣装、調度品といった小道具も効いて小じゃれた映画に仕上がってます。



流石に上手いと思うところだけど、小手先で気軽に撮ったという気がしなくもなく
やや強引なストーリーも賛否が分かれるところかな。

でも、狭い世界でトップに立とうとガチガチになっていた人間が、自分の能力を超えたものの存在を知って、逆に心の負担を軽くしたり、自分を見つめることになるのは凄く理解できるし
ドタバタな展開の中、ところどころリアルな人間心理が描かれているのがいい。

柔らかいドレスに身を包んだエマ・ストーンがキュートだし、最初は嫌なやつだと思っていたコリン・ファースも終盤は彼らしい誠実さと可愛らしさを感じさせてくれてホッとする。

展望台から見えたあの光景はシモネタなのか?(笑)

ウディもまだまだ若いなと感じさせてくれる一本。





関連記事

コメント
この記事へのコメント

コリン・ファースとエマ・ストーン歳離れすぎだと思うんだけど、最後にはあまり違和感感じなかったのは、コリンの技か、ウディマジックなのか。
それにしてもウディは多作だね~。基本ラブコメなのも若いよなぁ。

2015/12/30(水) 午後 4:01[ pu-ko ]

凄く参考になる記事でした。
おもいっきり読んで見たいリストの補欠になった(笑)・・・。
ウディ・アレンはね、若いし隠れ変態っぽいんですよね〈爆汗)・・・。
小手先っていうのも説得力あります。
展望台からの眺めというヤツが寝れんほど気になりますが(爆)・・・。
2015/12/30(水) 午後 4:01[ ゾンビマン ]


ウディか。。。。

う~ん、彼は当たりハズレが激しいからな。違う~?
前にも言ったような。

けどさ、コリンってスタイルいいんだね。「英国王のスピーチ」の
イメージが消えないワタクシですが。あ、タイトル違ったっけ~?スマン

で、エマとは親子役ではないのだね?(笑)

心の整理がついたら、ウディにも手をだしてみます。
2015/12/30(水) 午後 4:01[ chaco ]


リストの補欠入り! グッドポジションです(笑)
わはは、隠れ変態 ですね~w
この展望台からの光景、気になるでしょw
そこ私が変態なのか、作り手が意図したものなのか確認したいんですよね(笑)
小手先に感じる部分を魅力ととるか、唐突で浅いと見捨てるかで評価は割れるかも。
2015/12/30(水) 午後 4:01[ pu-ko ]


うん、実は私昔はウディ苦手だったんですよね。
早口の台詞についていけず疲れるっていうのもあったんだけど。
最近は彼のテンポに慣れて見やすくなってきました。作風も変わったのかな。
あ、そうそう、コリンは中年なのにスマートよね。脚も長そう。
『英国王のスピーチ』正解だヨン。
そう、エマはプライベートではガーフィールド君でしょ。コリンとのギャップありすぎでかわいそうにもなる。
でも最後わりとしっくりくるのは、コリンの上手さと可愛らしさかな。

2015/12/30(水) 午後 4:01[ pu-ko ]



4月11日公開ですか。
内容にかかわらず原則としてウディの映画は観ることにしていますので楽しみです。
幸い近くの映画館でやってくれますし。
展望台のシーンを見落とさないようにしないと。
2015/12/30(水) 午後 4:01[ yymoon ]


気軽に楽しめそう。監督本人が出てないなら観よう(笑)
2015/12/30(水) 午後 4:01[ 翔 ]



ははは、今回は監督さんでてませんね。
私もウディなしの方が好きかも(笑)
2015/12/30(水) 午後 4:01[ pu-ko ]



ウディの新作ですか~。
なんか面白そうな内容ですねぇ、コリンさんとのコラボも。

近年のウディ・アレンは舞台を各地に広げて撮ってるから、そういう時にこそまたニューヨークの作品も観て観たい気もします。
2015/12/30(水) 午後 4:01[ Kaz. ]



ほんと、最近はヨーロッパをまたにかけ・・って感じですかね。
南仏も綺麗だったけど、ファンはウディの新たなニューヨーク映画にも期待でしょうね~。
イギリス人のコリンが中国人風に変装してマジックを披露したり、アメリカ人女性とフランスで恋に落ちたり、なんとも多国籍(笑)
主演陣が普段見れない姿を披露してくれるのは楽しかったです。

2015/4/2(木) 午前 1:04[ pu-ko ]


地元の名画座でめちゃ押ししてたな。
コリン・ファースかぁ美味しいな。
どんな役者でも自分の映画に溶け込ませるウディ。今回は20年代の薫りかぁ。いーねいーね。
楽しみじゃ♪
ウディってホントに短いスパンで作品発表して、そのバイタリティってすごいよね。
やはり嫁が若いからかな(笑)

2015/4/2(木) 午前 8:04[ みーすけ ]


ウディ作品お好きなんですね。
今回は20年代が舞台で音楽やロケーションも雰囲気がいいので、気軽に楽しめるのではないかと思います。
お洒落なyymoonさんはクラシックカーやファションにも興味をもたれるんじゃないかな。
展望台(だったかな?)からのワンシーン・・
私のひとり妄想だと恥ずかしいんですが(笑)

2015/4/4(土) 午前 4:04[ pu-ko ]



このラブコメ・テイストの作品、結構好きです!エマ・ストーン、様々な役を演じていてどれも好感が持てる印象です。コレからも楽しみ
pu-koさんの記事を拝見してシーンが甦りました。
こちらもTBさせてくださいね。

2015/7/20(月) 午後 8:28アンダンテ


> アンダンテさん
レトロなファッションや音楽もウディらしくで小粋な作品でしたね。
エマはキュートですよね。どんどん魅力を発揮して欲しい女優さんです。
TBありがとうございました。

2015/7/21(火) 午前 0:00pu-ko
2015/12/30(水) 01:06:50 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック