映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】デイン・デハーン主演『ライフ・アフター・べス』 彼女がゾンビになっちゃった!
2015年04月10日 (金) | 編集 |




ライフ・アフター・べス(2014)アメリカ

原題:Life After Beth
監督:ジェフ・ベイナ
日本公開:2015/5/16
作品情報
トレーラー

 あらすじ
突然恋人べスを失ったザックの元に、彼女が墓場から帰ってきた!


感想
『ハッカビーズ』の脚本を務めたジェフ・ベイナの初監督作品。
デハーン君のラブコメ、しかもゾンビ映画ということで観てみました。

デイン・デハーン演じるザックは恋人ベスを不慮の事故で失い、茫然自失。
彼はベスとの最後の会話が別れ話だったことを悔やんでいます。
ところが葬儀が終わって間もなく、ベスの家を訪ねたザックは、窓からベスの姿を目撃してしまうのです。
ベスは生きていたのか?  

なんてね。隠してもしかたのない大前提なので言っちゃいますが
ベスは墓場から蘇ったゾンビなんですよね。

ゾンビ映画は多々あれど、この映画が珍しいのはベスには意識もあって見た目も普通なこと。
そんなベスと再会し、再びベスを愛していこうとするザックですが、、
ただ、やっぱりゾンビはゾンビ。
次第に劣化してくるベスを前に心が離れていくザック。2人の運命は?


コメディのデハーン君を見るのは初めてでしたが彼は頑張ってたと思います。
でもデハーン君を食っちゃったのがベス役のオーブリー・プラザ(『彼女はパートタイム・トラベラー』。もともと強面のオーブリーですが、徐々に凶暴になっていくさまが壮絶で、ブラックな笑いを誘うんですよ。監督とはプライベートで恋人同士らしいけど、監督自身が引かなかっただろうか(笑)


笑えるシーンもいくつかあってコメディとしては楽しめたんですが
映画としてのおもしろさを伝え難い作品でもあります。
それは多分ザックの心情に共感しにくいからだと思うんですよね。
変わっていくベスを怖れ、心が離れてしまうのは仕方ないとしても
そもそも別れ話の出ていた恋人同士という設定や、ザックのバンドのこととか、
散りばめられたプロットがいまひとつ生かされていないのは残念。

お食事シーンがなくても、アクションホラーになってなくても、もう少し恐怖の表現があってよかった思うし、コメディであってもゾンビ化することの悲しさが伝わると、もっとしっとりできたかなと思います。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
ぎゃ、ベスゾンビ怖っ(笑)
そかぁ~、ちょい残念な感じなのかな。キャストには惹かれるな~
あら~、デハーンくん、ホントは超小顔くんなのに、デカく見えるw

2015/12/29(火) 午前 11:42[ じゅり ]



じゅりさん>
ベスゾンビ凄いことになってるでしょ(笑)
見た目これになるまでも凶暴さに笑えるんですよw
デハーンくんさぁ。本来「頭」だった部分が「顔」に加わってるからw面積的にやばいよね(笑)

2015/12/29(火) 午前 11:42[ pu-ko ]



これどっかの何かのサイトかなんかで(どこやねんw)紹介されてた!
ゾンビ好きなんでね。次はデハーンかぁぁぁ っつってね。
目周り暗くてコメディ大丈夫か?って勝手に思ってたけど 演技としてはだいじょーぶなのね。
名作『ショーン・オブ・ザ・デッド』とか昨年の『ウォーム・ボディーズ』とは手触り違う?
キャリー・アン・モスとビリー・コノリーが出てた『ゾンビーノ』をちょっと思い出したんだけど、もっとシビアなコメディかなぁ~。
恋人がいい感じに腐ってきたらやだろうな(笑)
でもお食事シーンがすくないのはゾンビ映画としていかがなもんか?!
それはあかん。

2015/12/29(火) 午前 11:42[ みーすけ ]



彼女はパートタイム・トラベラー』の、あの女優さんでしたか~。
めっちゃゾンビですね、画像を見たら。(笑)
ゾンビものも出尽くしてる感はありますが、コメディならコメディで突っ走った方が面白く観れるのですがねぇ。

2015/12/29(火) 午前 11:42[ Kaz. ]



『ウォーム・ボディーズ』の逆バージョンみたいな感じですか?
どれどれ、pu-ko姐が共感しがたい野郎目線で見てみましょうか(笑)
プロットが生かされてないのは引っかかりますが(爆)・・・。
とりあえず私の管轄という感じなのでチェックしておきます。

2015/12/29(火) 午前 11:42[ ゾンビマン ]


みーすけさん>
これ日本でも公開されるらしいから、これからあちこちで紹介されるかもね。
デハーン君は相変わらず憂いを秘めてはいるけど、恋人とキスしまくったり、ハイキングしたりwといつもと違うお顔を見れるのが楽しいよ。
面白いのは面白いけど、わりと浅めなのでその二作と比べるとだいぶ落ちます。
『ゾンビーノ』ほどおバカでもなくかといってシリアスでもない(笑)
実際に映像として見せるお食事シーンは皆無(笑)8割がたラブコメ路線やね。

2015/12/29(火) 午前 11:42[ pu-ko ]


Kaz.さん>
そそ。あの女優さん。
人気のドラマにも出ててコメディエンヌとして売り出し中みたいです。
ははは、画像はかなり終盤ですね。このゾンビ演技も上手かったよん。
割合的にはコメディ>ロマンス>ホラーかな。
ジョン・C・ライリーやアナ・ケンドリックなど共演も割りと豪華なんだけど、いまひとつ生かされてはいないかも。

2015/12/29(火) 午前 11:42[ pu-ko ]


ゾンビマンさん>
確かに。徐々に人間に近づいた『ウォーム・ボディ』に対し、徐々に腐っていくわけだから。
ちょっと臭ってくる彼女へのデハーン君のリアクションが笑えます(笑)
恋人と破局した監督自身の経験が元になってるらしく、ある意味正直な映画なので、男性目線では共感できる部分多いかも。
10年前に書いたものが突然日の目をみたようで、プロットが生かされてないのは、多分色々削ったりしたんだろうなぁと。
感想聞かせてくださいね。

2015/12/29(火) 午前 11:42[ pu-ko ]



デイン・デハーン君、前頭皮がアブナイ!!(そこかい!?)

そうだね、腐りかけた彼女が復活してくれてもナンだかな・・・
けど、お食事シーンが少ないのは、ゾンビ映画としていいのか悪いのか!?
う~ん、自分の脳ミソ食ってた映画よりいいか(笑)

あ、そうそう「絞殺魔」観ましたょ!
中々の映像で今でも十二分に楽しめました!!
「24H」もまっつぁお(観たことないが)、ってな割りカットで面白かったぜい♪

2015/4/11(土) 午前 8:04[ chaco ]



結末のつけ方で、後味が大きく変わってきそうな題材ですね。コメディ映画としては出オチは面白そうなんだけど、映画としては、結末にやや不安を感じます。この題材で、ブラックコメディってのは意外に難しいんじゃないかなって思ってしまいます。

2015/4/11(土) 午前 8:04[ einhorn2233 ]


einhornさん>
そうなんですよね。
私も面白く観たわりに、あとで考えたら「うーん、なんだか・・」って感じで、スッキリしないんですよね。
「仕方ない」というよりも、もっと優しい映画を観たかったと思ってしまいました。

2015/4/11(土) 午前 11:04[ pu-ko ]


chacoさん>
それ私も思った。前頭葉かなりきてますよね~w
そう、別れようと思ってた彼女、しかも徐々に腐っていくってね(笑)
お食事シーンはお約束で入れて欲しいよね。
わはは、ハンニバルもやだったなぁw

おーー、『絞殺魔』見ましたか。
ね、あの分割画面はなかなか画期的。楽しんでもらえてよかった~。

2015/4/11(土) 午前 11:04[ pu-ko ]



次第にゾンビ化しちゃうのは悲しいですね。
とくに期待しなければ楽しめそう。チェックしまーす!

2015/4/13(月) 午前 8:04[ 翔 ]


翔さん>
うんうん。ゾンビコメディとして気軽に観る分には十分楽しい作品でしたよ。

2015/12/29(火) 午前 11:42[ pu-ko ]


『イケてる女の10のコト』
をWOWOWで観て
オーブリー・プラザに
注目していて去年の秋に
このゾンビ作品を知ったけど
まさか劇場公開されるとは。
DVDスルーと百パー
思ってたのに。

2015/4/13(月) 午後 0:04[ GH字幕 ]


字幕さん>
『イケてる女の10のコト』っていうのは知りませんでした。
オーブリーは捨て身の演技に驚いたので私も注目しとこうw
これ公開されるのはやっぱりデハーン効果なのかも~。

2015/12/29(火) 午前 11:42[ pu-ko ]



見終わるとアレ?と思う内容もあったけれど、見ている時は笑い泣き
した感じです。
オーブリーちゃんは監督の恋人なんですね。よくもあそこまで演技
させましたね。オーブンをかついでひっくり返ったシーンは本人が
していたのかしら。デイン君が好きなので楽しめました。

2015/8/18(火) 午前 8:48[ ミス・マープル ]



> ミス・マープルさん
オーブリーよくやりましたよね。
監督と一緒にいい映画を作ろうという気持ちが強いんでしょうね。
オーブンのシーンは衝撃的に近かったw
TBありがとうございました。

2015/8/21(金) 午前 10:56pu-ko


歯が痛くて何事も億劫な私です
お互い歯は大切にしましょうね;
最後のハイキングのシーンで、
なんともいえないせつなくほろ苦い感情が襲ってきますよね
でも、デハーン君のおでこの広さのほうが気になっちゃって映画に集中できなかったかも(笑)

2015/8/22(土) 午後 8:07[ maki ]



> makiさん
ありゃりゃ、歯痛は辛いね~。
最後のハイキングは流石に切ないですよね。
でも ぎゃははwおでこね~。
デハーン君まだ若いのに~w
TBありがとうございました。

2015/8/22(土) 午後 11:27pu-ko
2015/12/28(月) 20:57:36 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック