映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】愛の嵐
2015年04月13日 (月) | 編集 |

愛の嵐(1973)イタリア、アメリカ
原題:The Night Porter
監督:リリアーナ・カヴァーニ

映画データ

あらすじ
'57年のウィーン。身元を隠し、ホテルの夜番のフロント係として働く元SSのマックスの目前に、かつて弄んだユダヤ少女ルチアが今や高名な指揮者の妻となって現われる・・

トレーラー


感想
裸にサスペンダーのランプリング画像に禁断の香りを感じ、気になりながら忘れ去っていた本作、先日『ザ・ステイトメント(原題)』の記事にいただいたおみゃあさんのコメントで思い出させてもらって初鑑賞とあいなりました。

ナチス崩壊後十余年のウィーン。
元SSマックス(ダーク・ボガード)はホテルの夜のフロント係(night porter)として働いている。
そこがナチス残党の息がかかっているらしいことは、ホテルに出入りする面々の様子からも窺えます。ある日、美しい人妻ルチア(シャーロット・ランプリング)が指揮者の夫を伴いホテルにやってくる。マックスに気づき固まるルチア。
10年以上の時を隔て、再び出会ってしまった彼らが辿る運命とは・・


フラッシュバックにより、やがて見えてくるルチアとマックスの関係。
ルチアはユダヤ人として収容所に送られた少女だったんですね。
運命の再会が呼び覚ましたのは恐怖ではなく甘い官能だった
2人は危険を覚悟で再び身体を重ねることになるんですねぇ。

とにかくランブリングが美しい
マックスに気に入られ、弄ばれるルチアが仮面のSSたちの集うサロンで
サスペンダー姿で踊る姿の怪しさたるや

やがて命を守るため隠遁生活を余儀なくされる2人
途中、ルチアの悪戯でマックスがガラスの破片で足を怪我するというシーンがあるんですが
これが後半効いて、割れたジャムの瓶に緊張させられることになりました。
実際マックスはルチアと身体を重ねながら、瓶に手を伸ばそうとするんですよね。
二人の隠遁生活が『愛のコリーダ』を思い起こさせたこともあって妄想が広がってしまった。
ノーカット版がアダルト扱いされているところをみると、おそらくはもっと淫らな行為も撮られていたんでしょう。それがあったほうが破滅が際立ち、映画としては成り立つ気がしますね。

未来のない愛の顛末は悲しいけれど
ラストシーンに不思議な清々しさと美しさがあるのは、それが2人にとっての開放だから

ロマンチシズムと退廃の絶妙な塩梅
これ好きです。





◆TBありがとうございます!

 愛の嵐 -CINEmaCITTA'-


映画「愛の嵐」 監督リリアーナ・カバーニ 1975年

ブロ友さんの記事で「愛の嵐」を拝読 公開より やや遅れて劇場鑑賞した記憶が・・・ありましたパンフレット 現在 S.ランプリングの作品をご覧になった方は「オバハン」しか イメージ出来ないかもしれませんが 当時のランプリングは モデル出身で「ヨーロッパの頽廃を体現する」といわれ 恋多き女としても名を馳せていました   プログラム執筆者は 黒田恭一(音楽評論家)や 今野雄二・田山力哉(映画評論家) ... 

2015/8/23(日) 午前 10:28 [ アンダンテ また旅日記♪ ]

関連記事

コメント
この記事へのコメント

大昔の話ですが、泉谷しげるがこれと『カサブランカ』を例に挙げ
洋画の真の凄さは物語じゃなく背景だと言っていたのを時々思い出します。
それからいろいろ調べたりするようになったんだ。

2015/12/29(火) 午前 11:20[ HK ]



2度試してみたけどTBできてませんね~。
せっかくシステム直してくれたのに。
Yブロはアカンな~、申し訳ない。

2015/12/29(火) 午前 11:20[ Kaz. ]


うん、このジャケ知らんやつは映画通とは言えんな。。。

っていう私も未見なんだが(恥ずかしい)
手ブラのジャケもあるんだね?知らんかったわ。
乳丸出しで横向いてるヤツしか見たことなかったからさ。

最近、新しい映画にあんまり感動しなくなったから
こーゆーお宝作品をじっくり観るのもいいかもね。
だって「絞殺魔」だって、すっごく面白かったもん!!

あ、そういや面白いの観たんだよこの前。記事にするかも。しないかも!?(笑)
言うなれば「泣けるホラー」ってヤツ!?(エミリーローズを思い出す)

2015/12/29(火) 午前 11:20[ chaco ]



これはユダヤ人迫害の歴史やナチス残党のその後などの知識があったほうが深い部分を理解できるので、今観るとまた違った感想になるはず。
勿論歴史のことだけじゃなく、色々の経験が大事よね♪
倒錯の愛と語られるけど、普通に純愛でしたよ。
ただ2人の置かれた立場が特殊だっただけ。切ない映画でもあります。
観ちゃって~。

2015/12/29(火) 午前 11:20[ pu-ko ]


HKさん>

おー、泉谷さんが。
そうですね。本作では、オーストリアにあんなふうにナチ残党がいて、しかも横でしっかり繋がって組織を形成していたのをはじめて知りましたが、背景を知らずには彼らの刹那な愛は到底理解できませんね。『カサブランカ』しかり。

2015/12/29(火) 午前 11:20[ pu-ko ]


Kaz.さん>
ありゃーー、やっぱりダメでしたか。こちらこそ申し訳ない。
ユーザーさんが独自に作ったシステムを利用させていただいてるので、多分pingの設定とかも関係あるだろうし制限があるんだと思います。
こちらからのTBも最新記事にのみ適応なんですよ。
では前にしてたように、記事URLを貼ってTB代わりに表示させてもらいますね。

2015/12/29(火) 午前 11:20[ pu-ko ]


chacoさん>
ジャケットはやっぱり有名よね。
私もずーーっと気になってたもん。
そそ、ジャケットも色々あって、今回は手ブラバージョンを選択しました(笑)

うんうん。私もたいしたことない新作漁るより、過去のまずは過去の名作を押さえるべきだよなぁと思う今日この頃。
おーー、「泣けるホラー」なんだろな。記事楽しみにしてるよ!!

2015/12/29(火) 午前 11:20[ pu-ko ]





あ、いっけなーい!見逃し続けて早何年だ( ̄∀ ̄*)
シャーロット・ランプリングのこの姿は、強烈な印象が残りますよね。
私もきっと好みかも!

2015/12/29(火) 午前 11:20[ じゅり ]



じゅりさん>
でしょでしょ(笑)
この画像よく映画大好き人間さんが使っててw私もずっと気になってたの(笑)
女性監督らしいのだけどレトロな音楽も独特の妖しい世界観の構築に一役買っていてこれよかったです。
観てみて~。

2015/12/29(火) 午前 11:20[ pu-ko ]



映画少年時代だった時の「超思い出深い1作」なんですよ~。
これでランプリングの大ファンになっちゃたなぁ~。
もう雰囲気も抜群ですな。
TBできるかな? トライさせてもらいます~。

2015/12/29(火) 午前 11:20[ Kaz. ]


Kaz.さん>
おーー、超がつく思い出の一本なんですね。
少年にはなかなか刺激的だったでしょ。
年取った私が観てもググッときました。いいねぇ、これ。
TBできなかったでしょ?ごめんなさい。
今受信できるようにテンプレートに変更を加えてみたので、もしよかったらお時間のあるときにまた試してみてくださいませ。

2015/12/29(火) 午前 11:20[ pu-ko ]



あれ~知らない作品でさしたぁ
ランプリングさんはこんなセクシーなっ!インパクトあるけどポスターはどこかさで見たことあるけど気がする~

2015/12/29(火) 午前 11:20[ 翔 ]


翔さん>
ランプリングさんあばら骨が見えるほど痩せてるけど、なんかカッコよくてね。
この頃すんごい綺麗です。
これポスターに見覚えがあるでしょ。
前によく映画大好き人間さんが画像出してて、私も作品知らないのにこの格好だけはしっかり頭にこびりついてました(笑)

2015/12/29(火) 午前 11:20[ pu-ko ]



これね、15年以上前に夜中にテレビでやってたんですよ。
刺激の強い作品でした。
乳繰り合いながら見ていたんで、ちゃんと再見したい〈爆汗)・・・。
シャーロット・ランプリングさんはいつ見ても、今の老いた姿ですら惹かれる。

2015/4/14(火) 午前 7:04[ ゾンビマン ]



ゾンビマンさん>
乳繰り合いながらw
文字から想像はできたんですが、思わず辞書調べちゃいました。
というのも地元の方言で「ちちくりまわす」というのがあって、多分「殴るぞ」みたいな意味で使われてるんですよね(笑)
どうしてそっちいっちゃったんだろうか・・語源を知りたい(笑)
はい、これ落ち着いて観てみるとまた違ったよさがある一本かと。ぜひぜひ。

2015/4/14(火) 午前 10:04[ pu-ko ]



遥か過去、16~7歳の頃に何処やらで観て(恐らくテレビ?)「超エロ・・・」という記憶しかないという。
観たという経験のみで記憶がふわふわです。
未見と変んない感覚かも。
囚人番号の刺青にムラっときてわちゃわちゃ~!ってなってましたよね 確か。
この手の映画はやはり自分で色々と経験(あ、一般的な意味での色々だよw)してからでないと分かんないよね~。
って事で、今のわたしのスキルでどこまで倒錯な愛の世界が理解できるかちょと楽しみ。
で、どこまで理解できたかは秘密のみーすけちゃんで。

2015/4/14(火) 午前 10:04[ みーすけ ]


シャーロット・ランプリングは好きな女優でしたので、これも観たつもりでいましたが「地獄に堕ちた勇者ども」と重なってしまい、よく思い出せません。ただ、ナチがらみの退廃的なムードに眠気を誘われ、ちゃんと観ていないのかもしれません。「地獄に堕ちた勇者ども」はもう一度観ようと思ってDVD買ってあるんですが5,6年経っても未開封のままです。

2015/4/15(水) 午前 6:04[ yymoon ]


yymoonさん>
若き日のランプリング本当に綺麗でしたね。
『地獄に堕ちた~』もダーク・ボガードでナチものなんですね。ポスターも似た感じ。
ヴィスコンティ作品ということで、私も長らくリストに挙げていながら未見でした。
この機会に是非観てみたいと思います。
yymoonさんのコレクションは上質なもの揃いですよね。
またぜひご紹介ください。

2015/12/29(火) 午前 11:20[ pu-ko ]


公開当時観たのですが、インパクト強かったです。「地獄に堕ちた勇者ども」の暗い・重い・深い・長い、とは違った軽さ(みたいな?!)ものも感じました。
当時、、S・ランプリングとD・サンダは二大頽廃体現女優でしたw
TBさせて下さいね。

2015/8/23(日) 午前 10:27アンダンテ



> アンダンテさん
いいなぁ。こういうの劇場で観たいものです。
ランプリングはお若い頃から何か不思議なアンニュイさがありますよね。
でも美しくて好き。TBありがとうございました。

2015/8/23(日) 午後 3:52pu-ko
2015/12/28(月) 20:35:34 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック