映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】成功の甘き香り
2015年04月16日 (木) | 編集 |


成功の甘き香り(1957)アメリカ
原題:Sweet Smell of Success
監督:アレクサンダー・マッケンドリック
作品情報

あらすじ
ニューヨークで最も影響力のある劇評コラムニストであるJJ・ハッセンカーは、妹のスーザンがジャズ・ミュージシャンのスティーヴと交際するのが気に入らず、プレス・エージェントのシドニーを使って二人の仲を裂こうとする。

 トレーラー
成功の甘き香り [DVD]

感想

『バードマン』が公開になりご覧になった方も多いと思います。
アカデミーを獲ったにしては、単純な解釈を許さない玄人向けの映画ゆえ、賛否も分かれてる様子。だろうなぁ。
今日観た『成功の甘き香り』は『バードマン』と少し共通点がありました。

バート・ランカスター演じるJJ・ハッセンカーはNYのトップ劇評家。
『バードマン』で女性コラムニストのタバサが、キートンの劇を観る前から酷評するなどして悩ませていたけれど、本作が制作された時代は当然ながらネットによる口コミなどはないわけで、新聞のコラムの影響力は現代以上に絶大だったことでしょう。


 


冒頭、夜も明けやらぬニューヨークの街に朝刊が配送されるや、いち早くコラム欄をチェックするシドニー(トニー・カーティス)。彼は新聞を一瞥すると舌打ちして捨てる。
JJに取り入り、仕事のおこぼれに与る彼は、このところコラムから締め出されている。
それは「妹スーザンとジャズバンドのギタリストを別れさせろ」というJJの命令を実行に移せてないから・・。


劇評界の大物にランカスター、その腰巾着にトニー・カーティスを据え、ショービズ界のダークな裏側を描き出した本作。
コラムニストの評価は舞台の成功を左右するわけで、特権を利用し影でショービズ界を思い通りに動かすギャングまがいのJJをランカスターが憎々しく演じてます。


一方、カーティスは駆け出しながらJJを利用し頂点に上り詰めることを夢みるシドニーを好演。野心家で小悪党ではあるけれど、心の奥底には良心のかけらを残すシドニーが、「成功の甘い香り」にほだされるところが見もの。敵対しつつも互いを必要とする2人の台詞回しも痛快です。


↑新人女優の前でJJにボロクソになじられても、この顔で耐えるしかないシドニー

実はつい最近『空中ブランコ』というへんてこな映画で競演するランカスターとカーティスを観ていたのもあって、2人のやりとりにニマニマしちゃったな。
いつタイツ姿になるのか・・なんちゃってw

『バードマン』では、鼓動のように、時には不安を煽るように鳴っていたジャズのドラム音が、本作では「それでもやる!」という男の決意を表すように響いてカッコいい。
ブロードウェイ界隈の喧騒も『バードマン』と同じ。
シニカルで悪徳だと思っていたJJが本当に望んでいたのは妹の幸せ。
?
異常な愛しかたではあったけれど、毛皮のコートを脱ぎJJの元を去るスーザンを静かに手放す姿は切なくもあった。

モノクロ映像で撮影された夜のNYが美しい映画でした。



ランカスターの役にはモデルがいたらしいですね。
今では名作と言われる本作が当時あまり評価されなかったのは、映画の世界そのままにモデルとなった大物コラムニストに酷評されたからだったりしてね。




関連記事

コメント
この記事へのコメント

最近、カーティスにハマっておられますね。
私、40年以上映画を見てきて、最近映画ファンとしてまだまだやなと痛感する事が多い。
この作品とか、全然知らなかったもん(汗)・・・。まだまだ私はひよっこよね。
下の動画の犬は素晴らしく、野球させてみたいね。バウンドを合わせるって球技の基本であり、また難しいんですよね。

2015/12/29(火) 午前 11:09[ ゾンビマン ]



マッケンドリックは天才ですが
寡作なのが残念。
『白衣の男』もオススメですが、本人は
くだらない映画を作るばかりの現場を尻目に
教鞭を振るって後進を育てています。

2015/12/29(火) 午前 11:09[ HK ]



ゾンビマンさん>
ほぼ偶然なんですが、カーティスさん続けて観てますね。
そういえば最近『サイコ』も再見したところ。
ゾンビマンさんもジェイミーさんの記事書いてたし、なぜかこの界隈(めっちゃ狭い!w)ではカーティスファミリー流行ですね(笑)
昔の映画私もちっとも観れてないんですが、今年は「名前だけ知ってる名作」をたくさん観ていきたいと思ってるんですよ。
興味ないものも出てくるかもだけど笑って許してw
 このワンちゃん野球選手だったらきっと名プレイヤーになるよね。
最近はバスケのドリブルやスキップが出来ない子がいるらしいけど、リズム感が悪いのか・・、そういう子は運動は勿論音楽もダメかもなぁ。
ワンちゃんと一緒に練習すると克服できるかも。

2015/12/29(火) 午前 11:09[ pu-ko ]

HKさん>
ほんとだ。フィルモグラフィー調べたらあまり撮ってないんですね。
この作品がもっと正当に評価されてたら違ったかもなぁ。
あ、でも教えるほうに回ったのね。
映画の世界で才能を生かせたのならそれもよしですね。

2015/12/29(火) 午前 11:09[ pu-ko ]


たぶん昔にビデオで観てると思いますが、もう完全に忘れちゃってます。
いいですね、このキャスト。
また再見してみないと。

2015/12/29(火) 午前 11:09[ Kaz. ]



Kaz.さん>
大昔の映画ですもんね~。
キャストいいし、また機会があればぜひ。カーティスさんも若いよ。
音楽の使い方など、今見てもスタイリッシュに感じると思います。

2015/12/29(火) 午前 11:09[ pu-ko ]



pu-koさん、トニー・カーティス祭り?
うちの母がガンガン映画観てた頃、トニー・カーティスって人気大爆発でアイドルっぽい扱いだったとか(母談)「素敵だったわよ~」だってさ。
画像のカーティスのひきつり頬笑み見る限り、「うん、可愛い」とわたしも思う。
今週末やっとこ『バードマン』行けるので、ちょと軽めに読んどくね。
ショービズ界のドロっとした汚泥っぽいものを描いてるんでしょうか。
ランカスター渋いなぁぁ。
映像もオシャレで素敵だし、愛憎渦巻く系(?)内容も見応えありそな感じだけど、レンタル無ぇーだろなーー。
50年代のモノクロ作品はもうTSUTAYAディスカスに頼るしかなさげだけど、加入してないやいやい♪
この時代の映画は独特のイキフンが素敵で大好きなんだけど、なかなか観る機会が無い。
映画クラシック専門チャンネルとかあったらいいのにな。
あ、あるのかな、契約してるCATVが引いてないだけかー、ぶぅぅぅ・・・

2015/4/17(金) 午前 10:04[ みーすけ ]



みーすけさん>
ははは、何故かプチ祭り状態だよね。
うんうん、この映画のカーティスは凄く綺麗で、アイドル的人気だったというのもわかる。額に垂れる髪がまた可愛かったんだって(笑)
これは秀作と言われてるわりに今はあまり有名じゃないですよね。
一応ノワールの分類らしいけどスリルがあるじゃないし、今取り立てて観られるものでもないかもだ。
昔スタチャンにクラシックチャンネルみたいなあった気がするけど、違ったかな。
ま、私が利用してたのは随分昔の話だから色々変わってるでしょうね。
こちらはTCMっていうクラシックチャンネルがDVDになってないものも放送してくれて最高です。

2015/12/29(火) 午前 11:09[ pu-ko ]



2015/12/28(月) 20:15:44 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック