映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】奇跡の2000マイル
2015年04月27日 (月) | 編集 |


奇跡の2000マイル(2013)オーストラリア
原題:Tracks
監督:ジョン・カラン
日本公開:2015/7/18
作品情報

あらすじ
1977年、ロビン・デヴィッドソンは一匹の犬と4頭のラクダを連れ、アリススプリングスからインド洋に向かってオーストラリアの砂漠地帯を歩いて渡ることを決める

トレーラー

感想

オーストラリアの砂漠を7ヶ月かけて横断したロビン・デヴィッドソンさんの手記を基にジョン・カランが監督をしたロードムービーです。

徒歩で砂漠を、何ヶ月もかけて歩く。

無謀 自殺行為 クレイジー

周囲のそんな声にも耳をかさず、住み込みで働きながらラクダの調教を学び
ナショナルジオグラフィック協会とスポンサー契約を結び、ついに旅を決行するロビン。
ラクダ4匹と愛犬を引き連れての旅は、果たして成功するんでしょうか と言う話。



まずは、主演のミア・ワシコウスカに拍手を送りたい。
日焼けはする、服も髪もドロドロ。
ビジュアルにこだわる女優ならまず受けないでしょ。
しかも犬はいいとして、旅の道連れがラクダですよ(汗)
白い涎ダラダラで、フガフガグルグルうるさい盛りのついた雄のラクダを制御するのも凄いし、野性のラクダと対峙するロビンを演じるのは、よほどの根性がないと出来ないでしょう。脱帽ですよ。

ロビンさんのインタビューによると、過去にはジュディ・デイヴィスで映画化という話もあり、昼食を共にしたことがあるらしいんですが、その際ジュディはロビンさんの動作の一つ一つを真似しようとしたそうです。ミアは逆でむしろあまり見ないのに、3日目にはロビンさん(のキャラ)をものにしていたと驚いてました。天性の才能というものでしょうか。

ミアが演じるロビンという女性
映画の冒頭は、人と接触することを嫌うどこかとっつきにくい人なんですね。
実際、彼女が旅に出るのは人から離れたいという思いもあってのこと。
しかし孤独に身をおいて初めて彼女は人のぬくもりを知ることになる。

途中原住民の老人と旅を共にするんですが
現地語でモゴモゴ、でもお喋りのおじいちゃんに最初は戸惑っていたロビンが
最後には意味もわからないのにニコニコ顔になっててなんだか愛おしい。


旅の途中途中、ちょっとしたイベントがあるし風景も美しい
でも映画をまるで飽きずに観てしまうのは
やはりロビンのそんな変化に心を動かされるから。

旅のはじめと終わりとではまるで別人のロビンに、最後はこみ上げてくるものがありました。
ロビンを演じきったミアはあっぱれ。
いつのまにか、ラクダとも友情を育んでたりするのにもホッコリ
ラクダがまたいい演技するんだw

原作にはなかったロビンさんの背景を加え、キャラクターを掘り下げた作り手の力も大きいのでしょうね。

制作に『英国王のスピーチ』のスタッフ。
静かだけど美しく、いい映画でした。



トラックバックされた記事

「奇跡の2000マイル」は純粋な旅もの映画としてオススメ、ヒロインが◎。

今回は新作の「奇跡の2000マイル」を有楽町スバル座で観てきました。こんな映画、誰も観に来ないだろうと高をくくっていたのですが、意外とお客さんが、それも年配のお客さんが入っていたのでびっくり。ここは上映時にスクリーン前の幕が開く、今は珍しい映画館です。 1975年のオーストラリア中央部のアリス・スプリングスにロビン(ミア・ワシコウスカ)という女性が愛犬ディギティと共に降り立ちました。彼女はここから、インド洋まで2000マイルを徒歩で歩こうというのです。都会に住んでいた彼女がそういうことを思 

2015/7/21(火) 午後 7:07 [ 今昔映画館(静岡・神奈川・東京) ]

関連記事

コメント
この記事へのコメント


「キッズ・オールライト」では強い印象なかったのですが、「嗤う分身」「マップ・トゥ・ザ・スターズ」で何だこいつはと思わせたミア嬢が出ているのであれば、とりあえず観ておきたい映画です。この女優さんが出てるなら、とりあえず観たいと思う女優さんをキャスティングするのも大事ですよね、特に華がなさそうな映画の場合。

2015/12/29(火) 午前 5:36[ einhorn2233 ]


einhornさん>
私もミアちゃんが出てると観たくなります。
そうですよね。ただひたすら歩く映画を魅力を感じない女優さんで見ても辛いだけな気がする。
その点、彼女は旅を通じて変化していく姿も魅力的で目が離せませんでした。

2015/12/29(火) 午前 5:36[ pu-ko ]



主演がミア・ワシコウスカという事を知り、そこで観覧ストップしました。
彼女は大好きなので見ると思います。
フクロウって、ネズミが餌で、そのためのネズミがペットショップに売っていると最近知りショックでしたわ・・・。

2015/12/29(火) 午前 5:36[ ゾンビマン ]



なんだかすごい規模のような、、。真似できないことですね~。観てみたいです。ラクダの演技もw

2015/12/29(火) 午前 5:36[ 翔 ]


ゾンビマンさん>
私もこれミアちゃんだから観たんですよ。
いいですよね~、彼女。
これも女優根性を感じる演技で魅せてくれます。

ふくろうは猛禽類ですもねぇ。
自然界ならまだしも、飼うとなると餌の調達が必要・・
そっかぁ、餌用に売られるネズミもいるわけですね。
ゾンビマン家では想像もしたくないことだよねぇ。

2015/12/29(火) 午前 5:36[ pu-ko ]


これは知らない作品でした(^^;
ミアちゃんは、その演技感覚にも天性のものがあるんだろうけど、大自然に寄り添う心を持った子なのかな。トレーラーの彼女の表情で、そんな印象を受けました。
↑ベストアクター的なラクダくんの演技も気になりますがなw

2015/12/29(火) 午前 5:36[ じゅり ]返信する



翔さん>
大自然の中に入り込むんだから凄いよねぇ。
そのことのリスクやバランスの問題なども考えさせられたりしましたが。
ラクダはベストアクター賞ものでした(笑)

2015/12/29(火) 午前 5:36[ pu-ko ]



ミア・ワシコウスカも確実に、演技派というか、大人の女優になってますね。
体当たりの演技を観てみたいっす。
ラクダ演技も楽しみですがw

2015/12/29(火) 午前 5:36[ Kaz. ]


じゅりさん>
私もこれは最近ツイッターで知ったんですよね。
イギリスの制作で作ったオーストラリア映画だからか、近くで公開なかったと思うし、話題にもならなかったような。。
ミアの演技が素晴らしいだけに勿体無いね。
うんうん、オーストラリア生まれでもあり、大自然に寄り添う・・って感じわかる気がする。
彼女も「オーストラリアの美しさを伝えたかった」そうです。
ラクダも役者でねw
カメラを向けると「グルルー」ってうなってくれて、ベストアクターだったって監督自身が言ってました(笑)

2015/12/29(火) 午前 5:36[ pu-ko ]


Kaz.さん>
ホント、ホント。今回もいい女優さんになったなぁって思いました。
.一作ごとに違う顔を見せてくれるから、次はどんな役を演じてくれるだろうという楽しみもありますね。
下半身汚いパンツだけで砂漠を歩くシーンもあるしwまさに体当たり。
ラクダもね、最後は本当にミアを信頼してる感が伝わって可愛く見えました(笑)

2015/12/29(火) 午前 5:36[ pu-ko ]


ミアは役によって雰囲気が全然違ってて、化けることができる実力ありますよねー。
あのちょっと眉間にしわをよせたような『困ったチャン顔』が可愛い。
ラクダか・・・。どうも馬とかラクダとか口元のよだれとか歯が怖くて(笑)
上下水道ちゃんと完備できてない所での生活が苦手で、冒険ができないわたしにはホントに無謀でクレイジーに見えるけど逆に羨ましいってのもあります。
しかし ラクダかぁぁ(笑)

2015/4/28(火) 午前 11:04[ みーすけ ]


みーすけさん>
ミアちゃんはほんと映画ごとに色んな表情を見せてくれるし、若手では一番の実力者かも。
作品に恵まれればオスカーも遠くないかも。
私もラクダはあかん。
相手に臭い吐物だか唾液だか吐いて攻撃するってのを知って以来、かなり苦手。
だから余計によくやったと驚くもんなぁ。
ロビンさんご本人は旅によって自分に自信を持つことができたんだそうな。
人生観は確実に変わるでしょうね。

2015/12/29(火) 午前 5:36[ pu-ko ]



この映画…。とても身近に感じてしまって…。久しぶりに心ろが疼いてしまいました。
あの時代、ひとりでよく旅したなという驚きもありましたね…。

2015/7/8(水) 午後 1:26NZ_RR返信する


> NZ_RRさん
あーー、そうなんですねぇ。
あえて過酷な旅を敢行する主人公を初めは無謀という気持ちで観てましたが、旅が終わる頃には何か彼女の求めたものが分かった気になったし、心を動かされました。

NZ_RRさんはもっと感じるところがあったのでしょうね。

2015/7/8(水) 午後 2:24pu-ko



ロードムービーというには、余計なエピソードもなく、旅そのものに特化した映画というのが意外性があって楽しめました。「マップ・トゥ・スターズ」でもすごいと思ったミア・ワシコウスカが、砂漠やラクダや太陽を相手に堂々たるヒロインぶりがすごいなあって感心。彼女のおかげで、何というか「すごい映画」に仕上がったという感じでした。TBさせてください。

2015/7/21(火) 午後 7:07[ einhorn2233 ]



> einhorn2233さん
主人公の書いた本が殆ど自分の背景などに触れてなかったということもあってか、淡々と旅を描いた感じでしたが、それだけに余計に過酷さや孤独も伝わったし、何といっても役に向き合うミアの根性に驚きますよね。
ミアって凄い。『マップ・トゥ・スターズ』観なければ。
TBありがとうございました。

2015/7/21(火) 午後 11:21pu-ko
2015/12/28(月) 14:51:08 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック