映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】夏の日の体験
2015年04月29日 (水) | 編集 |




夏の日の体験(1969)イギリス
原題:Three
監督:ジェームズ・ソルター
作品情報

あらすじ
クラシックカーをゲットしヨーロッパを旅行中のテイラー(サム・ウォーターストン)とバート(ロビー・ポーター)は美術館で出会った美しい女性マーティ(シャーロット・ランプリング)と意気投合し行動を共にする。


フルムービー(英語)字幕なし
  

感想


アーウィン・ショウの原作を『白銀のレーサー』の脚本家ジェームズ・ソルターが映画化した本作は、旅の途中で出会う一人の女性を巡り、2人の若者が恋と友情の狭間で揺れるさまを描くロードムービーです。

若きシャーロット・ランプリング目当てで観たんですけど、yahoo!はじめ日本の大手の映画サイトでも作品登録されてないところが多いですね。テレビ放映はされたようなので、観てる人もいると思うのだけど。



当時23歳のランプリングが演じるマーティは
「2人の男性と結婚し一週間ごとに過ごすのが密かな夢」
なんてぬかしても、許さなしゃあないほどに美しく、しかもすでにミステリアス。

テイラー・キッチュとアーロン・ジョンソンがブレイク・ライヴリーを共有した『野蛮なやつら』って映画があったけど、本作のテイラー(サム・ウォーターストン)とバート(ロビー・ポーター)はややこしい関係を避けるためプラトニックを通すことを約束するんですね。
でもそれもまた難しいって話。

監督と脚本を務めたジェームズ・ソルターはこれが唯一の監督作品ということだけど
台詞を抑え、ニュアンスや間(ま)を重視したポエティックな作風がいい感じ。



言葉で説明したりはしないかわりに、例えば、ひげを伸ばすことを決めたバートがあっさりひげを剃ったり、ちょっとしたシーンで性格を垣間見せ、次の展開を予測させるという手法が上手い。

波に揺れるボート
昼寝中のバートの胸に置く花束

それらが時にミスリードしつつ不安を煽ってくるので、ノミの心臓の私なんか
ドキドキして途中で休憩入れたりしてね。

サム・ウォーターストンは誠実だけど、自分の思いを口に出来ない大学生テイラーを優しげに演じていてこういう役似合ってる。彼の心情にシンクロする音楽もいいです。
ちなみにロゴを見ると本作の配給はユナイテッド・アーティスツ
この12年後にウォーターストンが悪役で出演した『天国の門』で潰すことになるのは皮肉だよなぁ。


秋の気配と共にひとつの恋が終わり、大人になるしかなかったあの日
きっと誰の中にもあるほろ苦い青春を呼び起こすノスタルジックな一本です。



関連記事

コメント
この記事へのコメント
たぶん観てると思います。
が、それがTVだったのやら?はたまたビデオだったのか?
だもんで内容も記憶の彼方ですが。(笑)
サムさんも若いなぁ~、ランプリングの綺麗さは息を呑むほどやね。

2016/1/19(火) 午前 1:17[ Kaz. ]


Kaz.さん>
これ多分ソフトになってないと思うのでTVかな。
みんな若いよね~。
いまや大ベテランの彼らが思いっきり「青春」してますから。
ランプリングがほんと綺麗ですなぁ。

2016/1/19(火) 午前 1:17[ pu-ko ]


しょええ~、ランプリングって若いころからもの凄い色香のある女性だったんですねー。
あの三白眼の目つきかな。
男を惑わすフェロモンとか妖艶さとかダダ漏れだけど、そんな中に時折チラ見えする可愛さとかあるのが堪らないのか? 男心わかんねーけど(笑)
字幕無しでもこれならギリなんとかイケそうなんで、連休中に観ます スマフォで・・・うぐっ・・・

2015/4/30(木) 午前 10:04[ みーすけ ]


みーすけさんさん>
ランプリングはそうそう、綺麗ですでに大人っぽい。
素性を語りたがらないところも謎めいてるし。
時々見せる23歳の素顔とのギャップがまた魅力にもなるんでしょうね。
はい、台詞少なめなので観てみて。
希少性もあって半カルト的といわれてます。

2016/1/19(火) 午前 1:17[ pu-ko ]
2016/01/18(月) 10:31:05 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
「地獄に墜ちた勇者ども」と同じ頃の映画なんですね。
「突然炎のごとく」のような男女関係をイメージしましたが、ランプリングですので、あれとはちょっと違うのでしょうね。
日本で公開されなかったというのは、興行的な理由があったのでしょうね。
最近、録画で観た日本未公開映画「ライフ・オブ・クライム」(ジェニファー・アニストン主演)は面白い展開の映画でしたが、イマイチ詰めが甘い感じでした。

2016/1/19(火) 午前 1:17[ yymoon ]


yymoonさん>
あ、そうか、『地獄に~』と同じ69年の制作ですね。
私まだ『突然炎のごとく』見てないんですよね~。
こんな誰も知らない映画観る前にトリュフォー観ろって自分でも思うんですけど(汗)
『ライフ・オブ・クライム』ご覧になりましたか。
タランティーノ監督の『ジャッキー・ブラウン』の前日譚らしいですね。
私も録画してるので観てみようと思います。

2016/1/19(火) 午前 1:17[ pu-ko ]
2016/01/18(月) 10:52:14 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
同時に2人の男性と結婚する?
結婚詐欺じゃん!!!
って、ならんのが映画でね(笑)
設定がオカシいけど、なんとなく惹かれるなぁ。
いつの時代も美貌を武器にオトコをオトすオンナはいるもんで。
縁遠いお話でありますが。ワハハハハ。
古き良き映画発掘キャンペーンですか!?(笑) あれ?ソレって・・・

2016/1/19(火) 午前 1:17[ chaco ]


chacoさん>
ははは、2人と結婚ってのはあくまで願望のお話なんだけどね
映画は男女三人のロードムービー。
抜け駆け禁止を決めてるのにどうしても好きになってしまったらどうすんだって話です。
うん、私も古きよき映画発掘したい。
まずは80年代あたりからいきたいなぁ。

2016/1/19(火) 午前 1:17[ pu-ko ]
2016/01/18(月) 10:54:30 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
おそらく70年代後半か80年代に深夜枠で放送したと思いますが。
海外でもDVD化されていないんで、TVから録ったものがありました。
MPAAのレイティングはPGだから○ックス描写もおとなしいもののようで。
同じ年製作のMGMのLAST SUMMER (『去年の夏』)の方がどぎついよね。
ギャオス=シャーロットさんはこの翌年にイタリアで出て日本でも劇場公開した
Addio, fratello crudele(『さらば美しき人よ』)で有名になっていくんじゃね。

2016/1/19(火) 午前 1:17[ GH字幕 ]


字幕さん>
おーー、さすが字幕さん。録画されてますか。
そそ、これベッドシーンなんかは皆無ですよね。
『去年の夏』って知らないなぁ。60年代になって性描写も自由度が上がったみたいですね。
『さらば美しき人よ』も未見。昔のランプリングさまもチェックしたいです。

2016/1/19(火) 午前 1:17[ pu-ko ]
2016/01/18(月) 10:56:06 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
まったく知らない映画(汗)・・・。
シャーロット・ランプリングも若いけど、『カプリコン1』以前のサム・ウォーターストンさんも若いわ。
私、シャーロット・ランプリングさんの胸が理想なんですよ・・・大きさとかね(聞かれてなかったね。えらいすんまへん〈爆汗)・・・)

2016/1/19(火) 午前 1:17[ ゾンビマン ]

ゾンビマンさん>
知らないでしょ。
TCMのホストのオズボーンさんも最近まで知らなかったって言ってました(笑)
みんな20歳代、若くて青春してます!
わはは、ランプリングのお胸がお好きなのね。
小さすぎず大きすぎず、日本人にはこのくらいがいいよね(笑)

2016/1/19(火) 午前 1:17[ pu-ko ]
2016/01/18(月) 10:57:20 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック