映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ベビーシッター・アドベンチャー
2015年05月06日 (水) | 編集 |


ベビーシッター・アドベンチャー(1987)アメリカ
原題:Adventures in Babysitting
監督:クリス・コロンバス
作品情報

あらすじ
女子高生クリスはデートをドタキャンされベビーシッターを引き受けることになったが・・

トレーラー

感想

80年代映画特集トップバッターは
ベビーシッターにやってきた女子高生の一夜のアドベンチャーを描くティーンズコメディ。
『ホーム・アローン』のクリス・コロンバスの初監督作品です。


エリザベス・シュー演じる高校生のクリスは楽しみにしてたデートをドタキャンされ
気乗りのしないベビーシッターを引き受けることに。
ところが家出した友人から迎えに来て欲しいと頼まれ、仕方なく子供3人を引き連れてダウンタウンまで車を走らせることになるんですね。



ここで子供たちを連れて行くことに、ピンとこない人も多いと思うけど
アメリカでは小学生以下の子供を残して家を空けることが法律で禁止されていて(州によって違います)、本作もだからこそベビーシッターを雇っているわけで、クリスは小学生のサラを置いていけない。しかも好奇心旺盛のサラは大好きなアメコミヒーロー「ソー」の活躍するダウンタウンについていきたくてしょうがないし、クリスに恋するブラッドも一緒にいきたくてみんなしてクリスを脅すものだから、ほかに選択肢はないわけ。そんなこんなで始るクリスのミッションは、タイヤのパンクをきっかけに、ハラハラドキドキのアドベンチャーになっちゃいます。

これいいですね。
なんたって、クリス役のエリザベス・シューが可愛い!!



冒頭、お出かけの準備をしながら口パクで歌い踊る『Then He Kissed Me』から掴みは最高!
ジャズライブのステージで、即興で歌うベビーシッターブルースも最高で、音楽を生かした演出が楽しい!

4人は夜の街で危険にさらされることになるんですが、子供たちを守ろうとするクリスの責任感の強さが、子供たちに勇気と、さらに悪人の善良な心まで引き出すところが爽快なんですね。


修理工場の「ソー」似のロン毛青年が若きドノフリオだったのは受けたけど
人を信じる気持ちが頑なな心を開くという描き方も温かかった。

非日常な時間が子供たちを成長させ、かけがえのない思い出になる。
こういうの、クリス・コロンバスは本当に上手いよね。

最後はブラッド目線で青春のほろ苦さが蘇った方も多いのでは?
『ビッグ』に通じる素敵なラストシーンでした。

で、ソーはゲイなの?



関連記事

コメント
この記事へのコメント
キャーー!!
ヴィンセント・ドノフリオがロン毛だーーー!!ウケる。
しかし、エリザベス・シューってやっぱキレいだったのね。
彼女は「バック・トゥ・ザ~」とか、いやいや「リービング・ラスベガス」のイメージがすんげー強いんだよね。
やっぱ、綺麗だわ~~~!!うん。
で、この映画は知りませんでした。ごめんちゃい。

2015/12/29(火) 午前 3:10[ chaco ]


chacoさん>
ね、ね、金髪ロン毛のドノフリ夫ウケるっしょ(笑)<br />しかも「ソー」っぽいという設定で、スタイルも結構いいんだ。<br />彼を観ただけでも価値あったわ(笑)<br />あ、でも勿論最高なのはエリザベス・シューだわねぇ。<br />「リービング・ラスベガス」ではすでに大人っぽかったけどこのときはまだ本当にキュート。<br />昔の映画で俳優の今昔を観れるのも楽しいね。<br />

2015/12/29(火) 午前 3:10[ pu-ko ]


これは楽しかったですね。子供映画のようできちんと青春映画しているし、ドタバタもうまくさばいて、ヒロインがとにかくかわいい。この時代だからできる味わいみたいなところがあって、今作ったら、もっと重い話になっちゃいそう。このフットワークの軽さが80年代なのかもしれませんです。

2015/5/6(水) 午前 8:05[ einhorn2233 ]


einhornさん>
ドキドキのアドベンチャー要素だけでなく、悪人たちでさえ愛おしくなるようなキャラクター設定もいいし、青春ものとしても秀逸でした。
エリザベス・シューは本当に可愛かったですね。
フットワークの軽さが80年代。確かに。
明るく気軽でいて優しい映画を求めた時代なんでしょうね。

2015/12/29(火) 午前 3:10[ pu-ko ]



また入力ミスったわ(汗)・・・。
とにかくエリザベス・シューが最高に可愛い。
当時観て最高の気分になれた映画です。

2015/5/6(水) 午前 8:05[ ゾンビマン ]


ゾンビマンさん>
あー、ごめんなさい。
今日はサイトのシステムが不調なようで、コメントを公開するのが上手くできず私も何度もやり直して、結局メールから操作しました。
なんだろな。
エリザベス・シュー可愛いですね~。今も変わらぬ美しさでご活躍なのも嬉しいところ。
私もこれは最高に気分良かった!

2015/12/29(火) 午前 3:10[ pu-ko ]


HKさん>
これはHKさんの記事でチェックしていた一本。
ワン・ナイト・ムービーという呼び名があるのね。
うん、私もとっても好きなジャンル。
エリザベス・シューの可愛らしさといったらね~。
即興ジャズのシーンでも才能を感じたわ。
そっか、当時はお勉強を優先させたのね。
メグ・ライアンにロマコメ女王の座を持っていかれたとしても、長い目で見たらその選択は正解だったんでしょう。
今も知的さを感じさせるし、息の長い女優さんになりそうだもんね。
80年代映画まだまだいきます!

2015/12/29(火) 午前 3:10[ pu-ko ]



おー、これも観てない。
てか、80年代の映画ってかなり取りこぼしてるみたいなのに思い至った次第。
劇場どころか映画自体から離てた頃のよーで。
わたしも過去作品発掘キャンペーンやろうかしら。
てか微笑みブタのドノフリ夫!
人に歴史あり。じいぃぃぃん。

2015/5/6(水) 午前 11:05[ みーすけ ]



みーすけさん>
私も最近までタイトルも知らなかったんだよん。
塗りつぶし的なリストを集めたサイトがあって最近気に入ってチェックしてるんだけど、カルト的なものを結構観てるわりに当たり前に見てていい作品を落としてて、80年代も散々なの(笑)
こうして発掘していい作品に出会えるのは嬉しいよ。
パツキン、ロン毛の微笑みブタ、ドノフリ夫にも会えたし(笑)
みーすけさんも発掘して~♪

2015/12/29(火) 午前 3:10[ pu-ko ]


あら~楽しそう。ホームアローンの監督さんなのですね。なんかポスターがグーニーズっぽい( *´艸`)

2015/12/29(火) 午前 3:10[ 翔 ]


翔さん>
これ楽しかったよ~。
ドキドキもしたけど終始微笑ましくてニマニマしたし。
こういうポスターもこの時代の流行だったのかな。作家が同じかもね。

2015/12/29(火) 午前 3:10[ pu-ko ]


全く知らない映画ですが、ティーンズコメディは好きですし面白そうなので、レンタルリストに入れました。
監督は、「グレムリン」の脚本家なんですね。

2015/12/29(火) 午前 3:10[ yymonn ]


yymoonさん>
これは大人になっても楽しめるティーンズコメディの傑作かと。
途中のジャズライブのシーンも楽しいので、yymoonさんにもきっと気に入っていただけるかと思います。
私は知らなかったですが、ジャズ界の大物といわれる方も登場されますのでチェックしてくださいな
2015/12/29(火) 午前 3:10[ pu-ko ]



へぇ~、クリス・コロンバス監督のデビュー作なんですね。
もう80年代満開の様子ですな。(笑)
面白そう~。

2015/12/29(火) 午前 3:10[ Kaz. ]



Kaz.さん>
デビュー作から面白い映画作ってたんですねぇ。
完成度高いと思います。
どっから切っても80年!(笑)

2015/5/8(金) 午前 2:05[ pu-ko ]



一夜の出来事を描いたワン・ナイト・ムーヴィーをこよなく愛していて、もちろんこれもお気に入りの1本。
舞台はシカゴだけど、撮影はトロントで行われた・・・ということは
自分のブログに書いたけど
とにかくこの映画のエリザベス・シューのキュートさときたら!
シューは『ベスト・キッド』(84)を皮切りに80年代を駆け抜けたマイ・アイドルのひとりだった。
確か当時は勉強したいとかで(おお、80年代のアイドルぽい!)
女優業に熱心ではなく、気が付けば
メグ・ライアンの登場によりロマコメに出演する機会を逸した感アリ。
勿体ないと思っていたら『リービング・ラスベガス』(95)でオスカー候補になったんだ。
あのときは嬉しかったなあ・・・などと
80S映画は思わず語ってしまいます。ご容赦を。

2015/5/6(水) 午前 9:05[ HK ]






『ベスト・キッド』の可愛くてちょっと太目のヒロインだったエリザベス・シュー
本格的な主演ということで自分は劇場では落としちゃったけど当時のレンタルビデオで観ました。『グーニーズ』の脚本を書いたクリス・コロンバスならではの作品だった。
劇中で歌う“ベビーシッティング・ブルース”は良かったよね。
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』はロバート・ゼメキスでっせ、姐さん。

2015/5/7(木) 午前 5:05[ GH字幕 ]


字幕さん>
シューが可愛いねぇ。
“ベビーシッティング・ブルース”も最高でした。会場の盛り上がりも楽しかったね。
あのジャズ・ミュージシャンも有名らしいですね。
おっと、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』間違えちゃった(汗)
修正しておきます。ご指摘感謝!

2015/5/7(木) 午前 6:05[ pu-ko ]


もう一度観たくなって、TSUTAYAでレンタルしてきました。
今回はブルーレイで借りました。
もう一枚はこれは90年代だけど女子高生が吸血鬼退治する『バッフィ ザ・バンパイア・キラー』

2015/12/29(火) 午前 3:10[ GH字幕 ]



おーー、四半世紀ぶりの再見ですね。懐かしいでしょ。
字幕さんも80年代特集一緒にいかが?(笑)
『バッフィ ザ・バンパイア・キラー』はチラリと観たことあります♪

2015/5/8(金) 午前 2:05[ pu-ko ]


2015/12/28(月) 12:40:57 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック