映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】プリンセス・ブライド・ストーリー
2015年05月09日 (土) | 編集 |



プリンセス・ブライド・ストーリー(1987)アメリカ
原題:The Princess Bride
監督:ロブ・ライナー

作品情報

あらすじ
フローリン国の農場に暮らすバターカップは農夫のウェスリーと愛を誓うが、ウェスリーは海賊に殺されてしまい、二度と人を愛さないことを誓う。それから5年後、国の王子に見初められ、気乗りのしないまま求婚を受けることになるバターカップだが・・

 トレーラー
プリンセス・ブライド・ストーリー [DVD]

感想

80年代映画特集2本目は『スタンド・バイ・ミー』『ミザリー』などのロブ・ライナーによる『プリンセス・ブライド・ストーリー』。
ピーター・フォーク演じるおじいちゃんが風邪っぴきの孫に読んで聞かせる本の中で、中世を舞台にした御伽噺が展開するという構成で、若きロビン・ライトが初々しくも芯の強いプリンセス(バターカップ)を演じています。

王子との婚約を前に3人組の男たちにさらわれたバターカップを追って
海の向こうから何者かが救出にやってくるあたりから物語は大きく動き始める。
コンパクトな上映時間ながらプリンセスを巡るロマンスは勿論のこと、冒険ファンタジー、復讐劇と内容も多彩。コミカルなホラ話のような味付けも面白い愛の物語に仕上がっています。



これ、公開時には大した評判でもなかったらしいんですが、今ではカルト・クラシックの位置づけでレジェンド的な人気を誇ってるんですって。

人気の理由はまず、語り草になる印象的なシーンと台詞がたくさんあること。
ウェスリー(ケイリー・エルウィズ)とイニゴ(マンディ・パティンキン)の剣の対決シーンは、2人の見事な剣さばきと運動能力の高さに加え軽妙な台詞の応酬も楽しくて、繰り返し観たくなる。
youtubeで検索すると色んなシーンがヒットしますよ。



最近、近くの映画館でもレトロ上映してたんですが、ある映画館では“Quote-Alongs”スタイル(スクリーンにキャプションで表示された台詞を観客が一緒に叫んでいいというもの)で上映されたらしい。多分一番人気はウェスリーの決め台詞「As you wish(仰せの通りに)」でしょ。これ聞くと幸せな気持ちになるもの。
ケイリーはグッドモーニング・アメリカという朝の番組にメンバー再集結で出演したときに、「自分の墓にこの台詞を彫る」と言ってました。「全女性が望んでることだから」って(笑)



キャストで驚きなのが元プロレスラーのアンドレ・ザ・ジャイアント!!
いや~久々。というか映画界に進出していたことも知りませんでしたが、
脇役の中でも結構重要な役を貰っていて、大きな体で、でも気の優しいアンドレが素朴ないい味を出してるんですよ。
先述のTV番組のリユニオンで、ビリー・クリスタルがアンドレのホテルで急死したエピソードを笑いながら話してましたが(汗)、そんなことできるくらい愛されキャラだったのが想像できる。
ロビンは寒い撮影の合間に、アンドレがあの大きな手をロビンの頭に乗せて暖めてくれたというエピソードを紹介してました。
映画のどこかユルくて温かい味わいはアンドレの存在によるところも大きいかも。

初めは気乗りせずに聴いていた孫が、次第に話に夢中になって、物語が終わる頃にはおじいちゃんに優しい言葉をかけるくらいに成長しています。
そんな孫とおじいちゃんのサイド・ストーリーも微笑ましかった。



関連記事

コメント
この記事へのコメント

あれま~、これ観れてなかったです。カルト・クラシックですかぁ。
てか、ケイリー・エルウィズ最近お目にかかってないわ(^^;
アンドレ・ザ・ジャイアントの、ユルくてあったかいものが映画に反映してる感じってわかる気がします~

2015/12/29(火) 午前 2:45[ じゅり ]


じゅりさん>
そうなんです。
次に紹介しますが、これ例のサイトのカルト作品リストにも挙げられてますね。
ケイリーさん、私はあまり意識したこと無かったけど、イギリス俳優なんですね。
身が軽くてアクションがかっこよかった。
できれば終盤にもアクションで魅せて欲しかったですが、後半はアンドレに引きずられてました(笑)
アンドレがまた楽しかったんだわ。

2015/5/10(日) 午前 10:05[ pu-ko ]



これは忘れられない。
暇つぶしで入った映画館で観たんですが、雰囲気をバカにしながら見ていたらあまりの面白さにぶっ飛んだ映画。
ケイリー・エルウィスが良いのですよ・・・。私は冒頭の「仰せのとおりに」のシーンで、“しかし、彼の眼差しは愛を語っていた”というくだりからもうノレたね。
マンディ・パティンキンも良かった。
ロブ・ライナーという監督は凄いなと思いましたね。

2015/12/29(火) 午前 2:45[ ゾンビマン ]



ゾンビマンさん>
劇場鑑賞されてていいなぁ。
そうそう、これユルいB級コメディのようないでたちなのに、真実の愛とか、復讐とか人の内面の描き方が結構シリアスで、それを乗り越える強さと優しさとかにちょっと感動できるんですよね。
ロブ・ライナーは80年代が一番脂が乗ってた気がしますね。

2015/5/10(日) 午前 10:05[ pu-ko ]



これは面白い映画だったという記憶があるんですが、細かいところまで思い出せないのが歯がゆいです。それでも、ピーター・フォークのおじいちゃんが孫をあやすシーンだけが印象に残っています。おじいちゃんがいい表情するんですよね。「As You Wish」もおじいちゃんの最後の決めセリフとして覚えてますです。

2015/12/29(火) 午前 2:45[ einhorn2233 ]



einhornさん>
もうかれこれ30年近くも前の作品ですからね~。
ピーター・フォークは流石にうまみのある役者ですね。
そうそう、その台詞もおじいちゃんが最後にびしっと決めて締めくくるところに爽快感と同時にじんわりするものがありました。

2015/5/10(日) 午前 10:05[ pu-ko ]



>公開時には大した評判でもなかったらしい
そんなことないよ。
当時から傑作だ!と騒いでる人間はそれなりにいた。
俺とか(笑)。
もちろんド田舎では上映しなかったので
ソフト化されてからだけど
まあロブ・ライナーだからなあ。
一番好きなのは『シュア・シング』(85)だけど
『ミザリー』まではどれも好き。
その後は・・・。
あと、ケイリー・エルウィズって顔が好きなんだ。
『キング・オブ・タイツ』(93)が面白かった記憶があるんだけど
内容はまったく思い出せない。

2015/12/29(火) 午前 2:45[ HK ]


HKさん>
さすが~。早くから面白さ見抜いてたのね。
あ、でもこちらも公開時よりもビデオが発売されてからのほうが話題になったらしいですよ。
インターネットが発達してさらに人気が出てきたのだとか。

ロブ・ライナーは未見のものが多いんだけど、『ミザリー』までが好きというのは凄く判る。
エルウィズって私は意識したことない役者さんだった(汗)
剣のシーンとかは特殊撮影なのかな。運動能力にビックリ。
『ソウ』の人だったんですよね。
『キング・オブ・タイツ』は全然知らなかった。

2015/12/29(火) 午前 2:45[ pu-ko ]



なんか観た気がする・・・と思ってたら、アンドレ・ザ・ジャイアント!w
内容も忘れてますが、アンドレ・ザ・ジャイアントは覚えてますぜっ。
ロブ監督だったのかぁ~。

2015/12/29(火) 午前 2:45[ Kaz. ]


Kaz.さん>
そうなんんですよ。
アンドレ・ザ・ジャナイント!(笑)
昔、そっくりな医者がいて、学生仲間でアンドレ・ザ・ジャイアントと呼んでいたのを懐かしく思い出しました(笑)
ロブ監督はこんなファンタジーも撮ってたんですね。

2015/12/29(火) 午前 2:45[ pu-ko ]





2015/12/28(月) 11:53:48 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック