映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】セッション
2015年02月18日 (水) | 編集 |
アカデミー賞終わっちゃいましたが、しばらくは関連作品を取り上げます。
今日はJ・K・シモンズが助演男優賞に輝いた『セッション』です。



セッション(2014)アメリカ
原題:Whiplash
監督:デイミアン・チャゼル


あらすじ
ジャズドラマーを目指して名門音楽学校に入学したニーマンは、伝説の教師と言われるフレッチャーの指導を受けることに。しかし、常に完璧を求めるフレッチャーは容赦ない罵声を浴びせ、レッスンは次第に狂気に満ちていく。

感想
これは最高に面白かった!
説明もなしに始まり、そこから続く音楽がまずかっこいい。
本作は権威ある学校のジャズバンドに所属し、鬼コーチのもと鍛えられた監督デイミアン・チャゼル自身の体験を基にしたお話だそうです。
特記すべきはやはりJ・K・シモンズ演じたフレッチャーの役どころですね。
監督が師事した鬼コーチをモデルに、他の有名ジャズメンやバンドリーダーのキャラも盛り込んだと言うこの鬼教師のスパルタ振りが楽しくてね(笑)
鍛えた身体にピッタリフィットした黒いTシャツ、あの声でシモネタ交じりの罵声を浴びせ倒す。
こめかみに走る青筋とはげ頭でさえも彼のストリクトさを象徴しているようで、とにかくJ・Kがはまり役。


マイブームになりそうなのは、演奏を止める合図に手をクルルっ!とさせるあのポーズ(笑)
J・Kに鍛えられるニーマンを演じるマイルズ・テラーは今まであまり好きな俳優ではなかったですが、今回は彼の生意気な部分が生かされてました。
フレッチャーに認められたかと思えばとことん下げられる。鼻をへし折られ、次第に狂気に走っていくという演出に、ドラム演奏で挑んだテラーには拍手。
ほぼ演奏だけというシーンが長く続くのに、これが全く退屈しない。
ジャズのかっこよさは勿論のこと、そこにはアーティスト同士のプライドをかけた意地があり求めるべき極限があるから。
中学時代、部活が凄く厳しかったけれど、やるだけのことはやったという壮快感は生涯残る、それに似た感覚かな。

終盤、予測不能の展開に「うっそおおーーーーーーん!」となったかと思えば
次に不思議な爽快感が沸き起こり、なんか笑ってしまってる自分がいました。
これ昨年観てたら『博士と彼女のセオリー』と同等のランクをつけてたはず。
ジャズメンの名前もいくつか出てくるのでジャズ好きにもたまらない作品ではないかしら。
監督は20代の新鋭。ホラー系の脚本を手がけてきたとあって、どこかホラーチックなところもいい。今後が大いに楽しみですね。
日本公開は4/17


トラックバックされた記事

  • 「セッション」は陰湿な復讐劇に神が降りた瞬間の奇蹟なのかな

    今回は東京での公開は終えている「セッション」を、静岡シネギャラリー大ホールで観てきました。天井の高いちょっと昔のミニシアターという感じの劇場で、画面の下にむき出しのスピーカーが置いてあるのはご愛嬌ですが、何か特別なロングランとか観客数が集まりそうな映画を上映するときに使われるホールでして、普段の小さな劇場よりかなり格上感はあります。 音楽の名門、シェイファー音楽院へ入学したニーマン(マイルズ・テラー)は、ドラムの練習をしているとき偶然伝説の教師フレッチャー(J・K・シモンズ)の目にとまり、 

  • セッション

    もっと もっと もっと もっと.... セッション ※レビューが消えたので紹介のみ。 ジャズドラムを学ぼうと名門音楽学校に入った青年と、彼にすさまじいスパルタ的指導を行う教師の姿を描いた作品。 これは僕の今年のベストに入ります! ※2015.5月 日比谷シャンテにて http://session.ga... 

    ちょいと一休み♪

    2015/7/21(火) 午前 8:16

  • 映画:セッション Whiplash 予想外に見過ごせない、究極の体育会系教師と弟子のガチバトル

    正直、ここまで面白いとは思わなんだ。 体育会系教師 vs 弟子 のバトル、という構造を聞いただけで、よくある予定調和の物語を想像していたので。 これでやっと、なぜアカデミー賞で5部門にノミネートされ、それも「作品賞」「脚色賞」含む、というのに、ナットク。 ... 

    日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~

    2015/8/20(木) 午後 11:37

  • セッション

    JUGEMテーマ:洋画 「セッション」 原題:Whiplash 監督:デイミアン・チャゼル 2014年 アメリカ映画 107分 キャスト:マイルズ・テラー      J・K・シモンズ      メリッサ・ブノワ      ポール・ライザー      オースティン・ストウェル 名門音楽院へ入学したニーマンは、フレッチャー教授の スタジオバンドにスカウトされる。しかしそれは教授の 狂気に満ちたレッスンへの参加となるのだった。 <お勧め星>☆☆☆ 良くでき 

    マープルのつぶやき

    2015/9/20(日) 午後 2:30

  • セッション (Whiplash)

    監督 デイミアン・チャゼル 主演 マイルズ・テラー 2014年 アメリカ映画 107分 ドラマ 採点★★★★ アホって文字を擬人化したようなウチの小6の長男。ただアホならではの吸収力の良さからか、所属しているブラスバンドでのスネアドラムの腕前は、大人混合の他チー… 

    Subterranean サブタレイニアン

    2015/9/25(金) 午後 7:23

関連記事

コメント
この記事へのコメント
みーすけ2015/02/28 7:11

うおおおお!早く観たいのーー!
予告のみでシビレたみーすけ。
jazzもスポ根も濃いじーさんも好きなM子には堪らないだろうと(笑)
編集賞獲得のお手並み拝見だな。
ラスト19分になにがあるのーー!?



pu-ko2015/02/28 22:31

みーすけさん>予告も萌えるよね。
わはは、M子だったのね。
そりゃ絶対にたまらんと思います(笑)
ラスト19分で既に話題になってるの?
もうね、えーーー???の ぐわぁーーーん どっひゃー です。
わからんてかw まぁとにかく観て(笑)
pu-ko



Kaz.2015/02/28 13:05

「狂気に」というところで一抹の不安感を感じさせますが、なんかソレだけじゃ無さそう。
見た感じはスポーツ系ミュージシャンですな、シモンズさん。
これは面白そう。



pu-ko2015/02/28 22:39

Kaz.さん>そそ、狂気に上乗せして意表をつく展開が見もの。
シモンズさんのストリクトさが堪らないんですよ。
観たら絶対あの「手、くるる」を日常に取り入れたくなるはず(笑)
まさに音楽とスポ根のマッチングも楽しいです。
pu-ko



chaco2015/02/27 23:06

あら、いいわ~!!
すっごく観たい感が湧いてきました!!
>終盤、予測不能の展開に「うっそおおーーーーーーん!」
が超気になる!
ここからは、前回のコメの続きになるけど、
結局、ノロでした。そんなに食ってね~ぞ、ってぐらい袋に吐いて、次は下痢。
その上下が合計6回。ゲッソリです。2年前にも孫からノロが来て私は軽かったんだけど、
今回は私が一番重症。大ばーさんには移ってないようなんでそれが幸い。 年寄りのノロは命取りですから。

pu-koちゃんも7回も吐いたって、それノロじゃなかったの?
今はもう大丈夫!?お互い若くないから気をつけようね!!


pu-ko2015/02/28 23:06

chacoさん>
いいっしょ。そう、その「うっそおおおーーーん!」はchacoさんもつい口にしてしまうはず(笑)
なんとノロだったのかぁ。上下6回はきついよねぇ。
私も昔集団感染のノロにやられたことある。
今回は何か分からないんだけど私はもう元気。 chacoさんお大事に。おばあちゃんもらわなくてほんとよかった。


ゾンビマン2015/02/28 21:21

このオスカー受賞したシモンズさん、以前から端役で気になっていた人で、やっと名前覚えました(汗)・・・。
この作品、ドラマーを描いているので、私はドラマーとして無条件で見ます。



pu-ko2015/02/28 23:04

ゾンビマンさん>スパイダーマンの編集長やらジュノの優しいパパなど脇で光る役者さんですよね。
今回はほぼ主役の存在感で上手さを見せ付けてくれました。
観ながらドラマーのゾンビマンさんには堪らないだろうなぁと思ってました。
マイルズ君のドラム演奏が上手いのかどうなのかは私には判断できませんでしたけど、
そのあたりも含めしかとご覧あれ。



じゅり2015/03/01 0:01

いいないいな、早く観たいー!
私も、J・K・シモンズに、手をクルルっ!ってやって欲しい!(笑)
音楽も気になるし、予測不能の展開も気になるし、んもぅ、早く観たいわー!



pu-ko2015/03/01 0:56

じゅりさん>手のクルルっがね、もう最高なんですよ~(笑)
いくつかパターンがあるので、全部マスターしたいw
ぜひ観て~。
これとか『ナイトクローラー』とか、映画の新しい波を作っていきそう。



おみゃあ2015/03/01 13:19

う~ん、 ギタ-なんかやたらと上手いミュ-ジシャン増えたが ドラムが上手い日本人いない
ある程度練習すればうまくなるとは思うけど リズム感ないような気がする
昔あこがれたけど高価で買えずバチだけ買った



pu-ko2015/03/01 22:49

おみゃあさん>
ドラムは確かに天性のリズム感が必要な気がしますね。
ものが高いから誰でも気軽に手にできる楽器ではないだろうし、日本では音を気にせずに練習できる環境も手にしにくいのかも。
日本では若い女の子が話題になってるよね。時々youtubeで見ます。https://www.youtube.com/watch?v=jDngvBMT2Zc
今はもうプロ活動してるみたいだけど



翔2015/03/02 8:02

はやく観たいーっ!
予測不能気になるしなんか、笑っちゃうなんてまた気になるじゃんっ‼︎



pu-ko2015/03/02 9:42

翔さん>面白すぎるんだから~。まじで♪



miskatonic2015/03/05 16:56

うまくすれば試写会いけるかも?なんですが、それでも来月w
迫力がありそうですね。
セッションもかなり熱そうw
こっちでは最近はドラム、ギター女子が流行ってますかねw
https://www.youtube.com/watch?v=D6CNN7FFP4s&list=RDD6CNN7FFP4s#t=0
この動画 メジャーの曲なんですが、
ギター女子って、ボーイッシュなのが多いんですけど、
この歌は60年代調の可愛い感じのファッションにギターって云うのが
珍しいです。もしよければ見てくださいね♪



pu-ko2015/03/05 23:11

うわぁ、いいですね!
音楽もいいし、セッションの迫力といい、フレッチャーといいw
これは絶対劇場で観たかった一本。
ぜひ堪能してきてください。

おーー、動画見てみました。可愛い人ですね。脚も綺麗。
歌もちょっと演歌入ってると言うか・・w一昔前っぽいところが面白いですね。


einhorn2233 2015/7/5(日) 午前 10:46

日本と違い、フレッチャーのやり方はアメリカでは否定的に取られるんだなあってのが発見でした。日本のスポ根ものになじんでしまうと、フレッチャーには一本筋が通っていると思いがちなんですが、結局、こいつは大した奴じゃないような見せ方になっているのは面白いと思いました。完全な人間はいないよね、という当たり前のところへ収束する一方で、それでも音楽すごいという落としかたが見事でした。TBさせてください。


pu-ko2015/7/5(日) 午後 4:27

> einhorn2233さん
確かに。物凄く高いものを求めるからにそれなりの器の人間と思いきや、終盤のあの展開には目がテンでした。
驚きと落胆みたいなものもあったけど、人間臭さに笑える部分もあって、それはそれで愛しいと思いました。
音楽だけが凄いというのではなしに。
TBありがとうございました。



かず2015/7/21(火) 午前 8:16

これものすごかったですよね!
二人の魂のぶつかりに圧倒されたしラストはもう釘づけでした!
TBお願いします!


pu-ko2015/7/21(火) 午後 1:54

> かずさん
お久しぶりです。
面白かったですね。TBありがとうございました。


ミス・マープル 2015/9/20(日) 午後 2:34

遂に見ました。
学生時代体育会系の部活でしたが、あそこまでのしごき?はなかったな。これは日本の「巨人の星」のようなスポ根アニメに通じるところがあると思います。
結局フレッチャーは、自分が名前を残すような演者になれなかったことへの劣等感もあったのでは、と穿った見方もしてしまいました。


pu-ko2015/9/20(日) 午後 10:10

> ミス・マープルさん
まさにスポ根もの!
フレッチャーの劣等感 そういうのもあったかもですね。
なんにしても2人は似たもの同士だったんでしょう。
凡人には分からない天才の究極の陶酔ポイントまで2人でイっちゃって~でした。

2015/12/22(火) 11:22:13 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。